« 私が詩人・吉増剛造を誘って始まった「北ノ朗唱」(1983年~1992年)10年間は、厳寒期の北海道,1月、2月を、肉聲を回復する為に、多くの詩人たちが道内を巡った画期的な出来事だった。しかし、既に四分の一世紀を経て仔細な記録が残されてい無いため、近く関係者一同で委細な年譜を記憶から蘇らせて、制作する事に為りそうだ。 | トップページ | 「北ノ朗唱」は,1983年~1992年までの10年間で10回、厳寒期の北海道で、とばかり思い込んでいたら夏に1回だけ開催されていて、計11回、開催されていたのが分かったのだ。 »

2008/01/06

「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(自作詩朗読会)」にご参加の詩人各位に・・・

 風邪も引かずお元気でしょうか?

 今年は年賀状を、初めて欠礼致しました。お送り下さった方々には、厚く御礼を申し上げます。

 欠礼に大意はありませんが、もう良いのでは無いかと勝手に判断いたしました。 

 さて来る9日から2008年度は始まります。

 そこで、チラシなり、案内状を既に制作された、又予定している詩人は、早急にTendo Taijin Bureau宛か 北十字舎宛にお送り下さい。

 随時、朗読会にて配布して行きますので、宜しく、お願いします。

 より詩人たちの活動を知っていただく一環ですので、ご協力下さい。

|

« 私が詩人・吉増剛造を誘って始まった「北ノ朗唱」(1983年~1992年)10年間は、厳寒期の北海道,1月、2月を、肉聲を回復する為に、多くの詩人たちが道内を巡った画期的な出来事だった。しかし、既に四分の一世紀を経て仔細な記録が残されてい無いため、近く関係者一同で委細な年譜を記憶から蘇らせて、制作する事に為りそうだ。 | トップページ | 「北ノ朗唱」は,1983年~1992年までの10年間で10回、厳寒期の北海道で、とばかり思い込んでいたら夏に1回だけ開催されていて、計11回、開催されていたのが分かったのだ。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/17601786

この記事へのトラックバック一覧です: 「詩人の肉聲を聴く!Poetry Voice Circuit(自作詩朗読会)」にご参加の詩人各位に・・・:

« 私が詩人・吉増剛造を誘って始まった「北ノ朗唱」(1983年~1992年)10年間は、厳寒期の北海道,1月、2月を、肉聲を回復する為に、多くの詩人たちが道内を巡った画期的な出来事だった。しかし、既に四分の一世紀を経て仔細な記録が残されてい無いため、近く関係者一同で委細な年譜を記憶から蘇らせて、制作する事に為りそうだ。 | トップページ | 「北ノ朗唱」は,1983年~1992年までの10年間で10回、厳寒期の北海道で、とばかり思い込んでいたら夏に1回だけ開催されていて、計11回、開催されていたのが分かったのだ。 »