« 新型インフェルエンザでの政府の対応、及び発表に心細さを感じていたが今朝の毎日新聞の山田孝男専門編集委員の<風知草>で、外岡立人氏の事を知った!!! | トップページ | プロジェクトに参加する詩人たちから、チラシが続々と届きました。田中健太郎・原田道子・村山精二と・・・。間もなく配布し始めます!!! »

2009/05/04

久し振りにペーパーナイフを使い、アンカットの書物を切り裂居て読む、 『坂窗江 詩集』を繙いた。

 今朝、沢渡 梢さんから冊子小包が届き、薄紙に包まれて、紐で結わかれた昭和十年代の岩波文庫版の大きさの瀟洒な本が出て来た。

『坂窗江詩集』限定300部 非売品。跋文は高橋睦郎。装丁は半澤潤。

ペーパーナイフでアンカットを破っていく快感は久し振りに味合う感触だ。

 詩人坂窗江さんは梢さんのお母さん。

昭和12年~16年の間に書かれた詩作品23点と合作詩5点、覚書として4点、そして高橋睦郎の跋文。

詩作品は、モガ・モボの時代の雰囲気を感じる。

これを読みながら我が恩師、戸川エマさんの事を思い出した。

有難う!梢さん。良い記念の本がやっと出来ましたね。

|

« 新型インフェルエンザでの政府の対応、及び発表に心細さを感じていたが今朝の毎日新聞の山田孝男専門編集委員の<風知草>で、外岡立人氏の事を知った!!! | トップページ | プロジェクトに参加する詩人たちから、チラシが続々と届きました。田中健太郎・原田道子・村山精二と・・・。間もなく配布し始めます!!! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/44892947

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りにペーパーナイフを使い、アンカットの書物を切り裂居て読む、 『坂窗江 詩集』を繙いた。:

« 新型インフェルエンザでの政府の対応、及び発表に心細さを感じていたが今朝の毎日新聞の山田孝男専門編集委員の<風知草>で、外岡立人氏の事を知った!!! | トップページ | プロジェクトに参加する詩人たちから、チラシが続々と届きました。田中健太郎・原田道子・村山精二と・・・。間もなく配布し始めます!!! »