« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008/03/15

詩人 伊藤比呂美、明日16日(日曜日)、三宿のStar Poets Galleryに於いて、第185回「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」で、三回目の参加、新詩集『とげ抜き新巣鴨地蔵縁起』(講談社刊)と『河原荒草』をじっくり聲で解き放つ!!!

 今回はStar Poetes Gallryの今村ひとみ女史が、ストライプハウスギャラリーでの第1回を聴いて下さっていて、是非、何時か家でもやりたいと言われていたのを思い出し実現した。

 熊本の両親の介護の為に、日本と米国との行き来の間の、出来る時に、聲を出して、とお願いしている。

 伊藤比呂美とは19年前の大塚フォーラムでの「ポエトリーリーデイングの夕べ」に出ていただいて以来、そして「北ノ朗唱」。
 あの紋別、零下5度の番屋の中でTシャツ、素足での比呂美の朗読。

 あれが比呂美朗読の原点!!!

 有楽町・炉端の御主人、井上孝雄のビデオ・フィルムの中に納められている。

 さて16日の比呂美の聲は、何を告げるのか?

 乞う、ご期待!!!

 既に満席。しかし、詩人 野木京子は立ち見でも聞きたいとの電話アリ。

 こう言う御仁は、喜んで迎い入れますよ。

 聞きたい人に聞いていただくのは詩人としても嬉しい限り!!!

 チャンスを自ら求めずして、ナンビトが与えるのか?

 均一化は戦後日本にアメリカが望んだ教育政策。

 日本の詩人が準ずる事など一切無し!!!

 既に、アメリカ合衆国は地図から消えている!!!

 見えない者には分らない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

叢書・20世紀の芸術と文学(アルファベータ刊)の『プラシド・ドミンゴ オペラ62役を語る』、『ブラヴォー/ディーヴァ』『グレート・テノール』の著者、ヘレナ・マテオプーロス女史が私の3枚のDVDを聴かれ、見て・・・

 昨夜、またロンドンの鳥丸軍雪氏から、FAXが入り、昨夜の様子を伝えてきた。


 ヘレナの直感的な意見は、ロンドン子に受けるという確信でした。


 ヘレナ・マテオプーロス女史が見た上での感想だと言う。

 他にもアイデアが出されていて、実現できるかどうか分らないが、日本の詩人の聲の底上げを図る為のPoetry Voice Circuitの為にも、先ずは自分自身が次のレベルにチャレンジしなくては為らない。

 こうして考えてみると、18年前のザルツブルグでの、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授(ソプラノ)のマスタークラスに居た3週間が貴重だった事が良く分る。

 イギリスの何処の劇場で聲を出す事に為るのか、現時点では、未だ分からないが、実現すると日本の詩人では初めての事だろう。

 あの6年前のイタリア・ヴェローナのアレーナでの単独公演についでの出来事に為る。

 ヒトとヒトとの出逢いからしか、物事は生れないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ペンクラブの電子文藝館に、詩人 村山精二さんのご努力により、『玄象(ゲンジョウ)の世界』抄、が掲載されました。

 過日、詩人の田中健太郎が聲を出した後の、二次会で、村山氏と同席した時に、日本ペンクラブの、電子文藝館の話が話題になった。

 帰宅して、掲載をしていただく為の準備をして、村山氏にお送りした。

 それが掲載されたとの連絡を、昨夜に戴いた。

 早速、拝見した。

 横組みはまた別な感じを与えていた。

 村山精二さん。本当にご苦労様でした。有難う!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

14日、詩人 福田純子3回目の「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」参加!渋谷・三宿の宙に聲を解き放つ!!!

 不思議なリズムを放つ詩人 福田純子14日、Star Poets Galleryで聲を放つ。

 3回目は先ず最初に訪れる難関だ。

 その難関を「鳩子」はどう乗り越えて、次のステップに上がるのか、乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

ギリシア・アテネオペラ座のミュージカル・デレクター・Helena Matheopoulos女史に、私のDVDで3枚を見せる為に、今夜(13日)、食事に招くと、モルジブから帰国された鳥丸軍雪氏からFaxが入ってきた・・・

 このヘレナ・マテオブロース女史は音楽関係の著作が多くある方で、『プラシド・ドミンゴ』をはじめ、何冊か読んだ事がある。

 まさか彼女がアテネオペラ座のミュージカルデレクターだとは知らなかった。

 アヴァンギャルドのなかのアヴァンギャルド、「対馬・聲ノ奉納 in 和多都美神社」はどう受け取りますかね。

 神様に聲を奉納しているなんて、世界中でも稀有な事だろうに・・・

 なんだかオーデションを受けているような気がする。

 確実に何かが動き始めたぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

FRAが何兆円をアメリカの株式市場に投入しても、何の効果も齎さない!!! さて愈々、13日(木)から「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」が始まります・・・

 欲に目が眩んだ連中は、既にアメリカが地図から消えている事を認めたくないらしい!

 20兆円といっても虚数であって、実数ではない。

 大勢の人間がアッと言う前に死んでいくだろう。

 株価の大下落は命を落とすらしい。

 詩人の聲が、再び口火を鑽るのが3月13日からとは、随分、時を経た、何か不思議な気がするのだ。

 何か大きな転調が、この水の惑星に訪れているのだろう!


 カザフスタンで今、何が起こっているのか、何処の国のマスコミからも何も伝えてこない。

 あそこで赤い大きな旗を振っている男は誰なのか???

 顔の大きい男、貴方は誰???

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて愈々、13日(木)から「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」ga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

ジェイスン・ボーン、マット・デーモン演じる映画「 THE BOURNE ULTIMATUM 」をDVDで、4回、何故か見続ける・・・

 映画の中で、スパイ衛星、エシュロンを用いて、携帯電話の盗聴は勿論、携帯電話のメールまで盗視されてしまう防諜システムの構築の恐怖を、改めて知らされた。

 或るコトバがヒットすると全てに引っ掛かるとは聞いていたのだが、映画にまで為ると言う事は、既に実用化されていると言う事か。

 ヨーロッパの誰れだったかが、現在では、友人同士での電話の通話でも、危険なコトバは口走らない事、と忠告を受けていた事を思い出したからだ。

 また1972年のスペイン北部では、やたらにフランコ、と言わないようにとの忠告をくどいほど、言われた事も併せて思い出した。

 何故かこの俳優マット・デーモン主演のジェイスン・ボーン・シリーズは総べて見てきた。

 何だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェイスン・ボーン、マット・デーモン演じる映画「 THE BOURNE ULTIMATUM 」をDVDで、4回、何故か見続ける・・・

 映画の中で、スパイ衛星、エシュロンを用いて、携帯電話の盗聴は勿論、携帯電話のメールまで盗視されてしまう防諜システムの構築の恐怖を、改めて知らされた。

 或るコトバがヒットすると全てに引っ掛かるとは聞いていたのだが、映画にまで為ると言う事は、既に実用化されていると言う事か。

 ヨーロッパの誰れだったかが、現在では、友人同士での電話の通話でも、危険なコトバは口走らない事、と忠告を受けていた事を思い出したからだ。

 また1972年のスペイン北部では、やたらにフランコ、と言わないようにとの忠告をくどいほど、言われた事も併せて思い出した。

 何故かこの俳優マット・デーモン主演のジェイスン・ボーン・シリーズは総べて見てきた。

 何だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

土方巽生誕80周年 HOMAGE TO HIJIKATA Vol,1を見に、昨日、目黒の東京都庭園美術館大ホールに行ってきた。

 昨日、朝、三上泰男氏から電話が在り、連絡が届いていますか。と言う。

開くので、招待するから来てください、とのこと。

 都合良く、有楽町に買い物が有り、その帰りなら寄れるかもしれないと考えて返事をした。

 会場に行って初めて、小林嵯峨が踊る事を知った。

 久方に逢う、見知った顔も沢山あった。

 小林嵯峨の踊りを見るのも本人にお会いするのも何年ぶりだろうか?

 3月9日、が土方巽の誕生日だとは、知らなかった。

 もし御存命だったなら80歳!!!

 ウ~ン、未だ80歳か、と今なら言いたくなる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

『詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit』の3月公演!愈々、今週の13日、第183回、渋谷・三宿のStar Poets Galleryから再開です!!!

 お待たせしました。13日、金井雄二、14日、福田純子、16日伊藤比呂美と続きます。

 特に16日、日曜日の伊藤比呂美の開始時間は、定例の時間と異なり、17:30分開場、18:00開始ですので、ご注意下さい。
 予約者から優先入場ですので、未だ予約されていない方は、至急、予約下さい。

 また予約されている方々もお早めにお出かけ下さい。

 Star Poets Galleryは、 

  ℡&Fax 03-3422-3049です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit』no

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »