« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006/07/01

二人展、無事に終了しました。ご来場、ご高覧有難う御座いました。

 去る6月22日から東京・銀座のギャラリー・アート・ポイントで始まった小向一實・天童大人二人展は今日、7月1日、午後五時、無事に終わりました。有難う御座います。

 会期中、毎日、夕刻には雨が降りますので、傘をお忘れ無くと、気象予報士国家試験を受け、国家が認定した気象予報士の予報が外れた場合、どんなペナルティーを科すのか、はっきりさてて貰いたいものだ。

 と言うものも、毎日、雨が降ると流言飛語を発し、予報が外れ続けて来たではないか。

 外れる筈なのだ。会期中、絶対に雨は降らせないと、会場で言明してきたのだ。

 何故なら、雨を止める事が出来るからだ。

 今夜から思いっきり雨を降らせようか???

 止めていたので疲れたから今日はもう休む。

 全国の気象予報士よ!!!

 予報が外れたら職を辞したが良い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/30

宮内義彦オリックス会長の聲(コピー音)を、テレビで初めて聞いた。この男の貧相な聲を!!!

 腕を組んで何か話している宮内義彦オリックス会長の声を初めて聞いた。
なんだあ!
こんな情けない貧相な聲!こんなお粗末な男しか選べない小泉純一郎ってやはり無知だね。

 こんな程度の男が日本の経済界の黒幕で、福井日銀総裁、村上ファンド、堀江モン、らの黒幕?
皆、お粗末な聲だ!

 宮内義彦オリックス会長の聲は、全く、笑うね、自身も何もこの男には無いね!
こんな聲で牛耳られる日本ではない筈なのだが。

全く残念!

 どうするかね、キッキ マニトウよ!!!!

 この可愛そうな島の民の為に立ち上がるかね!!!

どうしょうかね? 
大神 キッキ マニトウよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/29

宮内義彦オリックス会長を、早急に参考人招致せよ!

 先の4月8日のブログに書いた、「総合規制改革会議(議長宮内義彦オリックス会長)が議事録を作成せず(01年4月~04年3月末)」を読み直してもらいたい。

 この時期に福井日銀総裁が村上ファンド傘下の新たな投資組合と再契約し、1000万円を投資した事とどう繋がるのかを精査する必要が在ると思われる。

 何故、議事録を3年余り作成しなかったか、参考人招致をして新たに宮内義彦オリックス会長に問い質してみよ!
 面白いものが出て来るかも知れないぞ!!!
楽しみだ!!!
 この男の聲を聞いてみたい!!!

 どの程度の人間なのかを知りたい!!!

 自民党も最後の悪あがきは止めなさい!!!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/28

出処進退の判断が出来ない福井日銀総裁は、優秀な人材ではない。愚鈍極まりない小心者だった!

 何故、即刻に辞任しないのか!疑念を少しでも国民に感じさせたら自ら辞任する事だ。
其れが真に優秀な人物のとる道筋だ。
自民党幹部、誰か知らないが、辞任を否定しているらしいが、そう言う人物も自らが疑わしい輩であろう。

 任命者の小泉首相にまで責任が及ぶのを恐れているとか言っている者が居るらしいが、世間では小泉首相の無知さ加減はとっくに熟知しているのだ。

 この5年間、小泉時代を総括すると歴代ワースト3以内に入るお粗末な内閣だ。

 はっきり言っておくが福井日銀総裁の聲では今後の日本の中央銀行総裁には相応しくない幼稚な聲だ。
本当にこの男は優秀なのか?

副総裁の時、何故、辞任したのか?
ノーパン・シャブシャブ接待事件の時の関係者だっか?

 首相、自民党幹事表、自民党政調会長、日銀総裁。
この為政者の周りには、胡散臭い輩たひが群れ集い、悪臭を放っている!!!

 今の首相が退任したら悪臭に火がつき、燃え上がるのが望見される。

 6月22日のブログに即刻、福井総裁、辞任を、と書いて1週間、本当にこの男、愚鈍だね!!!

 任期を全うしたいならば、疑われる事は一切しないことですよ。福井日銀総裁!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/27

ベッカム、プロの技、勝利を呼び込む究極のフリーキック、一発。

 時差ぼけの為か起きてテレビをつけると、丁度、ベッカムがフリーキックを与えられてボールの置く位置を訂正している所だった。
 そして蹴り出したボールがゴールポストすれすれにゴールに飛び込むのを見た瞬間、プロと言うのは本当に凄いもんだ、と改めて感嘆した。
 ここぞと言う時に、間違い無く、ゴールできる力、これぞ真のプロ。

 昨年だったか、レアル・マドリーが来日し日本のJリーグのチームと対戦した時、ピッチの上で、ベッカムに唾を吐きかけた選手が居た。
あんな行為をした選手に日本サッカー協会は厳重注意を与えたとは聞かない。
試合後、ロナウドを始め、チームメートが日本の選手にクレームをつけようしたが、ベッカムガ押し止めたと毎日新聞紙上で読んだ。

 その程度の選手がプロのサッカー選手として通用するとはと、驚いた記憶が、あのベッカムのフリーキックで蘇ってきた。

 あの時、ベッカムに唾を吐きかけた日本の選手は誰だっけ?その後、どうなった?

 決勝リーグが始まって、時折見ていると、これでは日本のサッカーはとてもじゃないが無理だったと思う。

一人一人の意識が全く違う。

 中田英が三流選手なら他はなんだね。もっと移籍金の高低に関らず、海外からオフアーが有ればどんどん挑戦してもらいたいものだ。

 もっと身体で覚えないと、とてもじゃないが4年後の南アフリカ大会も夢、また夢に為る。

 悔しいね!!! これが世界での本当の実力。マスコミに踊らされたのは日本の国民だけなのか。

 国民、一人一人が自覚して、目覚める時が来たのに、未だ気がつかないで、怒りもせずにこれからも過すのか!

 どうしますか? 日本の皆さんは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/26

イタリア・ブランド製品の日本販売価格が余りにも高すぎる!

 今回、4年ぶりにイタリアを訪れた。特にフィレンッエは何年ぶりだろうか?
二日しか居ないので、地元の写真家の案内で有名ブランド店を訪れてみた。カルチェ、プラダ、タニノ・クリスティ、ボルサリーノだ。品物の値段を見て驚いた。日本の販売価格は約現地の倍近い価格だ。
7月1日から日本でもセールが始まるが、30%引きでも現地の販売価格よりも高いのだ!

 こんな高い者を買わされて居るから、銀座に次々とビルが建ってしまうのだ。

 いっその事、1年間、ブランド品を買い控えたらどうだ。銀座もあっという間に様変わりするだろうに。

メーカ側も高いのを自覚しているのか、イタリアでの製造を止めて、タイで生産し販売価格を落としているものも中には在るが、一度、上がった価格は容易には下がらない。

 革製品はイタリアに行って買う事だ!
今回、革靴を3足買ったが、日本で買う1足の値段だった!!!
タニノの靴はもう10年余り、底を張替え、かがとを直して履いて来たが身ごろの革が破れ始めたので、捜したが同じ製品が何処にも無かったのだ。

 それにしても、なんと高い物を買わされ続けているのだろうか、日本の愚かな女たちは!!!
好い加減、頭を冷やしてご覧よ!!!


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/06/25

小向一實・天童大人 二人展(6月22日~7月1日)が銀座、ギャラリー・アート・ポイントで始まった!

 去る19日の夕刻、ジュノヴァの国際詩祭から急遽、帰国して21日、搬入、そこで初めて二人展の相手である岡山県の牛窓に住む陶芸家・小向一實氏に会う。
 翌22日から展覧会が始まった。新刊のスペイン語詩集『EL VIENT DE DAKAR』HAKUOUSHA刊の詩集を始め、今迄刊行してきた詩集『エズラ・パウンドの碧い指環』や世界で初めての即興詩集『大神 キッキ・マニトウ』、そして今迄刊行したパンフレット類を展示、即売もしている。
 その中の1冊、詩集『エズラ・パウンドの碧い指環』のなかに、詩作品「無垢の人・土井虎加壽」を小向一實氏が私の留守中に読んで驚いたそうだ。
 
 私が独協大学の1期生だったからだ。
土井虎加壽教授の授業を聴くためにだけ、大学に通っていたからだが、小向氏も私が知らない哲学研究会を作って顧問に土井教授をいただいて活動していた事が在るという。
 驚いた事に、土井虎加壽教授の息女で、独協大学でドイツ語を教えていた彼女が自殺した時、お葬式のお世話をしたと言う。
 驚くではないか!
昨日まで、ご縁が無いのに、急に様々な人脈が繋がり始めるのは、生きている冥利に尽きる喜びだ。

 一度、銀座8丁目のヤマハの新橋に向って先、三菱東京銀行を左に入り、二本目の通りの角に在る交番の二軒先の地下。


 ギャラリー・アート・ポイント

 104-0061
 東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1
℡03-5537-3696

夜、7時まで。最終日7月1日は午後5時まで。

 是非、お越し下さい。

 オリジナル作品13点、版画5点を展示しております。

                 字家 天童 大人

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »