« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »

2007/12/01

Nationalシェーバーの新製品、ラムダッシュの剃り心地は抜群!!!

 いや本当に驚きました。ブラウンをを永いこと使用していましたが、どうも顎の剃り具合いが、いまひとつ剃れないので、他社の製品を探していたが、Nationalと言う選択肢は無かった。

 しかし、従来の製品では、満足できないので、敢えてNationalの新製品を買って見た。

 実際、使ってみて本当に驚いた。剃り心地の具合が、良いのだ。

 顎の剃り残しは無い!!!

 充電も二週間は、1度の充電で、大丈夫だった。

 これは当たり!!!

 良い製品だ。東京駅の山手線のホームに、大きなこの4枚刃の電気カミソリは、広告も信じられる気になる。

 良い品物だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、詩人・高柳誠、15回、連続自作詩朗読会を終えてみて、見えてきた事がはっきりしてきた。

 もう最後まで、聲がぶれることなく、1時間余りの朗読を終える事が詩人・高柳誠は出来る。

 高柳誠には早くから外国語での撰詩集を作ることだよ、と伝えてきた。

 身銭を切っての自分自身にとっての先行投資なのだ。

 やっとドイツ語での撰詩集を作り上げている最中に、2008年夏、ドイツでからの招待が決定したとか!!!

 おめでとう! 詩人・高柳誠よ! 良かったね。

 招待が決まってからでは、遅いのだよ!

 こんな事を教えるのは「Poetry Voice Circuit」でしか、学べないのかも?

 137回を全て聴いてきて、はっきり判るのは、聲を出したくなる身体を作ることだった。

 もう1ヵ月は長い時間、2週間ぐらいと高柳誠は言い始めている。

 5回を過ぎた位からやっと、分かり始めてくるのでは・・・

 白石かずこ、薦田愛、峰岸了子、中村恵美、山口真理子、田中健太郎が5回を超えている。

 10回に近いのは薦田愛。彼女の精進が実を結ぶのも間もなくか?

 「Poetry Voice Circuit」は、宙に向かって聲を出す詩人を鍛える道場なのかも、いや聴衆をも鍛える場なのかも知れない。

 このサーキットに参加する詩人も60人を超えた。

 2008年1月末に170回を超える予定!!!

 より高い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/30

ブルーノ・ムナーリ、生誕100年記念、あの手この手が12月1日から板橋区立美術館で始まるが・・・

 ブルーノ・ムナーリの最後の本と言われている、オリジナル版画本『TERZINA ⅩⅢ NEGATIVO-POSITIVO di BRUNO MUNARI』限定100部を私は持っている。

 これはイタリア・ミラノ・のセヴェルニーニ出版社が1996年から限定120部で刊行された12冊のオリジナル版画限定本、『TERZINA叢書』である、。
 120部の内30部は出版社分、30部は作家分、30部は作家同士の交換分、30部は世界中の国立図書館に寄贈分で、作家の負担金は一切無い。

 紙はイタリア・シシリー・シラクーサの手漉き紙。12人の作家はイタリアの有名な画家たち。

 エンリコ・バイ、ヴァレリオ・アダミ、ロベルト・サネージ等のなかに日本人作家がKEIZO(森下慶三)と私、天童大人が参加しているのだ。

 私の参加には、KEIZOと1994年のノーベル文学賞候補の詩人、ロベルト・サネージの友情に負う事、大である。

 この叢書の最後がブルーノ・ムナーリの巻である。

 三つ折されたこの版画本は、いや実物を御覧頂いた方がいいのだ。

 国立国会図書館に寄贈されているから、興味ある方は是非、ご高覧を!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/29

2007年12月、2008年1月の「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circut(巡回朗読会)」の公演日程に、追加訂正がありますので、お手数ですが、御訂正下さいますように、お願い致します。

詩人の肉聲を聴く! Poetry Voice Circuit(巡回朗読会) 

関係者各位様

大変お世話に為っております。

  2007年12月公演日程、及び2008年1月公演日程に、追加訂正が有りましたので、ご面倒をおかけいたしますが、別紙の如く、ご訂正をお願い致します。

          2007年11月29日


         Tendo Taijin Bureau / 北十字舎
                   プロデュース
天童 大人


詩人の肉聲を聴く! Poetry Voice Circuit  (巡回朗読会)

          11月 公演 日程表

第137回11月29日(木)ストライプハウスギャラリー 峰岸了子

第138回11月30日(金)ストライプハウスギャラリー  高柳誠

12月 公演 日程表

第139回  4日(火)ギャルリー東京ユマニテ  ワシオ・トシヒコ

第140回12月5日(水)ギャルリー東京ユマニテ  山口真理子

第141回12月6日(木)ギャルリー東京ユマニテ   白石かずこ

第142回12月7日(金)ストライプハウスギャラリー  伊武トーマ

第143回12月8日(土)ストライプハウスギャラリー  武藤ゆかり

第144回12月10日(月)ストライプハウスギャラリー  稲葉真弓

第145回12月11日(火)ストライプハウスギャラリー   杏平太

第146回12月12日(水)ストライプハウスギャラリー 福田純子

第147回12月13日(木)ギャルリー東京ユマニテ  島木綿子

第148回12月14日(金)ギャルリー東京ユマニテ  金井雄二

第149回12月17日(月)ストライプハウスギャラリー 田中庸介

第150回12月18日(火)ストライプハウスギャラリー 長田典子

第151回12月19日(水)ストライプハウスギャラリー 藤富保男

第152回12月20日(木)ギャルリー東京ユマニテ    薦田愛

第153回12月21日(金)ギャルリー東京ユマニテ   中村恵美

第154回12月22日(土)ストライプハウスギャラリー   高柳誠

第155回25日(火)ストライプハウスギャラリー ワシオ・トシヒコ

         2008年  1月 公演

第156回1月9日(水)ギャラリー絵夢       白石かずこ

第157回1月10日(木)ストライプハウスギャラリー田中健太郎

第158回1月11日(金)ギャラリー絵夢      高橋 睦郎

第159回1月12日(土)ギャラリー絵夢       薦田 愛

第160回1月15日(火)ストライプハウスギャラリー 杏 平太

第161回1月16日(水)ストライプハウスギャラリー 福田純子

第162回1月17日(木)ストライプハウスギャラリー 白鳥信也

第163回1月18日(金)ギャルリー東京ユマニテ   天童大人

第164回1月19日(土)ストライプハウスギャラリー 中村恵美

第165回1月21日(月)ストライプハウスギャラリー田川紀久雄
                             &坂井のぶこ

第166回1月24日(木)ストライプハウスギャラリー 野木京子

第167回1月25日(金)ギャルリー東京ユマニテ    高柳 誠

第168回1月28日(月)ストライプハウスギャラリー 長田典子

第169回1月29日(火)ギャルリー東京ユマニテ   島木綿子

第170回1月30日(水)ギャルリー東京ユマニテ   根本 明

第171回1月31日(木)ギャルリー東京ユマニテ   峰岸了子
    
ギャルリー東京ユマニテの公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ギャラリー絵夢の公演時間は 開場:18:00, 開演:18:30

ストライプハウスギャラリーの公演は 開場:19:00, 開演:19:30

(お間違いのないように御願いします)

入場料  予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
       当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)

*予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

ストライプハウスギャラリー(六本木) 106-0032東京都港区六本木5-10-33
                      Tel 03-3405-8108 Fax 03-3403-6354
E-mail :info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
                Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
                  E-mail :humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

ギャラリー絵夢(新宿)   160-0022新宿区新宿3-33-10モリエールビル3F
Tel&Fax03-3352-0413
E-mail:galerie@moliere.co.jp
URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/    
お問い合わせ先:

TENDO TAIJIN BUREAU / 北十字舎
171-0031東京都豊島区目白3-6-5
Tel03-5982-1834, Fax03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http//universalvoice.air-nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/28

「第2回日中現代詩シンポジウム」に参加す中国詩人のなかの楊煉さんにフランスの「M・E・E・T 文學シンポジウム」で、二週間前に出合った。

 日本を出る前に、思潮社からチラシが送られて来ていたが、その中の楊煉とYang Lianとが同一人物とは分からなかった。

 帰国して初めて確認できた次第だ。

 楊煉の肉聲は良い伸びやかな聲なのだが、何故、わざわざマイクを使うのか分からない。

 あの聲の質を劣化させる事には賛成できない。

 100人余りの小さな開場だけにもったいない、事だった。

 しかし、コロンビアのメデジン、ベネズエラのカラカス、それぞれの国際詩祭に参加した中国詩人たちの陰気さと比べれば、なんと楊錬は明るいのだ。

 この楊煉の明るさは天性のものなのだろうか。

 2日の公開シンポジウムで再開するのが楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/27

作家で詩人の池澤夏樹さんと話をしていると三年前、ミラノで亡くなった友人の画家・KEIZOが蘇ったのだ。何故か、話し方も背格好も、歩き方も、感じもそっくりなのだ!!!

 もしイタリア・ミラノに居た画家・KEIZOをしっているひとが居たら、池澤夏樹さんに逢ったら驚くのではないだろうか?

 本当に吃驚したので、ご本人にその事をお話した。

 高校を出て、直ぐにミラノのブレラ国立美術学校のマリーノ・マリーに教室に通ったKEIZO。

 同世代で、ギリシアや沖縄、そして今、フランスのフォンテンヌブローに住んで居る池澤さん。

 目指しているところは、同じだったのでは、と言われる池澤さん。

 いやー、懐かしかったですね、私は。KEIZOを想い出して。

 ミラノでは無く、大西洋を眺めながら朝日を浴びながらの散歩。

 不思議な感覚でしたよ。

 16日の朝の大西洋は、波が殆ど無く、静かな大西洋でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愈々、明日(28日)、第135回目 詩人野木京子から、「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」が再開します。是非、ご参加下さい。

 お待たせいたしました。明日から下記の如く行ないますので、宜しく、お願い致します。


詩人の肉聲を聴く! Poetry Voice Circuit  (巡回朗読会)

          11月 公演 日程表

第136回11月28日(水)ストライプハウスギャラリー 野木京子

第137回11月29日(木)ストライプハウスギャラリー 峰岸了子

第138回11月30日(金)ストライプハウスギャラリー  高柳誠

   12月 公演 日程表

第139回  4日(火)ギャルリー東京ユマニテ ワシオ・トシヒコ

第140回12月5日(水)ギャルリー東京ユマニテ  山口真理子

第141回12月6日(木)ギャルリー東京ユマニテ   白石かずこ

第142回12月7日(金)ストライプハウスギャラリー 伊武トーマ

第143回12月8日(土)ストライプハウスギャラリー 武藤ゆかり

第144回12月10日(月)ストライプハウスギャラリー 稲葉真弓

第145回12月11日(火)ストライプハウスギャラリー  杏平太

第146回12月12日(水)ストライプハウスギャラリー 福田純子

第147回12月13日(木)ギャルリー 東京ユマニテ  島木綿子

第148回12月14日(金)ギャルリー東京ユマニテ  金井雄二

第149回12月17日(月)ストライプハウスギャラリー 田中庸介

第150回12月18日(火)ストライプハウスギャラリー 長田典子

第151回12月19日(水)ストライプハウスギャラリー 藤富保男

第152回12月20日(木)ギャルリー東京ユマニテ    薦田愛

第153回12月22日(土)ストライプハウスギャラリー  高柳誠

第154回25日(火)ストライプハウスギャラリーワシオ・トシヒコ

ギャルリー東京ユマニテの公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ストライプハウスギャラリーの公演は 開場:19:00, 開演:19:30

(お間違いのないように御願いします)

入場料  予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
       当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)

*予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

ストライプハウスギャラリー(六本木) 106-0032東京都港区六本木5-10-33
Tel 03-3405-8108 Fax 03-3403-6354
E-mail :info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail :humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html
お問い合わせ先:
TENDO TAIJIN BUREAU / 北十字舎 171-0031東京都豊島区目白3-6-5
Tel03-5982-1834, Fax03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http//universalvoice.air-nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

「ゴミの中から、ルフィーノ・タマーヨの名画が見つかる」との電車中のテロップで見て以来、この事件の顛末を知りたかった・・・

 14日~24日までの新聞を纏めて読み進んで、22日に毎日新聞の朝刊9面に「ゴミから盗難名画」の写真入の記事を、やっと見つけた。

  マンハッタンの奇跡。

 やはり日本の話では無かったのだ!

 ニューヨークのマンハッタンのゴミの中から、作家エリザベス・ギブソンさんが発見したと言う。

 メキシコの画家・ルフィーノ・タマーヨの絵画作品「トレス・ペルソナス」(97×130センチ・1970年作)。

 この大きな作品を、よく破らずに投げ捨てたものだ、と思うのだが、盗難作品だから曰くアリか?

 でも、今頃、何故に?

 盗難に遭い、何処に隠れていたのだろうか?

 結局、元所有者の妻が「サザビーズ」で競売。104万9000ドル(約1億1500万円)落札されて、発見者のギブソンは1万5000ドルの謝礼を受取ったとか。

 ギブソンさんもゴミの中から拾った時には、タマーヨの作品だとは思わなかったようだ!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月18日 - 2007年11月24日 | トップページ | 2007年12月2日 - 2007年12月8日 »