« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006/07/29

ベネゼエラの写真家 ENRIQUE HERNA'NDEZ D'JESU'Sの展覧会で瓶詰めされた詩人の肖像を見た。

 第3回カラカス国際詩祭の会期中、宿泊地のヒルトンホテルカラカスから歩いて5分の処にある国立美術館 FUNDACIO'n MUSEO DE BELLAS ARTESの二階の会場で、写真家で詩人のエンリケ・ヘルナンデス・デ・スウスの面白い展覧会が開催されていた。

 彼の仕事については詩誌「詩人会議」2月号に、詩人で昨年の第2回カラカス国際詩祭に参加された白石かずこさんが書かれていたのを、詩人の佐藤文夫さんから送ってもらって読んでいた。
 しかし、実際に300本余りの詩人の肖像写真が瓶詰めにされているのは壮観だった。その中にはヴォルヘス等が瓶詰めにされていて会場の下の階のショプでは約50ドルで売られていた。
 その話を彼にすると、彼は会場の隅に行き、一緒に会場に居たプエルトリコの詩人と私に瓶を1本ずつくれた。
瓶の中にはヴォルヘスのオリジナルの写真が入っていた。
 会場には日本の詩人は白石かずこ、谷川俊太郎のお二人だけで次回からは小生の写真も加わる事に為る。

永い歳月の間に撮られた詩人の肖像。

 面白く、見ごたえが有った。
他にも女体の写真が沢山アリ、日本の写真家ではアラキーと森山大道との名をを教えてきた。
他に3枚のポートレートに各詩人が余白に文字を書いており、その筆体にも趣きがあった。
コロンビアのメデジンを始め各国際詩祭に招待された詩人たちが網羅されており、さしずめ詩人の図鑑とも言えた。
 一つの壮大な試みはまだまだ続きそうだ。

 瓶詰めされたヴォルヘスの肖像写真は、今、私の机の上に置いてある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/27

Hilton Caracasのサービスは最悪だ! 従業員のヤル気の無いので充満している。

 この7月16日~23日までの第3回カラカス国際詩祭は、宿泊ホテルがヒルトンホテルのカラカスに決められていて、招待された詩人が全て宿泊している。
 初めは余り気に為らなかったが、日が経つにつれて、サービス力が著しく低下していて、特にホテルの最初の窓口であるレセプションが若い眼鏡の気が利かない男一人のため、時間がかかって仕方が無い。

 3日目のTrujilloから戻って再チェクインの再にはっきり判った。
前の客が既に45分かかっているが何も未だ分からない、と話しかけてきたからだ。
やっと私たちの番になり、私とガイドとの部屋が用意されていないことがわかった。
仕方なく無く我々は担当者に任せて昼食を摂る為に指定されたレストラン TERRAZASに向った。
ここのボーイたちの中にも、ヤル気の有るのと無い者ははっきり判る。
 しかし、朝食に指定されていたレストラン IL`INCONTROのボーイたちよりは少しはましなほうだ。
ポルトガルの詩人、カシミール・ブリトーが怒っていたが、5回も頼んだのにコーヒーが来ないと言うのだ。
 1度で言った事が為されるとは限らないのは、先刻承知している心算だがそれでも働く人々にエネルギーがほとんど感じられないのは何故なのか。

 こんな程度のサービスしかHilton Caracasでは出来ないのなら、早晩、このホテルは残念ながら、衰退していくだろう。

 もう名前だけではやっては行けないのだが、まだまだ自覚が足りなのだろうか?
サービス業の精神が育成され無いのは、何もベネズエラに限った事ではなく、日本にだって当て嵌るのだが!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

ベネゼラに強大な龍と共に行き、ベネゼラの太陽を沢山浴びて、益々強大に為った龍と共に、今日、無事に戻って来ました。

 前のブログに書いたように、私が去れば日本の気象状況は劇的な変化をしますよ、と書きました。
今日、7月25日午前11時15分、英国航空でロンドンより、巨大な黄金の色の龍と共に戻りました。

 昨日までとはうって変わってのこうてんき!!!

 龍が一段と力強くなりましたからね。
 日本に戻りましたからね、ご安心下さい。

 もう、一気に梅雨を明けさせましょう!!!

 オイオイ書き始めます。

 ご期待を乞う。

 荷物2個が未到着ですので、届き次第、お知らせします。

 ベネズエラの事。

 第三回カラカス国際詩祭の事などを。!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »