« 2007年12月、2008年1月の「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circut(巡回朗読会)」の公演日程に、追加訂正がありますので、お手数ですが、御訂正下さいますように、お願い致します。 | トップページ | 昨夜、詩人・高柳誠、15回、連続自作詩朗読会を終えてみて、見えてきた事がはっきりしてきた。 »

2007/11/30

ブルーノ・ムナーリ、生誕100年記念、あの手この手が12月1日から板橋区立美術館で始まるが・・・

 ブルーノ・ムナーリの最後の本と言われている、オリジナル版画本『TERZINA ⅩⅢ NEGATIVO-POSITIVO di BRUNO MUNARI』限定100部を私は持っている。

 これはイタリア・ミラノ・のセヴェルニーニ出版社が1996年から限定120部で刊行された12冊のオリジナル版画限定本、『TERZINA叢書』である、。
 120部の内30部は出版社分、30部は作家分、30部は作家同士の交換分、30部は世界中の国立図書館に寄贈分で、作家の負担金は一切無い。

 紙はイタリア・シシリー・シラクーサの手漉き紙。12人の作家はイタリアの有名な画家たち。

 エンリコ・バイ、ヴァレリオ・アダミ、ロベルト・サネージ等のなかに日本人作家がKEIZO(森下慶三)と私、天童大人が参加しているのだ。

 私の参加には、KEIZOと1994年のノーベル文学賞候補の詩人、ロベルト・サネージの友情に負う事、大である。

 この叢書の最後がブルーノ・ムナーリの巻である。

 三つ折されたこの版画本は、いや実物を御覧頂いた方がいいのだ。

 国立国会図書館に寄贈されているから、興味ある方は是非、ご高覧を!!!

 

|

« 2007年12月、2008年1月の「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circut(巡回朗読会)」の公演日程に、追加訂正がありますので、お手数ですが、御訂正下さいますように、お願い致します。 | トップページ | 昨夜、詩人・高柳誠、15回、連続自作詩朗読会を終えてみて、見えてきた事がはっきりしてきた。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/17229906

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノ・ムナーリ、生誕100年記念、あの手この手が12月1日から板橋区立美術館で始まるが・・・:

« 2007年12月、2008年1月の「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circut(巡回朗読会)」の公演日程に、追加訂正がありますので、お手数ですが、御訂正下さいますように、お願い致します。 | トップページ | 昨夜、詩人・高柳誠、15回、連続自作詩朗読会を終えてみて、見えてきた事がはっきりしてきた。 »