« 詩人 福田純子、17日(火曜日) 第218回の 「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、第5回目の参加。三宿のStar Poets Galleryで、宙に、鳩子を解き放つ | トップページ | 『遠野物語』の佐々木喜善の墓碑を写真にとって、国文学者 加藤守雄先生に、差し上げたら、非常に喜ばれた事を、突然、思い出した・・・ »

2008/06/18

Yves Danaから4冊目の作品集でカタログ・レゾネの『DANA』。友人たちに頼まれたサイン入りがやっと昨日、届いた。10冊の総重量25Kgの重さに見合った充実した内容だ。

 3月末に石の小品が埋め込まれた(石のレリーフの右隅には小さくDANAのサインが入っている)限定121部の特装本を見た僅かな友人たちと、熱烈にDANAの事を私が話すので、関心を持ち、是非、サイン本が欲しいとの希望から、特にダナに頼んで、宛名入のサイン本を作って頂いたのが、やっと昨夜、届いた。

 1冊の重量が約2,5キロ。中味も充実した見事な作品集『DANA』だ。

 この21日には150人余り、彼の作品のコレクター達が集って、盛大なパーテイがスイスのオランジェリ館で開催される。

 招待状が届いたが、こんなご時世、今回は出席しない事にした。その旨、ダナには既に伝えてある。

 今回、私もじっくり読み込むために、1冊、並製を買った。

 今夜から読み込む事によって、ダナの鉄の作品から、石の作品への移行がはっきり読み取れる事だろう。

 ますます血の源泉、エジプトが色濃く、滲み出て来たのを感じた。

 日本の石の彫刻家。鉄の彫刻家らは、じっくりと見てもらいたい。
 
 模倣する作家達が輩出しても、イブ・ダナのオリジナリティーは揺るぎ無い、真の芸術家だ!!!

 かれは正にピカソ。

 プチ・ピカソ!!! 万歳!!!

|

« 詩人 福田純子、17日(火曜日) 第218回の 「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、第5回目の参加。三宿のStar Poets Galleryで、宙に、鳩子を解き放つ | トップページ | 『遠野物語』の佐々木喜善の墓碑を写真にとって、国文学者 加藤守雄先生に、差し上げたら、非常に喜ばれた事を、突然、思い出した・・・ »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

作家」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

写真家」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書家・書道家」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

精神世界」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

美術館」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/41567803

この記事へのトラックバック一覧です: Yves Danaから4冊目の作品集でカタログ・レゾネの『DANA』。友人たちに頼まれたサイン入りがやっと昨日、届いた。10冊の総重量25Kgの重さに見合った充実した内容だ。:

« 詩人 福田純子、17日(火曜日) 第218回の 「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、第5回目の参加。三宿のStar Poets Galleryで、宙に、鳩子を解き放つ | トップページ | 『遠野物語』の佐々木喜善の墓碑を写真にとって、国文学者 加藤守雄先生に、差し上げたら、非常に喜ばれた事を、突然、思い出した・・・ »