« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »

2007/08/04

間もなく、100回を迎える「ポエトリーヴォイスサーキット」!!!

 昨年の10月14日、詩人・白石かずこの肉聲から始まった「ラウンドポエトリーリーデイング」は、4月2日の第57回より、「ポエトリーヴォイスサーキット」とタイトルを替えて、持続し遂に、当初の目標である100回を目指して活動を続けて来ました。

 そして愈々、8月11日(土)、六本木・ストライプハウスギャラリーの詩人 高柳誠の朗読会で第100回目を迎える事に為ります。

 これも偏にご協力いただいた四つのギャラリーのご好意と、参加してくださった50人余りの日本を代表する詩人、毎回参加される聴衆の皆さん等のご協力の賜物です。

 本当に有難う御座います。

 200回、300回と続けて行きますので、今後とも宜しく、お願い致します。

 9月には13回の自作詩朗読会を予定しております。

 今後とも、宜しく、お願い致します。

 
           プロデュース

                     天童 大人
          

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/31

詩人 天童 大人8月2日、京橋(ギャルリー東京ユマニテ)で、自作詩朗読を行う!!!

 第98回「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」として、8月2日、聲を出します。

 このシリーズでは4回目です。

 今回は九州から特別な知人が東京を訪れる為に、開催する特別バージョンです。

 と言うのもこの方は1990年から、対馬・和多都美神社で私が行っている、「聲ノ奉納」に、4年前から参加し続けて下さっている方で、室内での聲を是非、聞いてみたいとの希望をお持ちだったので、それならとの催事です。

 さて何が起こるのか、2日のUNIVERSAL VOICE公演は、聲を出す私自身も楽しみです。

 是非、お出かけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩誌「詩と思想」8月号の特集<詩人の肉声>を、是非、お読み下さい!!!

 去る7月25日発売の詩誌「詩と思想」(土曜美術社販売刊、1260円)8月号には、特集<特集 詩人の肉声>で、「ポエトリーヴォイスサーキット」に参加の詩人たちが大勢出ております。

 座談会には白石かずこ、天童大人、田川紀久雄、小川英晴、長谷川忍、 インタビュー記事には高貝弘也、エセイには高柳誠、坂井のぶこ

 是非、ご一読下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ポエトリーヴォイスサーキット」 8月の日程表!!!

「詩人たちの肉聲を聴く! ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」
                       
何時でも誰もが、気軽に詩人の「自作詩朗読」を肉聲で聴ける大都会・東京を夢見て、昨年の10月14日、銀座のギャラリーアートポイントで、日本のポエトリーリーディングの先駆者、詩人白石かずこさんの自作詩朗読会から口火を鑽った「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」(4月2日、第57回より「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」と改称する)は、約8ヵ月、86回を行う事が出来ました。これもひとえに参加してくださった日本を代表する42人の詩人(白石かずこ,高橋睦郎,中上哲夫,高柳誠,小川英晴,八木忠栄,佐藤文夫,藤富保男,井崎外枝子(金沢),国峰照子(前橋),伊藤比呂美(米国),天童大人,須永紀子,馬場駿吉(名古屋),中村恵美,関口将夫(郡馬),ワシオ・トシヒコ,薦田愛,坂井のぶこ,田中庸介,山口真理子,田川紀久雄,鈴木順三郎(北海道),枝川里恵,佐々木幹郎,石原武,三井葉子(大阪),大島龍(北海道),峰岸了子,木村透子(兵庫),井上輝夫(名古屋),笠原三津子,みくも年子,平岡淳子,田中健太郎,林立人(山梨),阿部日奈子,夏石番矢,長谷川忍,赤木三郎,根本明,稲葉真弓),と四つの画廊(ストライプハウスギャラリー(六本木),ギャラリーアートポイント(銀座),ギャルリー東京ユマニテ(京橋),スターポェツトギャラリー(渋谷),関係出版社,Eu-ジャパンフェスト日本委員会,そして毎回,多数参加してくださる聴衆の皆さん,全て御協力下さっている方々の賜物です。本当に有難う御座います。参加詩人も50人を超え,また各会場では巷の書店では滅多に目に出来ない,入手困難な朗読した作品が収録されている詩集も展示即売し,回を追うごとに動き始めてきました。また7月から,ストライプハウスギャラリーの1階のガラスケースに朗読した参加詩人の詩書を展示し、即売出来る事なりました。(これは参加詩人の特典です)。これは詩人にとって,最も強い励ましであり、読者にとっても嬉しい出来事です。また同時に漉林書房の協力で、参加詩人の自作詩朗読をDVDに撮り、平成時代の日本の詩人の聲の記録として映像と音とを保存し,後世の人々に伝え,残していく事も始めていましたが、田川紀久雄氏が病の為,第72回から残念ながら中断しました。(今迄の分は全て日本現代詩歌文学館(北上市)に寄贈しております)。
本日はこの「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」にご参加くださいまして本当に有難う御座います。今後ともこの「詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」を、是非、多くの人たちにご喧伝くだされ、またご参加くださいますよう,お願い致します。
     2007年7月 黄道吉日
                プロデュース 天童 大人
参加希望、予約、その他の問い合せ先:   TENDO TAIJIN BUREAU/北十字舎
              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
          ℡03-5982-1834,Fax:03-5982-1797 / 携帯090-3696-7098
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin


詩人の肉聲を聴く!ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)

           

          8月 公演 日程

第98回8月2日(木)ギャルリー東京ユマニテ     天童大人
第99回8月10日(金)ストライプハウスギャラリー  高貝弘也
第100回8月11日(土)ストライプハウスギャラリー  高柳誠
第101回8月13日(月)ストライプハウスギャラリー田中健太郎
第102回8月20日(月)ギャラリーアートポイント 山口真理子
第103回8月22日(水)ストライプハウスギャラリー 杏 平太
第104回8月28日(火)ギャルリー東京ユマニテ   三井葉子
第105回8月29日(水)ギャラリーアートポイント  北岡淳子
第106回8月31日(金)ギャルリー東京ユマニテ    薦田愛   
(9月の予定は間もなくお知らせいたします。)


*ギャルリー東京ユマニテの公演時間は 入場:18:30, 開演:19:00
ギャラリーアートポイント、ストライプハウスギャラリーの公演時間は
入場:19:00 開演:19:30 (お間違いのないように願います。)
入場料  予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
       当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)

*予約は直接,各ギャラリーか北十字舎へ お電話かFaxで申し込みください。

ストライプハウスギャラリー(六本木)      106-0032 東京都港区六本木5-10-33
℡03-3405-8108 Fax03-3403-6354 E-mail:info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com


ギャラリーアートポイント(銀座)はFaxのみ受付.104-0061 東京都中央区銀座8-11-13-B1
℡03-5537-3690 Fax03-5537-3691  E-mail:artpoint3@ybb.ne.jp
URL:http://artpoint.cool.ne.jp


ギャルリー東京ユマニテ(京橋)     104-0031 中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
         ℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306 E-mail:humanite@ma2.justnt.ne.jp
URL:http://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html


お問い合わせ、予約は 171-003 1 東京都豊島区目白3-6-5,
北十字舎/ TENDO TAIJIN BUREAU
 
プロデュース 天童 大人


Tel:03-5982-1834, Fax03-5982-1797 /:090-3696-7098           Email:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
             URL:http://universalvoie.air-nifty.com/tendotaijin/      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/30

31日(火)、詩人 薦田愛 5回目の登場!京橋(ギャルリー東京ユマニテ)で自作詩朗読を行う!!!

 最近、積極的に聲を出す事に取り組んできた詩人 薦田愛。

 5回目とも為ると小手先の聲の出し方では客人達は納得行かなくなる。

 本人は工夫している心算か知れないが、聴集に背を向けて聲を出すと、聲が届かなくなる欠点がある。

 もし前回と同じように歩きながら聲を出す前に、立ったり座ったりの必然性が何処に在るのか?

 まあ5回目には5回目の工夫がより求められる事だろう!

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/29

30日(月)、詩人長田典子、初めて「ポエトリーヴォイスサーキット(巡回朗読会)」に参加、六本木(ストライプハウスギャラリー)で自作詩朗読を行う。

 初めて一時間余りの自作詩朗読を行う事は、詩人 長田典子にとって何をもたらすか?

 失う事は何も無いのだ!思い切って聲を出し、体を治していけば良いのだ。

 どんな聲を聞かせてくれるのか、これはまた楽しみだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »