« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007/10/27

詩人 伊藤比呂美、29日(月曜日)、新詩集『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』(本年度、萩原朔太郎賞受賞作)を、京橋、ギャルリー東京ユマニテで、じっくり読む。私達はじっくり聴く事が出来る!!!嬉しいね!!!

 ともかく伊藤比呂美にじっくりと聲を出して貰いたい。

 聲を天に、宙に放って貰いたい、よ思っている。

 だから、受賞しょうがしまいが、詩作を聲に載せて欲しい、と考えていた。

 明日の『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』、どんなリズムで聲に乗せるのか?

 とても楽しみだ!

 翌30日には池袋のジュンク堂書店で、比呂美と高橋源一郎との対談は既に、満員御礼、とか。

 伊藤比呂美独演会、席は未だ有り。

 じっくり聴けるこの贅沢さ。

 無理に人を集める必要は無いのだ、この「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」は。

 今朝、詩人の高橋睦郎さんから電話が有り、1月、公演可能な事を伝えてきた。

 また2008年1月 詩人高橋睦郎自作詩朗読を聴けるのだ。

 嬉しいね!!!

 若い詩人に限らず、詩人は、自分から自作詩朗読会を遣りたい、と言って来ない日本の詩人たち。

 既に5回を超えた詩人たちの聲は、間違い無く「聲ノ力」が付いてきている。本人たちが自覚できているかどうかが判らなくても、134回の公演、全てに立ち会っている者の耳が分かっているのだ。

 これからは全てレベルアップを図り始める。

 全てフランス北部の「聖なる秘儀での場」での、「聲ノ奉納」を、終えた後のこと。

 2008年1月以降の事からだ。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パリの画廊、Galerie Daniel Templonから、画家 VALERIO ADAMI (ヴァレリオ・アダミ)個展のVernissageの案内状が届いた。

 27日(土曜日)12時から20時までのヴェルニサージの案内だ。

 早速、パリ在住の同級生のM女史に電話を入れて行って貰いたいと頼んだ。

 M女史は26日に画廊の近くまで行ったので、画廊に立ち寄ったら、丁度、飾り付けの最中の画家、アダミに逢えたそうだ。
 そこで画家 KEIZOの話が出たとか。

 KEIZOはアダミのアシスタントを17年間、したとアダミ本人の口から聴いたとのこと。

 1968年のパリ五月革命の時、KEIZOはパリに居た。アダミの仕事を手伝う為に。

さてどうやら、11月にはアダミに逢えそうだ!

 五月のセネガルの帰りには逢えなかったから、もし逢えたら何年ぶりだろうか?

 フジテレビギャラリーで開催された日本での初めての個展の時、以来だから。

 楽しみがまた一つ増えた!!!

 フランス・サンーナザール市のM・E・E・Tの会合が終わった後に、か!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/26

浜岡原発差し止め訴訟、静岡地裁の判決で、却下された!!信じられない判決だ!!!

 国の指針が低く見積もられていて、低い指針をクリアしているから大丈夫だとの裁判長の判断だが、もし原発被害が起こった時、誰が責任を持つのか?この宮岡章裁判長が責任を持てるのか?

 中部電力は、国の指針レベルに沿っているから、大丈夫だと思って運転、稼動させてきた、と言うのが既に判っている話だ。

  浜岡原発1号機は1976年、2号機は1978年、3号機は1987年、4号機は1993年、既に30年余りの歳月を経た一般のビルやマンションがどういう状況かを想像すれば、判決文の、経年変化事象に対しても点検・管理体制が構築されており、耐震安全性に影響がないと、誰が自信を持って言い切れるのか?

 何処かの原発が震災に遭い、爆発でもしないと本当の理解は出来ないのだろうか?

 唯、単に、想像力が無いと言うだけではない。

 広島・長崎での被爆者の姿を忘れているのでは、無いのか、この国の民人は?

 このままでは、突然、この国が消えてしまうかもしれない、危機感がある。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/10/24

詩人 伊藤比呂美、29日(月曜日)、京橋のギャルリー東京ユマニテに於いて、第135回「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」で、新詩集『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』(講談社刊)をじっくり読む!!!

 久方振りに登場する詩人 伊藤比呂美。

 萩原朔太郎賞を受賞する前から、この詩集をじっくり読んでもらいたいと、お願いして置いた事が、愈々、実現する。

 独特の比呂美節は、一聴に値する!!!

 このPoetry Voice Circuitに参加して下さっている詩人は、特に女性詩人には、是非、聴いていただき、学んで頂きたい。

   予約はギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 まで、御願いします。

  開場は6時30分、 開演は7時。

  終了後、この詩集を講談社から、20冊、取り寄せ、サイン会を特別に行います。

  乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/23

詩人 田川紀久雄&坂井のぶこ、24日(水曜日)、第134回「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」で、ストライプハウスギャラリー(六本木)で、聲を宙に放つ!!!

 胃癌の末期と医者から宣告されて居る詩人 田川紀久雄。

パートナーの坂井のぶこの協力を得ての自作詩朗読会。

 今回はどんな聲を聴く事が出来るのか!!!

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

明日(23日、火曜日)の第133回の詩人笠原三津子の巡回朗読会は、詩人の突然の体調不良に付き、キャンセルに為りましたので、ご了承下さい。

 残念ながら、ヘルペスに罹ったとの連絡が本人から、ギャラリーに有りましたので、残念ながら第133回は中止いたしますので、ご了承下さい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/21

浜岡原発差し止め訴訟、26日、静岡地裁で判決が出るとか!勝訴を願って!!!

 想定と耐震性が国のガイドラインに達していれば安全とは、言い切れないだろう。

 国の地震モデルを全て超えていても、原子力発電所に対しては、安全宣言はあり得ない。

 見えない放射能の被害を受けるのは近隣地域のみならず、東京にまで、いや狭い日本の国土を覆う事に為るのだ。
 これは日本だけの問題だけでは無いのだ。

 死の灰の被害は、孫子の代まで続く事は、1986年4月26日未明に起こったチェルノブイリ原発爆発事故で、明らかであろう!!!

 起こってからではもう遅いのだ。未然に防ぐには、原発の運転を差し止めて行く以外に方法は無いのだろうか?

 原発運転停止に為る事を願って!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 杏平太 22日(月曜日)第132回「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」、ストライプハウスギャラリー(六本木)で自作詩朗読会を行う!!!

 3回目は最初の山場である。

 出来るか、出来ないのか? 聲を出せるのか、出せないのか? 自信がアルのか、無いのか?

 どっちとも言いがたい、見極めつかない時なのだ。

 これは大学で、90分の授業で話す事が、自作詩朗読に活かせるとは限らないのだ。

 しかし、聲を出している事は事実で、積み重ねているのだから、活かせるか活かせないかは本人次第か?

 明日の朗読会は、どんな聲を聞かせてくれるのか?

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@niftyメール:受信箱

リンク: @niftyメール:受信箱.

| | トラックバック (0)

今になって、何故、防衛省の守屋武昌・前事務次官のゴルフ交際が、浮上してきたのか?不可解な事が何処かで起こっている

 19日(金曜日)の朝、朝8時、テレビ朝日のスーパーモーニングに、独占告白・・・小池百合子 防衛省人事抗争の真相、と新聞に書かれていたのを見て、テレビをつけた。

 国会開会に、防衛大臣の肩書きで、アメリカに渡り、ライス始めアメリカの要人に会見出来たのは、誰の筋書きなのかと見ていた。

 誰が小池百合子を防衛大臣に押したのか?誰がこの女をアメリカに行かせたのか?

 チラリと小泉純一郎の影もちらついていた。

 この小池百合子らしき女性と顔面二十センチ余りのニア・ミスを約一ヶ月前位に六本木で起こしていたからだ。

 ある路面にある中華料理店の前に、一台のテレビカメラがライトをつけて、待機しているのが見えていた。

 その店に差し掛かった時、入り口から紺のスーツ姿の男が小走りに出てきて、すれ違った。

 と、直ぐその後を追いかけるように、小走りに出てきた、紺のツーピ-ス女とぶつかりそうになった。

 咄嗟に避けれたのだが、この女がどうも小池百合子で、遠目では何とか見られるが、間近で見ると、この女、ブスな女で、驚いた!

 メデイア出身の女だけあって、テレビ目線では通じるが、直に見ると、本当にブスな女なのだ!

 小池百合子がこのテレビ番組に出た前後から、何故か守屋武昌・前事務官の業者接待の報がしきりに、流され始めたのだ。

 アメリカに行った小池百合子が何処の組織と繋がったのか?

 今後の言動を見ていればはっきりするだろう。

 そして今日の毎日新聞の5面の、発言席、では「ハイブリッド環境税 導入を」と元環境相・小池百合子の名前で書いている。

  元防衛大臣と元環境相との訳使い分けか?蝙蝠みたいなブスな女だね。迫力も体内エネルギーも、何も感じられない。

 こんな女が人気があるとは、とても信じられない事だ。

 いずれ首相に? 余りにもふざけ過ぎている。

 やはり、民度が低い国民かね!!!

 防衛省の機密流出を始め、省全体の規律が緩んでいるようだ。

 内部監査を徹底的に遣り直すべきだろう!!!

 それにしても5年間で100回以上のゴルフ接待。防衛事務官とは気楽な職業なようだ!!!

 マス・メディアも怠慢だ。

 ジャーナリズム宣言、笑ってしまうね!!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »