« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »

2006/12/30

新手の振込み詐欺か?学校法人 文化学院 寄付金募集のお願い 個人の方向け、は?卒業生の皆さん、ご用心下さいよ!

 一枚の紙に学校法人 文化学院 寄付金募集のお願い 個人向けの方向けと印刷され、教育環境・施設充実を目的とした資金支援のお願い、と記され、校長 西村八知、卒業生 坂倉 百合名前が連記されている。

 下には、振り込み取り扱い票、即ち振込み用紙で、わざわざ郵便局専用との断わりあり、が赤色で印刷されている。
 加入者名は、学校法人文化学院寄付金口とある。

  裏面の募集要項、を読むと笑ってしまう。

募集目的:教育・研究の充実、発展に必要な経費及び施設拡充の資金確保のため
 
 今迄に文化学院で研究など一切無かった。今後も無いであろう!発展する必要は無い。 資金確保の必要は無い。

 既に昨年(2005年)11月に既に文化学院の経営母体は日本ビーエス放送株式会社が買収していた。(つい最近知らされた事だが)。

 日本ビーエス放送株式会社はビック・カメラの子会社。資金確保の必要は全く無し。

 買収したビック・カメラが自前でビルを建設すれば良い事で、伝統ある文化学院の卒業生から寄付金を募るべきではない。

  西村八知も校長とは名ばかり、坂倉百合共々。恥を知れ!!!

 親伊作が残した物を残された西村一族が食い潰した結果なのだ。

募集目標:30億円

 この30億円と言う数字が何処から出て来た数字なのか?

 この30億円で文化学院を西村伊作の末裔たちが、ビック・カメラに売り払った金額と同一である事が昨日(29日)に判明した。
 
 売却した30億円は何処へ消えたのか、それは大問題だ!!!

 一口30000円で、複数口数のご協力をお願いします。

  余りにも調子が良すぎるのだ。

  募金目標:30億円は夢物語、お前、アホか。

 こんな不良債権を買収したビック・カメラ、日本ビー-エス放送株式会社も間抜けだ!

  文化学院は実体が無い。精神の学院なのだ。

 ある者は創立者 西村伊作が亡くなった1963年に文化学院は無くなった、と。

 またある者は文科科長・戸川エマが亡くなった1985年に無くかった、と。

  それ以後の学院の荒廃ぶりは目を覆うばかりなのだ。

 賢明なる卒業生は、こんな騙しのチラシに騙されはしないのだ。

 新手の振込み詐欺!だと噂されてもいたしかた無いだろう!!!

  自業自得だからだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村井正誠×小川孝子 創立 とりの会 回顧展 1980~1994 は無事に29日に終了しました。

 集まってきた卒業生の会場での話題は、文化学院の寄付金お願い騒動でした。

募金総額30億円!!!一口3万円!

総額30億円との数字、これは文化学院がビックカメラに売り渡した金額だそうです。

 全く可笑しな話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/29

所ジョージの"笑ってこらえて”のダーツの旅(27日)で、セネガル・サンルイが紹介されるとは!!!

 いや、驚いたね。テレビでもしかしたら来年(2007年)5月に、サンルイ国際詩祭で訪れるかも知れないセネガルのサンルイをいち早く見る事に為るとは、夢にも思わなかった。

 所ジョージのキャラクターが面白くて、時々、見ていたが明石さんまとの4時間スペシャルでまさかサンルイとは!

 しかし、面白おかしく紹介するのは良いが、世界遺産にも選ばれているこの町の紹介はキチンとしてもらいたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/28

エセィ「詩人の肉聲を聴く!ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」を、雑誌「現代詩手帖」2007年度1月号に発表。

 是非、大きな書店で、立ち読みをしてください。

 何故、巡回朗読会を立ち上げたのか、を手短に書いてありますから。

 1月は13日(土)、銀座・ギャラリーアートポイントで、詩人・中村恵美さんから開始します。

 2007年度の口開けは、若い詩人からで、今後の展望を予見させます。

 乞うご期待を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/26

インドの雑誌「YAPANCHITRS」にエセィと詩作品五編収録されて!

 昨日、インドから一冊の雑誌「YAPANCHITRA」が届いた。
昨年の11月、ウエリントン国際詩祭で出会ったインドのKOLKATAの詩人Prabal Kumar Basuの編集に依るアンソロジーだ。
 日本人は俳人の夏石番矢と私の二人だけ。例え二人でも日本人が掲載されてる事は、夏石氏も言われているように、掲載されないよりも良い事だ。

  私の略歴の最後に、

 He is one of the world`s most powerful and challenging performance poets。

 と紹介されている。有り難い事だ。

 同時に、インドで2007年、開催される世界詩人会議の案内が届いた。

 九月に開催されるとか!機会が有れば、是非、訪れてみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

恥を知れ!文化学院経営者たち! 新校舎は不要だ!!!

 昨年秋に経営母体が日本ビ-エス放送株式会社に移行した、とか。
日本ビーエス放送株式会社の親会社はビック・カメラだ。

 つまりビック・カメラが現在の文化学院を経営していると言う訳なのだ。

 そして、経営母体が移行してから、短期間に理事長が二度交代して、現在では理事長は山城誠と言うらしい事はこの十月の文化学院から送られて来た文書から判明したが、理事長・山城誠と記された文書にも二人目とは記されていない、不誠実さを如実に示した文章である。

 今もなお文化学院に平気で居座っている創立者・西村伊作の息子や孫たちの言動は見苦しい限りだ。

 こんなダメな学院を買収する輩の不見識にも驚くばかりだ!!!

 過去に伝統ある文化学院は、偉大な黒子に徹し切った評論家・戸川エマ文科科長が亡くなった時に、既に滅んでしまっていたのだ。

 それに気が付かない哀れな西村一族!!!まさに今は醜い西村一族、残骸の集まりだ。
 西村伊作の教育理念の失敗作のオンパレードか!

  今更、どの顔下げて、寄付金のお願い、募集だと!!!恥を知れ!!!文化学院!!!

   伝統ある文化学院は、西村一族の物では無い!

 あの場で学んだ者たち、教えてくださった教師たち全ての物。

 あとからのこのこ残飯を漁りに来たビック・カメラや日本ビーエス放送株式会社の物ではないのだ。
買収した連中が自力で建てればいいのだ。

 親・西村伊作の文化学院を売り渡した西村の残党には、何の力も無い。

 お茶の水の校舎を壊した時に、文化学院は消え去るべきだったのだ。

 今の研数学館の校舎が今の文化学院の状況に最も相応しいのだ。

 寄付金募集のお願いだと!!!
 
 卒業生は寄付金募集に断じて、応じるべきではないのだ。

 盗人に追い銭だよ、それは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/24

村井正誠×小川孝子 創立 とりの会 回顧展 1980~1994 を銀座・竹川画廊で開催中!

 今日、12月24日(日)から~29日(金)迄、銀座・竹川画廊で開催されています。

 是非、この時期に銀座にお出かけの際には、竹川画廊(中央区銀座7-7-7 ℡03-3541-0320、AM11:00~PM7:00,最終日はPM:6:00迄)開催です。

 会場には村井正誠、小川孝子それぞれ一点ずつ展示して在ります。

 また小冊子「村井正誠×小川孝子創立 1980年~1994年 とりの会 回顧展2006」を制作し、会場で200円で限定80部で会場にて販売していますので、ご興味のある方はお買い求め下さい。

 小生も作品「NAGARERU」、一点を出品しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月17日 - 2006年12月23日 | トップページ | 2006年12月31日 - 2007年1月6日 »