« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006/09/30

この6月、エズラ・パウンドの生涯をテーマにした芝居「Treason」を観た人が居た!!!

 先日、昨年末にも行った飲み会を、『推定無罪』の名翻訳で知られた上田公子女史を囲んで行った。
その時、上田女史は、この6月、ニューヨークのオフ・ブロードウェイーのPerry Street Theatreで観たと言うのだ。
期間は6月15日~29日迄。7月にはこの劇場がクローズされる為、最後の公演だとか>
この芝居「Treason」が詩人・エズラ・パウンドの生涯を芝居にしているとか。
私の為にパンフレットを買って来てくれたが、忘れたと言う。

 誰かこの芝居の事を知っている人は居られませんか?
何か教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/29

安倍新総理の声が余りにも幼稚でお粗末なのに驚いた!!!

 誰がこんなお粗末な声の持ち主を選んだのか?
我々、日本国民だと言う。お粗末な国民に何時の間に為ってしまったのか?我々は?

 今日、遅い昼食を銀座の和食屋で食べていた。
余りに久し振りに顔を出したから、奥から出てきた主人と話しをしていた。

 すると幼いというかメリハリの無い声で何か言っている声がして、誰がこんな幼稚な声を出しているのかと、椅子から乗り出したら声の主が、初めての所信表明を行っている安倍総理だった。

 無知な小泉元主首相よりも劣る声の力では、短命内閣だ。

 帰宅して、あの所信表明のなかで、109回のカタカタ語を用いたとある(毎日新聞29日、夕刊、1面ヨリ)。

 こりゃダメだね。一人一人がもっとしっかりしないとね。

 ドラゴンさん、お頼み申しますよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/28

新庄剛志、不思議なキャラクター!!!

 新庄が何をやっても憎めない、厭味も無い、不思議なキャラクターだとテレビで昨夜の新庄の引退セレモニーを見てつくづく思う。

 長嶋茂雄とは、違うがどちらも何をやっても憎めない稀有なキャラクター。

 何故だろうかね。

 ポジティブな発想と行動。

 普通の日本人には珍しいタイプの明るさ。

 寂しいね。

 今後、政治家に為るもよし、何でも良い。

 好きな事やって、また驚かして、楽しませてやって下さいよ。

 日本の国民を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/27

「島国根性」と言う言葉を石岡瑛子著『私デザイン』を読むまで、すっかり忘れていた。

 一気に4時間余りかけて石岡瑛子著『私デザイン』8講談社刊)を読破した。

 凄く面白かった、の一言に尽きる。

 海外で活躍したい?と考えている人はこの先達の一人石岡瑛子のこの本を読んでみると良い。

 1章から12章に分かれた本書の特に第7章の、オペラ「忠臣蔵」は、日本と世界とを考えるうえで、大変、参考に為る。
 日本で知名度の高いらしい作曲家 三枝成彰が可笑しい。

 可笑しいが何か物悲しいのだ。

 同じ日本人として。

 第1章の カンヌ国際映画祭芸術貢献賞受賞「MISHIMA」は日本で公開されなかった幻の傑作との事だが、何処かでこの映画を観る事が出来ませんか。
 何故、見る事が出来ないのでしょうか?

 この島国から出て何かをしないと埋没して行く、強い地霊の力からを日々、感じますね。

 元々、この国は山の民の国で、工業国ではありませんからね。

 石油も産出出来ない国で、自動車生産世界一を目指すなんて、どう考えても可笑しな話だと思いますがね。

 貧しいキューバの人も、マダガスカルの人も可笑しな事と笑っていましたがね。

 なんでも程ほどで良いのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余りにもテレビ各局の気象予報士が豪雨と言うものだから・・・

 深夜に、チョツと、我がドラゴンに、雨を上げておいておくれよ、とお願いして休んだ。
やはり今朝には、雨は止んでいた。

  気象予報士は、国家試験の合格者。
国家試験という事は、国が認めた気象の予報士。

予報が外れたら、どんなペナルティーが科せられるのか?

 誰か教えて下さいませんか?
 気象予報は大事な大事な大仕事。
 少し見られる女の子を各局が使ってはいるが、本当に大丈夫なのか?

 何処かのマニュアルを見ながらの解説ばかりで、何処かで本物の漁師やお百姓さんの解説と併用は出来ないものか?
 国家試験を通らなくても気象は読める。

 外れる予報士は、どんどん入れ替えるべし!
 
 余りにも自信タップリに言うものだから、少し意地悪をして、懲らしめてやらなくてはならない。

 間違った予報は迷惑だし、被害が大きいのだ。

 ドラゴンが予報士の予報を時々チェツクしているのだよ!!!

 時々、予報を大きく変えて遣ろうではないか!!!

 国家が認めた気象予報士との戦いは、今後とも続く!!!

 乞う、ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/25

私のオリジナル版画作品集『Letter Scape』の内より一点、スコットランドに行く!!!

 不思議なご縁ですね。私の友人は英語で日本語を教えていて、教え子の一人が私の版画作品を見てみたいと言う事を知らされた。
 そこでイタリア・ミラノで制作したオリジナル版画集『Letter Scape』(限定58部)と他のミラノで制作した版画作品を数点を約束の場所に持参した。
 生徒は女性でクレア。スコットランド人。作品はあっという間に二点「TENJIYO」、「MICHIYUKI」に決まった。その内の一点「TENJIYO」は、近く行われる弟の結婚祝いに贈るのだと言う。
気にいってくれたクレア嬢は同僚のアンドリュウを呼び出した。
 自転車でやってきたアンドリュウは、ひと通り見終わると「HANA」,「MORI」、「HIKARI」、「TUKI」の四点を買ってくれた。
 日本人の渋々買う、買い方とは、全く違う。気にいってくれたら彼らは何点でも買うのだ。

 不思議な気がした。日本人には絵画作品を気軽に買う習慣が全く無い。

 日本人は本当は貧しいのだ。文化に対して。何故かそう感じた。

 これで私の作品がスコットランドに在る。
後日、クレアから、弟さんの結婚式の写真が、友人を介してメールで写真が添付されていた。
 結婚式の参列者の前で、作品「TENJIYO」が披露され、漢字の意味と、この作品に附加された意味を伝えると、弟夫婦は、TENDOに、貴方のファンがスコットランドにも居る事を伝えてくれと!

 このクレアの弟夫婦の一言で私の気分はとても幸せになる。

 益々、生きている事が、生かされている事が楽しく為って来る!!!

 クレアの弟夫婦よ!お幸せに!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨人の桑田、200勝を目標に、燃え尽きる最後まで頑張れ!!!

 38歳の桑田。まだ老け込む年ではない。辞める年でもない。
日本のプロ野球選手の寿命はアメリカの大リーグの選手たちと比較してどうして短命なのだろうか。

今年のニューヨークヤンキースのバニー・ウィリアムス。昨年の年棒十分の一の9千万でヤンキースに残留。

桑田は自分の設定した200勝より多めに設定し、邁進すれば、必ずや目標達成の大願成就間違いなし。

巨人に拘る事無いのは良い事だ。
投げれる所に行って、思う存分投げたら良い。
年棒の額の問題では無い。
夢のお話だ。

 是非、桑田には夢を叶えて貰いたいね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/09/24

ヘア&メーキャップアーチスト田中宥久子さんが出会った女優は誰なのだろうか?

 家の机の上に、『田中宥久子 美の法則』(WEVE出版)刊、と言う本が置いてあった。
ぱらぱらと読んで居て、あるページで、うーんと唸ってしまった。

 転機となったある女優との出会い、の章だった。(107ページ)

 四十代に入った頃、あるひとりの女優につくことになりました。
       (中略)
 初めての顔合わせの日。撮影現場に到着した彼女の第一声は、「あなたが田中さん?じゃ、この道具を鏡前に並べておいて、私、これから衣装の打ち合わせをしてくるから」でした。
 しばらくして打ち合わせから戻ってくると、すぐさまパアッと並べられた道具を見てこう言ったのです。「この並べ方で全部わかるのよね」。あとからわかったことですが、腕がいいかどうかのチェックがそこからはじまったようです。
           (中略)
 撮影が終了して「今日は、いいお仕事をありがとうございました」と言うと、返ってきたのは「名刺ちょうだい」の一言。名刺を手渡すと、「こんなことでいいお仕事と言っちゃだめ。また電話するから」とだけ言い、サアッと帰ってしまわれたのです。
 ここから、数年にわたるその女優さんとのお付き合いが始まりました。

               (中略)
 いやあ、なかなか芯のある女優が日本には居るんだね。
 相手を育てていく過程が読んでいくと良く分かる。

 知りたい人は、本書を買って読む事をお勧めする。

  だからこの女優は誰なのか?知りたくなる。思い浮かべる事が出来る女優が何人かは居るが、彼女だと言える人物が決まらない。

 また次に出会った女優も誰なのか、知りたくなった。 

  仕事をしていると何処で誰が見ているか分かりませんね!

  だから楽しみなこの小さな水の惑星、本当だね!!!

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »