« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »

2006/12/15

詩人 高柳誠、今夕、ストライプハウスギャラリーで、詩集『塔』、『万象のメテオール』を読む!!!

 今夕で、4度目の登場に為る(このラウンドポエトリーリーデイングは最多)高柳誠には、全詩集の作品を読んで貰いたいと注文をつけた。

 だから来年2月以降にも引き続き登場願うことに為る。
 高柳誠にはもう少しで朗読する事の意味が、分かる筈だからだ。

 楽しみだね。それは!

 社会的知名度が無い、音楽が無い、集客能力が無いから等と言っている馬鹿な事を言う詩人?がいる事は、驚きだった。

 
 私が最初に出会った詩人は、吉田一穂!

 詩人格が、全く雲泥の差。

 日本の詩人の「聲ノ力」の嵩上げに繋がるかどうか、もう少し様子を見なくては為らないのだが!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/14

詩人 小川英晴、今夕、六本木 ストライプハウスギャラリーで、自作詩朗読を行う!!!

 「ラウンドポエトリーリーデイング」に二回目の登場と為る小川英晴は童話作家小川未明の孫。

 さて今夜はどんな朗読を行うのか、期待したい。

 この巡回朗読会も今日で21回目を迎える!

 当面は100回の巡回公演を目指している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/12

詩人 須永紀子、13日夜、六本木のストライプハウスギャラリーで、自作詩朗読に挑戦!!!

 この「ラウンドポエトリーリーデイング」に自ら、参加したいと言ってきた勇気ある詩人だ。

 敢えて勇気あると書いたのは、参加するから詩人のリストに名前を載せて置いといてくれと言っておきながら、いざ、では何時に?と言うと、知名度が無いとか、音楽が無いとか、屁理屈ばかり言って結局は遣らない、遣れないのだ。
 二、三人のグループで1ドリンクに音楽を付けて学芸会の延長線でも遣っていれば良いのだろう。

 そんな軟な詩人など不要!

 自ら遣りたいとの志し高い詩人の出現を待っていたのだ。

 さて須永紀子がどんな朗読をするのか楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は詩人 藤富保男さんの三度目の自作詩朗読会は、ギャルリー東京ユマニテで行われる!!!

 今回の「ラウンドポエトリーリーデイング」の参加詩人の中で、最年長者だとは、全く知らなかった。
何時もサッカーの審判をされていた記憶が有り、現在、77歳に為られておられるとは!

 全く、オドロキ!!!

 語られるお話は面白い!

今夜はどんなお話が聞けるやら楽しみだ。!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

いや!面白かった!今日の三宿、Star Poets Galleryでの自作詩朗読は!!!

 遂に一冊、詩集『エズラ・パウンドの碧い指環』を読みきった!
一時間余り、初めての空間。楽しかったよ!
 こう言えるのも即興朗唱で鍛えて来たからなのか、楽だった。

 これで、Star Poets Galleryでの自作詩朗読会には、忠告が出来る事に為った。

 色々と若い詩人が参加してくれる事を切に望む!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夕(11日)の自作詩朗読は、自分でも楽しみだ!!!

 この7月の第3回カラカス国際詩祭で聲ヲ発して以来、自作詩は読んではいない。

 あの幸運な詩集『エズラ・パウンドの碧い指環』を、今迄、一度も読み切ってはいない。
だからこそ、楽しみなのだ。

 「ベルベル人」、 「無垢な人 土井虎加壽」、「靴」など読んだことの無い作品だらけなのだ。
だから、楽しみだ。

 「大神 キッキ マニトウ」が今夜、三宿に飛び出すのか!

 乞う、ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »