« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »

2007/02/23

詩人 関口将夫さん、3月4日、郡馬音楽センターでポエムリーデイングを行う予定!

 今日、関口将夫 ポエムリーディング 「ひとりぶんの風」を客席2000人の郡馬音楽センターで、3月4日、17:50分から行われるとの連絡が入った。

 (入場無料)とか。

 手紙に依れば2000人の客席、すぐさま昨年7月、ベネズエラでの、第3回カラカス国際詩祭の初日、客席2300人の大ホールを思いだした。

  世界からの詩人、26人、その中で唯一のノーマイクロホン。

  気持良いものだよ、肉聲で叫ぶのは!!!

 さあ頑張ってくださいよ、関口将夫さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日24日(土)、詩人 中村恵美さん、京橋、ギヤルリー東京ユマニテで、二度目の朗読会を!!!

去る1月に初めての朗読会を行った中村恵美さんの二度目の会場を変えての朗読会です。

 最初の1時間余りの、朗読会のささやかな経験が今回、どう活かされるのか、またどう次回に繋げて行くのか、とても楽しみな朗読会です。

 乞う、ご期待を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/02/22

フランスの俳優 アラン・キュニーがドルーズの授業を聴講していた!

 この俳優にパリで出会ったのは1973年の秋。
 この聴講していたと書いてあったのは辻 邦生著『冬の霧 立ちて ** パリの時』の51ページに出て居るのを読んだからだ。

この日記は1980年の10月16日だ。

 私が彼と話してから7年後の事。

 「学ぶこと」を続けていた事に、深い感銘を受けた。

 確かピカソの主治医がラカンだと言うことは、余り知られては居ないのでは?

キュニーが二人を引き合わせたのではなかったか?

 何時でも学んで居たんだね、キュニーは。

 やはり俳優より大学教授のほうが、私が言った様に似合っていたかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 阿部日奈子さんから電話があって、5月下旬以降、から巡回朗読会に参加したいと!!!

 昨年末、或る会合に呼び出されて行ってみたら、若手の詩人が数人居て、座った隣りに居たのが阿部日奈子さんだった。
 あれから二ヶ月余り、昨日、突然、電話があり、5月以降に読みたいと言われる。

 後は時間の調整だけ。女性の詩人の聲が又一つ増える事に為る。

 巡回朗読会に参加したい詩人は遠慮無く、ご連絡下さい。

 多くの詩人の参加をお待ちしています。

      「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」

              プロデュース

                     天童 大人

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007/02/21

明日22日(木)、詩人 枝川里恵、「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」に、初登場

 22日(木)、銀座のギャラリーアートポイントで、詩人 枝川里恵が、初めての朗読会を行います。

 幾度かこの朗読会に姿を見せた枝川里恵は、或る有名詩人は、何故、遣らないのですか?と言う。

 別にその高名な詩人を敢えてお願いする必要も無い。参加したければ自分から名乗ってくれば良いだけの話だ。

 特別にギャラを、と言われても出す気は全く無い。、出せもしないのだ。

誰もが同じレベルでしかスタートラインには立てない。

 他人の事よりも、自分が先ずは朗読してみたら、と勧めた結果、実現した。

 他人の世話より自分が先ずは一時間、しっかり読み込んでみてからの話だろう!

 ま、どんな聲で、どう読むのか、じっくり聞かせていただく心算だ!

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/18

北海道の詩人、鈴木順三郎、遂に上京、20日(火)、京橋のギャルリー東京ユマニテで自作詩朗読を行う!

 彫刻家・堀内正和氏や作家・金井美恵子さんらが、順三郎が作った順三郎男爵(命名は詩人・吉増剛造)と呼ばれるじゃが芋を毎年、楽しみにしていた事は余り知られては居ない。

 何故か、その順三郎男爵も何時の間にか立ち消えていった。

今は農閑期、そこで置戸の鈴木順三郎に聲を掛けてみた。

 1980年初頭、「詩の隊商、北へ!」を経て、「北ノ朗唱」と毎年、一度は顔を合わしていたのだが。

 何時もとは違い、聲だけでの朗読。

 順三郎男爵の顧客たちに御無音に打ち過ぎたお詫びもあるだろうと勝手に推測したのだった。

 今回、どんな出会いが待ち受けているのか、乞う、ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年2月11日 - 2007年2月17日 | トップページ | 2007年2月25日 - 2007年3月3日 »