« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »

2006/03/23

政治評論家・森田 実氏の「日本の未来を切り開く」、を見る。

  まともな事を言う政治評論家の森田実氏が、最近、テレビで見かけなくなった。
何故かな?何処からか圧力がかかったか?
こんな可笑しな政治状況で、小泉首相、竹中金融大臣、武部幹事長の政治責任の取り方があやふやのまま不問にされようとして居る。
こんな愚鈍な政治家たちを選んだのは、国民の民度が低いからだと言われても仕方が無いのか。
しかし、霊性の低い、品性の無い小泉首相の口から、「品性」と言う言葉が飛び出し時は、流石にぶっ飛んだね。
品性、が泣く。
全く、最近、特に顔相が悪くなった小泉首相には相応しいのかもしれない。あの顔相は何かが憑依しているか、誰かに脅かされているのかも?
顔相の悪いのは、何も小泉に限った事では無い、古い歴史をもつ我が国で、金融大臣の竹中平蔵の顔相も、卑しく、貧相に満ちているのは何故か?武部勤然り。自分の息子、弟です。良いね。人を騙す男が息子であり、弟とは。服装にいくら気を配っても、頭の中味は中味は空っぽ。褒めれば豚でも木に登るか。
これら霊性の低いこれらの者たちに、時、至ればが天が判決を下すだろう。

後世、売国奴として扱われなければ良いのだが!

 刺客、ガセネタ、等、1国の為政者が率先して使うべき言葉ではない。
それとも日常茶飯事に使うようなヤバイ連中との親しい交際が、郵政民営化絡みで有るのかも知れませんね。
9月退陣、続投したくても、出来無いのではないか。命に関りますからね。
残念ながらもう手遅れで、早期退陣もままには為りませんか。

このような時こそ、きちんと説明できる政治評論家が求められるのだ。
 是非、森田実政治評論家のホームページを見てください。

   http://pluto.dti.ne.jp~mor97512/   を。

 第9回 ライブドア事件を、まともに解説、問題点を指摘しています。

 新聞やテレビでは聞けない話ですよ。眼が開きますよ。

 情報操作が行われている日本で、ブログやホームページで様々な意見が、今のところ発信できる事は喜ばしい事です。

 さあ、大きく、眼を覚ましましょう。

ライブドア事件絡みの小泉、竹中、武部の三政治家の政治責任を明確にさせ、つまり政治責任をとって早期に辞職させましょう。
 この日本が取り返しのつかない日本になって仕舞わない、手遅れに為らない為にも。

  日本の国民の為に働く霊性の高い政治家は何処に居るのか?
  もうそろそろ出現してくれても良いのではないか?


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/21

春分の日、4年前、イタリア・ヴェローナの野外劇j場で聲を奉納した。

 
 このアレーナ(野外劇場)、2000年の歴史に対して、訪れた春の初めての日に対して、そしてノーベル賞候補にも為ったイタリアの詩人ロベルト・サネージに対して、と三つのオマージュを兼て、4年前の2002年3月21日正午(日本時間20時)、かって皇帝が立った場所から、聲を出し始めた。

 この時、世界中で声を出して、聲と聲とを繋ぎ、世界の平和を願いませんか、との公式メッセージを、ベローナの文学者協会の公式ホームページから発信した。
 日本では、未知の人、永 六輔氏が、ご自身のラジオ番組でこの催事を放送してくれた。毎日新聞、北海道新聞等が、告知してくれていた。

 好きなだけやってくれても良いとの許可を得ていましたが、実際に皇帝の場に立ってみると、身が引き締まりました。
 アコーステックでの公演との条件付きでしたから、マイクロホンを普段から用いない私の公演にはなんら支障はありませんでした。

 終わってみたら45分間、きっちりと聲を出しましたし、出せました。

 これも全て、詩人ロベルト・サネージの亡くなっても続いている厚い友情の絆と、文学者協会の秘書、グロリア女史の献身的な行動に依って、、ヴェローナ市の記念物・美術館部門のアレーナ(野外劇場)使用許可証を獲得してくれたか実現できた催事であり、貴重な体験であった。
 この時の公式ビデオテープは3ヵ月後に届き、先日の練馬区立第六小学校4年生クラスの生徒にも見てもらった。

 毎年、春分の日が来ると、あのアレーナで貴重な時間を、瞬間を昨日の如く、思い出すのだった。


 時間は残酷で、もうトリノに住んでいたグロリア女史の母親も、友人のミラノ在住30数年の画家・KEIZOも、残念ながら、既にこの世には居ない。

  まだまだこの水の惑星の平和を願っての「聲ノ奉納」は、止む事が無い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

「声ノ力」を小学生に教えて見た。

 小学4年生に、縁があって、声の出し方を教えた。面白かった。

 去る2月8日、東京都練馬区立光が丘第六小学校の4年生2クラスに「UNIVERSAL VOICE」の真髄を教えに行った。
 そう書くと何か堅苦しい感じがするかもしれないが、そんな事は無い。とても楽しい授業だった筈だ。
そう言ってみても実際に、その場に立ち会わなければ、恐らく解らないだろうが。

 何故、今頃に為って、1ヵ月以上の前の事を書き記すかと言うと、受講した生徒たちの感想文が、3月9日に、私をお招き下さった画家で、図工の先生である岩本重規氏から、授業を受けた生徒の9割以上の生徒から「楽しかった。」、「毎朝、コルク体操をしています。」、「「大きな声が出るように為った」等の感想文を多数受取ったからだ。

 何故、私が、小学生に教える機会を得たかと言うと、多摩美術大学教授で、美術評論家の峯村敏明氏の出版記念会を兼ねた展覧会が表参道であり、私もその会に行き、峯村氏の著書『彫刻の呼び声』(水声社刊)を買い、会場であった画家の岩本重規氏と会い、共に二次会に出席し、共に帰宅する時の山手線の電車の中で、かって、渋谷の毎日カルチャーセンターで、公開講座「UNIVERSAL VOICE」をスウイングボ-ルを用いて行った時に、同級生の画家、こづま美千子の紹介で、聞きに来た事が有る事を知った。
 元気の無い子供たちに刺激を与えたいとの教師の立場から、ギャラは少ないのだが、授業が出来ないかとの相談を受けた。

 神に聲を奉納し続けている者として、またこの水の惑星に平和を願い続けている者として、子供たちの為に、と言われたら、断る事は無い。すぐ引き受けた。

 水晶の屑を集めて作ったと言われるスウイング・ボール、又はクリスタル・ボールは、癒しとか、ヒーリングで用いる者が最近は増えているが、恐らく、日本で最初にスウイング・ボールを用いたのは、1992年からの、この私ではないかと思っている。

 二クラス、合計45人余りを8時半から12時過ぎまで、しっかり声を出させた。
 本当にこんな事をして、声が出るように為るのかと子供たちは思ったに違いない。

 私の教えは、1990年、ザルツブルグでのソプラノ歌手・ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(チェリスト・ロストロポーヴィッチ夫人)のマスタークラスで学んできたテクニックだから、昨今、ヴォイス・トレーナー等と自称している輩達とは「聲ノ力」が違う(笑)。
 1990年からは、毎年、5月か6月の新月の日に(今年は5月27日(土)14時41分開始) 対馬・和多都美神社での「聲ノ奉納」を行い続けて、「聲ノ力」を試しているからだ。

 子供たちは正直だ。
 本物かニセモノかは本能的に判断するからだ。だから子供に好かれなければ、言葉の出来ない未知の土地では生きていけない事を1972年のスペイン北部での生活で知っているからだ。

 何を子供たちに教えたかは、誰にも教えない。

 翌日から、学校でしっかり声を出す事を実行しているらい。
 子供たちの感想文を読むとそれが良く分かる。
 余程、子供たちは楽しかったらしい。

 良かった!
 又機会があれば日本とは言わず、何処へでも教えに行きますよ。
 ご連絡下さい。
 
 岩本重規先生、有難う!!!
 又機会が有ったら読んでください。

 喜んで、伺いますよ。

 可愛い子供たちに、くれぐれも宜しく、お伝え下さい。

                    天童 大人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月12日 - 2006年3月18日 | トップページ | 2006年3月26日 - 2006年4月1日 »