« 本の帯に名前が出ているだけで、10万部以上売れる無申告の脳学者?茂木健一郎!世に名前が売れ始めテレビに現れた姿、言動を見て、何か胡散臭い、如何わしい男だと感じていたご婦人方が多いのには驚くばかりだ! | トップページ | 詩人で翻訳家の有働薫、16日(月)、第412回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!初めて神田の宙に、自作詩を解き放つ! »

2009/11/15

日本で初めての女性国会議員、39人の一人である新妻イトと詩人武田隆子とは、1946年札幌駅で、出会った事を昨日、詩人山本愉美子が贈ってくれた、詩誌「ぶりぜ」7号を読んでいて初めて知った!

 新妻イト、どうも大変な美人らしいのだが、何処かに写真は無いのだろうか?是非、見てみたいものだ。

新妻イトを介して、詩人深尾須磨子を詩人武田隆子は出会い、そして1966年、『深尾須磨子ノート』(木犀出版社)を刊行。そして1986年、『深尾須磨子の世界』(宝文館)を刊行した。

出会い、ね。

良い出会いは、豊饒な宝を齎す!

山本愉美子さん 有難う!

聲を出しましょうね!!!愉美子さん!

|

« 本の帯に名前が出ているだけで、10万部以上売れる無申告の脳学者?茂木健一郎!世に名前が売れ始めテレビに現れた姿、言動を見て、何か胡散臭い、如何わしい男だと感じていたご婦人方が多いのには驚くばかりだ! | トップページ | 詩人で翻訳家の有働薫、16日(月)、第412回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!初めて神田の宙に、自作詩を解き放つ! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

Poetry Voice Circuit」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/46767908

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で初めての女性国会議員、39人の一人である新妻イトと詩人武田隆子とは、1946年札幌駅で、出会った事を昨日、詩人山本愉美子が贈ってくれた、詩誌「ぶりぜ」7号を読んでいて初めて知った!:

« 本の帯に名前が出ているだけで、10万部以上売れる無申告の脳学者?茂木健一郎!世に名前が売れ始めテレビに現れた姿、言動を見て、何か胡散臭い、如何わしい男だと感じていたご婦人方が多いのには驚くばかりだ! | トップページ | 詩人で翻訳家の有働薫、16日(月)、第412回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に12回目の参加!初めて神田の宙に、自作詩を解き放つ! »