« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008/03/08

「操車場」詩と評論・第10号、が末期癌と闘っている詩人・田川紀久雄さんから贈られてきた。その中にエセイ、詩人の聲(天童大人)と書かれていたので・・・

 この30頁余りの詩誌を作り続けている詩人・田川紀久雄氏の執念は鬼気迫るものがある。

 この10号には、詩人の聲(天童大人)、と言うエセイが掲載されている。


 先日、如何しても舞台姿を見たいと言われたロンドン在住のフアッションデザイナー鳥丸軍雪氏から言われたので、3本のビデヲテープをDVDにしてもらいたく田川氏にお願いしたわけだ。

 1本は2002年3月21日、イタリア・ヴェローナで開催された”Poesia Primavera"での、アレーナ(野外劇場)でのソロ・パフォーマンス。 55分を15分に収縮したヴェローナ市の公式テープだ。

 もう1本は2004年5月21日(新月)の第15回 対馬・和多都美神社 in 聲の奉納、の地元テレビ局が撮影した記録映像。


 残りの1本は、1994年7月、 資生堂主催の「CH Harvest Home`94」に出演した時の舞台。


 1時間余り、存分に聲を出せる詩人が、10人ぐらい揃うようになられば、日本の詩の世界も面白く為る。

其処まで徹底的にやり遂げる詩人が、全国各地から輩出してくる事を期待している。

 その前に耳の悪いのに気づかず居るのが多すぎる。

 電車の中で音漏れののイヤーホンを平気でしていて、気が付かないのは、完全に耳が壊れている!!!

 田川氏が私の聲を初めて聴いたのは築地の兎小屋でだったという。

 兎小屋での公演は、会場費を払い続けて、92年12月から95年11月まで(原則的には月1回)、連続33回公演を行った。

 今の詩人(詩人もどきなのかも)、の脆弱さ、意欲の無さが、物足りないのだ。

 だから会社を休んでも聲を出し続けている詩人・薦田愛など見上げた根性の持ち主だ。

だから10回を超えて、約2時間余り、聲を出し続けるように為った。

 これでやっとスタートラインに立ったようなものだ。

 これからなのだよ、険しい道のりは。 薦田愛なら乗り越えられるだろう、意識的に続けていければ・・・

 後は翻訳詩集を持つことだ。英文、仏文、スペイン語でもドイツ語ででも。


 間もなく詩人・高柳誠がドイツ語の撰詩集を持つ。

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」の3月・4月 公演日程をお知らせいたします。

         天童大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! Poetry Voice Circuit

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 

             2008年 3月   
                    
詩人の姿が見えない東京で、何時でも誰もが,気軽に詩人の自作詩を肉聲で聴ける大都会を実現させるべく、一昨年(2006年)の10月14日,日本のポエトリーリーディングの先達,詩人白石かずこさんの聲から口火を鑽り、「ラウンドポエトリーリーデイング(巡回朗読会)」(2007年4月2日,57回より「Poetry Voice Circuit」と改称)を創設し、私がプロデュースする事にした。

この2月末までの17ヵ月で、182回のPoetry Voice Circuitを行う事が出来ました。

これもひとえに参加してくださった日本を代表する北海道から沖縄までの60人余りの詩人と都心の六つの画廊。

ストライプハウスギャラリー(六本木),ギャラリーアートポイント(銀座),ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery(三宿),ギャラリー絵夢(新宿)、ギャラリー華(広尾)、関係出版社各位,Eu-ジャパンフェスト日本委員会,そして毎回,サーキットに参加してくださった多数の聴衆の皆さん,これら全て御協力下さった方々の賜物です。

本当に有難う御座います。

(なおギャラリーアートポイントでの公演は昨年8月29日の第105回をもって終了。ストライプハウスギャラリーは本年2月20日,第179回で一時休止。これまでの御協力、本当に有難うございました)。

各会場では巷の書店では目に出来ない,入手困難で、詩人が聲に乗せた作品が収録されている詩集も展示即売し,回を重ねるごとに動き始めてきました。

また昨年の7月から,ストライプハウスギャラリーでは聲に出した詩人の詩書を1階のガラスケースに展示・即売していましたが,残念ながら,この1月よりギャラリーが選んだ一部の詩人の詩書のみ,取り扱っております。

今後ともこの「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」を,多くの方々に御喧伝くださり、是非、日本の詩人の「目の言葉」から「耳のコトバ」へ、を育てるために、またご来場くださいますよう,重ねてお願い致します。


2008年3月  黄道吉日
                   プロデュース
UNIVERSAL VOICE® 天童 大人

参加希望の詩人・画廊その他の問い合せ先

TENDO TAIJIN BUREAU  / 北十字舎
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡03-5982-1834,Fax:03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin


2008年

   天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! Poetry Voice Circuit 

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  

      3月 公演 日程

第183回3月13日(木) Star Poets Gallery  金井雄二

第184回3月14日(金) Star Poets Gallery 福田純子

第185回3月16日(日) Star Poets Gallery 藤比呂美
(この第185回に関してのみ開場17:30、開演 18:00 です。 )


第186回3月17日(月) ギャラリー華 薦田愛

第187回3月18日(火) ギャラリー 華      有働薫

第188回3月24日(月)ギャルリー東京ユマニテ    井上輝夫

第189回3月25日(火)ギャルリー東京ユマニテ    野木京子

第190回3月26日(水)ギャルリー東京ユマニテ   田川紀久雄
                        & 坂井のぶこ

第191回3月27日(木)ギャルリー東京ユマニテ   山口真理子

第192回3月28日(金)ギャルリー東京ユマニテ     高柳誠

第193回3月31日(月)ギャルリー東京ユマニテ   白石かずこ


4月 公演 日程


第194回4月1日(火) Star Poets Gallery  天童 大人

第195回4月3日(木) ギャラリー華        峰岸 了子

第196回4月5日(土) ギャラリー華         杏 平太

第197回4月10日(木) ギャルリー東京ユマニテ   浜江 順子

第198回4月11日(金) ギャルリー東京ユマニテ   有働 薫

第199回4月15日(火) Star Poets Gallery      河野聡子

第200回4月16日(水) ギャルリー東京ユマニテ    薦田愛

第201回 以降、
La Voix des poètes (詩人の聲) と名称を変更。

La Voix des poètes (詩人の聲) ―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

第201回4月17日(木)ギャルリー東京ユマニテ    福田純子

第202回4月18日(金)ギャルリー東京ユマニテ    白鳥信也

第203回4月22日(火)ギャルリー東京ユマニテ    小池昌代

第204回4月23日(水)ギャルリー東京ユマニテ    田中庸介

第205回4月24日(木)ギャルリー東京ユマニテ   田川紀久雄
&坂井のぶこ

第206回4月25日(金)ギャルリー東京ユマニテ   中村恵美

    (続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ギャラリー華(広尾)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

Star Poets Gallery(渋谷)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

(お間違いのないように御願いします)

入場料  予約 大人2,500円 学生1,500円(学生証呈示) 
      
当日 大人2,800円 学生1,800円 (学生証呈示)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail :humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

ギャラリー華(広尾)  106-0047 港区南麻布5-1-5
Tel 03-3442-4584 Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
       URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-home/

Star Poets Gallery(渋谷)  154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel 03-3422-3049 Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
http:www,star-poets.com/問い合わせ先:

TENDO TAIJIN BUREAU / 北十字舎 171-0031東京都豊島区目白3-6-5
Tel03-5982-1834, Fax03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http//universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

昨夜、帝国ホテルで開催された日本ークロアチア国交15周年記念のレセプションに、招かれたので行ってきたのだが・・・

 クロアチア大統領御来臨のレセプション会場では、見慣れない顔ばかりで、詩人は日本詩人クラブの佐久間隆史氏と谷口ちかえさんのお二人。
それに白石かずこさんのみ。 あと見知った顔は日本ペンクラブのM女史。

それにしてもSPの数が多いのが目立ったのは一国の大統領が会場に居るからだろうか?

 しかし、廊下で煙草を喫煙しながら談笑しているSPを見ると、何を遣っているのかと思う。

 SPの仕事は要人警護ではなかったか?

 2時間位、喫煙を我慢できなくて、要人警護の仕事が本当に勤まるのか?

 こんな気の緩んだSPに囲まれていては、安全とは言えないのではないか?

 なんか大きな事件が起きなければ良いのだが、警視総監殿!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の夜(4日)、パリの友人から電話が有り、ギニアが東京・コナクリ間のお金を出すから来てくれとベネデクトが言っていると言う。とても嬉しい話だから、果報は寝て待つとしょう!!!

 驚くべき話だ!

 ギニア国際詩祭の為に、 ギニアが東京・コナクリ間の航空費用と滞在費とを持ってくれると言うのだ。

 年収500ドル余りの国の人々が!!!

 もし実現したら、大神 キッキ・マニトウの他、六頭の巨大なドラゴンはじめ、ギニア再生の為に、聲を撃ち込んで来て上げよう!!!

 最大量を、渾身込めて!!!

 3年後のギニアを見ていただきたいものだ!!!

 乞う、ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

セネガルのベネデクト女史から、パリの友人宅に電話が在った事が、今朝の友人のパリからの電話で分かった。

 テンドウは来てくれるのでしょうね、とベネデクトから電話があったと言うのだ。

 アジア代表では行かなくては為らない。

 国際詩祭は、友好で有ると同時に国と国との戦いの場、その國の場との戦いでもあるのだ。

  
 国際交流基金は、既に早期は締め切っているとか。

 懇意の旅行会社に電話をすると、早割りでも311、000円だとか。

 ギニア大使館に電話するとビザは15000円に値上がったとか。但し数次に変更とか。

 天を仰いで慨嘆していても仕方が無い。

 年収、5万円足らずの國の民人たちを元気づけに行かなくては為らないだろう。

 大神 キッキ・マニトウと六頭のドラゴンを引き連れて、参加しなくては!!!

 最善を尽くしてみよう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

今朝、セネガル在住のカメルーンの詩人ポール・ダケイヨウとベネデクトから、第11回アフリカ・ギニア巡回国際詩祭の招待状が届き、驚いた!!!

 もう昨年で止めると言っていたアフリカ巡回国際詩祭。

 それがポールから、5月末日に開催されるギニア国際詩祭の招待状が届いた。

 嬉しい限りだね。昨年5月のセネガル。

 サン=ルイ国際詩祭では、最後の朗読会の後、エクセラン賞を戴いて、二日後、空港でのポールとの別れでは、また何処かの国際詩祭で再会を、と言っていたのに。

 事情は良い方向に進んだのだろうか? ならいいのだが

 ギニアは2006年度で、一人当たりGNIが410ドル。

 アフリカの貧しい国でも、国際詩祭を開催する。

 では日本では?

 MANGAが日本の文化を伝えるとか、濁声の麻生太郎の肝いりだとか?

 外務官僚で、詩人は居ないのか? 詩心を持ちえる人間は何処かに居ないのだろうか?

 何処からかお金を出してくれないものか?

 アジアからは唯一の招待者なのだから!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

スイスの天才彫刻家 Yves DANA から、久し振りに携帯に電話があった。友人の写真家が日本に行くので、と・・・そして新しい作品集(カタログ・レゾネ),特装本限定200部(石のオリジナル作品入り)の事を、ダナから直に教えられたのだが、さてどうしょうか?

 29歳で第1作品集、39歳で第2作品集(カタログ・レゾネ)を刊行。

2007年、CERCKE DARTの21世紀叢書の1冊として、鉄から石への変遷を窺う事が出来る薄い作品集がある。

 そして今、49歳で全作品集(カたログ・レゾネ)の刊行を予定している。

 印刷はミラノだが、どんな製本だろうか?

 特装本200部には、石の小作品が添付されるとか。流石に値段を聞くのは避けた。

 世界の有数な画廊、クルジュエから離れたと風の便りで、聞いたのだが、昨日は、彼の友人の写眞家の話だから、改めて訊ねる事は避けた。

 10年毎に1冊の作品集。それも彫刻の作品集。
 
 そんな彫刻家が世界の何処に居るのか?

 21世紀、世界の彫刻家を背負うのはこのYves Danaを措いて、他には何処にも居ないだろう!!!

 まさにプチ・ピカソとは、ダナの隠れた愛称だ。

 今後、ダナがどのように化けて行くのか、私にも楽しみなことだ。

 早く新しい作品集を見たいのだが!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007=ジェームス・ボンドの映画を一挙、007/ドクター・ノオからネバーセイ・ネバー・アゲインまでの10本を時々見ながら、薄れていた記憶が甦ってきたり、全く忘れていたり・・・驚いている。

 昨日(1日)、スター・チヤンネルで、一挙、朝8時から、2日朝4時半頃まで、007映画が放映された。

 何処かの新聞か何かで、この企画者の事が掲載され、一挙、上映の事を知ったのだ。

 確かに、ドクター・ノオ、ゴールドフィンガー、サンダーボール作戦、007は二度死ぬ、死ぬのは奴らだ、黄金銃を持つ男、カジノ・ロワイヤル、ワールド・イズ・イナフ、消されたライセンス、ネバーセイ・ネバー・アゲインと題名を並べただけでも朧気ながら覚えている心算だったのだが、実際にビデオに撮って貰ったのを、流してみると、覚えてないシーンが多くて驚いた。
 人の記憶がこれまでにも曖昧かと!!!

 先日の詩人・吉増剛造から頼まれて、いざ「北ノ朗唱」の年譜を当たってみると、石狩の大島龍、置戸の鈴木順三郎、帯広の堀内靖夫、熊代弘法、有楽町「炉端」の井上孝雄、東京の田中健太郎等ともども、各自の記憶が曖昧で、とても吉増剛造のお役には、直ぐには立てない事が分かった。

 まして関係者以外の人間には、ほとんど雲を掴む様な話なのだ。

 「北ノ朗唱」の記録は、今後の為にも、キチンと書き残さないといけないのだ。

 これからの日本の「詩人の聲」の為にも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »