« この土曜日(15日)の夜、日本テレビのブロードキャスターを見ていたら、国連環境計画プロデューサーSと名のる名札の男が出ていたが、そんな肩書きがどうして必要なのか?このSと言う聲の質の悪い男の言う事に、今後、要注意だぞよ!!! | トップページ | 詩人・作家 稲葉真弓さん、明日(18日)自作詩朗読会を京橋のギャルリー東京ユマニテで行なう!!! 二度目の「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(自作詩朗読会)」に参加!!!  »

2007/09/16

「ブッシュの犬!」とフランスの新聞に書かれた最悪の小泉純一郎と、「アメリカは日本の番犬です」と国会答弁で言った椎名悦三郎と・・・

 どちらが本物の政治家か、誰にも直ぐ分かる事だ。

 今回の自民党総裁選での小泉チルドレンたちのの愚かさ、醜さ!!!

 こんな程度の低い人間を選んで刺客にさせた小泉純一郎の眼力の低さ!!!

  しかし、椎名悦三郎って、立派だね!!!

 この事は、浅利慶太著『時の光の中で』(文藝春秋刊、2004年)のなかに(156ページに)書かれていたので、初めて知った。

 国会の正式の記録に残っているそうだ!!!

 政治家の器もどんどん小さく為っているんだね!!!

 こんな器の小さい人間に政治を託した訳では決して無いぞよ!!!

|

« この土曜日(15日)の夜、日本テレビのブロードキャスターを見ていたら、国連環境計画プロデューサーSと名のる名札の男が出ていたが、そんな肩書きがどうして必要なのか?このSと言う聲の質の悪い男の言う事に、今後、要注意だぞよ!!! | トップページ | 詩人・作家 稲葉真弓さん、明日(18日)自作詩朗読会を京橋のギャルリー東京ユマニテで行なう!!! 二度目の「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(自作詩朗読会)」に参加!!!  »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブッシュの犬!」とフランスの新聞に書かれた最悪の小泉純一郎と、「アメリカは日本の番犬です」と国会答弁で言った椎名悦三郎と・・・:

« この土曜日(15日)の夜、日本テレビのブロードキャスターを見ていたら、国連環境計画プロデューサーSと名のる名札の男が出ていたが、そんな肩書きがどうして必要なのか?このSと言う聲の質の悪い男の言う事に、今後、要注意だぞよ!!! | トップページ | 詩人・作家 稲葉真弓さん、明日(18日)自作詩朗読会を京橋のギャルリー東京ユマニテで行なう!!! 二度目の「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(自作詩朗読会)」に参加!!!  »