« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »

2009/05/02

もう買われて読まれましたか?広瀬隆著『資本主義崩壊の首謀者たち』(集英社新書)を!特に[第三章 日本がとるべき新しい進路]208頁~235頁を、本屋で立ち読みでも良いから読んで下さい!!!

 広瀬隆氏の著作には、解決策が書かれている事です。

この本の208頁~235頁を繙くと、特に208頁の、リーマン・ブラザーズたちが日本に残した足跡、を是非、読んで見てください!!!

そして次の事を思い出して下さい。

[ところが、日本の経済を預かる経済財政担当大臣・金融担当大臣であった竹中平蔵が、このライブドア社長の堀江貴文を経済改革の旗手として持ち上げました。さらにこのニッポン放送株をめぐるインサイダー取引で逮捕された村上世彰の村上ファンドに投資家として利殖し、資産を転がしていた福井俊彦が現職の日銀総裁でした。加えて恥ずかしいことに、リーマン・ブラザーズ証券東京支店のジャパン・アドバリー・ボードメンバーというれっきとした顧問役に、大蔵省の国際金融局長や財務官をつとめて、メディアに[ミスター円]と呼ばせ、肩で風を切って来た榊原英資と、経済企画庁長官をつとめた堺屋太一らが入っていたのです。リーマンの鴨ネギにされるような人間がぞろぞろと、日本という国家の財務を担当し、堂々と評論家やエコノミストとひてまかり通る。それが日本の金融の実態では、この先の国際情勢を、国民である私たちがしっかり見据えていかなければなりません。なぜなら、盗まれる国家の金は、国民の金だからです](209~210頁より引用)

広瀬さん!少し長いのですが、最も分かりやすいので引用させて頂きますよ。

日本人は如何にもお人好ですね、これを読むと。

今朝のテレビで、竹中平蔵が、出て来て郵政民営化に付いて話していましたが、何故、テレビ局は今でも竹中平蔵を使うのでしょうか?司会者も何故、ホリエモンを何故、経済改革の旗手として、持ち上げたのか、をきちんと訪ねてから話させるべきでしょう!!!
郵政民営化反対の国民新党の亀井久興幹事長の話をもっとじっくり聞きたいものです。

今、この『資本主義崩壊の首謀者たち』を、多くの人たちに、読む事を進めて居ます。

この本がどの位売れるのか?日本の民度を図るに、良い書物です。

4月24日頃、[国際殺人クラブ・泥棒クラブ](140頁)のキッシンジャーが三極会議の為に来日している事は、新聞には出ていたが、三極会議そのものは何処にも報道されて居ない。

この国のメデイアは何処を見て居るのだろうか?

キッシンジャーは民主党の鳩山由紀夫に小沢の事を執拗に訊ねて居たとの文は、誰かのコラムの一節にでていたのだが。

ともかく『資本主義崩壊の首謀者たち』(集英社新書)を是非、お読みください!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/01

[詩の歓び]と題した、詩人西脇順三郎・吉田一穂・金子光晴の鼎談に、司会が田村隆一で、1967年 [文藝]6月号に掲載されているの見た。

その時、3人の詩人は70歳。田村隆一は44歳に為ったばかりとか・

3人の詩人の共通点は、画家志望だったとは、知らなかった。

42年前には詩人が、人間が居た。

今は、人間もどき、だけか!この世は!

スポーツ界には若い逸材が輩出して居るのに、芸術・思想の世界には世界を見渡しても触れて来ない。

やはり時間が、悠久の時が必要なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月に寄贈して下さった詩書たち(10)2009・04・01~30

寄贈してくださった詩書たち(10)2009・04・01~04・30

詩誌
島木綿子[青焔]第68号
三井葉子[楽市]65号
藤本真理子[ガニメデ]45号
鈴木孝[宇宙詩人]No10
有働薫[repure]8
山本愉美子[ぶりぜ]第6号
峰岸了子[りんごの木]21号
峰岸了子[タルタ]8
神泉薫[ムーンドロップ]11号
神泉薫[庭園]2009


詩集・歌集・句集
飯田保文『人間インフレ』思潮社
宮川慶子『黒い波 ドラゴ・シュタンブク詩集』思潮社
峰岸了子『Mother』水仁舎
佐藤文夫『津田沼』作品社
小林弘明『分極論』書肆山田

小説
稲葉真弓『海松』新潮社


その他
徳宮美和[ギャラリー]4月号


 存分に活用させていただきます。ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月、6月 プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に参加予定の詩人の皆さん!!!配布するチラシを早急にお考え下さい!中原道夫・松尾真由美さんと既に届いて居ますので、宜しく、お願いいたします。

 印刷された一枚の紙が、何処へ飛んで行くのか、誰かの手から誰に渡るのか、全く分かりません。

様々な聲を求めて、詩人・作家・・俳人・歌人・美術評論家・童話作家等、多くの聲を集めて来ました。

誰の聲を聴きたいのか、是非、教えてください。

また自分のチラシを作成する事は、自分を見つめ直す事ですから、是非、学び続けて下さい。

では各詩人のチラシを楽しみにしておりますから、宜しく、お願いいたします。

豚インフェルエンザ、間もなくフェーズ6にレベルが上がりそうです。

十分ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレデリック・フォーサイスの『ジャッカルの日』がソ連のKGBのマニュアル本と国際政治評論家の中丸薫女史が、或る本で語って居るのを知り、読んでみようとAmazonで探し、一昨日に届いて読み始めて。今、読み終わった。

 朝刊に、中丸女史のご主人の中丸忠雄氏の死亡案内が出ていました。

午前中に、近くのDVD屋が開くのを待って、映画[ジャッカルの日]を借りて来て、見ました。

てっきり白黒映画とばかり思い込んでいましたが、カラーでしたので、意外でした。

なかなか良くかけた本で、1970年1月1日から、35日間で一気に初稿を脱稿したとのこと。
日本での刊行は1973年4月30日に初版発行。う~ん。この時、私は日本に居なかった。

この本がKGBのマニュアル本だとか?う~ん!!!

そう言えば私も長い事眠らせて居た書き下ろしの原稿の一部を月曜日に出版社の編集者に久し振りに会い、11枚を読んでもらい、やっと細い道筋が見えて来ました。この線で行く事を編集者に勧められました。

この連休で何枚書けますか? 乞う ご期待かな???

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/04/29

ゴールデンウイークを控えた日本は、豚インフェルエンザで死者が出て居ても、景気回復の為とか称して、麻生愚相は公表しないのでは無いか???と言う気がしてきた。

 確かにテレビでは水際作戦なのか、機内に入り込み、検査をしている映像が流され、さも防御しているように見えるが、あくまでも見えるだけで、日本の景気回復、

観光地の景気促進の為にも、死者が出ても公表しないのではないか???

既に日本で、死者が出ているのではないか?

この豚インフェルエンザは、人為的な菌ではないのか?

日本で開催された筈の[三極会議]の事が、一切、マスコミに報道されない。
何故だ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/28

26日(日)に、小さな木の塊に、凹凸が掌にはっきり感じたので、都内某所に居られる宗家の先生をお訪ねして、見て頂いた。

 日本の伝統の中の一つであるこの永年の行には、科学で証明できない無い事が多く起こる。

既に1つは起きて居た。

今回は木の塊の平面に凹凸を感じたのだ。一つでは無い。二つもだ。

私には初めての体験だったので、恐る恐る宗家にお尋ねした。

今、居る立場からレベルが一段高く上がり、新たな扉を開いた、と告げられた。

同伴者がお二人いて、一部始終を聴いておられたから、間違いでは無い。

今日、非常に親しい者に触れさせて、確かめて貰った

確かに凹凸を感じると・・・・!!!

昨日、銀座のある画廊のオープニング・パーティで、1973年パリで知り合ったピアニストの女性に、ばったり出会った。
36年ぶりだ。S・Aと言う共通の人間の事が話題に為った。

今朝には、対馬の聲ノ奉納、第一回(1990年)に付き合ってくれた友人の蕪木寿氏から電話が有り、対馬は、今年20年目だと思うが、何時か?と電話が在った。

6月23日、と言うと、同行するとのこと。メンバーは東京から7人、熊本から1人。久留米から1名の計9名の参加者に為る。

何かが大きく変わってきているのだ。

何だ、これは!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/27

5月,プロジェクトの開催画廊が、一部変更に為りましたので、ご注意,御訂正をお願い致します。!また新宿のギャラリー絵夢の開演時間は18;30分です!!お間違いのないように願います!!!

 てっきり5月29日・30日を広尾のギャラリ-華、だとばかり思って居ました。
今日、新宿のギャラリー絵夢の増田女史から、突然、ブログに公開の画廊名が違うとの電話を頂き、全く、私の勘違いと知りました、と言うのも、5月18日の原田道子さんの公演がギャラリー華を予定いしていましたが、個展が備前焼で100点余りの陶器が並ぶので、無理と判り、急遽、サロン・ラ ルーチェの小林女史にお願いして18日の原田道子公演は、サロン・ラ ルーチェで決まりました。
その事も有り、勝手に5月29・30日はギャラリー華で埋め合わせの為、と勝手に思い込んでしまったのです。

関係者の皆様に、大変、ご迷惑をおかけした事を、お詫びいたします。

4月の新たな参加詩人は、松尾真由美、小林弘明の2名に為り、88名に、5月の新たな参加詩人は、野間明子、片山令子、福島泰樹、井田秀樹の4人で計92名の参加詩人となります。


      天童 大人 プロデュース

    詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

 プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー 
          
           5月

第330回5月14日(木) サロン・ラ ルーチェ 天童大人(12)

第331回5月18日(月)サロン・ラ ルーチェ  原田道子(5)

第332回5月20日(水) サロン・ラ ルーチェ  白石かずこ(15)

第333回5月21日(木) サロン・ラ ルーチェ 田中健太郎(9)

第334回5月22日(金)ギャルリー東京ユマニテ 建畠晢(2)

第335回5月25日(月)ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(7)

第336回5月26日(火)Star Poets Gallery 松尾真由美(初参加)

第337回5月27日(水) サロン・ラ ルーチェ 稲葉真弓(10)

第338回5月28日(木)ギャルリー東京ユマニテ 浜江順子(6)

第339回5月29日(金) ギャラリー絵夢 森川雅美(3)

第340回5月30日(土) ギャラリー絵夢 小林弘明(初参加)


          6月

第341回6月2日(火)ギャルリー東京ユマニテ 四元康裕(2)

第342回6月3日(水)ギャルリー東京ユマニテ  中原道夫(3)

第343回6月4日(木)Star Poets Gallery 村山精二(2)

第344回6月5日(金)サロン・ラ ルーチェ 紫圭子(4)

第345回6月8日(月)サロン・ラ ルーチェ 薦田愛(20)

第346回6月9日(火)サロン・ラ ルーチェ 竹内美智代(2)

第347回6月10日(水)ギャルリー東京ユマニテ 野間明子(初参加)

第348回6月11日(木)サロン・ラ ルーチェ 有働薫(10)

第349回6月12日(金)ギャルリー東京ユマニテ  大島龍(2)

第350回6月15日(月)ギャルリー東京ユマニテ 片山令子(初参加)

第351回6月16日(火)ギャルリー東京ユマニテ  福島泰樹(初参加)

第352回6月19日(金)ギャルリー東京ユマニテ 馬場駿吉(4)

第353回6月22日(月)ギャラリー華  井田秀樹(初参加)

第354回6月30日(火)ギャルリー東京ユマニテ 平田俊子(2)

           (7月に続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery(渋谷),ギャラリー華(広尾)の各会場の公演時間は       開場 18:30 開演 19:00
ギャラリー絵夢(新宿)は、 開場 18:00  開演 18:30
(サロン・ラ ルーチェは7時に鍵が掛りますので会場には開演5分前迄にはお入り下さい)

入場料   予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加画廊:

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾) 106-0047港区南麻布5-1-5
Tel &Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/
       
サロン・ラ ルーチェ(広尾) 106-0031港区西麻布4-3-4
ラ・ルーチェ2F
℡03-5766-3833 Fax03-5766-3542
E-mail: sawami@e-ms.jp
URL www.casa-laluce.com

ギャラリー絵夢(新宿) 160-0022新宿区3-33-10モリエールビル3F
Tel&03-3353-0413
E-mail:galerie@moliere.co.jp
URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/

参加希望のお問合せ,その他:
北十字舎
 171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/
URL:http://homepage3.nifty.com/lavoixdespoetes/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂村健東京大教授が昨日の毎日新聞に書かれた[時代の風]。-見ましたか 47歳の歌声ーを読み、[スーザン・ボイル]で検索し、初めて彼女の声を聴いてみた。

 小さな囲み記事で、イギリスの47歳の女性が、オーデション番組で有名に、を読んだ記憶が有り、それが坂村教授が書かれたスーザン・ボイルと同一人物だとすぐに分かった。
早速、検索し、見て、聴いてみた。
坂村教授の書かれているように、場面が進み、[目標とする歌手は?]と聞かれ、[エレン・ページです。]と答えた時の会場の反応も凄いものだった。

スーザン・ボイルが第一声を出し、一節を歌った瞬間に会場の雰囲気は一変するのが、映像も、音も悪いのに、はっきり分かる。
初めの声で、会場を味方に付けると、後は楽な気分でスーザンは聲を出せ、歌えたに違いない。

常に第一声なのだ!!! 勝負は!!!!

これはプロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]で、詩人の第一声でも同じ事なのだが・・・・・・。

中々解からないのだよ。この事は。

第一に聲を出すことが分からない。誰もが易々と聲を出していると思って居るからね。

聲と声とは違うのだよ。

現代で声になってから、耳の悪い、人が多くなって居る。

自分の耳が悪くなっている事に、気がつかない人がこの世の中に多過ぎるのだ。

肉聲!!!

もしオペラや歌舞伎が肉聲で行われ続けて居なかったら、突起に淘汰されていただろう!!!

今だからこそ、肉聲の復権を願うのだ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/26

最終決定版、5月・6月のプロジェクト[La Voix des poètes(詩人の)聲]の公演日程です!!!、宜しく、お願いいたします!!!

     天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  
         
5月

第330回5月14日(木) サロン・ラ ルーチェ 天童大人(12)

第331回5月18日(月)サロン・ラ ルーチェ 原田道子(5)

第332回5月20日(水) サロン・ラ ルーチェ 白石かずこ(15)

第333回5月21日(木) サロン・ラ ルーチェ 田中健太郎(9)

第334回5月22日(金)ギャルリー東京ユマニテ  建畠晢(2)

第335回5月25日(月)ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(7)

第336回5月26日(火)Star Poets Gallery 松尾真由美(初参加)

第337回5月27日(水) サロン・ラ ルーチェ 稲葉真弓(10)

第338回5月28日(木)ギャルリー東京ユマニテ 浜江順子(6)

第339回5月29日(金) ギャラリー華 森川雅美(3)

第340回5月30日(土) ギャラリー華  小林弘明(初参加)


6月

第341回6月2日(火)ギャルリー東京ユマニテ 四元康裕(2)

第342回6月3日(水)ギャルリー東京ユマニテ 中原道夫(3)

第343回6月4日(木)Star Poets Gallery 村山精二(2)

第344回6月5日(金)サロン・ラ ルーチェ  紫圭子(4)

第345回6月8日(月)サロン・ラ ルーチェ 薦田愛(20)

第346回6月9日(火)サロン・ラ ルーチェ 竹内美智代(2)

第347回6月10日(水)ギャルリー東京ユマニテ 野間明子(初参加)

第348回6月11日(木)サロン・ラ ルーチェ  有働薫(10)

第349回6月12日(金)ギャルリー東京ユマニテ  大島龍(2)

第350回6月15日(月)ギャルリー東京ユマニテ 片山令子(初参加)

第351回6月16日(火)ギャルリー東京ユマニテ  福島泰樹(初参加)

第352回6月19日(金)ギャルリー東京ユマニテ 馬場駿吉(4)

第353回6月22日(月)ギャラリー華 井田秀樹(初参加)

第354回6月30日(火)ギャルリー東京ユマニテ 平田俊子(2)

           (7月に続く) 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(渋谷)、ギャラリー華(広尾)、
サロン・ラ ルーチェ(広尾)の各会場の 
公演時間 は開場:18:30 開演:19:00

(サロン・ラ ルーチェは7時に鍵が掛りますので会場には開演5分前迄にはお入り下さい)

入場料   予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。
参加画廊:
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾) 106-0047港区南麻布5-1-5
Tel &Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/
       
サロン・ラ ルーチェ(広尾) 106-0031港区西麻布4-3-4
ラ・ルーチェ2F
℡03-5766-3833 Fax03-5766-3542
E-mail: sawami@e-ms.jp
URL www.casa-laluce.com

参加希望のお問合せ,その他:北十字舎

171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/
URL:http://homepage3.nifty.com/lavoixdespoetes/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »