« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006/09/01

安倍晋三よ! 「沖縄密約は無い」と断言したが、本当に断言できるのか!嘘つきが、自民党総裁になったら?

 当時の吉野局長も「沖縄密約」は有った事を認め、当時、スクープした西山元毎日新聞記者や、アメリカ側も含め、「沖縄密約」は周知の事実でありながら、今、総裁選に出馬する段階でも、安倍晋三は「沖縄密約は無かった」と断言できるのかどうか?

 もし、虚の証言のまま自民党総裁に為ったら、凋落しつつ在る自民党の急速な崩壊に繋がるだろう!

 短命、安倍内閣誕生か!!!

 一時的な権力者に群がる虚の政治屋達の群れ。

今からでも遅くない。

「沖縄密約」について、事実を述べて置いといた方が賢明だと思うのだが?

  何時まで言い切れるのか、安倍晋三よ!!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/31

霧島神宮よ!事務的な事を迅速に遣らなければ、神事も滞って居るように思われるぞよ!心してかかれよ!

 霧島神宮の関係者がこれを見たら私が何を示唆しているかがお分かりに為るだろう。
この5月29日から約3ヶ月余り経っても、或る事務手続きが手付かずのままであった事は事実である。
 社務所内部で何があろうが、外部の人間には窺い知れず闇の中。
この8月下旬に、霧島神宮を訪れ、確かめて見たが見当たらず、御札を売っている巫女さんの一人に問い合わせたが要領を得ず、自分の名前と携帯番号を書き、出来たらご連絡を、と言い置いて神宮を立ち去った。

 形は幾ら立派でも、心がないのでは、気分、著しく悪い。

 翌日、コズマと名乗る宮司から電話があり、用意が出来たが板が無い、との連絡があり。

 もし、この日に霧島神宮を訪れる事が無ければ、この事は分からずじまいで終わったのかも。

 東京からは滅多に来ないものとの早合点か。

 これ霧島神宮は、心改めてより神事に励めよとの御託宣なり!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/30

ヤンキース・スタジアムで全日本高校選抜チーム、松井秀喜に会う!

 久し振りにヤンキース、松井秀喜の元気な姿をテレビで見た。早実の斉藤佑樹君の質問に、丁寧に答える松井の姿を見て、早くユニフォーム姿で松井秀喜がプレーする姿を見て見たいと思う。

 松井秀喜の清々しさって、何処から滲み出て来るのだろうか。

良いものには、優れた者には品格が在る。

 早く起きて、ヤンキースの試合を見なく為って、ある種の物足りなさが付き纏っていたが、其れも間もなく、終わる。

 55番を付けた松井秀喜。残りの試合でどんな活躍を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/29

対馬・壱岐が中心と為って、元寇慰霊祭(仮称)を、早急に挙行せよ!

 1274年に元のフビライの軍隊が日本に来襲した(文永の役)。1281年にも再び来襲した(弘安の役)。
この時の慰霊祭を、今こそ対馬・壱岐が先陣を切って提唱し、長崎県・九州・日本国を動かし、元寇慰霊祭(仮称)を挙行し、かって中国は日本に侵略を図った事を公にさせよ。

 勿論、式典には列席するしないに関らず、中国首脳に招待状を出す。国連、ユネスコ、関係諸国を招き、歴史的事実を確認し、二度と過ちがない事を願っての祭典、式典に徐々にして行く事が望ましい。

 今、玄界灘、波タカシ!!!

 17年間、対馬の和多都美神社で「聲ノ奉納」を続けてきた一人の人間が言う事だから間違いは無い。
 対馬が危ないぞ!!!

 緊急に、対馬・壱岐の住民たち関係者は惹起セヨ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力発電所は本当に安全なのか?

 28日、地震学の専門家で、委員の石橋克彦神戸大学教授が「原発の耐震性が保障出来ない」と辞任を表明して退席した原子力安全委員会・耐震指針検討分科会では、改定案を最終決定し、9月中にでも同委員会で決定されると言う。
 可笑しな事ではないのか。
 直下型地震はM6.5にとどまっていると言う。
耐震指針改定案なら、即座にM7を想定すべきだろう。
M7を想定して指針を決定するべき事を、基準を低く想定してしている。

 もしこの指針改定案が通過した場合、活断層でM7程度の地震が発生し、国民に多大な被害が出たとき、鈴木篤之・原子力安全委員長はどんな責任を取れると言うのか?
各電力会社の利益優先を第一に考えていて、故意に国民を危険に導くような言動を行っている鈴木篤之・原子力委員長を始め、追従した委員の責任は非常に重い故に、追従した委員の名前を公表するべきだろう。

 言葉の問題、机上の空論ではない。

 即刻に、M7で想定し、指針を書き直せ!!!

 国民の安全の為にも、耐震指針検討分科会を再開し、審議をやり直せ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »