« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008/02/23

春一番の影響で、東海村から、今夕、詩人武藤ゆかりが乗車した電車が動かず、2時間半余り停まった車中の中で、結局、電車は運休になり、上京が叶いませんでしたので、急遽、第182回「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」は中止となりました。ご来場の皆様には深くお詫び申し上げます。

 いや本当に驚きました。

自然の力を改めて感じました。

春一番の力を!

JRの運休がPoetry Voice Circuitに影響が及ぶとは、今迄、一度たりとも考えた事が有りませんでした。

折角、強風の中、お出かけ下さったお客様には、誠に申し訳有りませんでした。

 自然の脅威の前では、人は素直になれます。

 どうか次回の武藤ゆかりの時には、改めてお出かけ下さいます様、宜しく、御願いします。

 本日はお出かけ下さいまして、本当に有難う御座います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

詩人の田川紀久雄さんから、DVD「ヴィッキーとの出会い第一部・第ニ部、第三部・第四部」の二枚が贈られて・・・

 ヴィソツキー、と言う名に聴き覚えがあり、早速、観て見ると、女優のマリナ・ブラディが妻だと言う。

 確かマリナ・ブラディが『ヴィソッキーあるいは、さえぎられた歌』(吉本素子訳・リブロポート、1992年刊)と言う本を書いていた事を思い出して、探してみたが何処にも無い。

 訳者の吉本素子は近年、ルネ・シャール全詩集を訳出した吉本素子と同一人物?

 早速、探し出して、読んでみよう!!!

 苛烈な生き方だね!ヴィソツキーの聲が明らかにしている。

 こんな聲の質を持った役者兼歌手は存所そこらには居ないであろう!

 一度は聴いてみたら、いい聲だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私の聲の商標登録「UNIVERSAL VOICE」は、10年間、再度、延期しました。

 もう「 UNIVERSAL VOICE 」を自分の聲の商標として登録してから、早いもので10年の歳月が流れました。

 ケネディセンターのジュリアン・プール女史に、名付けて頂いてから、21年の歳月が流れています。

 聲ノ世界は奥深いもので、聲を出し始めて、42年余り経ちますが、まだまだです。

 生ものでですから、幾ら慎重に取り扱っても、肉体を媒介にしていますから、何処かスポーツ選手のような部分も有って、先日、大リーガー・イチロー選手の話には、随分、腑に落ちる処が有りました。

 相手の若い脳学者が、アホみたいな脳の持ち主で、イチローに突込まれて困っていましたが、なんか勘違いしている人物が増えてきました。

 養老先生とイチローとの対談をNHKに希望したいところです。

 さて「聲」の評論が、ちーとも進まず難渋しております。

 どうかお力をお貸しくださいませ!

 2月7日、昼時に、詩人の吉田一穂さんが、隣りにおいでになりました。

 亡くなってから35年、巷に居られたのですな、お気の毒に!

 ご安心くだされ。 上がって頂きましたから。

 我が陣営に、英文学者・壽岳文章先生御一家、そして詩人・吉田一穂さん、画家・KEIZO(森下慶三)さん。

 あとは名前を秘して。

 段々と賑やかに為って来ましたかな。忘れていました、空海さんも時折、覗かれますよ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/22

詩人 武藤ゆかり 第2回目の「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」に参加。広尾の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放す!!!

 2回目はただただ無我夢中で聲を吐き出す事だ。

 下手な役者じゃ、アナウンサーじゃあるまいし、詩人は唯ひたすら、聲を出すことだ。

 7回か10回を超えてからで充分。小細工は。

 2回目の武藤ゆかり、どんな聲を出すのか、乞うご期待!!!

 広尾のギャラリー華で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 武藤ゆかり 第2回目の「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」に参加。広尾の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放す!!!

 2回目はただただ無我夢中で聲を吐き出す事だ。

 下手な役者じゃ、アナウンサーじゃあるまいし、詩人は唯ひたすら、聲を出すことだ。

 7回か10回を超えてからで充分。小細工は。

 2回目の武藤ゆかり、どんな聲を出すのか、乞うご期待!!!

 広尾のギャラリー華で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/20

詩人で作家の稲葉真弓、明日22日(金)、3回目の「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」参加。広尾のギャラリー華から、宙に自作詩を聲に乗せる!!!

 今回はどんな聲を聴かせてくれるのか、詩人・稲葉真弓。

 独特の声色は得がたいもの。

 是非、一度はお聞きいただきたい。

 午後6時30分開場 7時開演

 ギャラリー華 ℡03-3442-4584まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 武井邦夫 明日、「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」に初参加。広尾のギャラリー華で自作詩を聲に乗せて、宙に解き放す。

 登山家でもある詩人 武井邦夫が初めて自作詩を聲に乗せて宙に解き放ちます。

 どんな聲を聞かせていただけるのか、とても楽しみです。

 18日のワシオ・トシヒコ、19日の田中健太郎と朗読した詩人の詩集を預かっていただいていますの、近くにおいでの時は、是非、お立ち寄り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/19

黒人のライス国務長官来日の際に、福田首相は、是非、尋ねて頂きたい!!!沖縄米兵暴行事件は、アメリカ軍上層部が日本人、東洋人、アジア人等の有色人種に対する蔑視の風潮が充満している証なのではないかと。ヨーロッパ駐留米軍が事件を起こしたとはほとんど聞かない。東南アジアでは米兵による事件が頻発しているのだが・・・

 子供は親を見て育つ。 階級の低い兵隊は上官を見て育つ筈だ。

 東南アジアで米兵の事件が頻発に起こるのは、大きく別けると有色人種に対する蔑視が、アジアに駐留する米軍全体に充満している結果ではないのか。

 特に沖縄に対して、米国務省、全体が蔑視の意識を持ち続けてきた結果、末端の米兵の行動に、端的に現れている。

 これは沖縄県民のだけの問題では無く、日本の主権に対しての最大の侮蔑行為であろう。

 この逆が米国で起こったら、いやヨーロッパ諸国で起こったら、唯、単なる反米運動では納まらなくなり、アメリカが大きく撤退の危機に見舞われる事は、必然であろう。

 既にアメリカ合衆国は未だ地図から消えたままで、蘇る気配も全く無い。

 惰眠を貪る日本人もそろそろ眼を覚ましたらどうだ。

 日本の国土からアメリカ軍の不祥事を徹底的に追放したらいいのだ!!!

 それにはアメリカ駐日大使自らが、続・再発防止マニュアルの受講をするべきだろう。

 先ずは上官クラスのアジア人蔑視を無くす為の、徹底再教育を早急に施さないと、何時、反米感情が湧き起こり、この島国を浸透しないと、誰が言えるのか!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、20日(水)、詩人 小柳玲子さんの聲で、第179回 「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」のストライプハウスギャラリーでの公演は、一時、画廊の都合で休止しますが、Poetry Voice Circuitは、まだまだ続きます。日本の詩人の聲が立ち上がるまでは・・・

 明日、20日(水)、第179回 「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」,詩人小柳玲子の聲で、ストライプハウスギャラリーでの最終公演を飾ります。

 是非、ご参加下さい。

 画廊の都合により、ストライプハウスギャラリーでの公演を、一時休止致します。(早い時期での再開を願って!!!)


  ストライプハウスギャラリーの塚原操さん、瀬知さん、はじめ多くの方のご協力を得ました。

 長い間のご協力を、深く感謝します。


 間もなく4月公演の日程をお知らせ致します。 

 4月には、新しく詩人 浜江順子、河野聡子、小池昌代の三人が参加します。

 ご期待、下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、20日(水)、詩人 小柳玲子の聲で、ストライプハウスギャラリー(六本木)での「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」ha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/18

詩人 田中健太郎、6回目の参加、「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」,明日19日(火)、初めてのギャラリー華で、自作詩を宙に解き放つ!!!

 著作件の問題で、東南アジアを駆け巡っている詩人 田中健太郎!

 彼のような人物こそ聲の力が重要なのだ。

 今から、聲を鍛えていけば、国際会議でも有利な事は実証済みなのだ。

 さて今回は、どんな聲を聞かせて来るのか、楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/17

青金石、ラピス・ラピスズリ、今から47年前、手に入れていた物が、香港のジュエリー・デザイナー甲田弓子の手により蘇り、遂に天童大人の右手、皇帝の座に納まった! 

 20世紀最大の詩人、エズラ・パウンドの碧い指環、ヴェネチア、から常に、ラピス・ラズリイの青金石に出会い続けてきた天童大人が、或る時、香港在住の宝石デザイナー、甲田弓子に出会い、遂に具現化させた指環。

 右手の中指・皇帝の座、から何を、何処に語りかけ、具現化させて行くのか?

 戦いは遂に、口火を鑽って始まった!!!

 さあ、何処に飛ぶのか?

 詩人の志、詩人の聲は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朗読とか朗読会という言葉を消し去った「詩人の肉聲とコトバとを聴く!Poetry Voice Circuit」。愈々、明日、18日第177回から再会します!!!

日本の詩人たちの「聲ノ力」と「聲ノ質」とを如何に高めていくのか、試行錯誤は続きますが、詩人たちが真摯に、数多く挑戦し、自分の聲の力に目覚めさえすれば、未来は自ずから拓けて来ます。

         参加されている聴衆の皆さん!

 ご自分の参加が、日本の多くの詩人を育てている事を御自覚下さい。

 そして是非、ご参加下さり、多くの詩人の肉聲を聴かれ、ご自分の好きな肉聲をお探し下さい。

 コピー音が氾濫している現代では、貴重な肉聲の魅力を、ご自分の耳で、再確認してください。

 宜しく、お願いします。

詩人の肉聲とコトバとを聴く! Poetry Voice Circuit 

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー
       
2008年2月 公演 日程 

第177回2月18日(月)ギャラリー華     ワシオ・トシヒコ

第178回2月19日(火)ギャラリー華        田中健太郎

第179回2月20日(水)ストライプハウスギャラリー  小柳玲子

第180回2月21日(木) ギャラリー華        武井邦夫

第181回2月22日(金) ギャラリー華        稲葉真弓

第182回2月23日(土) ギャラリー華       武藤ゆかり


       3月 公演


第183回3月13日(木) Star Poets Gallery     金井雄二

第184回3月14日(金) Star Poets Gallery 福田純子

第185回3月16日(日) Star Poets Gallery 伊藤比呂美
 (この第185回に関してのみ開場17:30、開演 18:00 です。 )

第186回3月17日(月) ギャラリー華 薦田愛

第187回3月18日(火) ギャラリー 華         有働薫

第188回3月24日(月)ギャルリー東京ユマニテ    井上輝夫

第189回3月25日(火)ギャルリー東京ユマニテ    野木京子

第190回3月26日(水)ギャルリー東京ユマニテ   田川紀久雄
                        & 坂井のぶこ

第191回3月27日(木)ギャルリー東京ユマニテ   山口真理子

第192回3月28日(金)ギャルリー東京ユマニテ     高柳誠

第193回3月31日(月)ギャルリー東京ユマニテ   白石かずこ

             (続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ギャラリー華(広尾)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

Star Poets Gallery(渋谷)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

ストライプハウスギャラリー(六本木)の公演時間は 開場:19:00, 開演:19:30

(お間違いのないように御願いします)

入場料  予約 大人2,500円 学生1,500円(学生証呈示)  
     
当日 大人2,800円 学生1,800円 (学生証呈示)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

ストライプハウスギャラリー(六本木) 106-0032東京都港区六本木5-10-33
Tel 03-3405-8108 Fax 03-3403-6354
E-mail :info@striped-house.com
URL:http//striped-house.com


ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail :humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html


ギャラリー華(広尾)   106-0047 港区南麻布5-1-5
Tel 03-3442-4584 Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-home/


Star Poets Gallery(三宿) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel 03-3422-3049 Fax03-3422-3039
E-mail:planet@star-poets.com
http:www,star-poets.com/

お問い合わせ先:

TENDO TAIJIN BUREAU / 北十字舎 171-0031東京都豊島区目白3-6-5
Tel03-5982-1834, Fax03-5982-1797
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http//universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »