« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008/02/16

音楽評論家 吉田秀和著『文学のとき』(白水uブックス、白水社刊)を、ふと古書店で、手に取ってみたら・・・、あのエセイ、中原中也のこと。吉田一穂のこと、が掲載されていて・・・

 この小さな新書版のuブックス・シリーズに中に、エッセイの小路、シリーズがあるのは知らなかった。

 1994年9月の発行である。本を捲って、目次を見て、驚いた。

 エセイ 吉田一穂のこと、(『文藝』1970年3月号掲載)、このエセイを文藝誌上で読んだ二年後、ご本人にお会いする事に為るなど、全く、予期していない出来事だった。
 吉田一穂は1973年3月1日に亡くなっている。

だからこのエセイ吉田一穂のこと、の最終章6、を短いので引用してみよう。

             6

 「私は、高校に入る前の学校時代の四年あまりを北海道の小樽市ですごした。あの凍りついた雪の上を踏む靴の感触、雪の白さ、風の非情な冷たさ、それから雪どけの早春の波と空と遠く見える海岸の淡い緑のイメージなどは、いまも、私の中から消えていない。だが、それが私にとってどういう意味があるかということ、それを思うことは、私には、吉田一穂さんと切りはなすことのできないものになっている。
 根元を問うこと。本質だけを追求すること。そういうことは、私には、ちょうど粉雪に頬をさらし、白く眩しい雪の原をゆくのと同じように、快い戦慄にみちた営みと感じられる。この感覚は、私の場合、吉田一穂さんを知ることによって自覚されたものである。
 冷たさが、生命を守る。暖かさの働きは別のところにある。と同時に、結局、私たちが還ってゆくのは、暖かさではなくて、むしろ冷たさへであろう。
 今でも私は、雪の中を行く時とか、ふとしたはずみで自分が北に向かって立っているのに気づく時、しばしば、一穂さんを想う。」

 これを読んで直ぐに、小樽駅裏の三角山の麓の陽を浴びて輝く雪道を、歩いて西陵中学校に通った日々を、直ぐに思い出したものだ。

 この時、吉田秀和は何に触発されて、吉田一穂の事を書いたのであろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/02/15

「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit -「目の言葉」から「耳のコトバ」へー」第177回、詩人で美術評論家のワシオ・トシヒコ、18日(月)初めてのギャラリー華(広尾)で、聲を宙に解き放つ!!!

 広尾に在るギャラリー華は、このPOetry Voice Circuitに初参加の画廊である。

 紹介者の詩人で美術評論家のワシオ・トシヒコ氏に18日、口火を鑽って頂く事にした。

 なるべく早い時期に、詩人・小池昌代、作家・坂上弘氏等のCircuit参加が見込まれているので、乞う ご期待!!!

 4月中旬に訪れる第200回は、参加10回を超えた詩人・薦田愛に、ご褒美と同時に今後のさらなる活躍を期待して、やっていただく予定!!!

 乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/14

ノーベル文學賞(2007度)受賞者、ドリス・レッシング女史が、オバマ暗殺される、と言われた事が、スポーツ新聞の記事に出ていたのだが・・・

 オバマ大統領候補がもし大統領に為ったら、キング牧師の二の舞。

 だからと言ってレッシング女史の言うようにクリントン大統領でオバマ副大統領には為らない。

 クリントンの聲の質が悪い。

 オバマが大統領で、副大統領がクリントンなら、ケネディの二の舞。

 いずれにしても血の臭いは、消えないのだ。

 どちらが大統領に為っても、日本のためには為らない。

 日本を救う道は、者は、今、何処に有るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古書を扱うAmazon.co.jpは、出品される古書のボールペンでの線引き、マーカーでの線引き本は、扱わない事に、決められないのか?

 1年以上前には、購入しょうとした本が322頁の内200頁余りが線引きで、余りに酷さに苦情を申し立てると、返金するから、送り返さなくても良いと言った。

 今回は本の前半の30頁余りの内16頁の中に22箇所のマーカーの線引きがあり、こんなに線引きが有れば、古書店なら本は買い取らず、本の価値は無いに等しい筈なのだが、Amazon.co.jpの本に対する線引きが明確でないために、幾ら線引きと記載されていても限度と言うものが有り、本の価値も異なるだろう。

 古書店の店頭なら、いざ知らず、相手の顔も分からないのでは、明確な線引きが求められるのだ。

 明確に、線引き本は出品出来ない、と出品者に告知するべきではないのか?

 いつそのこと、Amazon.co.jpに、線引き本、のコナーを設置したほうが、面倒な事に為らない筈だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロンドンのサドラズ・ウエルズ劇場の緞帳は、赤色でしょうか?どなたかご存知の方、教えてください。

 かって日本の山海塾も招待されていたと言う、ロンドンのサドラズ・ウエルズ劇場。

 アヴァンギャルドなグループを世界中から招いていると言う劇場の緞帳の色は、赤色ではないかと言う方が居て、是非、知りたいのですが、何方かご存知方、どこかに居ませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっては為らない沖縄 再び米兵暴行事件、シーファーアメリカ大使の言う、再発防止プログラムの全面見直し、とは、どう言う事だ!!!

 既に存在している、米兵に対しての再発防止プログラム、とはどんな内容なのか?

 何故、その内容が明らかにされないのか?

 その再発防止プログラムを全面的に見直す、とシーファー大使が言明するなら、何処に、どのような欠陥が有ると、シーファー大使は考えるのか、沖縄県民は明確に提示させるよう要求するべきだろう!!!

 再再発防止プログラム、とは、どんな内容か、日本の全てのジャーナリストは明らかにする為に全力を尽くせ!!!

 既にアメりカは、地図から消えて、何処にも無いのだ。

 こんな国に言いなりに為っている事など、全く情けない現状なのだ。

 独立国・ニッポン、何処に消えたのか?

 う~ん 残念!!!

 先ずは詩人の聲を鍛えてからだ!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/13

トヨタ売り上げ世界一、と今朝の新聞に出ているが、迷惑な話なのだ。ガソリンの無い自動車はただの粗大ゴミ。それが世界一とは・・・

 石油を産出しない国が、自動車を売りつけ、世界一になっても、何も自慢ではない。

  幾ら自動車を作り、売り歩いていても、石油が無ければ、それは唯の粗大ゴミだ!!!

 備蓄量、3ヵ月余り、食糧自給30パーセント余り。アンバランスな国・ニッポン。


 一度、底辺まで落ちますかね!

 落ちても分りませんかな!!!
 
 惰眠を貪る国民は、怠惰に慣れ切っていますからね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 鈴木志郎康さんと初めてお話をしたのは、白石かずこさんの喜寿の会だった。

 10日、市ヶ谷駅で詩人の福田純子、白鳥信也と待ち合わせて、会場のアルカディア市ヶ谷に向かった。

 目の前を詩人 新川和江さんが通り過ぎて行く。

 駅前の横断歩道を歩いていると、帯広の熊代弘法さんが歩いていた。

 二階の会場の受付で聲をかけられたのは、詩人のパクキョンミさん。昨年、ジェノヴァ国際詩祭に行かれた。

 一昨年は白石かずこさんと私。

 すぐ、サーキットに、と聲をかけておいた。

 椅子に坐っていた眼鏡をかけた男性と白鳥信也さんが話している。

 もしかしたら志郎康さんでは?

 やはり鈴木至郎康さんだった。

 会場に入って、少し時間が経って、見渡すと鈴木志郎康さんが誰ともお話されていないので、近づいて行き、名乗った。

 詩人 鈴木至郎康の薫陶を受けて、詩人に為った若い人がサーキット参加詩人のなかにも多いのだ。

 伊藤比呂美、薦田愛、長田典子、白鳥信也などなど。

 志郎康さんの薫陶を受けて、詩人に為るものが増えると良いね、この日本の国は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/12

チョコレートが石油で作られているとは、テレビ映画、科学捜査 CSIで放映されるまで、知らなかったのだが・・・

 賭博を行なっている男が、ひっきりなしにチョコボールを食べている内に、突然、心臓麻痺で死んでしまう。

 解剖してみると、内臓が真っ黒に為っている。

 チョコレートを食べると喘息の発作を起こす人が居ることはも知っていたが、チョボールの食べすぎで死ぬとは知らなかった。

 何年も腐らないチョコレートは可笑しくないか?

 カカオ豆の収穫量は、世界的に少ないのに、どうしてあんなに多くのチョコレートが製造されるのか?

 出来る訳がないのだが・・・・・

 また安い2000円以下のワインを飲むのは危険なことなのだ。

 ワインの澱を取るために、重金属や牛の血を使っているからだ。

 高いワインは卵の白身を使って、澱を取っているので、値段が高いと言える。

 狂牛病問題の時、日本のワイン業界は蒼褪めた筈だ!

 牛の血でワインの澱を取り除いている事を、知ったら、安いワインはもう飲めないだろう!

 いや重金属での澱の除去も危険なことなのだが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分の聲を、「UNIVERSAL VOICE 」とケネディ・センターのジュリアン・プール女史に名付けて頂き、商標登録を取って、もう10年も経つのだ。

 S内外国商標特許事務所から、更新の書類が届いたので、10年の歳月が過ぎた事を知った。

 早い、本当に早い。

 ジュリアン・プール女史がワシントン・D・Cのケネディ・センターの資金援助を日本の財界からも得るために来日し、京都に向かう前の1日、多摩美のW教授の案内で銀座・日辰画廊に。


  1987年9月の或る日。その日、画廊では初めて聲だけのパフォーマンスを行なった。正に日本初演。

 その席には詩人の白石かずこさんも居た。

 その後、有楽町の「炉端」三階での二次会。

 私はパフォーマンスの二次会には、ほとんど行かないけど、と言ってご主人とご一緒に来てくれた。

 そしてお開きに。

 最後に、ジュリアン女史は、テンドウ、お前の聲はUNIVERSAL VOICEだよ。もしアメリカに来るのなら、何時でも連絡を、と。

 あれから21年も経つのだ。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/10

今日、10日の詩人 白石かずこさんの喜寿の会。天気予報は雪、と心配していた白石さんに、晴にして上げるから、大丈夫!、ご安心を、と約束した手前、はて今日の天気は、と・・・

 気になって、5時に起きて来たら、雪は降り止んでいた。

 流石、我が頭上に、常に待機している巨大で、温和なドラゴン、ひと吹きで、大丈夫!

 北海道の石狩から、大島龍、置戸から鈴木順三郎とこのお祝いの会の為に上京するので、東日本は晴れに!!!

 西日本の人からは依頼されていないので、知らない事。

 これで、ひとまず白石かずこさんとの約定は果たせたので、またひと寝入りする事にいたしましょう!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »