« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »

2007/07/21

38年前、伊豆の雲見で、毎晩、仲間たちとアンリ・ミショー詩集『試練・悪魔祓い』(思潮社版、小島俊明訳)の「手紙」を読み込んだ・・・

 昨日、ふと見つけたアンリ・ミショー詩集『試練・悪魔祓い』(小島俊明訳、思潮社、1964年刊)。

 小島俊明訳の「手紙」を仲間たちで読み込んだ記憶が鮮やかに蘇って来た。

 38年前、伊豆の雲見で、仲間たち5人でひと夏、民宿を経営した。

 最盛期には50人余りの、鯖の味噌にを作ったこともある。

 最も楽しかったのは、夜、宿や砂浜で、アンリ・ミショーの詩作品「手紙」(小島俊明訳)を、仲間たちと交互に朗読し、争ったものだ。

  誰が持ってきたのだろうか? 今でも分からないのだが?

 小海永二訳では、訳詩が甘く、上手くリズムが取れないのだ。

 小島俊明訳が一番、ミショーのリズムが取れるのだ。


         手紙  


  かって明るかった国から、ぼくはあなたに書く。

  マントと闇の国からぼくはあなたに便りを書く。

         続く

  と聲を出して朗読しただけで、あの38年前、雲見の夜をミショーの作品と共に過した日々をはっきり思い出す。

  そのうちに、このミショーの作品を読んでみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/20

マザー・テレサに、God bless you とサインして貰い、一緒に来ないか、と誘われた事を思い出したS女史に聞いた・・・

 今から41年前に、インドのダージリンに行く途中の中継地の空港(これが何処かは分からないのだが)のロビーで、マザーテレサを見かけたそうだ。

 他の誰も気がつかなかったそうだが、つかつかと近寄って、サインをして欲しいと言ったところ、God bless you と書いてくれて、一緒に来ないかと通訳に言ったそうだ。

 ある商社のダージリン茶の買い付けに、同行している時なので、残念ながらご一緒出来なかったと言う。

 あの時、マザーテレサは、S女史の何処を見抜いて、誘ったのだろうか?

 今に為ったら、的がはずれては居ない事なのだが、41年前では分からないことだ。

 マザーテレサは幻視出来る人ではないだろうか?

 誰かマザーテレサの幻視能力をご存知の方は居ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日(21日土曜日)の第92回 「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」は、詩人 山口真理子、六本木(ストライプハウスギャラリー)で、初めての自作詩、朗読会を行う!

 三度目の自作詩朗読を行う詩人 山口真理子にとって、聲を出す事がどの様な意味を持つのか、気がついたようだ。

 
 易占の勉強もしているだけあって、「聲ノ力」にも敏感に為る訳だ。

 聲を出せば出すほど、段々、難しく為るが、また楽しみも増してくる。

 さてどんな聲が出てくるのか、乞う、ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/19

近くの古書店で『池澤夏樹詩集成』(書肆山田・1996年刊)を見つけた・・・・・

  何年前に為るのだろうか?詩集『塩の道』を手に取って見たのは?

  今、この『池澤夏樹詩集成』の220頁に掲載されえている著作目録を見ると、詩集『塩の道』は1978年、書肆山田から刊行されている。池澤は1945年生まれだから、33歳の時に刊行された事に為る。2年後に最初のエッセイ集『サーカムナヴィゲイション』がイザラ書房から刊行、その2年後の1982年、第一詩集刊行の4年後に第2詩集『最も長い河に関する省察』がやはり書肆山田から刊行されている。

 そこでこの『池澤夏樹詩集成』だが、1996年に書肆山田から刊行されているが、私は今迄、一度も見た事が無かった。本人には一度、何時頃かは不明だが、銀座でパソコンのマニュアル本を書いていて、説明の文章が難しいというのを聞いただけで、話したと言う記憶も無い。ただこの人が作家福永武彦の息子かと思ったぐらいだ。

 詩集『塩の道』の詩人だとの認識は無かったに違いない。

 
 本書のあとがきは、「詩が書けなくなってずいぶんになる。」から始まっている。このあとがきは、是非、実物を手にとって読まれたい。

 またこの本の付録として添えられている池澤夏樹と須賀敦子との対談は13ページあり、これまた一読に値する。

 是非、読まれたいが重なるが、お許しを!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/18

9月の「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」に参加希望の詩人は7月23日までにご連絡下さい。

 既に参加詩人も北海道から沖縄まで50名を超え、現在、91回まで無事に終えました。

 より広く多くの新しい聲に出会う為にも、参加希望者はご連絡下さい。

 1回より3回、3回より5回、5回より10回と肉聲を出す詩人の「聲ノ力」はついいて来ています。

 1回から91回の朗読会に全て立ち会っている私が断言するのですから間違い有りません。

 過去、日本の現代の詩の歴史に於いて、これだけ詩人、自らを鍛える場を持続している朗読会は、この「ポエトリヴォイスサーキット」を除いて、日本にはありません。

 今後、世界の詩祭に登場する事を希望している詩人には、間違い無く「聲ノ力」が必要です。

 その「聲ノ力」を鍛える場、「ポエトリーヴォイスサーキット」に参加して、自分の聲を鍛えて見ませんか?

 ご連絡をお待ちします。

        「詩人の肉聲を聴く!ポエトリヴォイスサーキット(巡回朗読会)」


           プロデュース  天童 大人

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

レユニオンの詩人、アニー・ダレンクルーから地震は大丈夫か、と・・・・

 恐らくアニーから電話が有るだろうなと、中越沖地震の被害状況をテレビで見ながら考えていた。

アニー・ダレンクルーは、インド洋、マダガスカルの下のところに有るフランスの海外県、レユニオン島に住む、詩人で、CDを共に制作している。

 今夜、やはりアニーから電話が有った。

 テンドウ!テレビやラジオで日本での地震を放映しているよ!

 テンドウ、お前は大丈夫?

 ジルベルトも、テンドウは大丈夫か?と、言っているよ!テンドウ・・・・

 ジルベルト・プーニャ。 彼の事を知っている音楽関係者に、白石かずこさんの誕生パーティーで逢った事を思い出した。

 日本での地震の報道があのレユニオンで毎日のように報道されえているとか。

 ウ~ン!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/15

「ポエトリーヴォイスサーキット」の日程表は、EU・ジャパンフェスト日本委員会、を検索してください。

このブログでは毎回、確実に、ご案内が出来ないかもしれませんので、 「ポエトリーヴォイスサーキット」の詳しい日程表は、お手数ですが、EU・ジャパンフェスト日本委員会を検索して、ー日本国内ーをクリックしてお調べくださるよう、お願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 田川紀久雄さんから、元気な聲で連絡が有りました。7月23日(月)の第94回「ポエトリーヴォイスサーキット」を宜しく、と・・・

 来る23日(月)のストライプハウスギャラリーで開催予定の第94回 「ポエトリーヴォイスサーキット」の田川紀久雄&坂井のぶこに、テレビカメラが入る事は、昨夜、塚原操女史から聞いていたが、本人の田川氏から電話が有るとは夢にも思わなかったからだ。

 末期の胃がんに罹っていると、自分から言われても、直ぐには、はい、そうですか、とは言えない。

 完治できないものなら、出来るだけ長生きをして、聲を出してもらいたいものだ。

 聲が出るうちに、出してもらい、三味線も弾けるなら、弾いて貰いたいのだ。

 どんな聲が聴けるのか、これは必聴だ!!!

 是非、皆さん、ご来場下さい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »