« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »

2007/12/29

久し振りに後藤信幸訳、フィイリップ・ジャコテ詩集 『冬の光に』(国文社刊)を繙いてみた。

 これは刊行された時に、訳者の後藤信幸氏から贈られたもので、一読後、何冊か国文社で纏めて買い、友人たちにも贈った。

 それまで詩人・ジャコテの事は知らなかった。

 もし後藤信幸氏のこの訳業がなければ、詩人・ジャコテに出会わなかったかもしれない。

 パリの定宿のホテルのオーナー夫人、ニコルの口から、フイリップ・ジャコテの名前が出てきたとき、私が知っていると言うと、私も親しいと言うのだ。

 これには私が驚いた。

 私の知人が翻訳したと言うと、今度はニコルが驚くのだった。

 ニコル自身もコラージュ作家で、日動画廊で個展をした某画家とも親しく(名前を失念した)、また彼女のご主人のHOTELも数多くの作家の作品をコレクションしていて、館内やホテルの部屋に展示してあるのだ。

 今、再び読もうとして詩集『冬の光に』を開くと、コピーと後藤氏からの雁書が出てきたのだ。

 コピーは小長井和子氏が主宰の同人誌『河』第30号の一部。

 「フイリップ・ジャコテ詩抄 訳詩集『冬の光り』上梓を祝して 」、と小長井氏の、「フィリップ・ジャコテの世界ー内面の旅路ー」が 掲載されていたからだ。

 もう一度、後藤氏からの雁書を読み直してみた。

 ふと思いついて、後藤信幸氏に今、(12月30日、正午)電話をしてみた。

 来春(2008年)にはジャコテ詩集が今より(253頁)よりも、厚い3冊を纏めて訳した詩集が出ると言う。

 これは楽しみな事だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「森茉莉街道をゆく(長谷川時雨+)」さんへ

 トラックバックを有難う。

 茉莉さんが『マドモアゼル・ルウルウ』の原書を買いに神保町に行ったと書いてあったと有りますが、恐らく、その原書を訳した初訳の『マドモアゼル・ルウルウ』を私が手に入れて、茉莉さんにお見せしたところ、もう一人、誰だったか忘れたが持っている人が居ると、茉莉さんが話してくれましたよ。

 二冊は現存するわけです。

 私の持っていた森茉莉初訳の『マドモアゼル・ルウルウ』はかって、フランス文学者の生田耕作氏にお貸ししたままになています。

 亡くなったとは言え、生田耕作氏の書庫を引き継いだ方からはいずれ返して頂かなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

パブロ・ピカソが詩人ルネ・シャールの為に書いたポスター「オマージュ ルネ・シャール」が有る事を思い出して、探し出して来て見た。

 それは1969年、7月~9月まで、CERET近代美術館で開催された展覧会「HOMMAGE A RENE` CHAR」にパブロ・ピカソが書いたポスターだ。

 1939年にルネ・シャールは「千の頼み綱ーピカソ論」と言うエセイを書いていて、その30年後にも短いピカソのための文章を書いているのだ。

  コノポスターが3000枚刷られた事を、最近知ったが、私が手に入れたのは10年前ぐらいではなかったか?

 小さなオークションの会場で見つけたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

戸川エマと森茉莉はどういう経緯で知り合ったのだろう?と出ているよ、とGI女史が知らせてきたので・・・

 早速、ブログ「森茉莉街道をいく(長谷川時雨+)」を見てみた。

 この筆者には一度お会いした事がある。

 戸川エマが英文学者・戸川秋骨の長女で、慶應義塾大学の三田文学関係を含め、様々な人脈は豊富。

 その頃、エマ先生は文化学院では文科科長で、読売新聞の身の上相談の担当者でもあった。

 お茶の水・駿河台下に筑摩書房が在るのだjから、『父の帽子』を出した昭和32年には、当然、小川町のエスワイルで、担当の編集者に逢っていたに違いない。もしかしたらその編集者は詩人の吉岡実さんだったかも知れないのだ。

  私が在学中には、森茉莉に会った事の話は、一度も聞いた事が無いのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

化粧品の値段とは、容器の値なのか?それとも中味にも価値が、当然あるのか?

 昨日、友人から二つのクリームを貰った。

 Diorのプレステージニュイとイドラクション バームである。

 プレステージニュイは、肌本来の機能に着目し、翌朝うるおいあふれるキメの細かい肌に導く夜専用クリーム。顔、首、デコルテ用。50ml  \30000 (税抜)

 成分:水・イソノナン酸セラアリル・イソヘキサデカン・グリセリン・BG・ニフォフィアウバリア液・ステアリスー21・ステアリスー2・デシルオキサゾリジノン・ポリメタクリル酸メチル・グルコース・シンクロペンタシロキサン・ポリアクリル酸Na・ジメチコノール・セタノール・ステアリン酸・ステアリルアルコール・メチルパラベン・ジメチコン・トロメタミン・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・クロルフェネシン・EDTA-4Na・酢酸トコフェロール・香料・ムクロジエキス・スチルパラピン・エチルパラピン・ツボクサエキス・セラミド3・シアノチスアラクノイデア根エキス・ソルビトール・ウサピノキ種子油・エタノール・ダマスクバラ花水・プロピルパラペン・インプチルパラペン・PG・ヒアルロン酸Na・アルテミアエキス・クエン酸・ヨーロッパブナ芽エキス・フェノキシエタノール・シケイエキス・アジェガツルケスタニカエキス・ダイダイ花エキス・ポランクトンエキス・BHT・トコフェロール

 原産国:フランス

 高価なクリームにはこんなに訳の分からない物が沢山入っているらしい!

 そして、こう書いてあるのだ!

 お肌に合わないときは、ご使用をおやめください、と。

 イドラクションバーム(保湿クリーム)

 50ml ¥6500円(税抜)

 成分:等の記載されている文字はより小さく、読みきれないのだが、やはり沢山の成分が入っている。

 100円のクリームもあるのに、器が幾ら立派な硝子の容器とはいえ、ご立派な値段だ!!!

 そして実際に使ってみた。

 それが良いのだね。肌がしっとりしているのだ。

 滅多にクリームなど付けないから、余計効果があるのかも知れない。

 う~ん 価格に相応しい値打ちが本当に有るのかも知れないね。

 成分が記載されていても、美理容関係者以外では、良く分からない。

 器に騙されないように!  とでも言っておこうか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/28

詩人 藤富保男さんが12月19日、第151回で行った「現代詩の古典」を2008年度には、随時、開催する予定。

 この日、藤富さんが行なった「現代詩の古典」と言う、西脇順三郎・北園克衛・北川冬彦・安西冬衛・ガルシア・ロルカと詩作品を通じて、詩人の背後にある人間関係をも織り込んでの話は、特に若い現代の詩を書く詩人には必要な事なので、この「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit」では随時、開催して行く予定です。

 詩人 藤富保男さんには一肌ぬいでいただく考えです。

 こういう話を直に聞く事が出来るのは、滅多にありません。

 乞う ご期待下さい!!!

 ロルカと吉田一穂が同年生まれとは今迄、知らなかった!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

2008年1月、2月の「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」の公演日程表です!!!

これが2008年、1月2月の 公演日程です。

 1月の新参加詩人は、白鳥信也、有働薫の二人。

2月は、野村喜和夫、水嶋きょうこ、三井喬子(金沢)、財部鳥子、武井邦夫の五人です。

詩人の肉聲を聴く! Poetry Voice Circuit  (巡回朗読会) 
        
          2008年 1月 公演

第156回1月9日(水)ギャラリー絵夢        白石かずこ

第157回1月11日(金)ギャラリー絵夢       高橋 睦郎

第158回1月12日(土)ギャラリー絵夢        薦田 愛

第159回1月17日(木)ストライプハウスギャラリー  白鳥信也

第160回1月18日(金)ギャルリー東京ユマニテ    天童大人

第161回1月21日(月)ストライプハウスギャラリー 田川紀久雄
                        &坂井のぶこ

第162回1月22日(火)ギャルリー東京ユマニテ   福田純子

第163回1月23日(水)ギャルリー東京ユマニテ   有働 薫

第164回1月24日(木)ギャルリー東京ユマニテ    野木京子

第165回1月25日(金)ギャルリー東京ユマニテ    高柳 誠

第166回1月28日(月)ストライプハウスギャラリー  長田典子

第167回1月29日(火)ギャルリー東京ユマニテ    島木綿子

第168回1月30日(水)ギャルリー東京ユマニテ    根本 明

第169回1月31日(木)ギャルリー東京ユマニテ    峰岸了子

2月 公演 日程 

第170回2月1日(金)ギャルリー東京ユマニテ   野村喜和夫

第171回2月2日(土)ストライプハウスギャラリー 水嶋きょうこ

第172回2月4日(月)ギャルリー東京ユマニテ     薦田愛

第173回2月5日(火)ギャルリー東京ユマニテ    三井喬子

第174回2月6日(水)ギャルリー東京ユマニテ    財部鳥子

第175回2月7日(木)ギャルリー東京ユマニテ     高柳誠

第176回2月8日(金)ギャルリー東京ユマニテ    中村恵美

第177回2月18日(月)ギャラリー華     ワシオ・トシヒコ

第178回2月19日(火)ギャラリー華        田中健太郎

第179回2月20日(水)ストライプハウスギャラリー  小柳玲子

第180回2月21日(木)ギャラリー華         武井邦夫

第181回2月22日(金)ギャラリー華         稲葉真弓

第182回2月23日(土)ギャラリー華        武藤ゆかり

         (続く) 

ギャラリー絵夢(新宿)の公演時間は 開場:18:00, 開演:18:30

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ギャラリー華(広尾)の公演時間は 開場:18:30, 開演19:00

ストライプハウスギャラリー(六本木)の公演は 開場:19:00, 開演:19:30

(お間違いのないように御願いします)

入場料  予約 大人2,500円 学生1,500円(学生証呈示)

       当日 大人2,800円 学生1,800円 (学生証呈示)

*予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

ストライプハウスギャラリー(六本木) 106-0032東京都港区六本木5-10-33

Tel 03-3405-8108 Fax 03-3403-6354

E-mail :info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1

Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306

E-mail :humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

ギャラリー絵夢(新宿)   160-0022新宿区新宿3-33-10モリエールビル3F

Tel&Fax03-3352-0413

E-mail:galerie@moliere.co.jp
 URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/


ギャラリー華(広尾)             106-0047 港区南麻布5-1-5

Tel 03-3442-4584 Fax 03-3442-4584

E-mail:gallery-hana@nifty.com


お問い合わせ先:
TENDO TAIJIN BUREAU / 北十字舎

171-0031東京都豊島区目白3-6-5

Tel03-5982-1834, Fax03-5982-1797

E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http//universalvoice.air-nifty.com


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の詩人 ワシオ・トシヒコ第155回「」詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(巡回朗読会)」で今年度は無事に終わりました。2008年1月は、9日、詩人 白石かずこの聲から始まります!!!

 1月9日、白石かずこ、11日、高橋睦郎、12日、薦田愛と新しく参加する新宿の画廊、ギャラリー絵夢(℡03-3352-0413)から始まります。

 是非、ご参加下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

先日、東京駅前に在る丸善で、『L`ATELIER D`ALBERTO GIACOMETTI』を、中身を確かめずに買って帰り、ジックリ見たら、驚いた!!!

 パリ・ポンピドーセンターが発行している、今、展覧会中の『アルベルト・ジャコメッテイのアトリエ』の60ページのカタログなのだが、29頁~40頁まで天地逆様に製本されている乱丁本だったのだ。

 他の2冊を見ても同じ箇所が乱丁だから、1台分逆に紙を設置したようだ。

 何冊がこの乱丁本を産み出したのであろうか?

 天下のポンピドーセンターとも在ろうものが、この無様さ!!!

 先日の岩波書店が刊行した『田んぼが学校になった』(佐伯剛正著)のカバーの校の木偏が1本欠けていたのだが、著者も気が付かず、私の指摘によって、やっと岩波の担当者が気が付き、カバーを刷り直すと言うていたらくさだ!!!
 
 赤福や船場吉兆、不二家だけでは無い様だ。

 ご用心、ご用心!!!

  世界は何処か大きく狂い始めているようだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/12/24

フランスの詩人ルネ・シャールの『ルネ・シャールの言葉』(西永良成=編訳、平凡社刊 3150円)を、偶然、書店で見つけて、読み始めた!!!

 私の大好きな詩人の一人がフランスの詩人、ルネ・シャールだ。

 だからこの本、『ルネ・シャールの言葉』は今迄、広告でも見た事が無い、本屋でも見なかったので、本の背を見ても、初めは手に取らなかった。

 いや、取れなかった。

 これは、なんだろうと思ったから、手に取れなかったのだ。

 平凡社とルネ・シャール?

 取り合わせから変だ!

 かって友人に頼まれて画家 ニコラ・ド・スタールとルネ・シャールとの詩画集を探してあげた事がある。

 高価だった、函はド・スタールのオリジナル版画で、カラーのリト版画で装われているのだ。

 中味はド・スタールの白と黒との木版画。

 またある時、友人の一人が、多分、天童さんはルネ・シャールが好きだろうから、何時もお世話に為っているお礼にと、額装したルネ・シャールの肉筆の文章を2点、私にプレゼントしてくれたのを、私は自分の部屋に飾って、毎日、眺めているからだ。

 言葉、と言うコトバに違和感を感じたのかも知れない。

 『アンソロジー ルネ・シャール』なら、もっと伝わり易いのに。

 しかし、買って帰って、ページを捲ると編訳の西永良成教授の長年のルネ・シャールへの想いが伝わってきた。

 詩作品、アフォリズム、演劇、散文と本邦初訳が6割以上もあるのだ。

 多くの人にこの『ルネ・シャールの言葉』を買って、読んで頂き、詩人・ルネ・シャールをもっと沢山、知って貰いたいものだ。

 お買い得の良い本だ!!!

 今、毎日持って歩いているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りに DULCE PONTESのCDを見つけ出して聴く!

 ポルトガルの第3回アヴェイロ国際詩祭(ポルトガル)に、ポルトガルの女流詩人、ブランコ女史に招待されて行った2001年。

 1997年、第7回、コロンビア・メデジン国際詩祭、2000年第三回セネガル・ダカール国際詩祭と二度、続けてあったブランコ夫妻。

  天童を招待してあげなさいと言った御主人はあの時、既に亡くなっていたのだが。

  今、一番良い歌手はDULCE PONTESだとブランコに聞き、彼女のCDを何枚か買って来たのだ。

 こうして今、出てきた彼女のCDを聴きなおしても、上手く育つと日本のちあき なおみのような歌手になる。

 伸びる艶のある聲。いい歌手だね、本当に!

 DULCE PONTESは!!!

 日本の若い歌手もじっくりと学んでいけばいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

25日(火)、詩人で美術評論家のワシオ・トシヒコの第155回「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit (自作詩朗読会)」で、2007年度は終わります。間もなく2008年1月・2月の公演日程を発表します。

 2008年度は、1月9日、新宿のギャラリー絵夢、第156回 白石かずこさんの聲から口火を鑽り、続々と新参加の詩人たちと回を重ね、積み重ねて来た詩人たちとが競い始めます。

 今年の最後は明日、六本木のストライプハウスギャラリーでのワシオ・トシヒコの聲です。

 2008年度、このサーキット参加詩人の内、海外公演。

 第1号は詩人・高柳誠の今夏、ドイツでの朗読会が正式に決定しました。

 このサーキットの参加詩人から続々と海外公演の詩人が増えてくれる事を願っていますよ。

 肉体が覚えた聲は、忘れ去る事の無い本人の財産ですからね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月16日 - 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月30日 - 2008年1月5日 »