« 詩人天沢退二郎 30日(水)、第400回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に5回目の参加! | トップページ | 今日の天沢退二郎の聲で、400回。何が凄いのかと言えば、400回、即ち400時間余りも詩人の聲を3年間で聴いた者は世界にも居ないのではないか、と石狩の詩人で版画家の大島龍が言って来た。 »

2009/09/29

日本経済新聞の10月1日号朝刊の文化欄をご覧ください。エセイ「肉声でこそ届く詩の心 閉店後の画廊で詩人による朗読会開き400回」が、天からの贈り物か、400回の大台の乗ったからなのか掲載されます。これでこのプロジェクトに勢いが付くと良いのですが!!!!

 思いがけなく400回目に日本経済新聞の文化欄にプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」が取り上げられます。
 これもこのプロジェクトに参加して下さっているN女史が、見かねて奔走して下さって、紹介される事に為りました。

本当に有りがたい事です。

広くこのプロジェクトが知られて行くことは日本の詩人にとってとても良い事だと思います。

詩の世界に、日本現代詩人会も日本詩人クラブも各同人詩誌も中心ではなく、詩人本人が詩の中心の筈です。

ですから・・・理事だとか、・・・理事を何年遣ったかなどは、論外の筈ですが、この国の中ではまだまだ幅を利かせているようです。

さて聲は正に正直です。嘘偽りは有りません。

整形手術も出来ませんからね。

これからどんな聲に出会う事が出来るのか、楽しみです。

|

« 詩人天沢退二郎 30日(水)、第400回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に5回目の参加! | トップページ | 今日の天沢退二郎の聲で、400回。何が凄いのかと言えば、400回、即ち400時間余りも詩人の聲を3年間で聴いた者は世界にも居ないのではないか、と石狩の詩人で版画家の大島龍が言って来た。 »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/46342470

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済新聞の10月1日号朝刊の文化欄をご覧ください。エセイ「肉声でこそ届く詩の心 閉店後の画廊で詩人による朗読会開き400回」が、天からの贈り物か、400回の大台の乗ったからなのか掲載されます。これでこのプロジェクトに勢いが付くと良いのですが!!!!:

« 詩人天沢退二郎 30日(水)、第400回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に5回目の参加! | トップページ | 今日の天沢退二郎の聲で、400回。何が凄いのかと言えば、400回、即ち400時間余りも詩人の聲を3年間で聴いた者は世界にも居ないのではないか、と石狩の詩人で版画家の大島龍が言って来た。 »