« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »

2007/11/10

フランスの13日から波状的に始まる交通ストに日程が翻弄されている・・・・・

 今回のように交通ストで日程がはっきりしない事は初めてだ。

 14日の出発は作家・平野啓一郎さんとパリに行き、前日に一足早く出発したC女史と空港で合流して、ナントに飛行機で向かうと言う。

 私は「MEET・文學シンポジウム」が終わった後に、或る企画を考えていたので、日本への帰国を25日と決めていたのだ。

 最初に考えた日程を変える事は滅多に無い事だから戸惑ってしまうのだ。

 画家 ヴァレリオ・アダミとの会見も予定変更。

 帰国便の日時の変更、定宿のHOTELの予約の変更と目まぐるしい事!

 ともあれ「MEET」での朗読はフランスの役者が私の詩を朗読してくれると言うのだ。

 自作詩のフランスで公式に翻訳されるのは、今回が初めてだから、とても嬉しい!

 これは楽しみなことだ!!!

 ただこの『日本・アンゴラ』のアンソロジーは25ユーロ。日本の丸善、紀伊国屋なら5500円になる。(ウ~ン)

 書き下ろしエッセイ集『20歳の時』は20ユーロ、4400円。高いか安いかh分からない。

 是非、www.meet.asso.fr を検索してください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/08

2007年のMEETの招待客は16ヵ国、25人の詩人・作家たち!

 25人の内訳は、ルーマニア・1人、アンゴラ・3人、フランス・4人、マレーシア・1人、ドイツ・1人、イタリー・1人、コロンビア・1人、トルコ・1人。レバノン・2人、日本・3人、中国・1人、スウェーデン・1人、ウルグアイ・1人、アメリカ・1人、ブラジル・1人、アルジェリア・1人、メキシコ・1人の16ヵ国、25人の作家・詩人が一堂に会するわけだ。

 面白い組み合わせだ。

 地域別にするとヨーロッパが6人、アジアが5人、アフリカが4人、中南米が4人、中近東が3人、、北米が1人、北欧が1人、東欧が1人。

 この人選は誰がしたか分からないが、なかなか興味深い振り分けだ!

 日本人のデレクターでは、どうであろうか?

 ますます楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/06

11月13日から波状的にストが始まり、20日、フランス全土、無期限交通スト、と判る!!!

 20日、1日にだけのストなら心配しなくても良いのだが、無期限となると、これは帰国の便の事もあり、重要な「秘密の儀式」は無期延期に為りそうだ。う~ん、困ったぞ!!!

 無念!残念!

 大きなスーツケースを持ってのヒッチハイクなど出来る訳も無く、スト予告のために今から断念するのか?

 明日までに決めなくては為らないのだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/04

11月15日~18日に、フランスSaint-Nazaire市で開催される「MEET・文学シンポジウム」について

  フランスSaint-Nazaire市にて行われる「MEET・文学シンポジウム」の今年度の特集は日本/アンゴラ、である。

 こんな素敵な企画が、フランスの一地方都市で継続的に続いてきて、今年で20年に為ると言う。

 ではこれに匹敵するような、国際的な交流を目指している企画は、この日本で幾つぐらいあるのだろうか?

 無いのだろうか?

 それでは、これを企画した主催者から届いた文書を見てみよう!!!


1)MEETという組織に関して。

基本的に、外国の文学をフランスで紹介し、毎年、離れて見える二つの文学世界を合わせてみる/MEETさせる目的を持っている組織です。

毎年文学雑誌(2種類)を出版し、11月に4日間にわたり、シンポジウム(対談、パネルディスカッション、朗読会など)を行います。

2007年は20周年に当たります。

2007年に選ばれた二つの文学世界は、日本とアンゴラです。

(MEETに関して、仏語・英語のホームページもご参照。

<www.meet.asso.fr>


2)出版に関して。

2つの雑誌の出版。

*2007年11月刊行予定「日本・アンゴラ」それぞれ8人〜10人の短編集及び詩集。

掲載される日本作家は下記の通りになりました。(*フランスでは初めての翻訳。)
短編

*FURUKAWA Hideo 古川日出男

*GENYU Sôkyû 玄侑宗久

HIRANO Keiichirô平野啓一郎

IKEZAWA Natsuki 池澤夏樹

KAWAKAMI Hiromi川上弘美

OGAWA Yôko小川洋子

YOSHIMOTO Banana吉本ばなな

TANIKAWA Shuntarô 谷川俊太郎

*TENDO Taijin 天童大人

NIIKUNI Seiichi,新国誠一

YOSHIZAWA Shôji,吉沢庄次

FUJITOMI Yasuo藤富保男

*同時期、11月に刊行される別の作品集。

「Avoir 20 ans/二十歳であること」をテーマにしたエッセイ集。(書き下ろし)。

寄稿される日本作家。

HIRANO Keiichirô平野啓一郎

IKEZAWA Natsuki 池澤夏樹

TENDO Taijin 天童大人

3)シンポジウムに関して。

*2007年11月15日〜18日、Saint-Nazaire市にて、シンポジウムや朗読会など。

参加される日本作家。

HIRANO Keiichirô平野啓一郎

IKEZAWA Natsuki 池澤夏樹

TENDO Taijin 天童大人

参加者。

1 Gabriella Adamesteanu (Roumanie)

2 José Eduardo Agualusa (Angola)

3 Tash Aw (Malaisie)

4 Philippe Beck (France)

5 Geneviève Brisac (France)

6 Hans Christoph Buch (Allemagne)

7 Arnaud Cathrine (France)

8 Giuseppe Conte (Italie)

9 Philippe Forest (France)

10 Santiago Gamboa (Colombie)

11 Nedim Gürsel (Turquie)

12 Joumana Haddad (Liban)

13 Natsuki Ikezawa (Japon)

14 Hirano Keiichiro (Japon)

15 Yang Lian (Chine)

16 Hakan Lindquist (Suède)

17 Charif Majdalani (Liban)

18 Juan Carlos Mondragon (Uruguay)

19 Cynthia Ozick (États-Unis)

20 Luis Ruffato (Brésil)

21 Boualem Sansal (Algérie)

22 Arnaldo Santos (Angola)

23 Paco Ignacio Taibo II (Mexique)

24 Tendo Taijin (Japon)

25 Luandino Viera (Angola)

以上。

 このMEETで、どんな出会いがあり、なにが起こるのか、とても楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月28日 - 2007年11月3日 | トップページ | 2007年11月11日 - 2007年11月17日 »