« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/31

7月に御寄贈下さった詩書です。本当に有難うございます。プロジェクトの参考に使わせて頂きます。今後とも宜しく、お願いいたします。

寄贈された詩書たち(13)2009・07・01~31

詩誌
望月苑巳[孔雀船]Vol.74
奥成達[gui]87号

詩集・歌集・句集
松尾真由美『不完全協和音』(思潮社)
下川敬明 詩集『書かれていくもの 2007』(下川敬明)
島木綿子『橋・透明のポストへ』(ブルーキャニオンプレス)
原田道子『曳舟』(砂子屋書房)
永澤康太『lose dog』(思潮社)
高橋睦郎『永遠まで』(思潮社)
李承淳『耳をすまして聞いてみて』(土曜美術出版販売)
CD
永澤康太、私家版2枚
李 政美 Lee Jeongmi「I’m hear now」

その他
日本中国文化交流協会 [人民中国]7
藤堂和子[LB中洲通信]8
杉山睦子[ゆきのまち通信]123号
小林教人[第十六回萩原朔太郎賞受賞者展覧会 鈴木志郎康]2009 前橋文学館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス映画[7人目の陪審員](2007年)をミステリーチャンネルで観て居たら、[真実より秩序だ]、憲兵隊の隊長が、真犯人の陪審員に言うの場面が出て来て・・・・・。

 今、民主党が政権を取る可能性が出て来た時、国民の一部に、民主党に政権が移行すると、色々な事が変わるので困ると言う身勝手な考えを持って居る人びとが大勢いる事が薄々感じられ始めた。

しかし、今までの自民党政権の戦後の膿を、一度に吸い出すには、国民も痛みを甘受してでも世界に孤立せずに、生き残る為にも、一度は政権を替えてみる必要が今、必然的に起こって来たという事だ。

[秩序より真実を]

一度政権を替えてみたら良いのだ。

我々の政府なのだから!!!

昨日の続きだが、元捕虜たちに謝罪と補償とをキチンと公に出来ない人物を日本国の首相に据え置く事は、日本国の国益を損なう事、大で、、善良な国民にとっては迷惑千万な事だ!!!

こんな邪まな人物を党総裁に頂くとは、自民党員の中にも人物が払低しているという事だ!!!

いでよ!志ある人物は!!今こそ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/30

今日(30日)の毎日新聞の朝刊、9面の[記者の目]に外信部・花岡洋二記者が、[欧・米・豪の元捕虜に[敬意]を払うべきだ]を皆さん一読されるべきだ!!!連合国捕虜300人(これに加え約1万人んとされる朝鮮人)たちを使役した麻生鉱業社長麻生太賀吉・元衆議院議員の長男が麻生太郎だ。是非、読まれたい!!!

 先日、元捕虜の豪州人クームス氏が来日したが、面会もせず、謝罪もしなかったのだ、禍根を残す判断を為した、為政者としての麻生太郎を首相として本当に良いのか!!!

紙面中に花岡記者も書いているが、過去の償いを早く公にすればいい。

外務省首脳が面会などと言うのもlおこがましい事で。これは麻生太郎の私的な親の因果が子に報い、で、顔が曲がっている。

早く、麻生鉱業の吉隈炭鉱で使役した元捕虜たちに私財を投げ打って償うべきだ!

一刻も早く!!!
こんな男を総理に任命するとは自民党員の質の低下は目を覆うばかりだ

麻生太郎よ!!早く元捕虜たちに、謝罪と補償金を私財を使いきっても果たせよ!!!

早くせよ!!!

日本国の事を思うなら、早くだぞよ!!!

この花岡記者の記事を日本国民は熟読せよ!!!こんな男を選挙の顔には為らないのだぞよ!!!

ドラゴンが大地を敲いているぞよ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人天音琴(旧名:琴天音)、明日31日(金)、第373回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に初参加!西麻布の宙に自作詩を撃ち込む!!!今回に限り画廊の都合で3時開場、3時半開演に!ご注意ください!!!

 初めてお会いした時は琴 天音と名乗られた。

すぐさま私は、天を姓の下に置くのは、良くない!
天音を姓に名を琴に、と不躾ながら申し上げた。

天、天を姓名の下の付けた人物で、大成した者は居ないのだ。

私の言葉に耳を傾けて、すぐさま、天音 琴、と名を替えた。
さてどんな聲を聞かせてくれるのか?

乞うご期待!!!

今回のみ開催時間が画廊の都合で、午後3時開場、3時半開演に変更に為る。
ご注意ください。

ギャラリー華(広尾) ℡033442-4584

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/29

27日、ブルガリア首相に就任したソフィア市長のボイコ・ボリソフ(50歳)。第二のロシア・プーチンに為る可能性、大なり!!!

 ソフィアを訪れたのは36年前。暗い街で、同胞の不愉快な言動で、印象の悪い街だ。

そのソフィア市の市長で、空手は黒帯。自ら立候補をせず、06年に政党に為ったばかりの中道右派政党[欧州発展のためのブルガリア市民](GERB)の先頭に立ち、国政選挙は初めてとか!

首相に為り、[権力維持のために妥協することはしない]と宣言。

このボイコ・ボリソフは独裁政権への道を歩み始めたのではないか?

ブルガリアは大丈夫か?

日本の若手政治家たちは、つるむだけの腰抜けばかりか???

今後の行動を刮目して見て行こう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い詩人永澤康太、30日(木)、初めて第373回、プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]参加!西麻布の宙に自作詩を解き放つ!!!

 聲に関して、若い、という事が取り柄に為ると言う事は無い。

若い者の聲はそれなりの聲だ。

だから渡されたCDの聲では、何とも言えない。

初めて生での聲を聞かせてもらってからだ。

あとは本人の自覚と精進しだいなのだ。
さてどんな聲を聞かせてくれるのか?
乞うご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ(西麻布) ℡03-5766-3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/28

昨日、群馬県・館林市で竜巻発生!!!日本中、1年間は警戒警報状態ですよ!皆既日食の影響で!!!!

 大雨での河川の氾濫、地震に津波、突風に竜巻等、などあらゆる事が当たり前のように日本全土を襲うだろう、2009年7月から1年間は!

何が起こっても当たり前のこと!!!!

皆既日食の恐ろしさは、これから秋にかけて、これからだよ。

台風は特にお気をつけて下さいよ!!!日本国の皆さん!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/27

詩人薦田愛、29日(水)、第371回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に21回目の参加!六本木で自作詩を宙に解き放つ!!!

21回目とは参加詩人の中では最多参加回数だ!

それだけに薦田愛の今回の聲に関心が有る。

聲をコンスタントに出し続けて来るとどうなるのか?

乞うご期待!!!

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木、出雲大社東京分社前) ℡03-3401-3011 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜(26日)、FOXテレビのテレビドラマ[LAW&ORDER,犯罪捜査官、シーズン2、♯6]で、教会と約束した150万ドルを寄付する為に、癌の抗がん剤を薄めて多額の利益を挙げた製薬会社の社長を逮捕する話だったのだが・・・・!

 癌の抗がん剤を薄めたりした事案が12000件もあるとか?

それだけ助かる患者を殺してしまった製薬会社社長の話だが、日本の製薬会社でも、もしかしたら、と思わせるストーリーだ。

日本の製薬会社の抗がん剤は、大丈夫かね???

こんな事が無いとは、断言できないのでは?

一度、抜き打ち検査をしてみたらどうかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/26

詩人有働薫、28日(火)、第371回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に11回目の参加!初めての画廊で、新作の詩を宙に解き放つ!!!

 今年、20年目の[天童大人 聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社[に参加し、一の鳥居から聲を発した経験が今後の詩人有働薫の詩的人生にどのような影響を与えたるのか、とても楽しみだ!!!

和歌からの伝統詩は神さんに向かって、奏上する!

それは古代からの伝統。

詩は芸能ではない!

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木) ℡03-3401-3011 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/25

[天気]は天子の気色。天皇の機嫌。天機、と広辞苑に出て居る事を知って居ましたか? お天気お姉さん、等とは言えないのではないか?昨今、天気が不順なのは天皇家の争い事が原因なのか?皆既日食の影響が、連日、日本を襲っているぞ!ご注意されたし!!!

 天気が天皇の機嫌、とは全く知らんかったよ!

広辞苑を、急いで引いて見て確かめて下さいよ!

もう、お天気お姉さん、とは言えないね。言わせているテレビ局の人間は、天気を天機とは考えて来なかったからだね。

神さんの為の神事を行なう天皇家も、内輪もめしている時ではないぞよ。

今、国難の時ぞよ!!!

親の心、子知らずでは、先が思いやられるぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人三井葉子さんの22日の第368回で、詩人が詩を聲を出す事についてのお話は、私にとって或る教示を頂いた。またギャラはプロジェクトに寄付して下さった。重ねて三井葉子さんに御礼を申し上げる。本当に有難う御座いました!!!

 少ない人数だったから話されたのかも知れないが、非常に貴重なお話だった。

何れ機会が有れば、対馬での「聲ノ奉納」にも参加されたいと言われた。

有難い事で、是非、参加して戴きたいものだ。

この対馬での[聲ノ奉納]、20年は画期的な出来事で、日本の伝統詩歌の根源を、現代に現わして居る事を再確認させてくれた。

参加者のお一人は70回の参加に達した。また給付金の一部をこのプロジェクトに寄付して下さった。

本当に有難うございます。

遂に365回、1年間、毎日、日本の詩人が聲を出し続けた事に為る。

愈々、これからだ!

乞うご期待を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/24

仏文学者後藤信幸 27日(月)、第370回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に初参加!このプロジェクト370回にして初めて翻訳者が翻訳した詩を聲に乗せる!フランスの詩人、フィリップ・ジャコテ、詩集『無知なる者』(国文社刊)を!初参加画廊:六本木のESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊で!!!

 フランスの詩人、フィリップ・ジャコテ!

私のパリの定宿のオーナー主人の奥方が造形作家で、このフィリップ・ジャコテを親しく知っていたのだ。

そこで日本でジャコテの翻訳詩集『冬の光に』(国文社刊)が知人のフランス文学者が訳したの話すと彼女は驚いていた事を思い出す。

今回の二冊目のジャコテ詩集『無知なる者』(国文社刊)を翻訳者自ら聲に乗せてみたら???と突然思い浮かべたので、後藤さんに話を持ちかけ、今回、実現したのだ。

会場は今回初めてこのプロジェクト参加の画廊 ESPRIT ANIMAUX 児嶋画廊だ。

 ジャコテ詩集2冊『冬の光に』(2800円)、『無知なる者』(3000円)(国文社刊)を会場でも販売の予定。

後藤さんの体力が続く限り、聲に乗せて頂く予定!!!

さて初めての試み、如何為りますか、乞うご期待!!!

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 ℡03-3401-3011 午後7時開演

場所は六本木、明治屋前を超えて、右に下がると出雲大社東京分社の前の中二階。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/22

愈々、46年振りの皆既日食、これからは昨日、発生した山口県内での豪雨など起こるのは当たり前になるぞよ!!!河川の周りや、崖の近くなどに住む者は心して、至急、身の回りを再点検せよ!!地盤が緩み始めているぞよ!!

 今日(22日)の正午から、何が起こっても可笑しくない状態に、日本全土が巻き込まれのだぞよ!!!

地震・津波・土砂崩れ・雪崩・道路の陥没・亀裂、河川の決壊、脱線、飛行機墜落、船舶沈没、鉄道脱線等など、何が起こっても何ら不思議ではないのが、皆既日食を観測できた地域での出来事だぞ!!!

この島国・日本全土だぞよ!!!

現国会議員の半数が入れ変わっても、何ら可笑しくないのだぞよ!!!

自民党単独での政権維持はもう既に不可能のまま!!!

麻生太郎の濁声で応援された議員は落選を覚悟せよ!

う~ん、国難かな、これは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/21

署名を拒否した閣僚は一人も居ないとは、全く情けないね!!!選挙の顔として麻生太郎を選んだ自民党の国会議員は、全員、落選に向かって歩み始めた!!!

 選挙という戦場!

 全く情けないね。これでは何も変わらないね、この国は。

解散した翌日が皆既日食とは、恐ろしいね、何が起こるのだろうか?

8月18日に公示。30日に投票。40日間の選挙戦!

日頃、何もしない、出来ない議員たちは、どう戦うのだろうか?

お手並み拝見だね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眼窩蜂窩織炎、なんとも懐かしくもあり、煩わしくもある病名を、DVD「CSI :Miami」の中で出て来たので驚いた。

 失明の懼れもある事を、今、初めて知ったかっての自分の病名。

19年前のヨーロッパから帰国して3日目に発症した眼の病。

左目の焦点が合わず、二重に見える状態がどの位、続いたであろうか?

何故起こるのかは、今もって原因不明なのだ!

目の奥の蜂の巣のような場所に炎症を起こし、それが脳に触れると、アウトに為ると言われている。

危なかったんだね、あの時は。

良く、回復したね、時間がかかったが。

助けてくれた多くの皆さんに、改めて御礼を!

本当に有難うございました!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人・作家の稲葉真弓、23日(木)、第369回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に11回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

 遂に詩人・作家の稲葉真弓、10回の大台を超える!

早いものですね。詩人の山口真理子の紹介で、このプロジェクトに参加。

以前からデスペラのマスター、渡辺一考氏より話は聞いて居たのだが、参加が遅れたのだ。

しかし、コツコツと回を積み重ねて、11回目。

今回はどんな聲を聞かせてくれるのか?

乞う ご期待!

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/20

大阪府・八尾市在住の詩人三井葉子、22日(水)第368回プロジェクト『La Voix des poètes(詩人の聲)』に3回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

 今回で3回目の参加に為る詩人三井葉子。

久方振りに、あのはんなりした大阪弁を聴けるのは嬉しい限りだ!!!

今回はどんな聲を聞かせてくれるのか?

乞う ご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ  ℡03-3562-1305 午後7時開演。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/19

小樽在住の詩人長屋のり子、21日(火)、第367回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に初参加!新詩集『睡蓮(Lotus)』(ぽえとりくす舎刊)を京橋の宙に解き放つ!!!

 小樽在住の詩人、長屋のり子、全く知らなかった。
詩人中原道夫の会の予約のFaxが入るまでは。

小樽市春香町の名前を見て、電話を入れて話をしてみれば、聲の綺麗な人で、文化学院・文科の先輩で、詩人山尾三省の妹さんだとか!
一しきり、戸川エマ・二戸田六三郎・白井浩司等の名前が次から次へと出て来たのだ。

そこで詩集も1冊在るので、このプロジェクトに参加をお願いして今回、実現した。

どんな聲を聞かせて下さるのか?楽しみだ!!!

ギャルリー東京ユマニテ(京橋) ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グルジアの詩人 エヴェゲーニイ・アレクサンドロヴィチ・エフトゥシェンコが1973年6月23日、東京・渋谷[西武劇場]で、朗読会を行なった事を、詩集『白い雪が降る』(毎日新聞社刊・1974年)を見て、今、初めて知った!!!

 その頃はロシアの詩人だが、2006年6月の第14回ジェノバ国際詩祭に、白石かずこさんと共に招待参加した時、グルジアの詩人としてエフトゥシェンコが招待されていた。

 出会いはジェノバのホテルのフロントでだった。派手なシャツと半ズボン姿の大柄な男、それが詩人エフトゥシェンコだった。

[本当に、日本人?誰だっけ南米の大統領で?]、と笑いながら言うのだが、私はこの背の高い男が誰だか分らなかったのだ。ここにロシアの詩人が居る事は、全く念頭に無かったからだ。

会期中に、彼は一時間余り、独演を行なったのだ!73歳の詩人にしては元気一杯だった。驚きましたよ!!!

ロシアの詩人と言えば、大きな聲のアンドレイ・アンドレヴィチ・ヴォズネンスキー!

彼とは同じ板場に立って聲を出してみたかったのだが、白石さんの話では、脳をヤラレテ、もう聲は出ないとの事!
本当に残念な事をしたものだ。
一度で良いから、聲合わせをしてみたかったのに。
そろそろ武者修行を開始しないと駄目だね。世界は広いから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/18

30日(木)に予定していた名古屋在住の詩人井上輝夫、プロジェクト第373回への参加は急用の為、延期に!代役は若い詩人の永澤康太、初参加と変更に為ります!!!ご了解ください!

 昨日、名古屋在住の詩人井上輝夫氏からメールが入り、30日の第373回は急遽延期に。

代役は初参加に為る若い詩人の永澤康太に。

先日、初参加の山田亮太の会の時にCDを受け取り、その後、詩集とCDとが送られてきた。

ともかく、間延びした呼吸で、1時間余りの時間、どう聲を宙に撃ち込むのか、楽しみだ!

乞うご期待を!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪山山系で死者10名とは驚きだ!!!7月と言っても大陸系の山の恐ろしさを知らなさすぎるよ!軽装備で、登れる山では無いのだぞよ

 中高年の人々が山歩きして居る事は、作家の坂上弘・稲葉真弓さんらの会話の端はしから知っていたが、まさか大雪山系まで、山歩きツアーをしていたとは、この惨事を知るまで、知らなかった。

そうだ!私は北海道の山を登ってはいなかった。唯眺めていただけだったのだ。

山を軽く見くびってはいけませんよ!

山には山の神様が居られますからね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/17

皆既日食が、1963年7月21日以来、46年振りに見る事が出来る7月22日。日本各地に自然災害が起こるぞよ!!!ご用心!ご用心を!!!

 46年振りの皆既日食が観測できる日本!!!

恐ろしぞよ!皆既日食が見える地域は、全て自然災害が起こる兆しなのだ!!!

日本の全ての地域に渡って居るのが恐ろしいぞよ!!!

地震・津波・台風その他諸々について、御用心を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人八木幹夫、18日(土)、第366回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に2回目の参加!新宿の宙に自作詩を解き放つ!!!

 新宿では初めての聲、1回目から期間が開いての参加。

さてどの様な聲を聞かせてくれるのか、乞うご期待。

ギャラリー絵夢(新宿)の8月公演の最終日。

是非、お出かけください!!

ギャラリー絵夢(新宿) ℡03-3350-4870 午後6時半、開演(ご注意ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/16

麻生太郎を選んだ事がそもそもの大間違い!麻生太郎の首相ごっこ、遊びを、国民は既に見抜いて居るんだよ!これ以上、日本国の為政者の位置に据え置く事は、国益を損ない続けて行くのみ!!!民度の低い国民を侮るなかれ!!!

 どうして濁声で、顔の曲がった男を、日本の表紙に相応しくないと誰も気が付かない、とは全く可笑しい事だ。

何故、この程度の器の人物を選出したのか?

国難は既に訪れて居るのだが?

日本海側の本州の線が消えかかっているのだが、未だ気が付かないのだ。

もう自民党政権から、1度、政権を動かしてみて、誰が国民の為の政治を行うのか、一度、試してみたいものだ、と気が付き始めたのだ!

6月23日以後、この危うい水の惑星は、劇的な変化を起こし始めているのだが、気付いていますか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/15

詩人原田道子、17日(金)第365回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に6回目の参加!新詩集『曳舟』(砂子屋書房刊)を新宿の宙に解き放つ!!!遂に365回!1年間、毎日、都心の画廊で、詩人が聲を出し続けて来た事に為る・・・!!!

 遂に365回と言う数字に達する!

即ち1年間、365日、毎日、詩人が聲を出し続けて来た事に為るのだ。2年9ヵ月で。

さて詩人原田道子、新詩集『曳舟』(砂子屋書房刊)を聲に乗せます!

どんな聲が出て来ますか?乞うご期待です。

ギャルりー絵夢 ℡03-3350-4870 午後6時開場 6時半開演 (ご注意ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野の詩人作田教子、第364回「La Voix des poètes(詩人の聲)」に初参加!新宿の宙に自作詩を解き放つ!!!

 長野からの初参加の詩人作田教子。

どんな聲を聞かせてくれるくれるのか?

ギャラリー絵夢(新宿) ℡03-3350-4870 午後6時開場 6時:30分開演(ご注意ください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

詩人峰岸了子 15日(水)、第363回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に13回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

 聲を出す事を身体に覚え込ませるには、そう短時間できる簡単無事では無い。

身体が聲を何時でも出したい、という身体にまで持って行くには、このプロジェクトで、数回とか何十回とか、大きな聲を出すの問題では無い。
ぶれない聲にまでレベルを持ち上げて行くには、発者のたゆまぬ精進だけしか無いのであろうか???

聲の秘密は20世紀でも解決しなかったのだが、今世紀では、可能だろうか?

肉聲で一度、ガラスを割って見たい物だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリアの聖山、エアーズロック(ウルル)、18ヶ月以内に、入山禁止へ!!!日本の富士山も登山禁止に、踏み切ったら如何かな浅間神社殿!!!

 先住民アボリジニの聖地、エアーズロックことウルルが18ヵ月以内に入山禁止に為るとオーストラリア政府が計画中だと言う。

当然の処置だろう! 政府の判断は遅すぎたくらいだ。

聖地の力が衰えて居るのが写真を見ても分るからだ。


では日本の富士山。この頂上付近は、浅間神社の私有地の筈だが、蛮勇を奮って、富士山登山禁止にしたら如何か?
ゴミを平気で捨てる登山者など追放してしまえば良いのだ!!!

富士山も霊峰富士とも言われていたのでは無かったか???

富士山山頂の噴火口には、二匹の赤龍が眠っていると言われている。

余りにも身勝手な登山者を締め出す為に、数年間、登山禁止にすることを浅間神社にお勧めする!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/13

映画「あるいは裏切りという名の犬」に続いて、「あるいは復讐というなの雨」をDVDで見た。

オリヴィェ・マルシャル監督とダニエル・オートゥィェ主演の映画だが、今回の「あるいは裏切りという名の雨」は、前作と比べて歯切れが悪い。テンポかな?
もしこれに続けて制作されたらきっと駄作に為るだろう。
テンションが下がり始めて居るからね。
監督が元刑事で、自分が経験した実話に基ずいて作られたからかもしれないのだが。

経験を基にすると想像力が働かなくなるのだが、マルシャル監督も同じ轍を踏まなきゃ良いのだが???

うーん、映画は楽しいけど難しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人河野聡子 14日(火)第362回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に7回目の参加!デビューした三宿の宙に、自作詩を解き放つ!!!

 早いもので、このプロジェクトに詩人河野聡子が参加して7回目。

唯、回数を重ねるだけで無く、一回一回の積み重ねを重ねて、身体が聲を出す事を覚えるまでに為らなくては為らない。
7回目は胸突き八丁!!!

ここで、1時間以上聲を出し切ると、次の地平線が見えて来る筈だ。

さあ、詩人河野聡子!

今回はどんな聲を聴かせてくれるのか、楽しみだ!!!

乞う ご期待!!!

Star Poets Gallery ℡03-3422-3049 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自民党議員は速やかに下野せよ!!!6月23日からこの危うい水の惑星、世の中が地滑り的に変化しているのだが、誰も気が付かないのだ!!!!

 都議選の応援に何故、自民選挙対策委員会は、麻生太郎を応援演説させたのか???

耳が悪いのだよ、自民党都連選対は耳の悪い者が揃っている。

何故、あの濁声を都民の耳に届けるのか?

まるで負けて居る事を知らせるようなものだろうに。

麻生太郎が応援しない議員だけが当選して居るのだよ!

麻生太郎に政治家の資質が本当に有る、と自民党国会議員は総裁に選出し、総理に押し上げたのだが、政権与党に相応しい人物だと本当に思ったとしたら、余程の偶者揃いと知った。

愈々、一人ひとりが覚醒し始めたのかもしれないよ。

現在、毎日、100人以上が自殺している、とか!!!

どっちみち、公明党はこれ以上、議員数は残念ながら増えないからね。

一度、政権を代えてみましょうよ!!!

空気を代えて、力強く・・・・!!!前に向かって!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/12

「密約文書」が埋まっている外務省。政府は密約文書公開を急がないと、自民党政権に決定的なダメージが与えられるぞよ!!!!

 歴代の日本の政府首脳と言われた人々よ!!!

お前たちの隠蔽体質が、国民の利益を損ない続けて来たのだぞよ!

「密約文書」を白日の元に、曝しだしたら・・・・!

はよう、公開してご覧!

愚かな国民と言われ、もう騙されるのは止めにしましょう!

やはり1度は政権交代をして、膿を出し切らせましょう!!!

国民、一人ひとりが覚醒しない、冬眠状態の儘でしたから、自民党は政権維持は遣り易かったでしょう!

6月23日から一段と意識・精神のレベルアップが為されましたよ。

お気をつけ下さいよ!!!

これからはどんどん早く、変わりますよ。

選挙には行きましょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/10

詩人佐岐えりぬ、13日(月)、第361回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に初参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

この7月には初参加の詩人が5人、居るのだ。

13日(月)、佐岐えりぬ、16日(木)長野の作田教子、 21日(火)小樽の長屋のり子、 27日(月)仏文学者の後藤信幸、31日(金)天音琴の5にんである。

先ずは13日の佐岐えりぬ。
聲を出すことには、熟知している詩人だけにどのような聲を聴かせてくれるのか?
初めての場での聲の撃ち込み!

乞うご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

詩人天沢退二郎、10日(金)、第360回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、4回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!

 早いもので4回目の参加に為る詩人天沢退二郎。

第1回の参加の時に、余りの早口で、自作詩を聲に乗せるのに、驚いた記憶が鮮明にあるのだ。

聴く側が天沢退二郎の聲に馴染み始めて来たと言うべきか。

さて今回はどんな聲を聴かせてくれるのか?

乞うご期待!

ギャルリ―東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/07

詩人天童大人 9日(木)、第369回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)」に13回目の参加!京橋の宙に対馬・浅茅湾・和多都美神社での聲を再現するか???

第359回  プロジェクトLa Voix des poètes(詩人の聲)

肉聲の復権を目指す! ―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー

天童大人UNIVERSAL VOICE® 公演

対馬・和多都美神社 in 聲ノ奉納、20年とは何か?

去る6月23日、午後2時31分。和多都美神社、海中の一の鳥居に立ち、約230メートル
離れた本宮の奥、豊玉姫の墳碑目がけ、元寇の役で日本・中国・韓国の大勢の無辜の
人々の霊を弔い、広く世界平和を祈願して、聲を撃ち込み始めました。そして自作詩、一つ
の[真理]に、をも聲に乗せ、20分余り、それは何か、を直に感じて頂きたい。

略歴 :(詩人・朗唱家・字家®)

1973年7月、スペイン・ピレーネ山頂で、「太陽の啓示」を受け、「聲ノ力」に開眼。

1980年   肉聲による朗唱活動を、日本各地で本格的に行う。

1983年2月、詩人・吉増剛造らを誘い、「北ノ朗唱」を(~92年)10年間行う。
     8月,「奉納 即興朗唱in対馬・和多都美神社」を挙行。

1987年9月、ケネディ・センターのジュリアン・プール女史に「UNIVERSAL VOICE」と命名される。

1988年11月 第1回「南の朗唱」を高橋睦郎・伊藤比呂美と始める。(~90年まで3年間)

1989年1月より「ポエムリーデイングの夕べ」(大塚フォーラム)を90年9月迄50回プロデュース。

1990年5月、「聲ノ奉納 in対馬・和多都美神社」を開始する。本年で20回(継続中)。
     7月 ジュリアン・プール女史の推薦で、ザルツブルグにてオペラ歌手 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ教授(ソプラノ)のマスター・クラスを受講。
1997年7月 第7回メデジン(コロンビア)国際詩祭に招かれ、国際交流基金の助成を受け、参加。それ以後、世界各地の国際詩祭に、多数招待参加。

2002年3月 イタリア・ヴェローナ 「春の詩祭」,アレーナ(野外闘技場)で、単独公演。

2006年10月14日より、「ラウンド・ポエトリーリーデイング」を創設、2008年4月17日,第201回より、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」と改称、現在もプロデュース中。

日時:2009年7月9日(木) 入場18:30 開演19:00
入場料: 予約 大人 2,500円 当日 大人 2,800円 
   大学生1,500円(学生証提示) 高校生500円(学生証提示)
小・中学生 無料 (保護者同伴)

場所:ギャルリー東京ユマニテ(京橋)

104-0031中央区京橋2-8-18 昭和ビルB1 ℡ 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp  URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MANITOU」と言う銘柄の西ドイツ製の煙草をご存知ですか???昨夜、有楽町・炉端の主人井上孝雄史から頂いて来て、初めて知りました!!!

 煙草でMANITOU。上手いネーミングですね。

キッキ マニトウの名の基に、騎兵隊とネイティブ・アメリカンとの和解の儀式はパイプを交換するからだ。

この名前を考え付いた人物はだれだろうか?

尋ねてみたいのだ、キッキ マニトウを何処で知ったかと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人松尾真由美、8日(水) 第358回プロジェクト[La Voix des potètes(詩人の聲)]に二回目の参加!初めての西麻布、サロン・ラ ルーチェで、二冊組みの新詩集『不完全協和音』(思潮社刊)を読み始め、8月28日の第385回に続く!!!

 札幌から親族の介護の為に、離道し、住まいを東京に移した詩人松尾真由美。

閉ざされた土地、札幌から解放されたのか、この二冊組みの新詩集『不完全協和音』(思潮社刊)に続いて、新詩集を準備中とか。

音楽の素養を持つ詩人松尾真由美。

2回目で、8日 誕生日と出版記念を兼ねた詩人の聲

果たして如何に相成りますか?乞う ご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ ℡03-5766-3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若い詩人山田亮太、7日(火) 第357回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、初参加!第一詩集『GIANT FIELD』(思潮社刊)を、三宿の宙に解き放つ!!!

 若い新しい聲の出現か?

舞台にも立つ詩人山田亮太。

第一詩集を手に、どんな聲を聴かせてくれるのか?

乞う ご期待!!!

Star Poets Gallery ℡03-3422-3049 午後7時 開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然、コロンビアのメデジン国際詩祭の事を言われても、日本の詩人にとっては、全く分りませんよね!うーん!!!

 今、コロンビアがどんな状態に在るのか調べなくては為りませんね。

あの世界最大の国際詩祭のメデジンにコロンビア政府がどんな弾圧を加えて居るのか?

今しばらくお待ちください。

日本ではこのメデジン国際詩祭のような大掛かりな国際詩祭は未だ開催されてはいません!!!

1週間余り、参加した詩人は、数回に渡り存分に聲を撃ち込む事が出来ます。

1週間の最終日には野外の劇場で4000人から8000人の規模で、数時間に渡る朗読会が開催され、聴衆は最後まで帰りません!

そんな国際詩祭は世界でも、今ではコロンビアのメデジン国際詩祭だけでしょう!!!

残念ながら、日本ではメデジン国際詩祭のような継続した国際詩祭は、未だかって一度も開催されてはいません。

アニメの殿堂を造るくらいなら、詩の殿堂を造るべきでしょう!!!

そんな智的な政治家も経済人も払低して居るのが、今の日本でしょう!

早急に、解散・総選挙を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/05

コロンビア・メデジン国際詩祭をサポートする為に、御協力くださる詩人の方は、私宛に賛同のメールをお送りください。まとまり次第、トビアスかメデジン国際詩祭宛に賛意のメールを送ります!宜しくご協力ください!!!

 嘗てメデジン国際詩祭に参加した、しないに関わらず、世界最大のコロンビア・メデジン国際詩祭を存続させする為に、是非、ご協力ください。

早速、詩人の神泉薫さんから初めての賛意のメールが届きました。

宛先は

  tendotaijinbureau@mbi.nifty.com 宛てです。

  宜しく、お願いいたします。


            天童 大人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日、ドイツの詩人トビアス・ブルックハルトから、コロンビア・メデジン国際詩祭のサポートの為、あなたの名前を送ってください、との要請のメールが入りました。プロジェクト参加詩人の皆さん!是非、御協力下さい!!!

 ドイツの詩人 トビアス・ブルックフェルトからのメールです。

是非、御協力をお願いいたします。

      プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]
             プロデューサー
                      天童 大人


件名: 詩祭のサポートのため、あなたの名前をお送りください。

コロンビアの偉大な詩人であるフェルナンド・レンドンに対するコロンビア政府の弾圧に対して
我々は沈黙しておられず、このメールを皆さんに配信しています。
フェルナンドはメデジン国際詩祭のデイレクターで、2006年、ノーベル・平和賞の候補にもあがった素晴らしい詩人です。

メデジンの国際詩祭、そして詩の存在そのものが当局からの攻撃の的になっています。
ノーベル賞の候補にあがることは、人々へ詩の存在の重要性、自由と正義の認識の
表われです。

中略

全ての国の一般の方々、世界中の、そしてコロンビアの詩人たち、作家、知識人、アーテイストたちは
メデジン詩祭を守るために感覚を研ぎ澄まし、闘っていかねばなりません。そしてそれは
自由、尊厳、美のために行動することなのです。

以上

重複の部分は除いています。

現在、コロンビア政府はメデジン国際詩祭に対して、弾圧を行なっているようです。
日本の詩人のサポートをお願いいたします。

お名前をお送り下さい!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/04

今夜、対馬の聲ノ奉納に東京から参加した8名の内、詩人の有働薫を除く、7名が有楽町・炉端に集まり、打ち上げを行ないます。

既に久留米の中村事務局長から、八女茶の新茶が参加者全員に届いています。

どんな話に為りますやら、乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/03

20年前に刊行した『ビデオ字聲集 -天童大人(三童人)・聲・字・三位一体ーによる、大神 ・キッキ マニトウの世界』(キャマラード・キグヌス刊)をオークションで見付け、落札できたので、過去、20年余りの己の縁を顧みる事が出来るのは良い機会だ!!!

 大神・キッキ マニトウ!!!!

第一声が忘れもしない1983年2月10日 帯広の洗濯船だ。

あれから26年余り、世界中に撃ち込んできた大神・キッキ マニトウ!

今後、何処で、何に向かって撃ち込まれるのか、大神・キッキ マニトウ。

20年振りに見る字と聲とは、今後に何を齎してくれるのか?

乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/02

愈々、2009年度の下半期が今日(2日)の詩人神泉薫の聲から始まります。7月中に365回を間違い無く、超えて回を重ねて進んで行きます!御期待下さい!!!

 このプロジェクトが始まって今月で34ヵ月目、365回を間違いなく超えます!

1年間、日本の詩人の聲が毎日、都心で出されていた事に為ります。

現代の詩の中で、戦前・戦後を通じて、このような会が在りましたか?

20年前、2年間で50回、54人の詩人のプロデュースを行ないましたが。

現在、参加詩人数は94名。開催会場は6ヵ所。

今年に為ってから、参加者が確実に増えて来ています。

このプロジェクトは派手で、仰々しくはありませんが、着実に歩みを進んでいます。

参加して下さって、続けて聲を撃ち込んでおられる詩人たちの聲は確実に力が付いて来ています。

今後の400回、500回と回を重ねた後の参加した詩人たちの聲ノ力に、御期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

詩人島木綿子 3日(金)、第356回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に5回目の参加!初めて西麻布の宙に自作詩を解き放つ!!!

参加詩人94人の内、24番目に、5回目の参加に為る詩人 島木綿子。

まだまだひたすら宙に向かって聲を撃つ時期!

どんな聲を今回は聴かせてくれるのか?

乞うご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ ℡03-5766-3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月・8月のプロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]の公演日程表です!7月は20回公演、8月は12回公演!!!徹底的に詩人には聲を出して頂きます!!!

        天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

  プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  

              7月 

第355回7月2日(木) サロン・ラ ルーチェ 神泉薫(15)

第356回7月3日(金) サロン・ラ ルーチェ 島木綿子(5)

第357回7月7日(火) Star Poets Gallery 山田亮太(初参加)

第358回7月8日(水) サロン・ラ ルーチェ 松尾真由美(2)

第359回7月9日(木) ギャルリー東京ユマニテ  天童大人(13)

第360回7月10日(金) ギャルリー東京ユマニテ 天沢退二郎(4)

第361回7月13日(月) ギャルリー東京ユマニテ 佐岐えりぬ(初参加)

第362回7月14日(火) Star Poets Gallery 河野聡子(7)

第363回7月15日(水) ギャルリー東京ユマニテ 峰岸了子(13)

第364回7月16日(木) ギャラリー絵夢  作田教子(初参加)

第365回7月17日(金) ギャラリー絵夢 原田道子(6)

第366回7月18日(土) ギャラリー絵夢  八木幹夫(2)

第367回7月21日(火) ギャルリー東京ユマニテ 長屋のり子(初参加)

第368回7月22日(水) ギャルリー東京ユマニテ  三井葉子(3)

第369回7月23日(木) ギャルリー東京ユマニテ 稲葉真弓11)

第370回7月27日(月) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊  後藤信幸(初参加)

第371回7月28日(火) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 有働薫(11)

第372回7月29日(水) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 薦田愛(21)

第373回7月30日(木) サロン・ラ ルーチェ 井上輝夫(4)

第374回7月31日(金) ギャラリー華  天音 琴(初参加)
(この第374回のみ、開場15:00 開演15:30分です。ご注意下さい!)


  8月


第375回8月3日(月) サロン・ラ ルーチェ 藤本真理子(初参加)

第376回8月4日(火) サロン・ラ ルーチェ 村山精二(3)

第377回8月6日(木) サロン・ラ ルーチェ 白鳥信也(4)

第378回8月19日(水) Star Poets Gallery 長谷川忍(2)

第379回8月20日(木) サロン・ラ ルーチェ 紫圭子(5)

第380回8月21日(金) サロン・ラ ルーチェ 森川雅美(4)

第381回8月24日(月) ESPRIS ANIMAUX 児嶋画廊 山口真理子(12)

第382回8月25日(火) ESPRIS ANIMAUX 児嶋画廊 後藤信幸(2)

第383回8月26日(水) ESPRIS ANIMAUX 児嶋画廊 田中健太郎(10)

第384回8月27日(木)ギャルリー東京ユマニテ 田中庸介(8)

第385回8月28日(金)ギャルリー東京ユマニテ 松尾真由美(3)

第386回8月31日(月)ギャルリー東京ユマニテ  馬場駿吉(5)

              (9月に続く)


ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), サロン・ラ ルーチェ(西麻布),ギャラリー華(広尾),ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊(六本木)の各会場の公演時間     開場は:18:30開演:19:00
(サロン・ラ ルーチェは7時に鍵が掛りますので会場には開演5分前迄にはお入り下さい)

* ギャラリー絵夢(新宿)の公演時間は、開場:18:00 開演:18:30 です。

入場料   予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊・サロン
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
          E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

サロン・ラ ルーチェ(西麻布)   106-003港区西麻布4-3-4 ラ・ルーチェ2F
       ℡03-5766-3833 Fax03-5766-3540
E-mail: info@laluce.co.jp
URL www.casa-laluce.com

ギャラリー絵夢(新宿)   160-0022 新宿区新宿3-33-10 モリエールビル3F
              ℡03-3350-4870 Fax03-3352-0413
E-mail:galerie@moliere.co.jp
URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/

ギャラリー華(広尾)     106-0047 港区南麻布5-1-5
 ℡&Fax03-3442-4584
                    E-mail: gallery-hana@nifty.com URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)  106-0032港区六本木7-17-20
明泉ビル201
Tel&Fax03-3401-3011
E-mail:aej07072@nifty.com
URL:htto//www.gallery-kojima.jp/


参加希望のお問合せ,その他:北十字舎

              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
     ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
         Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御寄贈下さった詩書たちです。本当に有難うございます。プロジェクトの今後の発展の為に、有意義に活用させて頂きます。本当に有難うございます!!!

御寄贈下さった詩書たち(12)2009・06・01~30

詩誌

井崎外枝子[笛]6 248号
海埜今日子[すぴんくす]Vol.8
イタヅカマコト[Imaginia]Vol12,5
中原道夫[詩歌句]Vol24 秋
香山雅代[Messier]33
長屋のり子[小樽詩話会]第509回
竹林館[PO]Summer/No.133
田川紀久雄[操車場]25号
藤本真理子[GANYMEDE]vol.44Dec1,2008
後藤信幸[いのちの籠]第12号
池田康[洪水]第4号

詩集・歌集・句集

後藤信幸 フィリップ・ジャコテ詩集『無知なる者』(国文社)
長屋のり子 木田澄子詩集『Kleinの水管』(緑鯨社)
長屋のり子 下川敬明詩集『光の惑星』(緑鯨社)
長屋のり子 下川敬明詩集『風の喉笛』(緑鯨社)
天空 琴『聖子宮』(グループワイフ)
松沢 桃 『鏡の屈折率』(書肆青樹社)
松沢 桃 『青惑星』(砂子屋書房)
平川綾真智『202』(土曜美術出版販売)
金太中『高麗晴れ』(思潮社)

CD

福島泰樹[哀悼 菱川義夫に献ず](QUEST)
福島泰樹[絶叫!中原中也](QUEST)

評論

高橋睦郎『遊ぶ日本』(集英社)

その他

日本中国文化交流協会 [人民中国]6
藤堂和子[LB中洲通信]6
小沢楽邦[夢の庭] 96初夏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 神泉薫 7月2日(木)に第355回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に、15回目の参加!初めて西麻布の宙に新作を解き放つ!!!

 前回、神泉薫(しんせん かおる)と初めて名乗り、名前の力に動揺したのか、取り柄の間合いも崩れ、得難い経験を積んだ神泉薫。
新しい名前も身に付きはじめた頃だろう今回、さてどんな聲と新作を聴ける事だろうか!

もう中村恵美のキャパでは限界を感じ、大きく脱皮する為に、器を代えた。

新しい器に、どんな作品が産まれ始めたのか?

乞うご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ(西麻布) ℡03-5766-3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »