« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »

2009/01/02

聲が全てですよ。聲を聴くと、どんな育ち方をし、どんな修業を積み、学んで来たか直ぐ分かると、千二百年前、空海が著述『声字実相義』に書いておりますよ、と・・・・

 初めて教えて下さったのはダンテの『神曲』の翻訳者で、英文学者の壽岳文章先生。
と書いたのは、昨年の11月号の雑誌「野性時代」。

 今、改めて、聲は全てだ、とつくづく思うのだ。

 聲は全てだ、と。

整形も修復も出来ない、聲。

20世紀でも解明出来なかった、聲の謎???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/01

プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」は、年内に第400回を目指して、回を重ねて行くうちに、第500回が見えてくる筈です。参加詩人の皆さん!!!この時期でも腹筋を鍛え、声帯を鍛えて置いてください。出来るだけ、自分の聲を多くの人びとに、聴いて頂くよう、ご努力を、御願いします。

 新たな年の年頭に当り、参加詩人にはお願いしておきます。

このプロジェクトも御蔭様で、3年目を迎えました。

「石ノ上にも三年」の諺も有る様に、大きな礎を築き上げる大事な時期に差し掛かってきました。

幸いにも1月末には第300回を迎えます。

これも偏に参加してくださった詩人・参加者・協力画廊の三位一体の協力の賜物です。

本当に有難う御座います。

言語芸術の極致である詩。弐、参百の部数から、千部余りの部数で、吉として来た「目の言葉」から、「耳のコトバ」への試みにはまだまだ抵抗があるようです。

しかし、詩も原点に戻って考えて見なくては為りません。

古代、印刷術が出来る以前。 それは「聲」です。

聲は、自らに備える武器です。

この武器は、持ち主の器量を瞬時に現します。整形も修復も出来ません。

このプロジェクトに参加して10回を超えた詩人には色々な試みを考えて、実現させて、様々な経験を積まれる事を期待しますが、10回未満の詩人は、唯ひたすらに1時間余り、聲を出し続けてください。

それは聲が出来て居ないからです。

詩人の聲、を各詩人は、自らの努力で、詩人の聲を作り出さなくては為りません。

役者やアナウンサーの聲では無い聲を。

聲の力が付くまでは、聲の幅も無く、自分の書いた言葉でも、上手く表現出来ずに居ます。

現在の日本で、真の聲を出せる詩人は、残念ながら未だ一握りの詩人しか居りません。

嘗て聲を出していた詩人も、出し続けていないと、声帯は衰えてしまい、聲が出ません。

嘗ての栄光は廃れました。廃れた聲である事さえ気づかずに居ます。

今からでも遅くはありません。聲を鍛えられたら、宜しい。

敢えて名前は出しませんが、参加している若い詩人たちの聲が出始めてきました。

これは頼もしい限りです。

これから参加する詩人も、既に参加している詩人たちも、自分の聲に責任を持ちましょう!!!

先ずは聲を鍛えて!!!!

それからです。世界は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月・2月のプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の日程が決まりましたので、」お知らせいたします。年内に第400回の公演を目指して、参ります。今年も是非、奮ってご参加下さい。宜しく、お願い致します。

2009年

    天童 大人 プロデュース 
プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 

1月    

第282回1月6日(火) ギャラリー絵夢 田中健太郎(8)

第283回1月7日(水) ギャラリー絵夢 田川紀久雄&坂井のぶこ(13)

第284回1月8日(木) ギャラリー絵夢  河野聡子(5)

第285回1月9日(金) ギャラリー絵夢  三井喬子(2)

第286回1月10日(土) ギャラリー絵夢 有働薫(7)

第287回1月11日(日) ギャラリー絵夢 白石かずこ(13)

第288回1月12日(月) ギャラリー絵夢 薦田愛(18)

第289回1月13日(火) ギャラリー絵夢 中原道夫(2)

第290回1月14日(水) ギャラリー絵夢 天沢退二郎(2)

第291回1月15日(木)Star Poets Gallery 辰巳泰子(初)

第292回1月16日(金)ギャルリー東京ユマニテ 紫圭子(2)

第293回1月17日(土)Star Poets Gallery 浜江順子(4)

第294回1月19日(月) ギャルリー東京ユマニテ 坂井のぶこ(4)

第295回1月21日(水) ギャルリー東京ユマニテ 田中庸介(7)

第296回1月22日(木) ギャルリー東京ユマニテ 山口真理子(12)

第297回1月23日(金) ギャルリー東京ユマニテ中村恵美(13)

第298回1月26日(月) ギャルリー東京ユマニテ 稲葉真弓(8)

第299回1月27日(火) ギャルリー東京ユマニテ 八木幹夫(初)

第300回1月30日(金) ギャルリー東京ユマニテ 小川英晴(6)

              
          2月


第301回2月9日(月) ギャラリー華 中本道代(初)

第302回2月10日(火) ギャラリー華 有働薫(7)

第303回2月12日(木) Star Poets Gallery 辰巳泰子(2)

第304回2月13日(金) ギヤルリー東京ユマニテ 武藤ゆかり(5)

第305回2月17日(火) ギャルリー東京ユマニテ 坂上弘(2) & 稲葉真弓(9)

第306回2月19日(木) ギャルリー東京ユマニテ 原田道子(4) 
  
第307回2月24日(火) ギャルリー東京ユマニテ 岩切正一郎(2)

第308回2月25日(水) ギャルリー東京ユマニテ 峰岸了子(12)

第309回2月28日(土) Star Poets Gallery 伊藤比呂美(5)



3月(続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)の公演時間は 開場:18:30, 開演:19:00

Star Poets Gallery (渋谷)の公演時間は    開場:18:30, 開演:19:00

ギャラリー華(広尾)の公演時間は  開場:18:30開演:19:00

ギャラリー絵夢 (新宿) の公演時間は   開場:18:00開演:18:30

      (お間違いのないように御願いします)

  入場料   予約 大人2,500円      
        当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)

高校生 500円(学生証呈示)  小・中学生 無料(保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加画廊:

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
 E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾) 106-0047港区南麻布5-1-5
Tel &Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

ギャラリー絵夢(新宿) 160-0022新宿区新宿3-33-10モリエールビル3F
Tel&Fax 03-3352-0413
E-mail:galerie`moliere.co.jp
URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/

問い合わせ,その他:北十字舎
              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
     ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au) 090-3918-3256(SB)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

 1月の初参加は歌人・辰巳泰子と詩人・八木幹夫。 2月は詩人・中本道代で、これで参加詩人は80名を超しました。
他の詩人も指を拱いて見ていないで、奮ってご参加下さい。

これからの日本文化の為にも、宜しく、お願いしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

ガザを爆撃しているイスラエルの背後に、メドベージェフ ロシア大統領の顔がちらついている。この争いにロシアが深く関与しているようだ。ロシアの動きに刮目を、忘れるな!!!

 数日前から、イスラエルの影に、メドベージェフ ロシア大統領の顔が浮き上がったり、消えたりしている。

戦争に為ると、下がったままの石油価格が大きく変動する。

どうもロシアが影で、糸を引いているようだ。

ロシアの動きに要注意を!!!


今、世界各地に、龍が焔の塊を打ち込んで、邪まな者、この水の惑星を痛めつけてきた者たちは、消えて行く事に為る。この過激な行動を、誰にも止める事は出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/30

2007年12月31日正午。地図からアメリカが消えた事を、再三知らせ、忠告を発してきたが、聴く耳を持たずして、馬鹿な大統領選にうつつを抜かしているうちに、未曾有の大金融恐慌に突入し、世界を巻き込んでいったのだが、今では日本も風前の灯火。海岸線を残すのみだと言うのに・・・・。

 地図からアメリカが消えて、丸一年。

誰にも予想出来なかったアメリカの凋落。

誰がアメリカ大統領に為っても、変える力は残されていない。

黒いヒットラーの誕生、そして暗殺され、より凋落に進むアメリカ。

2008年の最後に為って、イスラエルが、ガザをを爆撃とは。

凋落する国には、助けて貰えないと考えたイスラエル首脳陣の最後の大博打か?

では、自らは見えない島国・日本の命運は?

誰が立ち上がるのか???何時?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン・マドリーの考古学博物館に在る「エルチェの婦人像」(紀元前5世紀作)を、見た事が有りますか?未だ本物は見ては居ないのですが・・・。

 今朝、「エルチェ像」を薄い本『失われたアトランティス』()主婦と生活社刊のなかで初めて見て、驚いた。

この婦人像は、スペインのアリカンテ市の近郊のエルチェ市郊外から出土したそうだが、鼻筋の通った美人で、耳の飾りの彫りも見事、紀元5世紀に誰がこの彫刻を作ったのか知りたいものだ。

一時期、この婦人像を、アトランティスの女の司祭像ではないかと大騒ぎされた事があったそうだが。

是非、このエルチェ婦人像を何処かで、探して見てみてください。

写真を見たら驚きますよ!

見事ないい作品です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペイン・マドリーに在る考古学博物館に在る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄贈された詩書・その他。No6 ご寄贈有難う御座います。

ここ1ヵ月あまりの間に、お送り下さった書物たちです。

本当に、お志、有難う御座います。

            天童 大人


寄贈された詩書たち(6)

詩誌

「笛」編集委員会 「笛」2008 12 246号

香山雅代 「Messier」 第32号

三井葉子 季刊「楽市」64

紫野京子 「惟」 No3

田川紀久雄 「操車場」 第19号

池田 康 「洪水」 第3号

辰巳泰子 「月鞠」vol6

森川雅美 「酒乱」 1・2

森川雅美 「あんど」 8

新井高子 「三て」 第105号 2008年・冬・季刊

詩集・歌集・句集

杉山実夕菜 『海彼』こぐま社

小説

中園直樹 『チョコレイト夜』

CD

Flying Blue 「詩人の刻印」小林大吾

その他

日本中国文化交流協会「人民中国」 12月号

小沢楽邦 「夢の庭」94号 正月2009.1.1

日本中国文化交流協会 「日中文化交流」 No751 2009.1.1

ギャルリー東京ユマニテ 「deep river」Haijima Nobuhiko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/28

アレクサンドル・ソクーロフ監督、ガリーナ・ヴィシネフスカヤ初主演映画「チェチェンへ アレクサンドラの旅」の事を、詩人の野木京子さんが知らせてくれた。有難う!!!

 あのソプラノ歌手・ガリーナが主演の映画が有る事など、今、詩人の野木京子さんからメールが来るまで、全く知らなかったし、噂も聞かなかった。

1927年生まれのガリーナが、80歳の時の映画だと言う。

12月20日から、渋谷のユーロースペースでロードドショーが始まっているとのこと。

ともかく出来るだけ早く、見に行こう!!

私がガリーナのザルツブルグでのマスタークラスを受講したのは、1990年。

今から18年前のことだ。彼女のレッスンで、喉の痛みから解放されたのだ。

あの天皇の映画「太陽」を撮ったソクーロフ監督の作品なら、間違い無く問題作だろう!!!

予告編のガリーナはふっくらとした体つきだ。

どんな聲を出しているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の2009年度の1月・2月の公演日程は、近く、お知らせいたします。乞う ご期待下さい!!!

 2009年1月・2月の公演日程を同時にお知らせ出来る事は、本当に良かったです。

参加詩人も80名を超えますが、聲を出し続けていく詩人は、まだまだ多くは有りません。

時代は大きく変わりました。 原点回帰の風潮が大きく流れ始めました。

この危うい水の惑星からの復讐が始まりました。

世界同時限帯での、邪まな人間を排除する動きは、天変地異を含む大きなうねりとなって、襲い掛かってきます。よ。
心当たりがある方は充分にお気をつけて、新たな年をお迎え下さい。

2009年1月6日から30日まで、19回公演です。

詩人たちは、唯ひたすらに聲を撃ち込んで下さい。

余計な、説明も、解説も一切、不要です。

しっかりとお正月の間に、腹筋を鍛えて下さいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月21日 - 2008年12月27日 | トップページ | 2009年1月4日 - 2009年1月10日 »