« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »

2008/10/11

名古屋在住の詩人 紫圭子、24日(金)、第266回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、二回目の参加の予定でしたが、身内にご不幸があり、急遽、天童大人が代役を務めますので、ご了承下さい。紫圭子は2009年1月10日(土)に、二回目の参加予定ですので、ご期待下さい!!!

 もしもの事が遂に起こって仕舞いました。

24日(金)、第266回は紫圭子から、急遽、天童大人に変わりますので、ご承知下さい。

14日の第258回原田道子が二周年目と為り、15日の第259回白石かずこからこのプロジェクトから3年目に入ります。
15日から、全て女性詩人を並べたのは、この会期中、ギャルリー東京ユマニテでの展覧会は85歳に美術家篠田桃紅個展でしたが、画廊の都合で、画廊コレクション展に変更に為りましたので、お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

ル・クレジオ ノーベル文学賞受賞講演で何を語るのか? 楽しみだ!!!

 ル・クレジオ。本当に懐かしい名前だ。

『調書』、『発熱』、『大洪水』等を読み耽ったのは40年前以上の事。

彼がノーベル賞候補に、かって挙がっていたのは知って居たが、何故かすっかり忘れていた。

彼が行動する作家になる原点は、やはり先祖がモーリス島出身という島国の伝統だろうか?

あのインド洋のモリース島でのアフリカ巡回国際詩祭で、島を訪れ、初めてル・クレジオの祖先の事を知った。
(詩人ボードレールはこの島に滞在している。)

ヨシフ・ブロツキイのノーベル賞受賞講演「私人」のような小さな本が出来るだろうか?

何をどう語るのか?とても楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 原田道子 14日(火)、第258回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加。この日で二周年目に為り、15日(水)の第259回、詩人 白石かずこの聲で、愈々、このプロジェクトも3年目に入ります

 3回目の参加である詩人 原田道子。

黙々と聲を出し続けて、昨夜の中村恵美のように10回を超えると、聲は知らないうちに、この幅、伸び、強さが出て来るのだ。
聲は、決して裏切らないのだ。出したら出しただけの事はある。

3回目、どんな聲を原田道子は出すのか?乞うご期待!!!

以前から書いてあるように、14日の二周年目までに、過去、参加した詩人の中で、1年間で1度も聴きに来られなかった参加詩人は、参加詩人の特典としての1500円での参加を14日で、消失した事に為りますので、ご注意下さい。通常料金での参加に為ります。

(飛行機のマイレージも1年間搭乗しなければ、獲得したマイレージが消失するのと同じ事ですので、ご注意下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 原田道子 14日(火)、第258回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加。この会で二周年目に為り、15日(水)の第259回、詩人 白石かずこの聲で、愈々、このプロジェクトも3年目に入ります

 3回目の参加である詩人 原田道子。

黙々と聲を出し続けて、昨夜の中村恵美のように10回を超えると、聲は知らないうちに、この幅、伸び、強さが出て来るのだ。
聲は、決して裏切らないのだ。出したら出しただけの事はある。

3回目、どんな聲を原田道子は出すのか?乞うご期待!!!

以前から書いてあるように、14日の二周年目までに、過去、参加した詩人の中で、1度も聴きに来られなかった参加詩人からは、参加詩人の特典としての1500円での参加を14日で、消失した事に為りますので、ご注意下さい。

(飛行機のマイレージも1年間搭乗しなければ、獲得したマイレージが消失するのと同じ事ですので、ご注意下さい。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/09

スウェーデン王立科学アカデミーは一体、何を企んでいるのだろうか?日本人科学者が4人も受賞!手離しで喜べないで喜べない、何か可笑しな意図が感じられるのだが・・・・・。

 健康で長生きはするもんだ、とは正直な感慨だ。

もし亡くなっていたら、この場に居なかった博士たちなのだから。

今後は特に健康で、元気が一番。

何故、今、日本人にノーベル賞受賞者を4人も!(今日、現在)

何か隠された深い、意図がありますね、これには!!!

今の経団連会長も郵政公社の社長も一人では、何も出来ない人物だと随行した側近たちが語っている。本当かも知れないね。これは。

不当雇用を平気で行なってきた男を経団連会長に据えて置かなければ為らないとは情けない日本経済界!

人物払底は日本のあらゆる分野に蔓延しているようだ。

詩人のなかにも、一人では動けない者が居るらしく、詩人のお食事会、など世も末で、お笑い種だ。

聲は垂直に立てねば為らない。

セルビア在住の詩人 山崎佳代子の聲に乗せた自作詩は見事なパフォーマンスだった。

来年が楽しみだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スウェーデン王立科学アカデミーは一体、何を企んでいるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近頃、聲の汚くなってきた人間が多く為って来てるのは、何故だ!!!

 聲が汚いのは、魂が汚れているからなのだが、それにも多くの人間は気づいては居ないのだ。

日本のトップに立つ人間の聲が、濁声では、この国の行く末も自ずから見えて来る。

毎日、濁声を聞かされていては、日本人の気力は、衰えて行くのみなのだが。

早く、己の力を知り、表舞台から消えてもらいたい者だ。

この瀕死の日本を救うのは、聲の力が与えるエネルギーなのだが・・・。

困った事に、毎日のようにテレビ・コマーシャルで濁声が流されては、衰退への道行きだ!

詩人の聲を、聲の力を高める以外に、この緊急の場を根源的に救う事が出来ないかもしれない。

 しっかりせよ!!!

 日本の詩人たちよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/08

詩人 中村恵美 9日(木曜日) 第257回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に11回目の参加。三宿の宙に自作詩を解き放つ!!!

 愈々、これが早いもので中村恵美、11回目の参加に為る。

これからが本当の中村恵美の聲の世界のスタートを鑽る事に為る。!!!

このプロジェクトは、今迄、この国には無かった初めての、詩人の聲、を育て、鍛える新たな世界。

今迄、75人の参加で、10回を超えたものは6人、7中村は7人目の詩人に為る。

余計な説明は一切要らない。

唯、ひたすらに聲を出す事、出し続けること。

数回の参加では、まだまだ序の口。

何れ訪れる世界の詩人の聲の場で、本領を発揮できるまで、コツコツと積み重ね、聲を鍛え、磨く事だ。

昨夜(7日)の詩人 山崎佳代子は、一切、不要の言葉を発せず、唯ひたすらに、自作詩を聲に乗せた。

彼女の口から発せられたスラブ語の響きは、新たな地平を切り開いてくれた。

来年11月の公演には、是非、このプロジェクトに参加した詩人たちには聴いて、学んで貰いたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/07

田沢純一投手がアメリカ・大リーグを目指すのは、当然の成り行き!!!自ら勝負しに行けば、いいのだ!!!

 実力があり、自信があるならアメリカで投げる選択はは、一番良い事だろう!!!

どんどん行って立ち向かって行ってみれば良いのだ。

日本のプロ野球選手チームが、大リーグの2A,3Aの選手達のアメリカチームに負けたのだから。

北京オリンピックで勝てなかった日本のプロ野球だから、日本で投げる気に為らないのも当然の事だろう。

実力ある者は、どんどん出て行け!!!新天地目指して!!!

志はもう誰にも止められない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

ご恵贈された詩書たち。No2

 ご恵贈下さいまして、本当に有難う御座います。


詩誌

井崎外枝子 「笛」 2008・9 245号

新井高子 「ミz」 2008年・秋・季刊 第104号

八木忠栄 「いちばん寒い場所」 56号

詩集

井上 優 「生まれ来る」 榛名まほろば出版

浜江順子 「飛行する沈黙」 思潮社

その他

杉原梨江子 「あなたの部屋に幸運を呼び込むグリーン&フラワー」 総合法令出版

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄密約文書の不開示は、西山太吉元記者ら63人の情報公開請求だけの問題では無い!全国民が沖縄返還に際し、日米政府間で何が行なわれたのか、を知る権利があるからだ!!!

 全ての政治記者の怠慢なのだ!!

 麻生総理に沖縄密約が有ったか、無かったかを問う記者が一人も居ない事は、ジャーナリズムは既に死んだ、も同然だ。
 何が沖縄返還に際し行なわれたのか、外務・財務省は文書を開示できなければ、何かとんでもない密約を交わし、それを国民に触れさせずに履行しているなら、公開させるためにも政権交代は自明の理、と為るだろう。

 やはり政権交代で一度で、あらゆる深い闇に包まれた世界を、白日の下に曝け出して行かなければ、やがて
世界は、至るところで下剋上の時代に突入するだろう!!!

金融経済が破綻の兆しどころか、破綻そのものの状態になってきた。

日本の銀行もアメリカに融資している場合では無いのに、何を血迷ったか、愚かなサラリーマン頭取たちが!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルビア・ベオグラード在住の詩人 山崎佳代子さん 10月7日(火) 第256回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に初参加!!!三宿の宙に自作詩を宙に解き放つ!!!

 愈々、7日、セルビア在住の詩人 山崎佳代子さんの聲が聴けます。

帰国された本人から電話をいただき、一度だけ聲を聴きました。

書肆山田の鈴木一民さんから、依頼された時には、この7日しか空いておりませんでした。

しかも8日には帰国されるとか。

毎年、11月には帰国されるとか。帰国されるたびに聲を出していただきましょう!!!

Star Poets Gallery 03-3422-3049まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月28日 - 2008年10月4日 | トップページ | 2008年10月12日 - 2008年10月18日 »