« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »

2006/05/05

聲ノ奉納 御案内 第17回 対馬 in 和多都美神社

 ここ対馬・和多都美神社に、1990年から、毎年 5月か6月の新月の日、干潮時の一の鳥居に立ち、約230メートルの本宮に向けて、聲を奉納し続けて、早いもので今年で17年目に為ります。

今年は5月の新月の日、27日(土)午後2時41分から、開始します。
今年はどんな聲が出てきますでしょうか、それは、それは私も楽しみです。

 鳶は聲を聞いて、飛来して来るでしょうか。90年から毎年、番で飛んで来て、聲に合せて鳴いてくれていましたが、3年前は1羽も、2年前からは1羽だけが飛来してきました。
 ここ対馬で、私が定点観測をして日本を眺めているようなものです。

過去16年間の移り変わりは、日本の真の姿を見せてくれています。

 この古代の聖地から、密かに、この水の惑星の平和と健康とを願い、聲を刻み打ちつづけて来ました。
この天然の劇場での「聲ノ奉納」が、日本の、いや世界の、この水の惑星にどんな影響を与えているのか、与える事が出来るのか。
「聲ノ力」が問おて居るのです。
 この機会に、人間の「魂」の力を聲で感じる「UNIVERSAL VOICE」に、一度、直に触れて見ませんか。
しかし、福岡・対馬の飛行機代も高くなりましたね。ANAも離島の島民の為には、逆に安く航行しないと、事故を起こすことに為りますよ。
JALも傲慢さが全て露呈してきていますからね。ホテル営業から早く撤退して、航空事業に専念しないとダメージが拡がりますよ。(大株主の糸山英太郎は同期生ですがね)。

 この「聲ノ奉納」以後は、
 6月15日~17日 第14回 ジェノヴァ国際詩祭に、詩人・白石かづこ氏と招待参加予定。
 19日 フィレンッエ国際詩祭に詩人・白石かづこ氏と共に招待参加予定。
 7月17日~23日 第三回ベネズエラ・カラカス国際詩祭に招待参加予定、と海外で「聲ノ力」を試すことが続きます。 
 南米は、1997年の第7回メデジン国際詩祭(コロンビア)、2004年の第12回ロザリオ国際詩祭(アルゼンチン)以来です。
有り難い事です。「聲ノ力」、「UNIVERSAL VOICE」のお招きです。また多くの世界の詩人たちとの交流、そして個人のネットワーク拡大が図れそうです。乞う期待!!!
今年のカラカス国際詩祭ではアジアからは唯独りです。(昨年の第二回には、詩人・白石かづこ氏が招待参加されています。昨年に続いての日本の詩人の招待参加です)。

 「聲ノ力」、「UNIVERSAL VOICE」がゆっくりこの惑星に浸透しつつあります。
聲を発シテ、もう早、40年です。本当に早いものですね、時間が過ぎるのは!!!
では、
 キッキ・マニトウ!!!
 キッキ・マニトウ!!!
 キッキ・マニトウ!!!

 この小さな島の人々に幸ある事を願って!!!
     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

JRのジパング倶楽部は、性差別の象徴か?

 会員は女性60歳、男性65歳以上は、性差別ではないのか。男性が60歳以上ではいけない理由は、根拠は何か?
JRで働いている男性職員、女性職員の間から、このジャパング倶楽部の性差別に付いて何の疑問も無かったのだろうか?
現に、JRのミドリの窓口で、何故、男が65歳以上なのか、質問しても、はっきり答えられないではないか?

 早く、男性も60歳以上にするべきだ、と言うと、50歳以上には大人の休日倶楽部ミドル、が有るではないかというだろう。
 好い加減にしろ!!!と言いたい。

 見え透いていて、不愉快だよ。

 ジパング倶楽部の会則を読んで不思議な事に気が付いたが、皆さん知ってますか!!!

会則の3 目的 は、 目的:この会は、全国のJR線を利用し、旅を楽しまれる会員によって組織され、旅行企画、会員相互の親睦などを通じて、会員が容易に旅行できる環境づくりを行う事を目的としています。

 なるほど、痒いところに手が届くようなサービスが無いと旅行が出来ないのが日本人か!そうだね。海外で出会う個人で旅行している日本人は非常に少ないね。

 5 入会金及び年会費
   (1)入会金は無料。
   (2)年会費は、個人会員は3670円、夫婦会員はお二人で6120円とし、1年分をご入金及び更新時に前納していただきます。
   (3)会費は、この会の維持運営費等に充当させていただきます。

  この(3)の 会費はこの会の維持運営費等に充当させていただきます、が、いずれ問題に、いや、既に問題に為っているのではないか。 

 既に利益が上がり始めているのではないのか。会員数は何人なんだろうか?

 こんな事に力を注がないで、JRの料金を、値下げすべきだ。どんどん値下げすべきだ。

日本は交通費が高すぎる。人間の移動費が高いと、行動が鈍く、3回いくところを1回で済ましてしまう。
だから安くなると、1回が2回にと増えてきて、活気が出て来るんだよ、国民にね。
 JRは初め、期間限定で、全ての乗車券を2割から3割引いて見てご覧!!
 恐らく移動する人間が格段に増えるはずだ!!

 JRは高すぎる!!
 何時まで、競合が無い事を良い事に、甘えているのか!!!
 東京=名古屋往復2万円余り、4往復したら、ヨーロッパに行けてしまう!!

 JRは余りにも、高すぎる!!このままでは、この国は逼塞してしまうよ。
 どうして自国民を大切にしないんだろうね。日本は。全く嫌に為るね。

 どうしょうか? キッキ・マニトウ!!!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

パソコン付きの携帯電話機が、何故、日本では出来ない、発売されないのか!

 4年前、初めてパソコン付きの携帯電話機、NOKIAの製品を見たが、未だ日本では発売されていないのは何故なのか。
 これだけ頻繁に機種が変わりながら、あのモーリシャス島で、ポルトガルの詩人ブランコ女史が持って、使って居たNOKIAのパソコン付きの機種と同じような製品が出来ないのは不思議なことだ。
 物真似が好きの日本人の筈なのに、何故なのだろうか?
その後、成田空港のNOKIAのショツプで同じ製品を一度見かけ、訊ねてみたが、日本では使用できないと言うだけで、何故かははっきり説明されなかった。

 あの時、ブランコ女史は、日本には当然在ると思うし、既に知っているだろうけども、これはとても便利だよ、テンドオ、と言う。
5年前、ポルトガルの第三回アヴェイロ国際詩祭に招待してくれた時に、彼女が使っていて便利そうだと思いながら、眺めていたのだ。
 シャルル・ドゴール空港で、トランジットの時間が5時間余り有った時に、これで詩が1編、書けたよ、便利!便利だよ、これはテンドオ!
見た事が無いよ、と言うと信じられない、という顔をするのだ。日本に戻ったら調べてご覧、と言われて、早、4年。
 大人の使える携帯電話機は未だ出来ないとは。

今日(3日)、WOWOWで放映された映画「セルラー」(2004年制作)を見ていたら、やはりNOKIA製の携帯電話機が、ビデオで撮った映像を、携帯電話機に録画して有って、証拠に為るシ-ンが、有ったが、そんな瀬能のある携帯電話機が、今、日本の市場に在るのだろうか?
 
 どうも子供向けばかり、着歌メロデーがどうの、テレビつきだ、ラジオ付だとか、何か子供向けの機能付が隆盛で、オトナの姿がはっきり姿が見えないのが、今の日本の実情か。

 誠にモツタイナイ!!!

 どうか、もっとシンプルで使いかっての良い機種が出来ないものか?

 全く不便な、物を大事にしない国に為ったものだ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/02

ガソリンが無ければどんな高級新車も粗大ゴミだ!

 石油の高騰で新車購入が3%減少とか。当たり前の話だ。ガソリンが無い、石油を産出出来ない日本で、トヨタが1兆円とかで嘯いているが、アホかと言いたい。何を言ってるのか、愚か者がと!

誰か諌める者がこの国には、もう何処にも居ないのか?

日本の国家石油備蓄量は、何ヵ月分在るのだろうか?
一度考え直して見たらいいのだ!
常に輸入に頼る国が、石油を消費する自動車を生産して、誇ってるなんて、アホ以外の何物でもない。
社会に何を、どれほど何を還元しているのかね、これらの自動車会社は。

 6年前、キューバで、また5年前、マダガスカルで、住民たちから言われた事をはっきり思い出す。

 お前は知っているのか。お前の国では、TOYOTA,HONDA,NISANなどの車があるが、ガソリンが無ければ、ただの粗大ゴミだ。解らない日本人の馬鹿が偉そうに高い値段で車を売って、トヨタ、ニッサン、ホンダだと日本人は自慢しているが、石油オイルが無ければ走らないという事を忘れている馬鹿な日本人が多すぎるぞ!

 古い大型のアメ車を磨きに磨いて、タクシーにして稼いでいるキューバ人に言われた。
またフロントガラスが無く、ドアも針金で縛って運転しているマダガスカルの車の運転手にも同じ事を言われた。

 6月には1リットル、150,60円ぐらいにまでガソリンの小売価格が上がったら、どんな現象を今の日本人が見せるのか、と思う。どんな反応をするのか、と!

 三十年余り前のオイルショックの時の事を、思い出すのだが!!

 1974年の4月下旬の日曜日、午後7時過ぎの新宿。
 駅から伊勢丹までに、人影は十数人にしか居なく、灯りも少なく、薄暗い新宿を初めてみた忌まわしい記憶が蘇って来た。
 さて今回は?

 ウランの油田開発は、アメリカの石油メジャーと争ってまでも獲得する事が出来るのか、日本は。
 アメリカの植民地かね、日本は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/30

BSE問題 米、検査縮小を表明「発生率、極めて低い」(毎日新聞30日、朝刊)本当かしら?

しっかりした全頭検査が出来ないなら、別にアメリカの牛肉を輸入する事も、食べなくても、日本国民は良いのだとはっきりジョハンズ米農務長官に通達すれば良い。好い加減な検査だという事は、実証済みだからだ。
 BSEの拡大検査の結果、「米国でのBSEの発生率は極めて低い」と結論づけたと言うのならばだ。
アメリカ側が言う根拠は何処に在るのか?
日本人の食に対する安全感覚は、愚鈍なアメリカ人には解らないだろう、決して、死んでも!
アルゼンチンから牛肉を輸入せよ!
アルゼンチンの牛肉を食べたら、アメリカの牛肉なんか不味くて、食べられない!!!アルゼンチンの牛は草原を駆けているから、肉が美味しくて,そして安いのだ!
実際、アルゼンチンから牛肉を輸入しょうとした時、国境を隣接しているウルグアイで口啼病が発生して駄目に為った。アメリカの差し金との噂もあったとか。

ところで、アメリカでの現在、ヤコブ病患者数は何人居るのだろうか?
現在、増加の傾向は無いのか?

 アメリカ・カンザス州のクリーク・ストーン社は全頭検査をする為に、日本向け全頭検査室を既に設置し、全頭検査を実施する予定で有ったが農務省が認め無かったといわれている。
 また世界最大のタイソン・フード社は「全頭検査の意志は無い」といっているなら、売り上げ3兆円、全米一の食肉加工工場、タイソン・フード社の牛肉は全面輸入禁止せよ。
もし最悪の政治決着の場合でもクリーク・ストーン社製の全頭検査をした牛肉は暫時、輸入。

 食の安全だけは後世に憂いを残さぬように、焦らずに強気の姿勢を保ち、日本の矜持を持つべきだ。

 それにしてもアルゼンチンの牛肉は本当に美味しいのだ!!!

 皆さん!アルゼンチン・タンゴも良いが、牛肉は安くて、本当に美味しいのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年4月23日 - 2006年4月29日 | トップページ | 2006年5月7日 - 2006年5月13日 »