« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

2008/06/14

対馬から、こわれもの、のシールを貼った郵便物が届いた・・・「聲ノ奉納」のDVDだ!

 「天童大人さんの声の奉納」とシールを貼られたDVDが入っていて、裏には対馬市CATV と記されていた。

 早速、画面を開くと、其処には6月4日15時01分から聲を出した、第19回 天童大人 UNIVERSAL VOICE公演 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社 が映し出されていた。

 海中の一の鳥居が干潮で、歩いていける時を目がけて、立ち聲を出し、打ち込むのだ!!!

 「聲ノ道」を発見したのが1983年の秋。

 1990年の5月か6月の新月に、聲ノ奉納を行ない続けているのだ!!!

 最初の時の聲とは聲の質が、全く変わってきているのだ。

 密かに持続をしている事、肉体が記憶している聲。

 さあ、今後、どう展開させるべきなのか、「La Voix des poètes(詩人の聲)」を???

 詩人等の自らの「聲」に対しての意識がこれほど低い、とは考えも、思いもしなかった。

 本当にどうしょうか?

 本当に何人の詩人が残れるのか???

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/13

沖縄密約を日本政府が認めない裏には、一体、何が隠されているのか? 国民は刮目し続けて行かなくてはいけないのだ!!!

 何故、歴代の日本政府は米国との密約を認めないのか!

 この密約の裏には米国に対しての支払う金額だけの問題ではなく、ソ連との関係も伏流水のように含まれていて、唯単に、日米間の密約の枠を逸脱して、関係者全員の出処進退を問われるような大問題に発展する可能性を秘めているのだろう。

 早でなければ米公文書館が00年と02年に開示した文書に、厳然と証拠が残っており、当時の交渉担当者の吉野文六・元外務省アメリカ局長、自らも認めていながらである。

 これは国民の目線での政治では在り得ず、最高裁が判断出来ないのであれば、国民、一人一人が、沖縄密約について、判断を下せば良いのだ。

 政治家も国民の目線での活動を忘れたなら、即刻退場させるような国民一人一人の政治意識の成長を、試めされて居るのだろう。

 もっと怒れ!!!

 75歳で線引きされた人々よ!!!

 一度、出来るか出来ないかは別に、政権を変わってみたら良いのだ。

 鈍重な政治家た政治屋は追放しなくてはなるまい。この日本国から!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/12

詩人・作家 稲葉真弓さんから、稲葉本舗の「梅酒」2本と。作品『砂の標本』が届いた・・・・・

 包みを開いて見ると、箱の上に、

 天童大人様

 砂の”声”を送ります。

 お近づきになってやって下さい。

        稲葉真弓

 この作品『砂の標本』は、この春、京橋の某ギャラリーでのグループ展に、出品されたもので、その展覧会の初日に訪れた見た作品だ。

 21個ののカプセルの中に、世界各地の砂が入れられた在る。

 セブ島、バリ島、ゴビ砂漠、マハディア海岸、ワイキキの浜、ランカウイ島、黄砂、メコン河、スケルトンコースト海岸、コモド島、サハラ砂漠、フローレス島、ネフタ砂漠、マルタ島、サンタクルス島、タクラカマン砂漠、フィジー島、木曽川、アブダビ海岸、ワヒバ砂漠、ソルトレイク

M,Inaba
     08,4,15

 7個ずつ3列に並べられているだけだが、こんな楽しい事を考え、制作している事を知っていたら、アフリカの砂を運んできたのに、と残念に思うのだ。

 稲葉本舗とは、真弓さんが作られた梅酒の名前?

 有難う、真弓さん!!!

 既に作品は、ベン・ニコルソン、フランシス・ベーコン、チリダ、ルシアン・フロイトの版画。 Yves DANAの彫刻の小品等と一緒に掛かってますので、ご安心下さい。

  毎日、眺めるのが楽しみですよ!!!

            

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有働薫 明日(13日)第217回「La Voix des poètes(詩人の聲)」で4回目の参加。三宿の宙に自作詩を解き放つ!!!

 3回目を超えて4回目を迎える有働薫。

 何か出来ると思うのだろうが、そう簡単な事ではない。

 偶数回は特に難しい!

 どんな空間であっても、聲は、その聲を打ち込む空間と対峙、場と対峙、参加者と対峙、自分自身との対峙と

多くのものと対峙しているのだ。

 聲の出す意識の弱い者ほど、場の位置を変えよ、椅子の配置を替えよ等と目に映る物に喧しい。

 国際詩祭に為ると、意識するもしないも他の詩人と比較されてしまう。

 一人でじっくり聲を出す事など滅多に無い。

 だから日頃から、どんな環境でも、聲を出す習慣を持ち得ないと、大きな舞台では通用はしないのだ。

 さて4回目、どんな聲をオーラソーマの彩り鮮やかなStar Poets Galleryのボトルの前で、どんな聲を出すのか?

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有働薫 明日(13日)第217回「La Voix des poètes(詩人の聲)」で4回目の参加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

末期癌を宣告された詩人、田川紀久雄、明日(12日)の第216回 「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、9回目の参加。初めて広尾の宙に自作詩を解き放つ。

 末期癌を1年前に宣告された詩人、田川紀久雄。

 病に打ち勝ち、12日、広尾のギャラリー華、で自作詩を宙に解き放つ!!!

 是非、一度、お聴きいただきたい。

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末期癌を宣告された詩人、田川紀久雄、「La Voix des poètes()」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

秋葉原無差別殺人事件の容疑者、加藤智大容疑者の色々な真が公表されているが、何故か、日本サッカー代表岡田武史監督にそっくりなのだ。時間にルーズだった古川電工の選手時代の顔相は???

 オーマン戦に限らず、ジャージ姿の岡田武史の姿に、華が無い。

 全く華が無い。聲も悪い!!! 顔相も悪くなった!!!

 こんな程度の低い華の無い監督の下では中村俊輔も松井大輔も気の毒だ。

 オシム元監督が言うように、レベルアップを図らなくてはイケないのは、選手ではない、監督なのだ!!!

 誰がどういう事で、岡田武史を日本の代表監督に選んだのか!!! 

 誰が責任を取るのか!!!

 世界の逸材を引っ張ってくれば、もっと選手のレベルアップを図れたものを!

 誠に残念な事だ。島国の人事か!

 しかし、この加藤容疑者とそっくりと言う事は、岡田武史にもこんな要素を含み持っているという事か???

 どの分野でも華が無ければ、駄目なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

イランで日本人学生誘拐事件が起きているらしい。ローマで会見したアフマディネジャド・イラン大統領に、福田首相が話した事が、小さく朝日新聞の6月4日、8面の下に出ているのだが・・・

 日本人学生の誰が?、何時?何処で?誰に?誘拐されたのか何も述べてはいない。

 他にこの誘拐事件については報道されていないのは、何故だ!

 何故なのだ! 今頃、イランで何故、学生が誘拐されるのか?

 早く、実情を知りたいものだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無差別テロの前兆か!!! 8日の秋葉原無差別殺人事件は、負のエネルギーが充満している現在の日本の象徴か???

 静岡からただ人を殺したい為に,レンターカーを借りて、遣って来たとは、凄いエネルギーだ。

 この凄い負のエネルギーを良いエネルギーに転換させる仕組みが、今の現代日本社会には欠落しているのだ。

 今だけではないのかも知れないが、過去を振り返って居る時ではない。

 仕組みだけではない。 全てが壊れてしまった事を意味している。

 上に立つ者の意識も低い。

 当然、一般の人々の意識も、開発されては居ない。

 未熟なものが教育の現場に居て、首にも出来ず、閉塞状況だ。

 ずば抜けた才能が見当たらず、人物も払底しいて、未来の展望が開けず、働かなくなった日本人は、今後、何処へ向かうのか?

  いつから、しっかりした人物が居なくなり、三流の人物ばかりがまかり通るように、この島国は、為り下がったのか!

 導く人間が何処にも見当たらず、全て一度、ご破算にして、戦後日本の復興期の初心に立ち戻る必要がありそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 武藤ゆかり 明日(10日)「La Voix des poètes(詩人の聲)」に二回目の参加。広尾の宙に自作詩を解き放つ!!!

 前回、電車の運休の為、上京できず、突然の休演に見舞われた詩人 武藤ゆかり。

 今回、二度目の参加である。

 地方での電車運休は想定外の出来事。


 どんな聲を聴かせてくれるのか?


 乞う ご期待!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アイヌは先住民族」、本当に日本政府は認定できるのか??? 7月の洞爺湖サミットでの対外へのポーズでは無いのか?

 数日、東京を留守にして、ジャーナリズムの渦から解放されて、新聞を眺めると、「アイヌは先住民族」との活字が新聞の一面を躍っていた。
 先住権の内容を検討すると言われる「アイヌ有識者会議」(仮称)には、もし生きていたらアイヌ民族の彫刻家・砂澤ビッキが当然、参加するだろうに、残念に思う。

 本当に日本政府がアイヌを先住民族を認めたら、面白くなるのだ。

 なぜ面白くなるかは、本決まりをしてからだ。 

  乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/08

米大統領選、オバマ氏、民主党大統領湖候補に決定!!!オバマ氏、暗殺の危険度増す!!!

 遂にオバマ氏が民主党大統領候補に決定した。

 しかし、決してクリントン氏を副大統領候補には選ぶな!

 もし副大統領にクリントンを据えて、勝ち上がったら任期中に暗殺される。

 しかし、オバマ夫人の縁戚に現副大統領のチェニーが居るという事。これは問題だ!!!

 もしかすると、オバマは黒いヒットラーになる可能性が有るのだ・・・

 どうなるオバマ! 彼の今後の行方に注目せよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »