« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »

2009/04/18

『田中清玄自伝』が、ちくま文庫に入って居たのを見つけた!!!

 清玄さんが文庫に?可笑しいね。あの田中清玄が文庫に入る時代かね、今は。

田中清玄のこの自伝が読まれ、若者たちに知られる事は、非常に良い事だ。

『田中清玄自伝』の初版が文藝春秋からインタビュー大須賀瑞夫で刊行されたのは1993年9月10日。

田中清玄が亡くなったのは、1993年12月10日。

『世界を行動する』(1983年4月11日 情報センター出版局刊)

『統治者の条件ー日本人は何をなすべきか』(1983年10月8日 情報センター出版局刊)

『食べる楽しみ 生きる喜び』小西原昭編者(1992年10月12日 講談社刊)には53頁から76頁まで、小西原のインタビューを受け、田中清玄は話しているのだが、何故かちくま文庫版に添付された関係略年譜(太字は本人に関する事柄)と断りながら、書き込まれて居ないのは何故なのか非常に疑問に思うのだ。

まだまだ田中清玄の引き出しは沢山有り、1969年頃、田中清玄さんとは、俳優・岡田真澄さんの紹介で六本木のキャンティで出会い、即座に、獄中の時のこと、スカルノのこと、等など沢山、聞いた事も無い話を話してくれた後、三島由紀夫君も石原慎太郎君も私の自伝を書きたいと言ってくれて居るが、君が私の自伝を書いてくれないか、と頼まれた。何をこの伯父さんは言い出すのかと思ったものだ。
その時、相談した国文学者の加藤守雄先生と作家の桂芳久さんに、右翼の親分の自伝を書いてどうするのと言われ、それもそうだなと思ったものだ。
その話の後、また幾月か経って、薄暗いキャンティの階段でばったり出会うと、微笑みながら連れの電通の人に、この人はね、吉川英治見たくなるんですよ、と紹介して下さった。
清玄さんの口から、何故、吉川英治、と言う名が出て来たのか、未だに分からない。
 またある時には、キャンティで美女との食事中に出っくわしてしまい、招き寄せられると、席に居た美女は宝塚のトップスターで、これまた紹介をしてくれたものだ。

田中清玄は、ダンディーだった。いま生きていたら、今の20億円の損金を出した経団連会長など、歯牙にもかけないことだろう。

こんな人間が、今の時代に一人も居ないのは残念!!!! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/17

有る貴重な品物が無くなり、紛失届まで出したのに、3ヵ月振りに出て来たのだ!!!

 毎月の1日・15日と月に2回、朝、ある儀式を行って居る。

同じ事をしている人は、私が知っているだけで二百数十人、この国のみ非ず、行って居る重要な儀式の筈だ。

月に2回、我が身を振り返る、絶好の機会なのだが、3月1日の朝、儀式が終わり、初めてXを紛失したことに気が付いたのだ。

どれだけ家人ともども、探したことだろう! Xを!

着た覚えのある替え上着は、幾度となく触れて探したのだが、無かった。それが45日後、Xが忽然と出て来たのだ。
理屈も何も無い。何故か出て来たのだ。全く訳が分からない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/16

外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏が、先日、テレビで、日本の安保理常任理事国入りを反対したのは、アメリカと言って居たが、もっとはっきり日本国民に、アメリカの意図を説明してあげるべきだろう!!!

 安保理の常任理事国入りを悲願としている日本の最大の敵は、同盟国と称して居るアメリカだった、と言う事だ。
外交ジャーナリスト手嶋龍一氏がさり気なく、語ったことは大きな事かもしれない。

もっと真実をメッセージして日本の国民を啓蒙してくれなくては困るのだよ。手嶋龍一さんは!!!

日本の国民を覚醒されては困るアメリカ。

料理・お笑い・スポーツ・旅・歌、等の番組を日本のテレビ番組表から消したら、何が残るのか?

日本の四季折々の催事も消えて行っている!!!誠に残念!

見るべき物が全く無い日本のテレビが地デジに強制的になった瞬間、もうテレビを見なくても良いと言って居る人が多い事を知って居るだろうか?

わざわざ買い替えはしないと。

日本の政治家は、今、何を考え、行動して居るのか?

アメリカは日本が独自の道を歩み始める事を恐れて居る?嫌って居る?

早く一度政権交代を行い、戦後の膿を一度出し切って、日本を再生させなくては為らないのだが???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

17日。詩人島木綿子、第326回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に4回目の参加!自作詩を広尾の宙に解き放つ!!!

 病からの復帰、第一声。どんな聲を聴かせてくれるのか。楽しみだ。

4回目の久方ぶりの参加になる。

広尾;ギャラリー華 ℡033442-4584 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/15

明日(16日・木曜日)、詩人薦田愛、第325回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に19回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

 このプロジェクトの最多参加数に詩人高柳誠と並んで、到達した詩人 薦田愛。

さて過去、18回参加の成果とは如何に!!!

是非、ご来場乞う!

京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 開演7時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/14

間もなく末期癌宣告2年目を迎える詩人 田川紀久雄 明日15日(水曜日)第324回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に14回目の参加!京橋の宙に、自作詩を解き放つ!!!

 末期癌と医者から宣告されて間もなく2年目を迎える詩人 田川紀久雄。

聲を出すことを命の綱として、生き続けて居る詩人。

出来るだけ多くの人が聴いて下さると、本人への何よりの励まし!!!

ご来場を乞う!!!

京橋;ギャルリー東京ユマニテ ℡0303-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、新聞のテレビ欄を見ていたら、テレビ東京のカンブリア宮殿、女性が殺到し集客No1 博多豚骨ラーメン王の熱血経営すごかばい・㊙究極メン、と書いてあるので、直ぐ、河原さんだ、と思い途中から見た・・・。

 一緒にマダガスカルへ行こうとした男、河原成美。

久方ぶりに彼の姿を映像で見る。相変わらず頑張って居るね。

先月の初めだったか、今年の6月23日は、聲ノ奉納 in 対馬・和多都美神社、に行きたいと言う人が10数人居るとかで、福岡の旅行会社を紹介して貰おうと電話をし、少し話したが、実はもう5年以上も逢って居なかったのだ。
年内にはシンガポールに出店するとか!

上海からは既に撤退したとか。かっては確か住まいを上海に置いて居た筈なのだが?

見終わって、携帯に電話をしたら、お話し中。

再度、電話をしたら、懐かしい聲が聞こえて来た。

今は、日本に居るとか?嬉しい事だね!!!

活躍している事を知るのは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11日、タイのパタヤで開催されていた東南アジア諸国連合(ASEAN)が、タクシン元首相派のデモ隊1000人の乱入により、中止されたとの報道を知り・・・・・。

 東南アジアと言うより、アジアの繁栄・和合を願って居ない連中がこの水の惑星の何処かに居るらしい事がはっきりした。
それはアメリカ?ロシア?それともEUなのか?
アジアの事は、アジアで!
何れEU諸国のように、共通の通貨?も持つことが可能なのか?22世紀までには?

アメリカ、EU,ASEAN、この三極を中心に世界が動くのは何時のことか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/13

昨夜、近くのBOOK・OFFで、池田香代子、サイン入りの『チェルノブイリは女たちを変えた』(社会思想社、1989年刊)を見つけた。

 贈られた人が線を引いたのか、至る処にピンク色のマーカーが引かれているが、ともかく初めて目に触れた本だった。
この本は1986年、ハンブルグから刊行され、チェルノブイリから2000キロ離れたドイツの女性たちによって書かれている。
チェルノブイリの原発事故は1986年4月26日。
これは是非、新潟県民の女性たちに、1度は読んで頂きたい、いや日本の女性の全てに読んで頂きたい。

それだけでは無い。
2000キロなら日本の全ての女性たちが、もう一度、日本の原発について、考え直す時が来ているのではないか?
余り、原発問題に関して日本の女性の発言を、滅多に目にしないのは何故なのか?

放射能!!! これは生命に対しての本質的な脅威である。

本書に引用されている、ノーベル賞受賞者のハネス・アルヴェンの言葉

[原子力エネルギーを正当化するにたる必要性など、どこにもない。どの原子力発電所にもプルトニウムが発生する。軍事利用と平和利用とを区別することなど、とうてい不可能だ。この危険物質の大量生産はほんの少数の人びとに力と富をもたらす。しかし、全人類にとって、まさに死の危険を意味する]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

原発で、火事が多いのは大事故の予兆と昨日のブログに書いたら、昨夜午後10時25分ごろ東京電力柏崎刈羽原原発の5号機の予備品倉庫で火災報知機が鳴ったと今朝の毎日新聞の朝刊に出て居るので、心底、驚いた!!!

 7号機の試運転を認めた県・市・村の長たちよ!!!

5号機で火災発生!!!

良く熟考して、延期させ、再点検を徹底させ、この5号機の放射線管理区域などと限定せずに、発電所全地域が放射線管理区域と考えて居た方が用心する上で肝心なのかもしれない。

東京電力は万全な防火体制を図ると言明して居たのではないか?

何か大きな問題を東京電力は隠蔽して居る、と言う疑いがある。

全7基、停止のママが妥当だろう!!!
東京電力の損失を、電気料金に上乗せして国民に払わせている仕組みを変えないと難しいだろう。

しかし、少しの不自由を甘受してでも、安全な空気の中で生活したい!!!

何も新潟県・柏崎市。刈羽村、だけの問題では無いのだよ、これは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年4月19日 - 2009年4月25日 »