« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »

2007/07/07

「文化学院(お茶の水)、瓦解へのカウント・ダウンの始まりか?」

 昨日、7月1日付けの二通の文書が、学校法人文化学院から送られて来た。

 一通は、文化学院の皆様、と題して西村八知の文書、もう一通は 学校法人 文化学院 校長 戸田一雄と記されている文書だ。

 創立者 西村尹作の八男の八知が、「ぼくはこの2・3年前から校長を辞任したく、その機会を考えていたのですが、今、退任することを決めました。これは理事会が協議し決定しました。正直今ホッとしているところです。理事長・理事会はこれからの文化学院をもつ栄えさせるため、心機一転してこの難局をのり越えようとしています。」


  ふざけるなよ、八知!!!貴方の小心の為か、文化学院美術科は、村井正成、坂倉新平以降、これと言う画家を招聘し続けてこなかった為に、衰退の一途を辿ってきた。

 また昨年には、文化学院新校舎建築の為に、卒業生対して、30億円募集、パンフレットに、坂倉ユリと共に名前を連なって、呼びかけた!!!

 この時、既に辞任を密かに決めていたと言うことですか?

 だったら晩節を汚さない為に、廃校にするべきだったでしょう。

 ビック・カメラも愚かだね、全く!!!

 この事は親の気持、子知らず、で尹作の教育の限界をいみじくも露呈している。


  恥知らずな尹作の子供たちだ!!!

 敵前逃亡か!!! 自分の能力無い者が永年、校長職に甘んじていた弊害に気づかぬ愚鈍な者よ!!!

  立花利根が、かって学院のお金が何処かに消えて、と騒いでいたのはどうなりました?

  どうして文化学院の経営が大幅赤字で、続けてきた責任は誰に有るのですか?


  全て白日の下に晒し、はっきりさせてから 辞任してください。

 全く好い加減な男ですね。尹作の八男と言うことだけで、無能な校長を務めていたのですから、崩壊するのも、当然の事でしょう!!!

 「さて、新しい校長は戸田一雄さんです。他の大学でも教えたりした温厚篤実な感じの人です。いかにも校長らしい人です。」

  こんな訳の分からない事を平気で書く事、それじたいいじょうでしょう!!!

 ところで、この戸田一雄為る御仁も、先ずはお尋ねしておきたい事がある。

 どんな経歴ですか

 「ここ10年来入学者が数が減少し続け現在の在学生徒数は定員の40%弱になっており、立て直しをはからねばならない時期に直面しております。文化学院らしさを生かしながら、今日世の中が求める変化に順応する、魅力ある学院創り、学生が競って入学を望む学校にする事が私の最大の役目と認識しております。」


  「文化学院らしさ」、とは戸田一雄と言う御仁はどう考えているのかね?

 経営者自ら、手の内を明かして良いものかね?

 前校長西村八が愚者なら、新校長も既に愚者の兆しありか!
  
  らしさ・・・、どう捉えているのだろうか?分からないだろうね、この御仁には。

  魅力の無い学校になんか、誰も来ないぞよ!!!

  全く情けないね!

 もう文化学院は、戸川エマ、石田アヤが亡くなって消滅した!!!


 そう考えるしか無いようだね。

 全く、残念だね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第四回世界俳句協会大会(WHAC4)9月14日~16日」のプログラムが、世界俳句協会から送られて来た。

 15日(土)の5:30~5:50pmに、明治大学リバティタワー23階で「パフフォーマンス詩朗読 天童 大人(日本)」が記されている。

 これは一昨年の11月、ニュージーランドの第3回ウエリントン国際詩祭で、俳人の夏石番矢氏とご一緒したからだ。その時の印象から、この世界俳句協会大会で、聲を撃ち込んで、と言う趣向のようだ。

 明治大学のリバティタワーは見ているだけで、入った事が無い。

 あの高さから「大神 キッキ マニトウ」を撃ちこむ訳だ。

 これはとても楽しみな事だ。

 この夕食懇親会は入場料4000円、当日でも受付、可能とか。

  お問合せは、明治大学℡03-3296-4545(代表)へ。

  ご期待を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第四回世界俳句協会(WHAC4)no」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/05

「ポエトリーヴォイスサーキット」7月、8月公演 日程表を発表します。8月中旬に愈々、第100回を超えます!!!

 遂に8月中旬には第100回を超えます!!!

「詩人たちの肉聲を聴く!  ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」


                       
何時でも誰もが、気軽に詩人の「自作詩朗読」を肉聲で聴ける大都会・東京を夢見て、昨年の10月14日、銀座のギャラリーアートポイントで、日本のポエトリーリーディングの先駆者、詩人白石かずこさんの自作詩朗読会から口火を鑽った「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」(4月2日、第57回より「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」と改称する)は、約8ヵ月、86回を行う事が出来ました。これもひとえに参加してくださった日本を代表する42人の詩人(白石かずこ,高橋睦郎,中上哲夫,高柳誠,小川英晴,八木忠栄,佐藤文夫,藤富保男,井崎外枝子(金沢),国峰照子(前橋),伊藤比呂美(米国),天童大人,須永紀子,馬場駿吉(名古屋),中村恵美,関口将夫(郡馬),ワシオ・トシヒコ,薦田愛,坂井のぶこ,田中庸介,山口真理子,田川紀久雄,鈴木順三郎(北海道),枝川里恵,佐々木幹郎,石原武,三井葉子(大阪),大島龍(北海道),峰岸了子,木村透子(兵庫),井上輝夫(名古屋),笠原三津子,みくも年子,平岡淳子,田中健太郎,林立人(山梨),阿部日奈子,夏石番矢,長谷川忍,赤木三郎,根本明,稲葉真弓),と四つの画廊(ストライプハウスギャラリー(六本木),ギャラリーアートポイント(銀座),ギャルリー東京ユマニテ(京橋),スターポェツトギャラリー(渋谷),関係出版社,Eu-ジャパンフェスト日本委員会,そして毎回,多数参加してくださる聴衆の皆さん,全て御協力下さっている方々の賜物です。本当に有難う御座います。参加詩人も50人を超え,また各会場では巷の書店では滅多に目に出来ない,入手困難な朗読した作品が収録されている詩集も展示即売し,回を追うごとに動き始めてきました。また7月から,ストライプハウスギャラリーの1階のガラスケースに朗読した参加詩人の詩書を展示し、即売出来る事なり,ました。(これは参加詩人の特典です)。これは詩人にとって,最も強い励ましであり、読者にとっても嬉しい出来事です。また同時に漉林書房の協力で、参加詩人の自作詩朗読をDVDに撮り、平成時代の日本の詩人の聲の記録として日本の詩人の声の記録として映像と音とを保存し,後世の人々に伝え,残していく事も始めていましたが、田川紀久雄氏が病の為,第72回から残念ながら中断しました。(今迄の分は日本現代詩歌文学館(北上市)に寄贈して有ります)。
本日はこの「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」にご参加くださいまして本当に有難う御座います。今後ともこの「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」を、是非、多くの人たちにご喧伝くだされ、またご参加くださいますよう,お願い致します。
     2007年7月 黄道吉日
                  プロデュース 天童 大人

参加希望、詩人・画廊その他の問い合せ先: TENDO TAIJIN BUREAU/北十字舎
              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
             ℡03-5982-1834,Fax:03-5982-1797 / 携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin

詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)

          7月 公演 日程

第87回7月6日(金)ギャラリーアートポイント     高柳誠
第88回7月9日(月)ギャルリー東京ユマニテ    田中健太郎
第89回7月11日(水)ギャルリー東京ユマニテ    峰岸了子
第90回7月13日(金)ストライプハウスギャラリー  高貝弘也
第91回7月14日(土)ストライプハウスギャラリー  中村恵美
第92回7月21日(土)ストライプハウスギャラリー  山口真理子
第93回7月23日(月)ストライプハウスギャラリー 田川紀久雄
                        &坂井のぶこ
第94回7月27日(金)ストライプハウスギャラリー 井崎外枝子
第95回7月28日(土)ストライプハウスギャラリー  井上輝夫
第96回7月30日(月)ストライプハウスギャラリー  長田典子
第97回7月31日(火)ギャルリー東京ユマニテ     薦田愛 

        8月 公演 日程

第98回8月2日(木)ギャルリー東京ユマニテ     天童大人
第99回8月10日(金)ストライプハウスギャラリー  高貝弘也
第100回8月11日(土)ストライプハウスギャラリー  高柳誠
第101回8月13日(月)ストライプハウスギャラリー田中健太郎
第102回8月20日(月)ギャラリーアートポイント 山口真理子
第103回8月22日(水)ストライプハウスギャラリー 杏 平太
第104回8月28日(火)ギャルリー東京ユマニテ   三井葉子
第105回8月29日(水)ギャラリーアートポイント  北岡淳子
第106回8月31日(金)ギャルリー東京ユマニテ    薦田愛

*ギャルリー東京ユマニテの公演時間は 入場:18:30, 開演:19:00

ギャラリーアートポイント、ストライプハウスギャラリーの公演時間は

入場:19:00 開演:19:30 (お間違いのないように願います。)

入場料  予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
       当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)

*予約は直接,各ギャラリーか北十字舎へ お電話かFaxで申し込みください。


ストライプハウスギャラリー(六本木)      106-0032 東京都港区六本木5-10-33
℡03-3405-8108 Fax03-3403-6354 E-mail:info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャラリーアートポイント(銀座)はFaxのみ受付.104-0061 東京都中央区銀座8-11-13-B1
℡03-5537-3690 Fax03-5537-3691  E-mail:artpoint3@ybb.ne.jp
URL:http://artpoint.cool.ne.jp

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)      104-0031 中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
         ℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306 E-mail:humanite@ma2.justnt.ne.jp
URL:http://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

お問い合わせ、予約は 171-003 1 東京都豊島区目白3-6-5,
北十字舎/ TENDO TAIJIN BUREAU
 
                 プロデュース 天童 大人 


Tel:03-5982-1834, Fax03-5982-1797 /:090-3696-7098           Email:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
             URL:http://universalvoie.air-nifty.com/tendotaijin/      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

政治評論家 森田実さんの意見を久し振りに聞いた!!!

 去る7月3日(火)の毎日新聞の夕刊に、政治評論家の森田実さんの写真入の談話が掲載されていた。

 本当に久方振りだ。

 郵政民営化反対で、小泉に干されたような状態で、日本のジャーナリズムも何処か権力の番犬化していて、世界の中の日本の現状をキチンと伝えては居ない。

 安倍晋三など、あの声を聞いただけで、能力など何処にも無いのは明らかなのだが、今の日本には、本当の人間が居ないのだ。

 国民の審判を受けても居ない者が数の多数の論理を振りまき、重要法案を次から次へと強行採決し、それが実績とは、まるで出来の悪い学生のようだ。

 こんな幼稚な人物を任命権者に選んだ為に、この幼稚な男の選択眼は、悉く見事に狂い、自分の愚かさを曝け出してしまった。

 こんな男を護衛している、SP全員が、夜、十時、差し入れされた仕出し弁当に、食いついているようでは警備もまま為らない。警備に値しない人間と判断したからだろう!

 さてこのまま安倍政権が続くとしたら、この国の民度も低い証しだ。

 政権交代!をさせる為にも、共産党は解党し、野党は一致団結だ!


 一度、遣ってみてば良い!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/03

漫画家 萩尾望都さんに三年振りに再会!新作コミックス『山へ行く Ⅰ』(小学館刊 7月1日発行)を頂いた。

 昨夜、六本木のクレドール(昨夜で閉店とか)で、青森の「ゆきのまち通信」主催の、ゆきのまち幻想文学賞 幻想的な雪の小さな物語 朗読会が開かれた。

 其処に審査員のお一人である漫画家の萩尾望都さんもいらしていて、再会したわけだ。

 その時に新作『山へ行く』の10作の最後の作品「柳の木」は、セリフの無い、無言のままの進行が最後まで続くのかと思っていたら、3ページだけセリフが入り、ニヤリと笑ってしまう。

 是非、書店で手にとって見てみてください。

 帰途、六本木から池袋までタクシーの中での会話はm楽しかったですよ。萩尾望都さん、有難う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャーナリスト・上杉隆氏の「政治記事の安易な匿名は避けよ」は当然の事なのだが・・・

 どの新聞を見ても(毎日に関らず)、匿名の談話がさもありそうな語り口で記されているのを、不可解な気持で永年、眺めてきたが、今朝の毎日新聞、朝刊の、新聞時評の上杉隆氏の「ニューヨーク・タイムズは公人の匿名発言を一切許していないからだ。これは欧米紙の共通原則でもある。」を読むと、いたく納得するのだ。

 明日から、日本のジャーナリズムは、匿名報道を中止したら、もっと政治風土は一気に変わるだろうの。

 どうですか? ジャーナリズム宣言をした朝日新聞こそ、公人の匿名記事を一切明日から止めたら如何かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

「平成 年金一揆」 起こせるか日本国民は!!!

 「最後の一人まで記録をチェックし、年金の支払いを保証する」とまた、また嘘つき晋三が法螺を吹いた!!!

 昨夜の党首討論で安倍首相が語ったが、眉唾物だね。この男の話は。

 まともに働いたのは3年間、神戸製鋼の時だけ!安倍晋三は議員歳費で殆ど子供の時から生活していた!

 これは国民の血税で生きて来たようなものだ。

 議員の世襲とは、国民の血税で養われた者、と認識した方が分かり易い。

 こんな男が嘘を並べていけば、日本の未来は無いぞよ!!!

 年金一揆を起こさなければ、自分が払った貴重なお金は戻っては来ないぞよ!!!

 払った分は、確実に受取れよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「沖縄密約」当時のニクソン大統領も認識。「我々の利益は6億8500万ドルに達した」と当時のケネディ財務長官の公式メモが米国立公文館で発見された!!!

 昨日(7月1日)、このブログに、嘘つき!安倍晋三。官房長官時代に「沖縄密約は無い」と断言したが、うそをついていた事が明らかに為った。

 今朝の毎日新聞に、「ケネディ米財務長官(当時がニクソン大統領(同)に「われわれの利益は総額で6億8500万ドルに達した」と報告したメモが米国立公文書館で発見された。」とワシントン時事の記事を伝えている。
 この文書の作成は1969年11月頃と見られるとか。

 1954年9月21日生まれの安倍晋三は、当時、15歳。

 どう考えても、無理な話だろう!!!

 何故、安倍晋三は、「沖縄密約は無い」と断言できたのか?

 嘘つき!晋三。法螺吹き晋三!と誹られても致し方無いのではないか?

 何故、日本政府は6億8500万ドルも払う必要が有ったかどうか首相としての安倍晋三は、国民に答える義務がある筈だ。

 どうかね、嘘つき晋三は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/01

「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット」 7月公演 日程表

「詩人たちの肉聲を聴く!  ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」


         7月 公演 日程

第87回7月6日(金)ギャラリーアートポイント     高柳誠
第88回7月9日(月)ギャルリー東京ユマニテ    田中健太郎
第89回7月11日(水)ギャルリー東京ユマニテ    峰岸了子
第90回7月13日(金)ストライプハウスギャラリー  高貝弘也
第91回7月14日(土)ストライプハウスギャラリー  中村恵美
第92回7月21日(土)ストライプハウスギャリー  山口真理子
第93回7月23日(月)ストライプハウスギャラリー 田川紀久雄
                        &坂井のぶこ
第94回7月27日(金)ストライプハウスギャラリー 井崎外枝子
第95回7月28日(土)ストライプハウスギャラリー  井上輝夫
第96回7月30日(月)ストライプハウスギャラリー  長田典子
第97回7月31日(火)ギャルリー東京ユマニテ     薦田愛
 
      8月の日程は間もなく発表いたします。
*ギャルリー東京ユマニテの公演時間は 入場:18:30, 開演:19:00
ギャラリーアートポイント、ストライプハウスギャラリーの公演時間は
入場:19:00 開演:19:30 
入場料  予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
       当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)

予約は直接,各ギャラリーか北十字舎へ お電話かFaxで申し込みください。


ストライプハウスギャラリー(六本木)      106-0032 東京都港区六本木5-10-33
℡03-3405-8108 Fax03-3403-6354 E-mail:info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャラリーアートポイント(銀座)はFaxのみ受付.104-0061 東京都中央区銀座8-11-13-B1
℡03-5537-3690 Fax03-5537-3691  E-mail:artpoint3@ybb.ne.jp
URL:http://artpoint.cool.ne.jp
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)      104-0031 中央区京橋2-1-18昭和ビルB1
         ℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306 E-mail:humanite@ma2.justnt.ne.jp
URL:http://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

お問い合わせ、予約は 171-003 1 東京都豊島区目白3-6-5,
北十字舎/ TENDO TAIJIN BUREAU
 
                 プロデュース 天童 大人 


Tel:03-5982-1834, Fax03-5982-1797 /:090-3696-7098           Email:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
             URL:http://universalvoie.air-nifty.com/tendotaijin/      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「詩人たちの肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット」 7月版

「詩人たちの肉聲を聴く!  ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」
                       
何時でも誰もが、気軽に詩人の「自作詩朗読」を肉聲で聴ける大都会・東京を夢見て、昨年の10月14日、銀座のギャラリーアートポイントで、日本のポエトリーリーディングの先駆者、詩人白石かずこさんの自作詩朗読会から口火を鑽った「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」(4月2日、第57回より「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」と改称する)は、約8ヵ月、86回を行う事が出来ました。これもひとえに参加してくださった日本を代表する42人の詩人(白石かずこ,高橋睦郎,中上哲夫,高柳誠,小川英晴,八木忠栄,佐藤文夫,藤富保男,井崎外枝子(金沢),国峰照子(前橋),伊藤比呂美(米国),天童大人,須永紀子,馬場駿吉(名古屋),中村恵美,関口将夫(郡馬),ワシオ・トシヒコ,薦田愛,坂井のぶこ,田中庸介,山口真理子,田川紀久雄,鈴木順三郎(北海道),枝川里恵,佐々木幹郎,石原武,三井葉子(大阪),大島龍(北海道),峰岸了子,木村透子(兵庫),井上輝夫(名古屋),笠原三津子,みくも年子,平岡淳子,田中健太郎,林立人(山梨),阿部日奈子,夏石番矢,長谷川忍,赤木三郎,根本明,稲葉真弓),と四つの画廊(ストライプハウスギャラリー(六本木),ギャラリーアートポイント(銀座),ギャルリー東京ユマニテ(京橋),スターポェツトギャラリー(渋谷),関係出版社,Eu-ジャパンフェスト日本委員会,そして毎回,多数参加してくださる聴衆の皆さん,全て御協力下さっている方々の賜物です。本当に有難う御座います。参加詩人も50人を超え,また各会場では巷の書店では滅多に目に出来ない,入手困難な朗読した作品が収録されている詩集も展示即売し,回を追うごとに動き始めてきました。また7月から,ストライプハウスギャラリーの1階のガラスケースに朗読した参加詩人の詩書を展示し、即売出来る事なり,ました。(これは参加詩人の特典です)。これは詩人にとって,最も強い励ましであり、読者にとっても嬉しい出来事です。また同時に漉林書房の協力で、参加詩人の自作詩朗読をDVDに撮り、平成時代の日本の詩人の聲の記録として日本の詩人の声の記録として映像と音とを保存し,後世の人々に伝え,残していく事も始めていましたが、田川紀久雄氏が病の為,第72回から残念ながら中断しました。(今迄の分は日本現代詩歌文学館(北上市)に寄贈して有ります)。
本日はこの「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」にご参加くださいまして本当に有難う御座います。今後ともこの「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」を、是非、多くの人たちにご喧伝くだされ、またご参加くださいますよう,お願い致します。
     2007年7月 黄道吉日
                  プロデュース 天童 大人

参加希望、詩人・画廊その他の問い合せ先: TENDO TAIJIN BUREAU/北十字舎
              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
             ℡03-5982-1834,Fax:03-5982-1797 / 携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 吉田一穂さんの形見分けとして、頂いたアンモナイトを両面に自刻彫りされた木製の印章のこと!!!

 詩人 吉田一穂さんが亡くなった時(1973年3月1日)、スペイン北部のサンタンデールの紫色の海に入っていたから、勿論、お葬式に参列することなど叶うわけが無い。

 74年の春に帰国して、お会いした詩人の小山一郎しから、これが一穂さんの形見分け、と言って手渡されたのだ。

 印影は、『吉田一穂の世界』井尻正二偏(築地書館刊、1975年7月1日刊)の目次の左ページに捺されているアンモナイトである。

 何故、その事を思い出したかと言うと、昨夜、帰宅すると、土曜美術社出版販売の詩と思想編集部から、

 「詩と思想」11月号で「名詩の条件」と題して、吉田一穂 「母」 の原稿依頼が来たからだ。

 これは私の宝物の一つだ。

 小山一郎さん、本当に有難う御座います!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「沖縄密約は無い」と断言した官房長官時代の安部晋三。またまた首相に為って「一年間で年金記録問題解決!」と嘘をついている安部晋三!ジックリ、安部晋三の聲を聴いてご覧!!!嘘つきだという事が分かるから!!!

 安部晋三が首相に為る時に、こんな幼稚な聲の持ち主が、日本の看板には相応しくない、と断言したが、「聲ノ質」は事実を伝えていて裏切らない。

 幾らお金を積んでも、現代医学の粋の限りを尽くしても聲を作り変える事は出来ないのだ。

 こんな幼稚な聲の、議員歳費で生きて来た男などを首相に選んだ、民度の低さが問題なのだ!

 政治家の世襲制など廃止せよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

織部賞、今年度は詩人 高橋睦郎さんに決定!!!

 織部賞とは、かっていけばな作家の中川幸夫さんが受賞して、記憶にある賞だが、今年は詩人の高橋睦郎さんに決まったと、ご本人から直接、聞いた。

 声色が芸として認められたのか(笑い)と、話す高橋さん。

 詩人が文學とは離れた賞を受賞する事は、日本社会の為に、良い事だ。

 もっと詩人の存在が社会に対して、発言力を、持たなくては為らないのだが!!!!

 ともかく、おめでとう、高橋さん!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月24日 - 2007年6月30日 | トップページ | 2007年7月8日 - 2007年7月14日 »