« 文藝春秋は広告の打ち方が下手で、後追い広告が無いから売れ行きが良くないと言ったのは折口信夫の愛弟子で、国文学者の加藤守雄先生だ! | トップページ | 四川大地震の断層 長さ285キロ、8日の毎日新聞の夕刊に出ていた。[竜門山断層帯]とは? »

2009/05/14

初めての会場、サロン・ラ ルーチェ(広尾)は、見た目よりも聲の出しやすい会場で、来場された詩人の有働薫・稲葉真弓・原田道子・森川雅美・片山令子の諸氏も安心されたようです。

 新しい場で、聲を出す事とき、興味と不安とは紙一重で、いつも好奇心が乗り越えて行く。

今回の場でも出来るだけ多くの詩人に経験を積んでいただきたいと考えている。

もっと徹底的に聲を撃ち込んで行く。

これで6月23日の第20回、[聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社]での聲の道筋はついてきた。

10人限定の参加者のうち、東京からの参加者、6人が今夜、参加してくれた。

展開は面白くなって来たぞよ!!!

|

« 文藝春秋は広告の打ち方が下手で、後追い広告が無いから売れ行きが良くないと言ったのは折口信夫の愛弟子で、国文学者の加藤守雄先生だ! | トップページ | 四川大地震の断層 長さ285キロ、8日の毎日新聞の夕刊に出ていた。[竜門山断層帯]とは? »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/45015077

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての会場、サロン・ラ ルーチェ(広尾)は、見た目よりも聲の出しやすい会場で、来場された詩人の有働薫・稲葉真弓・原田道子・森川雅美・片山令子の諸氏も安心されたようです。:

« 文藝春秋は広告の打ち方が下手で、後追い広告が無いから売れ行きが良くないと言ったのは折口信夫の愛弟子で、国文学者の加藤守雄先生だ! | トップページ | 四川大地震の断層 長さ285キロ、8日の毎日新聞の夕刊に出ていた。[竜門山断層帯]とは? »