« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »

2007/02/16

大阪の詩人、三井葉子さん、3月14日、ギャラリーアートポイントで自作詩朗読会の為、田川紀久雄、大島龍などの回数が変わります!!!

 嬉しい事に大阪の詩人、三井葉子さんが3月、上京され、自作詩朗読会を行います。

 それに合わせて、突然ですが、回数が一部移動します。

 ご注意願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 田川紀久雄さん、初めて明日(17日・土曜日)、「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」に初登場!

 詩語り、と独自な世界を築いてきた詩人で詩語りの田川紀久雄さん、明日、銀座のギャラリーアートポイントで、自作詩朗読を行います。

 普段は三味線での弾き語りですが、今回は敢えて、三味線を手離しての自作詩朗読です。

 鍛えぬいた聲で、どんな朗読に為るのか、楽しみです。


    乞う期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/15

Hear Poets Recite with the Naked Voice!

  詩人の肉聲を聴く! ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)
Hear Poets Recite Unamplified! A Circuit of Poetry Readings
                      天童 大人 Tendo Taijin
昨年の10月14日に第1回の「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」が、日本のポエトリーリーデイングの先駆者、白石かずこさんに口火を鑽って貰い、銀座のギャラリーアートポイントから始まった。(12月21日迄。既に25回終了)
今、何故、詩人自らの肉聲での自作詩朗読を行う必要が有るかと判断したか。
それは一昨年の12月、イタリア文化会館で開催された「日欧現代詩フェステバルin東京」で、朗読した日本の詩人たちの「聲」の貧弱さに愕然としたからだ。熟達の白石かずこを除いて、なんとお粗末な「聲ノ力」なのだと!このままこれを見過ごしてしまったら日本の詩人の聲は世界で太刀打ちできなくなるだろう、と考えた。
幸い私は肉聲に拘り続けて四十年余り、豊富な国内外での経験を十全に活かせれば、詩人の聲の嵩上げに繋がるのではないかと考え、既知のストライプハウスギャラリーの塚原操女史と話し合い、微力ながらプロデュースをすることにした。
「肉聲ノ復権」をめざし、詩人、自らの肉聲で行う自作詩朗読を聴く会を、都心の心在る四つの懇意の画廊オーナー達の賛同を得て、ストライプハウスギャラリー(六本木)、ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、ギャラリーアートポイント(銀座)、Star Poets Gallery(渋谷)、で開催し、巡回する事にしたのだ。また詩集販売専門店も閉店になり、何処で、詩集を売っているのか、買えるのか分からなくなった。そこで会場では、出版社の協力で朗読した詩書を販売して、参加された聴衆に詩集を確実に持って貰う事も併せ行う事を考えた。
またこの国の詩人の姿を画廊で見掛ける事は滅多に無いので画廊と言う場は詩人にとっても良い出会いの機会のはずだ。
入場料の二千五百円(音楽も、1ドリンクも無い)は、高すぎるとの批判もあった。
しかし、詩人の肉聲の朗読は貴重なもの。詩人自らによる表現を安い料金に設定することで「詩人」を、貶める事は避けたい。そういうものが欲しい人は自分達で新たに朗読会を立ち上げれば良いのだ。この「ラウンドポエトリーリーデイング」は詩人が肉聲と、詩とを鍛える場で在ると同時に聴衆も自らの好みの「聲ノ力」、「聲ノ質」、「言葉ノ力」等を生で聴き比べながら、捜せる自らの「耳ノ力」を鍛えていただく場でもあるのだ。詩人が地方や海外から東京を訪れる日時が三ヶ月以上前に分かれば、随時、この会に織り込んで行く。
何れ東京を、何時でも詩人の肉聲と詩とを聴ける詩心に満ちた大都会にしたい。何れ参加した詩人たちの詩や聲を、一編でも一人でも多く、参加した皆さんの力で、世界に送り出したいと願っている。
是非、詩人並びにこの読者の皆さんの協力、参加、喧伝をお願いし、肉聲の魅力を世界に広めて頂きたいと思う。

              詩誌「現代詩手帖」2007年1月号掲載より

Hear Poets Recite with the Naked Voice!
Circuit of Poetry Readings

Tendo Taijin


On October 14, 2006, the front runner in Japanese poetry reading, Kazuko Shiraishi, started off the first round of “A Circuit of Poetry Readings” at Gallery Art Point in Ginza. (It lasted until December 21, 2006, and finished after 25 sessions.)
I would like to explain a little about why I felt there was a need for poets to recite their own poems in their own naked voices, unaided by any kind of amplification.
It began in December 2005, at an event sponsored at the Italian Cultural Institute called “Festival of Contemporary Japanese and European Poetry in Tokyo,” where I was appalled at the poor, weak voices of the Japanese poets. Except for the accomplished reading of Kazuko Shiraishi, their voices were lacking any sense of power. It was then that I thought, “If I ignore this, then the voices of Japanese poets will be no match for those of other poets around the world.”
Fortunately, as I have been reading without any kind of amplification for over 40 years, I thought that if I completely made use of my own rich experience both at home and abroad, I might be able to help Japanese poets to improve their recitation skills. So I spoke with Ms. Misao Tsukahara of the well-known Striped House Gallery, and it came about that I would try to the best of my ability to produce this event.
Aiming for “the reinstatement of the naked voice,” and deciding to hold a series of readings in which both myself and other poets would recite their own works with the naked voice, unaided by amplification, I approached the owners of four centrally located galleries, with whom I was on friendly terms, and obtained their agreement, upon which I planned to hold a circuit of poetry readings that traveled among the Striped House Gallery (Roppongi), Galerie Tokyo Humanité (Kyobashi), Gallery Art Point (Ginza), and Star Poets Gallery (Shibuya). Also, as stores specializing in the sales of poetic anthologies had closed their doors, no one knew where such anthologies were being sold if at all and thus no one was able to buy them. This time, through the cooperation of several publishers, we were able to sell the anthologies from which the poets read right there at the readings, which was in conjunction with my thought that the participating audience could have those anthologies in hand.
It was also a good opportunity to re-acquaint the poets of Japan with galleries, where they were hardly even seen.
The entrance fee was set at \2,500 (approx. $20), which was criticized as being too high (especially as there was no music and not even one drink was included).
But recitations by poets of their own works in their own naked voice are very rare events, and I wanted to avoid insulting the poets by setting the fee too low for a performance in which they were making personal appearances. If some people wanted cheaper readings with music and drinks, then they could make arrangements for such events themselves. This “Circuit of Poetry Readings” was to be a forum in which poets could hone their voices and their art; at the same time, it also offered a venue in which participants could not only compare by listening to the naked voice the type of “vocal power,” “vocal quality,” and “power of words” they prefer, but could also hone their own “auditory power.” If I knew about three or four months ahead of time when the poets would come to Tokyo from the countryside or from abroad, then I could make the necessary schedules.
It was my desire to someday make Tokyo a metropolis filled with poetic spirit in which one could always listen to poets reciting their own poems with the naked voice. It was my fervent wish to someday present to the world the poems and voices of Japan’s poets, even one poem or one poet more, through the power of all the participants.
I earnestly request the cooperation of, the participation of, and the advertising of this event by the poets and by the readers, and it is my sincere hope that we might spread around the globe the fascination of the “naked voice.”

—From the January 2007 issue of Contemporary Poetic Notebook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

詩人 高柳誠 16日(金)、詩集『イマージュへのオマージュ』を1冊、ギャルリー東京ユマニテでの第37回 「ラウンドポエトリーリーデング(巡回朗読会)」で読み切る予定!

 昨年の10月から開始した「詩人の肉聲を聴く!ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」で、唯一、毎月、連続して朗読会をお願いしている詩人・高柳誠さん。

 今回は詩集『イマージュへのオマージュ』を読み切ります。

 目指すは一年間、連続朗読会へ新たな挑戦です。

 乞う、期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/11

「詩人の肉聲を聴く!ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」の今後、2月、3月、日程表!

詩人の肉聲を聴く!ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)

第1回2006年10月14日(土)白石かずこ,第2回18日(水)高橋睦郎,第3回19日(木)中上哲夫,第4回20日(金)高柳誠,第5回21日(土)小川英晴,第6回23日(月)八木忠栄,第7回24日(火)白石かずこ,第8回25日(水)高柳誠,第9回26日(木)佐藤文夫,第10回11月10日(金)藤富保男,第11回15日(水)中上哲夫,第12回18日(土)井崎外枝子,第13回21日(火)藤富保男,第14回25日(土)国峰照子,第15回30日(木)伊藤比呂美,第16回12月4日(火)高橋睦郎,第17回5日(水)高柳誠、第18回11日(月)天童大人,第19回12日(火)藤富保男,第20回13日(水)須永紀子,第21回14日(木)小川英晴,第22回15日(金)高柳誠,第23回19日(火)高橋睦郎,第24回20日(水)天童大人,第25回21日(木)馬場駿吉,第26回1月13日(土)中村恵美,第27回20日(土)関口将夫,第28回23日(火)ワシオ・トシヒコ,第29回26日(金)高柳誠,第30回27日(土)白石かずこ,第31回31(水)薦田愛,第32回2月2日(金)坂井のぶこ,第33回6日(火)須永紀子,第34回7日(水)田中庸介,第35回笠原三津子(順延),第36回10日(土)山口真理子

2007年 2月,3月 開演 日程表

第37回2月16日(金)ギャルリー東京ユマニテ     高柳 誠    
第38回2月17日(土)ギャラリーアートポイント   田川紀久雄
第39回2月20日(火)ギャルリー東京ユマニテ    鈴木順三郎
第40回2月22日(木)ギャラリーアートポイント    枝川里恵
第41回2月24日(土)ギャルリー東京ユマニテ     中村恵美
第42回2月27日(火)ギャルリー東京ユマニテ      薦田 愛
第43回3月1日(木)ギャルリー東京ユマニテ     佐々木幹郎
第44回3月2日(金)ギャルリー東京ユマニテ      小川英晴
第45回3月3日(土)ギャルリー東京ユマニテ      田中庸介
第46回3月7日(水)ギャラリーアートポイント     石原 武
第47回3月9日(金)ストライプハウスギャラリー    天童大人
第48回3月10日(土)ギャラリーアートポイント    高柳 誠
第49回3月14日(水)ギャラリーアートポイント     三井葉子
第50回3月16日(金)ギャラリーアートポイント   田川紀久雄
第51回3月19日(月)ギャラリーアートポイント    大島 龍
第52回3月20日(火)ギャラリーアートポイント     峰岸了子
第53回3月22日(木)ギャラリーアートポイント   坂井のぶこ
第54回3月23日(金)ストライプハウスギャラリー   木村透子
第55回3月24日(土)ストライプハウスギャラリー  白石かずこ
第56回3月26日(月)ストライプハウスギャラリー   井上輝夫
  
      各会場共 入場:19:00 開演:19:30

入場料 予約 大人 2,500円  学生 1,500円(学生証呈示)
      当日 大人 2,800円  学生 1,800円 (学生証呈示)
       
予約は直接 各ギャラリーへ
ストライプハウスギャラリー(六本木)        106-0032 東京都六本木5-10-33
℡03-3405-8108 Fax03-3405-8108 E-mail:info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com

ギャラリーアートポイント(銀座)はFaxのみ受付.104-0061 東京都中央区銀座8-11-13-B1
℡03-5537-3690 Fax03-5537-3691

ギャルリー東京ユマニテ 104-0031 中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
℡03-3562-1305 Fax03-3562-1306 E-mail:humanite@ma2.justnt.ne.jp
URL:http//www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

お問い合わせ: 171-0031東京都豊島区目白3-6-5, 北十字舎/

TENDO TAIJIN BUREAU プロデュース 天童 大人 

Tel&Fax03-5982-1834/ 090-3696-7098
        
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 
URL:http://universalvoie.air-nifty.com/tendotaijin/      

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月4日 - 2007年2月10日 | トップページ | 2007年2月18日 - 2007年2月24日 »