« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008/08/16

関西電力大飯原発3号機の原子炉容器Aループ出口管台の600系ニッケル基合金溶接部の傷が、8月14日時点で、15,5ミリ以上有る事が判明した、と言う。

 これは91年、運転開始、01年に1度検査、今回は2度目の検査に為ると言う。
外側まで貫通していれば大事故につながる事故だ。

 原発検査は、期間を短縮して、常時、行なわれねば為らない筈なのに、6月24日、経済産業省原子力安全・保安院、総合資源エネルギー調査会では、一律13ヵ月ごとに実地している原子力発電所の定期検査の間隔を、機器の状態に応じて最長2年間に延長できる省令案を了承された。

 一体、この傷は何センチなのか?
これが最初に報告されたのは、関西電力のホームパージを見ると、平成20年4月17日、5月16日、6月16日、7月16日 お知らせ済み、と記載されている。

70ミリから64ミリ、そして64ミリから53ミリに、7月30日に国に対して変更手続きを行なったそうだ。
8月8日変更手続きが承認され、8日から研削を再開し、15日に深さ15ミリ以上のひびが入っている事が判明したと言う事だ。

原子力安全保安院は4月17日の段階から、この大飯原発3号機にひびが入っていた事を知りながら、原発検査の間隔の延長を可能にするように動いていた事に為る。

 国民の安全と健康を、粗末にする原子力安全保安院、の動きに、全国民は監視の目を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/14

詩人 伊藤比呂美 「第18回紫式部文学賞」(京都府宇治市など主催)を、詩集『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(講談社刊)で、受賞!おめでとう!!!

 さて来る9月8日、京橋のギャルリー東京ユマニテでの第248回「La Voix des poètes(詩人の聲)」に参加が決まっている、アメリカ在住の詩人 伊藤比呂美さんが、第18回紫式部文学賞を受賞された。

 これは、おめでたい事だ。

 早速、米国の比呂美さんに、お祝いと、何れ、この詩集『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』(講談社刊)を、1冊、丸ごと聲に乗せてください、とお願いをして置きました。

 是非、早めに、実現させて、聴いて見たいものだ。

 2時間半くらいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

「La Vix de poètes(詩人の聲)」では、参加者が20回を超え,21回目以降からは、1,500円で参加出来ます。是非、沢山の詩人の肉聲に耳を澄ませ、自分の耳を鍛え、好きな聲を探してください。!!!

 これは20回以上、詩人の聲を聴きに来て下さった方々への「特典」です。(自己申告制ですが、記録は残っております。)

先日の第237回で、3人目の参加者が現れました。 

詩人では、何故か、現在まで、薦田愛、唯一人のみです。

詩人は他の詩人の肉聲を聴いて、自分の聲を鍛え続けて下さい!

この「La Voix des poètes(詩人の聲)」に参加し、7回、8回と聲を出し続けている少数の詩人の聲は、間違い無く、「聲ノ力」が付いて来ています。

近日中に、4人目、5人目の参加者が現れる予定です。

これからも、どしどし、詩人の肉聲を聴く方が増える事を、願っています。

日本の現代の詩の世界の為にも。また詩人その人の為にも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »