« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »

2007/01/05

戸川エマ 生原稿 「純真」(昭和37年11月号)いづみ編集部所蔵、を入手して、今、考える事。

 閉じられた原稿の表紙には昭和37年11月号と書かれている。
この文章は1962年に書かれていた。
それは私が文化学院に入学する為、面接試験を、戸川エマ、二戸田六三郎、両先生に受けたのが1963年の2月か3月だから、書き出しの、「数年前のことである。私は病院のベットで二週間すごした。」は50年代の後半、西村伊作がご存命中の時になる。

 面接の時が戸川エマ先生との初対面。
 綺麗な和服姿の女性で、聲が綺麗で、メリハリのはっきりした顔は美形だった。お隣りに二戸田先生が居られたから、余計に感じたのかもしれない。

 この文章が掲載された「いづみ」と言う名の雑誌は、今までに聞いた事が無いが、日本女性文化協会と言う団体から刊行された雑誌らしい。

文化学院の存続が危ぶまれている時に、エマ先生の肉筆が入手する事が出来るとは!!!

 戸川エマ先生は、今、何を我々に、伝えようとしているのだろうか?

 文化学院の経営母体が代わった事をも含め、何故、このような事態を引き起こしたかを明確に、現理事長の山科誠為る人間が卒業生全員に説明しないで、寄付金募集をするなら、新手の振込み詐欺、まがいの行為と言われても致し方ない事であろう!!!

 今こそ、戸川エマ先生に尋ねてみたい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

恩師 戸川エマ先生の肉筆の原稿五枚を手に入れる!!!

 昨年末も末、大晦日の12月31日23時55分に、ヤフーのオークションに出品されていた恩師・戸川エマ先生のボールペンで書かれた肉筆原稿五枚を落札した。

 エマ先生の肉筆の原稿など一度も見た事が無いので、真筆かどうかは今の所、判別は出来ないが、一枚目の書き出しを写真で見ると、本物のようだ。

 だから、手にとって読むのが楽しみだ。

 落ち着くべきところに落ち着いたと言うべきだろう。

 もう二、三日したら手元に届くだろうが、そうしたらまた新たにお知らせをする。

 エマ先生時代の良き文化学院が消滅した現在、なにか形見分けの様な物が手元に届く。

 エマ先生は残された者たちに、何を伝えようとしているのかしら?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

今日(3日)より、画家・流麻二果の作品四点が銀座ライオンブレッセリーー小松店に展覧されます。

 昨年の夏から、銀座ライオンブレッセエリーー小松店で、絵画展覧が始まったが、2007年度の口火を鑽って若い画家・流麻二果から始まる。1月21日(日曜日)迄。

 「詩人たちの肉聲を聴く!ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」も13日、若い詩人・中村恵美の自作詩朗読で、ギャラリーアートポイントから始まる。

 絵画と詩と二つのプロデュースを、同時に行っている私は興味が尽きない事ばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

映画『エラゴン』のドラゴンは私のドラゴンと全く違うのだ!!!

 この映画に登場する卵から孵化するドラゴンは、恐らくヨーロッパのドラゴンなのだろう。

 私のドラゴンは、かってBACCARATから売り出された玉を抱いていて、背鰭が有る五本爪の中国の龍と同じイメージなのだ。

  だからおこの映画を観て、驚いたわけだ。これは私の龍では無い、と!!!

 私がベネズエラに置いてきた龍の子供の三頭の内の一頭は、今、どうしているのだろうか?

 ベネズエラの太陽の陽を浴びて、どれだけ大きくなったのだろうか?

 再会が楽しみだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

新年のご挨拶に、画家・マーク・ロスコーの言葉を贈ります。

  「私たちにとって藝術とは未知の世界への冒険である
    そして、それは危険を厭わない人たちだけが探検できる世界なのである」

2007年度の口火は静に鑽ってのスタートです。

 どんな世界を探検できるのか? 空中で待機している私のドラゴンに、
 
 何時乗る事が出来るのか、とても楽しみです。

 では、今年も宜しく、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月24日 - 2006年12月30日 | トップページ | 2007年1月7日 - 2007年1月13日 »