« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »

2006/02/25

森 茉莉ドット文学館 白川宗道館長 亡くなる。

 今朝、友人の蕪木寿氏から電話が有り、白川君が亡くなったの知ってるか?と言う。
目覚めの冗談かと思ったが、一瞬、やはり本当の事かも知れないと思った。
 一週間位前 心臓マヒのような状態で亡くなっていたのが、発見されらしい、との事。

 昨年の6月7日付のブログに「森 茉莉さんのこと」を書いたが、森茉莉忌で話して貰いたいとのことだった。
それは彼が森 茉莉さんのサポーターに為る前に、私が何故か森茉莉さんと行き来していた事を、彼が知っていたからだった。

その後、彼がオーナーに為った新宿の「サタデーズ」の開店記念日一周年に、朗読会をして貰いたいとの依頼が有り、04年、05年と2年続けて朗読会を彼の狭い店で開催した。
 1日にも休まずに店を開いていて、彼を知るものは誰もが彼の健康の事を心配していたのだが、誰の言う事も聞かなかったのでは?

そして自宅でお風呂に入ろうとして、心臓マヒのようにして亡くなったとか。

そんなに早く、天に召されるとは、彼は考えて居なかっただろうに。

  さぞかし無念だっただろうに!!!

 面倒見の良い彼だったが、やはり早い亡くなり方だ。

 
 彼は何歳だったのだろうかと、知人に問い合わせて聞いたら、折り返し返事が来て、1947年生まれだとか。
 またしても還暦までに亡くなるとは。無念!


 謹んで、ご冥福をお祈りします。


天童 大人


追記:今後、森茉莉ドット文学館は誰が継いでくれるのだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/24

米副大統領 誤射 責任認める(朝日新聞 2月16日夕刊)とはどう言う事なのか?

  
 自らの過失責任を認めた男はどう責任をとるのか、この朝日新聞の記事からでは残念ながら未だ解らない。
事件を起こしてから4日後、仲間内?のFOXテレビニュースのインタビューに応じたチェイニー副大統領の記事が、ワシントン=渡辺勉として16日夕刊に掲載されたのを遅ればせながら23日に見た。

 現場の写真が無いので、どんな状況で今回の事件が起こったのか、皆目わからない。
撃たれたのはチェイニー副大統領より13歳年長の仲間のハリー・ホイッチィントン弁護士。

何故、発表が遅れたのか?どんな仲間なのか?何猟なのか?散弾銃だから獲物は鳥類か?
だとしたら事件を目撃した農場主の家族が「ホイッティントン氏が自分の存在を声を出して知らせなかった」と述べたのも可笑しいのではないか?
声を出したら獲物の鳥たちは飛び立ってしまうだろうに。
この弁護士の立っていた場所は人間と樹木とを識別出来ない場所なのか?

 依然と謎だらけの事件だが、も少し時間が経つと事件の見えぬ背景が浮き上がって来るのではな無いだろうか?
 早く弁護士が口を開くのを、何と言うのかを知りたいものだ。

 この事件はアメリカでは法律的にはどんな罪状になるのか?
 もし日本で同様な事件が起こったらどんな反応が起こるのだろうか?

 未だまだ見守って行く必要がありそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月12日 - 2006年2月18日 | トップページ | 2006年2月26日 - 2006年3月4日 »