« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »

2007/01/13

今年度の「ラウンドポエトリーリーデイング」、今日より詩人・中村恵美から始まる!!!

 愈々、今日から巡回朗読会の始まりです。
入場料も学生が予約、1,500円、当日、1,800円と変更になりました。

 また新企画として、朗読する詩人の肉筆を朗読する詩人の背後の壁面に展示し、即売します。

詩人の聲と肉筆と聴衆の皆さんに聴いて、見て頂く事により、より詩人の世界を身近に感じて頂く考えです。

是非、ご期待下さい。

 早速、今夜の中村恵美の朗読会から実現いたします。

 お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/08

愈々、「ラウンドポエトリーリーデイング」を、13日(土)、詩人 中村恵美から再開する!!!

 来る13日(土)から2007年度の「ポエトリーリーディング」を再開する。
昨年は10月14日、第1回、詩人 白石かずこから、12月21日、第25回 俳人 馬場駿吉まで25回を無事に終えた。

 2007年度は、第26回 1月13日(土)銀座のギャラリーアートポイントで詩人 中村恵美から始める。
第27回は20日(土)同じくギャラリーアートポイントで、群馬の詩人 関口将夫と1月は、第28回、23日(火)六本木のストライプハウスギャラリーで、詩人で美術評論家のワシオトシヒコ、第29回、26日(金)銀座 ギャラリーアートポイントで詩人 高柳 誠、第30回、同じくギャラリーアートポイントで白石かずこ、第31回は 同じくギャラリーアートポイントで詩人 薦田 愛と1月は6回の朗読会を予定している。

 また2月は11回を予定しています。3月末には50回を予定しております。
 
 何時でも詩を聴ける、街、東京に!!!

  今後の発展を、乞うご期待下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

この国で子供を育てる事が出来ない、と言って日本を去ったある東南アジアの家族の話。

 昨年末、親しい友人の口から、衝撃的な話を聞いた。

 この国で、自分の子供たちを育てる事が出来ないと言って、三ヶ月の滞在の後、妻と子供達は帰国したと言う。

 夫はもう永久に帰国できない状況。折角、勝ち取った権利を行使する為に、離れ離れに為っていた家族が東京で、再会した。
 新しい生活を夢見て!!!

 しかし、三ヶ月で破綻。再び家族は離散!

 妻の、この国で、子供を育てる事は出来ない、と。

 東京を、日本を見切った東南アジアの或る国の母子。

 見切られた国の首相は「この美しい国」とのたまうのみ。実質は何も無し。

 事実を見抜いた東南アジアの母子。

 子供を育てられない国と何処で判断したのか、この母子に訊ねてみたらいいのだ!!!
 もっともっと大きな根本的な問題が隠蔽されているのだから。

  何時、眠りから覚めるのか日本の常民たちは?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月31日 - 2007年1月6日 | トップページ | 2007年1月14日 - 2007年1月20日 »