« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008/06/21

抽象画家と言われているワシーリー・カンディンスキーの風景画「海景」を、今日から渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「モスクワ市近代美術館蔵 青春のロシア・アヴァンギャルド シャーガルからマレーヴィチまで」展のレセプションで、初めて観た!!!

 会場を入り、直ぐ出合ったBunkamura ザ・ミュージアムのデレクター木島俊介氏に、どうだったの?と尋ねられた。
 19年目の「聲ノ奉納 対馬 in 和多都美神社」の事だ。
 簡単に説明をしながら、木島氏の背後に在る海の絵が気になった。

 それがあのカンディンスキーの1902年作の厚紙に描かれた油彩作品なのだ。

 初めて観るカンディンスキーの具象の風景画だ。

 一体、この海は何処の海だろう?

 その後、この作品を観る者の誰もが、この海は何処だろうと?言うのだが・・・。

 24.0×33.0 cmの小品なのだが、力強い良い作品だ。

 会場には、住まいも無く、パンとワインの為に絵を描く画家 ニコ・ポロスマニの作品が10点、来ているので驚いた。 かって西武美術館で観て以来だ。
 
 マレーヴィチも有るのだが、彫刻はアルキペンコ 2点のみは寂しすぎるのでは・・・。
ともかくもう1度ゆっくり見直す必要がある良い展覧会なのだが、昨夜の内覧会の観覧者が少ないのが気に掛かる。
 朝日新聞の招待客の選択が間違ったのか? 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴィチまで」のタイトルの付け方が間違ったのか?
 ともあれ8月17日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

ギャスパー・ウリエリ主演の映画「ハンニンバル・ライジング」を初めて観て、こんな映画だとは思わなかった・・・

 ハンニンバル・レクター博士の幼少期の精神状態が良く分る映画だったので、驚いた!!!

 妹が避難していた小屋に侵入してきた男たちに食べられていたのだ。

その妹の肉入のスープを、レクター自身も飲んでいた事を、復讐した相手の男から告げられてが知るのだ

 全て今、振り返れば、辻褄が合うのだ!

 それにしても主演のギャスパー・ウリエリが、とても良いのだ。この男には華が有る。

 アンソニー・ホプキンスが亡くなった後でも、レクター博士役が出来るのだ。

 これは注目の若手男優だ!!! 今迄、何故、気がつかなかったんだろう???

 他の作品も、是非、見てみよう、思わせる俳優だ!

 今後の活躍が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福田首相がローマで、イランの大統領に日本人学生の誘拐事件について、依頼した時、誰なのか、すっかり失念していた。あの横浜国立大の学生の事だったとは・・・

 日本政府はどんな条件で、この学生の解放に成功したのだろうか?

 身代金として幾ら支払ったのだろうか? 何も条件が無くて、武装麻薬密輸団が、そうやすやすと解放するとは考え難いのだ。

 しかし、政府が身代金を払った事が、分れば世界中の密輸団は、旅行中の日本人を狙い、邦人の誘拐事件がいたるところで起こるだろう!

 このパキスタン・イラン・アフガニスタンの山中に出没している武装麻薬密輸団の前では、一人の無知な日本の大学生の誘拐など、赤子の手を捻るように簡単なことだっただろう。

 彼等が、学生に麻薬を打たないことなど考えられなかったのだが、やはり薬物を与えられていた事を、毎日新聞(2008年6月18日 朝刊 28面)の聖職者タヘリ師へのインタビュー記事で明らかにされた。

 学生が無事に解放された時、学生の尿検査は、行なわれたのだろうか?
 もし麻薬漬けにされていたら、これは大変な事だ。

 解放された学生の写真を読み込んで見ると、薬をやっている男の眼の表情をしていたので、やっぱり、かと思う。

 このタヘリ師に依ると、武装麻薬密輸団の武装は、機関銃、RPG(携行用対戦車ロケット砲)を備えていると言う。
 やたらに異文化の体験等と称して、アフガニスタン、イラン、パキスタン等に、良く行くものだと思う。

 誘拐されて、彼等、武装麻薬密輸団と一緒に為って、何かと闘うのなら面白かっただろうが、野宿をして、薬物中毒に為っただけなら・・・・・う~ん!!!

 横浜国立大は、何をサポートするのか?出来るのか?

 この学生が軽い薬物中毒である事を願いたいのだが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/19

フランスの詩人、フィリップ・ジャコテイの詩作品「楢林の彼方での蜂起」が掲載されている「いのちの籠」第9号を、フランス文学者 後藤信幸氏が贈ってくださった・・・

 戦争と平和を考える会が刊行している会員向けの雑誌らしいのだが、「いのちの籠」は初めて目にする雑誌だった。

 この、後藤信幸訳のジャコティの詩作品「楢林の彼方での蜂起」は、注にある様に、1956年10月のハンガリー動乱が詩のモチーフに為っている。

 ジャコテイにしては、本当に珍しい社会性のある作品なのだ。

 下手に引用をするよりも、やはり直に作品を丸ごと、読んで頂きたいものだ。

 別に、日本で2004年に国文社から刊行されたジャコティ詩集『冬の光に 附 雲の下の想い 』(2940円)を、是非、一度、繙いて頂きたいものだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フアッション関係の専門学校の学生たちが、ブランド品を買わない、持たない風潮が静かに拡がっている。これは良い事だ・・・

 ブランド品が売れなくなり、相次いで値下げをし始めていると言う。

 やたらに値上げ、値上げを続けてきたブランド品だが、売れなくなれば手を替え、品を変えてくるのは必然な事。

 誰もが買わなくなれば、銀座からブランドビルは姿を消えていくのも、そう遠い話ではないのだ!

 特に、フアッション関係の若者たちが買わない(買えない?)、持たない、と為れば今後の発展は望めなくなる。

 あるブランドビルは、売却し、賃貸で入居しているとの噂を銀座で聞いたのは、この4月。

 次代の若者たちが、買う習慣を持たなければ、訪れるのは衰退の道へ。

 中国・韓国の観光客が買い漁っている光景は、2,30年前の日本人観光客のパリ光景を髣髴させる。

 若い才能の有る若者たちは、自分たちで新しいフアッションを創造すれば良いのだ!!!

 若者の買わない、持たない傾向は、良い傾向だと言えるだろう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

『遠野物語』の佐々木喜善の墓碑を写真にとって、国文学者 加藤守雄先生に、差し上げたら、非常に喜ばれた事を、突然、思い出した・・・

 柳田邦男の『遠野物語』が発表されて、間もなく100年を迎えるという。

 佐々木喜善からの聞き書きだった。その佐々木喜善の墓を私はどうして見つけたのだろうか?

ともかく1970年の夏、何故か遠野物語の舞台を歩いていて見つけたのだ。北里大学の桂ゼミの二人の学生、池田和人ともう一人、彼の名前が如何しても思い出せないのだが・・・・・。

 あの年の7月、木曾御岳の肩の小屋から出て、少し歩いた時に、”今年中に何かしないと三島由紀夫に逢えなくなる”との聲を聴いたのは・・・。

その話を、相談する為に遠野に行ったのだ。何故だった???

 しかし、この三人で池袋の北口に在った私の家の三階で飲んだ翌日に、三島由紀夫、その後、川端康成と続いたので、決して三人だけでは二度と飲まなかったから、三人目の死者は生れなかったのだ。

 でもどうしてこの三人で飲むと誰かが死ぬのだろうか???

 加藤守雄は国文学者・折口信夫の愛弟子。

 加藤先生は、自分も探して歩いたが見つけられなかった、と言って喜んでくれたのだが・・・

 あの佐々木喜善のあの墓の写真は、今、何処に在るのだろうか???

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yves Danaから4冊目の作品集でカタログ・レゾネの『DANA』。友人たちに頼まれたサイン入りがやっと昨日、届いた。10冊の総重量25Kgの重さに見合った充実した内容だ。

 3月末に石の小品が埋め込まれた(石のレリーフの右隅には小さくDANAのサインが入っている)限定121部の特装本を見た僅かな友人たちと、熱烈にDANAの事を私が話すので、関心を持ち、是非、サイン本が欲しいとの希望から、特にダナに頼んで、宛名入のサイン本を作って頂いたのが、やっと昨夜、届いた。

 1冊の重量が約2,5キロ。中味も充実した見事な作品集『DANA』だ。

 この21日には150人余り、彼の作品のコレクター達が集って、盛大なパーテイがスイスのオランジェリ館で開催される。

 招待状が届いたが、こんなご時世、今回は出席しない事にした。その旨、ダナには既に伝えてある。

 今回、私もじっくり読み込むために、1冊、並製を買った。

 今夜から読み込む事によって、ダナの鉄の作品から、石の作品への移行がはっきり読み取れる事だろう。

 ますます血の源泉、エジプトが色濃く、滲み出て来たのを感じた。

 日本の石の彫刻家。鉄の彫刻家らは、じっくりと見てもらいたい。
 
 模倣する作家達が輩出しても、イブ・ダナのオリジナリティーは揺るぎ無い、真の芸術家だ!!!

 かれは正にピカソ。

 プチ・ピカソ!!! 万歳!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/17

詩人 福田純子、17日(火曜日) 第218回の 「La Voix des poètes(詩人の聲)」で、第5回目の参加。三宿のStar Poets Galleryで、宙に、鳩子を解き放つ

 奇数の5回目。 詩人 福田純子の聲がどう変わるのか?

 変わったのか?

 しっかりと、自分の耳で、確かめてみよう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

チャールトン・へストン主演の映画「十戒」をビデオ二本組、3時間39分を久し振りに観た!!!

 ふと観たくなったので、観た。映画「十戎」を、この時期に。

 主人公のモーゼ。観るたびに変わって見えてくるのだ。何故だ?

 天に生かされているのか!

 52年前の映画なのだが、古さを全く感じさせないのだ。

 何故観るのか、と問われれば、私と関わりがある事が分かったからだ、と答える。

 3000年前から、為政者と奴隷との関係は、現代でも名称が異なるだけで、何ら変わらない。

 さてと・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写真が出ているから、と言われて詩人の有働薫さんから戴いた紙袋を電車の中で、開いてみると1冊の本『対訳 フランス現代詩アンソロジー』(2001年 思潮社刊)が出てきた・・・

 目次を見ると、レオポール・セダール・サンゴール、エドモンド・ジャベス、エメ・セゼール、フィリップ・ジャコテ、エドゥーアール・グリッサン、等、滅多に読む事の出来ない、興味ある詩人達が並んでいる。

 この中のクロード・エステバンには、2004年、第12回 アルゼンチン・ロザリオの国際詩祭で会っている。

 フィリップ・ジャコティはこの本の刊行後に、フランス文学者後藤信幸氏の訳で、2004年、詩集『冬の光に』が国文社から刊行されている。また今秋、新たにジャコテイの詩集の訳本が国文社から、刊行されると聞いている。

 この中の詩人のなかでも、特に『<関係>の詩学』のエドゥアール・グリッサンの詩作品を読みたかっだけに、嬉しい有働薫さんからの贈り物だ。

 かって詩人の嵯峨信之さんから、翻訳詩を沢山、読んだ方が良い、と教示された事を思いだした。

 訳者も千差万別だ!!!

 選者の好みも傾向も、選んだ詩人を眺めているとはっきり分るのだ。

 もっと選者の好み、テーマ別の選詩集が沢山、刊行されても良いと思うのだが!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花巻の詩人 照井良平さんから、アジ・プロダクション・泉谷栄発行の「阿字」122号のコピーが送られて来た・・・

 そのコピーのなかに、私に関しての記述があるので、ピンクのマーカーで照井さんが教えてくれているのだ。

 照井氏にお会いしたのは、この二月の白石かずこ喜寿のお祝いの会でだった。

 同封の手紙には、島木綿子さん、稲葉真弓さん、山口真理子さんの名前も見えるのだ。

 稲葉さん、山口さん、それぞれからは聞いていたのだが・・・

 泉谷栄さんにお会いしたのは27年前かな?八王子の路上派大会の時だけ。

 昨年の「詩と思想」8月号の座談会「詩人の肉声」のことだ。

 この「阿字」122号は、2007年9月19日発行だが、泉谷栄さんがこの座談会について書かれていた事は、全く知らなかったのだ。

 有難う、照井良平さん!!!

 ここまで書いて、照井さんに電話をしてみた。 通じないので留守電に・・・・

 数分後、電話が鳴り、照井さんから・・・。

 近い時期に、花巻の詩人 照井良平さん。「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、参加の予定!

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »