« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »

2006/06/24

ミニW杯、日本優勝、は面白い試みだ!

 ドイツ国内の小学生たちが国名を名乗って戦い、決勝戦でアルゼンチンと戦った日本を名乗る小学校チームが11-9で、優勝したとのテレビニュースを見た。
面白い試みだと思う。
 日本国内の小学生の国内大会をW杯に見立てて開催したらどうだろうか!
国名も、国情を学べるし、良い事尽くしだ。

 W杯、本戦では第一次リーグ敗退。
ジーコ監督の責任では無い。
日本のマスコミが中田英を余りのも持ち上げすぎてきた!
あの程度の選手は世界にはごろごろ居るのが、ワールドサッカーを見ていると直ぐ分かる。
2時間余り走るマラソン選手のスタミナも日本代表には及ばないのではないか?

 日本のサッカー選手の年俸も低く抑えられてきたとは言え、払いすぎではないのか?

能力が有り、海外のクラブチーム無我からオフアーが来たらどんどん行くべきだ。

行って身体で覚えるべきだ!理屈で無いからだ。
今大会の第3戦、ブラジル戦の後半の十数分を見た。
このドイツ大会を見るのは初めてだったが、まあ!驚いたね!
こんな選手を引率したジーコ監督は気の毒だね。
中田英も常時試合に出ていないから、彼自身が思うように動けていないのに、動いて居ている積りで他の選手を責めても、他の選手も中田英の実力が身体で分かるから、聞く耳を持たれていない事がはっきり分かる。

これではイチローには永遠に中田英は為れない。
中田英の実績ってどんなものか?

 中田英が、孤高だって!

孤高、とは多に比類なきものを持つ者で、イチローのように大リーグ記録を破ったとかの実績を厳然と指し示す事も出来、尊敬の対象にも為りえる者を指す。としたら中田英はなんだったのか?

ビジネス感覚には優れているけど、サッカー選手としては二流の何物でもない、今は!
 今後の精進あるのみ。もう少し期待していたのだが、これだけ現在の全ての一流選手を一堂に会して見ると、やはり二流だね。

彼自身は一流だと思い込んでいるようだが、笑わせてはいけない。ボルトンで控えではないか。
ボルトンに移籍したら常時試合に出れると持ったようだが、サッカー一筋で生計を立てている選手とサイドビジネスで稼いでいる選手では性根が違う!
惜しいね!
ベッカムやロナウドのように常時出場出来る選手じゃないのは何故か?

 もっと考えたら良い。
あのピッチで横たわった時、中田英よ!

 何を考えたかね?

 青い空か?真っ白の空白か?全て終わった事か?

 何だったんだろうね?

この小さな水の惑星の中、君が初めてイタリアに来た時、記者会見で君の日本語をイタリア語に訳したのは私の親友で、画家KEIZOの子供で、タロオー君だったんで、テレビを見て驚いた記憶がある。

 中田英よ!もう一度、シャカリキに為って頑張ってみたらどうかね!!!

 健闘を祈る!!!

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2006/06/22

福井日銀総裁の聲をテレビ(コピー音)で聞いた。本当にこの男は優秀なのか?嘘だろう!こんなお粗末な聲で優秀とは?

 この福井日銀総裁の、テレビのコピー音だが聴いた。この男がどれほど優秀なのか?
信じられないね、こんな聲で優秀だとしたら、そう言っている人間は愚者そのそのものか、耳が痛んでいて繊細な肉聲を聞き分けられなかだ。

 今世紀に入ってから最悪の為政者を、愚かな国民が選んでしまった。

福井総裁。この男の声を聞いて、全く笑ってしまう。机上論はそこそこ出来るだろう。

こんなお粗末な聲で世界に通用するとしたら、余程のお目出度い人種の集団があるらしい。

 五流の堀江、四流の村上、三流の小泉、福井。

 よいよ出てきた宮内義彦オリックス会長。この男の声を聞いて、この宮内会長、どの程度の男か皆様にお伝えしましょう!

 福井総裁は井の中の蛙だよ。

 経団連の福井総裁を擁護している人の声を聞きたい!

 かって1200年前、僧空海が見切った聲ノ力。

 今から慌てて、堀江、村上、福井、小泉、宮内、竹中ら全て整形美容に走るか!
聲ノ質を換えるために?

 もう遅いんだよ! 小賢しく、狡るがしっこい者たちが、のたうち廻るのは、既にキッキ・マニトウが風に乗って働くからだよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米国産牛肉、輸入再開。本当に大丈夫か!

 今後の日本国民の健康の為に、幾ら時間をかけてもかけすぎる事は無い重要な問題の筈なのに、余りにも拙速すぎる。

無知な小泉首相の答弁には、やはり無知そのものだね。
直ぐに症状が出るものではないだけに、何がどう危険かは直ぐには分からない。
責任の所在は、輸入再開を決定した小泉内閣の閣僚全員に、連帯責任を取らせなくてはいけなくなるだろう。

 あの不味い米国産牛肉を何故、日本国民が食べなくては為らないのか!

 アルゼンチのあのジューシーな牛肉を味覚に敏感な日本国民に、食べさせてあげたい。
1度、アルゼンチンは牛肉フェアを開いたらどうか?
日本の国民には喜ばれるし、アルゼンチンにも良い事だろうに!
 
 また是非、アルゼンチンの牛肉を、思いっきり食べてみたい。

 もしまたミスが出た場合、即刻、輸入無期延期だよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

福井日銀総裁は、自ら出処進退を決めよ!「不徳の致すところ」で済む問題では無い!

 どれだけ優秀な人材と言われて居ようが、日本経済に必要であろうが、日本銀行の総裁として銀行の内部規定に抵触していなかろうが、日本の中央銀行の総裁としてはあるまじき行為である事は、誰もが思い、感じる事であろう。
 1000万円の投資金額で、運用益1273万。
通常は1000万円預けて、年8000円余りの利息。
総裁就任時に全て解約した積りと言いながら、1つだけ残しておいた事に深い疑念が残る。村上ファンドの隠れ広告塔としての意味は「不徳の致すところ」では済まない問題である事は、自明の事。
この福井総裁が本当に優秀な人材ならこんな愚行はしないだろう。

 ただの小賢しい人物で真に優秀な人物では無い事は明らかだ。

中央銀行のトップまでこんな小賢しい人物を、優秀な人材と持ち上げてきた日本の経済界で真の人間は何処に居るのか!

 堀江貴文容疑者も、村上容疑者も法律に違反していない、と。
この福井総裁も「ルール違反はない」と。法律とか、内部規定とかの問題では無い。

福井総裁自身の内部規定では、これを、良し!としてきていたのだから問題なのだ。
それに気づかないから、この人間はけして優秀な人物なんかじゃない、と言う事だ。

 完全なルール違反でしょう、これは!中央銀行総裁としては!

 三流な為政者の回りにはイエローカード、限りなくレッドカードに近い三流、四流の人間たちがワサワサ居る。

 本当に優秀な人間は、国の行く末を思い、考える者だが、この福井と言う男は利益目的での投資行為とは!

 人物が小賢しくて、全く情けないね!!!

 辞めさせない無知な小泉首相!やはり日本をダメにした第一人者だね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/06/20

6月12日夜、フィレンッエは死の街だった。

 夜、21時40分、ミラノ発AZ-1698便は無事にフィレンッエ空港に着いた。
出迎えくれたのは地元の写真家Mauro Magrini氏だった。
彼の運転する車で街の中心街に向うが人影が全く見当たらない。
 フットボールだよ。今夜、イタリアがガーナと戦ってるからね、とマウロが言う。

 今、時期はワールドサッカーだったか。
そう言えば日本からのミラノ便で隣りの席に座った若者二人がミラノに近づくと封筒を取り出して何かを数え始めた。見るとも無く見るとドイツ大会のチケット二十数枚を勘定している。乗り継いで今夜、ベルリンまで行くという。宿の予約は未だしていないと。

 この二人はもしかしたらダフ屋だったのかもしれない。二人の若者がドイツでチケットを売ると旅費分を入れても儲かるものか。

 日銀総裁から金儲けに走っているのは、今の日本の象徴だろう!

 辞めさせないでどうするのか、日本の国民はもっと怒った方が良い!!!
三流の為政者の下、全てが金儲けに走ってしまったのか、日本は!!!

 本当に人影を見ない、車も少ない、大晦日見たい、或はお盆の東京みたい。
ペストが流行った時は、こんな姿の街だったのではないか。

 もうすぐだよ、とマウロが言った時、ア!、ヴィットリオだ!と言う。
見ると小柄な眼鏡の男が手に何かを持って歩いていた。

 呼び止めて挨拶したのが、今回の第4回フィレンッエ国際詩祭の主催者、Vittorio Biagini氏だった。早速、ホテルまで、同道してくれて荷物をホテルの部屋に入れるのを待って、三人一緒に食事に出た。
暖かい人柄の持ち主だった。
 昨年末のEu-Japan主催の国際詩祭の第一日目、会が終了後、電車が無くなるからとサラリーマン根性みたいな主催者の二人の詩人が肩を並べて帰っていく。招待したヨーロッパの詩人をほっといてだ!それには驚いたね。
 国際詩祭の主催者が消えるなんてこの十年、16回の国際詩祭に招待されているが、こんな失態が私のお膝元、日本で起こるとは!
全く、恥ずかしい事だ。
そんな矮小なサリーマン根性の詩人とはヴィットリオは訳が違った。
お腹が空いただろうと、開いているレストランを捜して、食事をさせてくれた。二日後にはホテルからフィレンッエの駅まで重いい荷物を押していると、彼がやって来て担いでくれた。駅の構内では同行するアメリカの女性詩人とピサで途中下車する一組のアメリカの黒人詩人夫妻を見送ってくれた。
この日本の主催者の二人の詩人は、自分たちもジェノヴァの国際詩祭に招待されているのだから、おもてなしの精神が分からないのでは困るのだ。
もっとも経験不足であることは否めないが。
名前だけのデレクターなど何処にも通用はしない。何処の国際詩祭のデレクターは、皆、粉骨砕身努力しているだが。
 情けないね! この国の実情は政治家、経済人、画家、詩人までみみっちいサリーマン根性に充ち溢れている。

 今の日本は三流が一流だと思っているからだ。

はっきり、三流は三流だと言う人間が何処かに居ないのだろうか?

 あなたはどうですか???

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/06/19

福井日銀総裁は即刻に辞任せよ!

 僅か1週間余り、この国を留守していると、色々な事が起こっている。
三流の首相に、四流の幹事長、それだけかと思ってたら四流の日銀総裁。
全く情けなくなる国情だね。これでは年間3万人余りの自殺者がでるのも可笑しくないか!

 今の、この国の為政者の集団は、余りにもお粗末過ぎて笑う事も出来ない。

 「プロ中のプロ」と豪語した村上某に誰か、「アホ!」とでも言って遣ったら良かったのに!
この男、星野仙一前阪神監督の何れ「天罰が下る!」に、痛くご立腹だったが、正に天罰と言うより、単なる相場師。こんな御仁を策士、などと持ち上げたマスコミの責任も大だろう!
 この村上ファンドに投資をしていた日銀総裁。
日銀総裁が投資して居るファンド、と蔭で宣伝材料として利用されるかも知れない事を、読みきれないのは思慮不足。こんな人間に日銀総裁をさせる必要は無い。即刻に辞任した方が良い。

 マスコミもこの際、この福井俊彦を徹底的に洗い出したら良い。国民の為に。
 狡っからい日銀総裁!道義的責任とは、武士の時代なら切腹だよ。武部と言う褒められれば木にも上がる豚みたい男も、責任をとる事は代議士を辞める事だよ。
こんな程度の低い男を、代議士に選出するから、北海道の民度が低いと言われるんだよ。
 藝術など精神文化には全くの門外漢!皆、金に目が眩み、経済人の程度の低さ、質の悪さに、本当に驚くね。

 どうなる、日本!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月11日 - 2006年6月17日 | トップページ | 2006年6月25日 - 2006年7月1日 »