« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »

2009/05/23

NHKで5月4日・5日に放映された<ジャック・アタリ 緊急インタヴュー>、著書『221世紀の歴史』(作品社刊)が、やっと届き繙きはじめた。1943年アルジェリア生まれ、38歳で、フランスのミッテラン政権の大統領特別補佐官。

 ジャック・アタリ、こんな人物が居るから、地図から消えたフランスがいまだ健在な様子を保って居られるのか。

それに比べて、我が国、日本は沿岸線も日本海側は既に途切れ始めている。

日本国の本体は既に消えて居て、臨海線しか残されて居ないのが今の日本の本当の姿。

フランスにはこんな優れた人材が居る。日本ならさしづめ何方だろうか?

21世紀を予測できていたジャック・アタリ。

国民の財産を守るより、自己の資産を増やす事に熱心で、こんな金融腐敗の状況を予測した人間は居ないだろうと、自己の責任を放棄した福井元日銀総裁。

日本郵政公社の西川善文社長。 この人物は銀行の頭取時代から利権屋で名を為していた事は、関係者たちには、周知の事実だとか、頭取時代に逢ったことのある知人が知らせてくれた。

善文では無く、まさに悪文の西川だね。

選挙カーの上で、日本経済の改革の旗手と堀江貴文の右手を持ち上げて煽った責任の説明を未だしない竹中平蔵。
ブッシュのポチ犬とフランスの新聞に書かれ、アメリカのイラク戦争に賛成した小泉純一郎の説明責任はこれまた未だ行われてはいない。

ジャック・アタリを登用したサルコジ・フランス大統領の命により結成された[アタリ政策委員会]。

その内容は一冊の本に為ったという。

では日本では・・・。

会議の多い会社は潰れる前兆とか!!!

ともかく1度は、『21世紀の歴史』(作品社刊、2520円)を覗いて見て下さい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[道理は通っても無理は通らぬ]とは、哲人文相・天野先生を訪問する度にお聞きした教訓であった。 で始まる父親のエセイが数編集めた小冊子を見付けた。

 その文の続きのなかで、
[中略/中川氏(一郎)が、自殺のする三日前に、日本一と言う易者の門を叩いている。易者は、半年早く相談に来て居たら、総裁選に出馬させなかつたのだが、こんなことをしていれば、日本も、自民党も駄目になると、厳しく中川一郎氏の自省を促したと言われる。] [創業百年のすぎし想い出集 4頁]

この日本一の易者とは誰の事か????

今でも御存命なのだろうか?

こんな事なら、生きているうちに、父親に訊ねて置けば良かった。

小樽から上京する度に、吉祥寺の天野貞祐先生宅を訪ねて居たらしい事が、この小冊子から知ることが出来た。

その伏線があって、中等部三年から、単身、上京し独協学園中等部三年に編入学する事に為るのだ。


ところで中川一郎の死は自殺では無い、と北海道では言われ続けていたし、私は今でもあれは殺人事件だと思っている。

あの時の総裁選の中曽根・安倍・中川のうち、おばちゃん連中に受けがいいのは、誰だと思う?と言われたのは国文学者・加藤守雄先生。

中曽根の聲が良いとおばちゃんたちは言っていると、教えてくれた。

おばちゃんたちとは、加藤守雄先生が、長い歳月教え続けていた『源氏物語』の教室のご婦人がたの事だ。

結果は、中曽根康弘の勝利!聲の勝利だったかも知れない!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女優岸恵子の著書『私の人生ア・ラ・カ・ル・ト』(講談社刊、2005年)を読んで、何故か田中清玄を思い出した。

 何処の批評家か知らないが、A紙の[紙面批評]で、彼女の著書『砂の界(くに)へ』を読まないで、酷評したらし事が書かれている。
中東問題。
何故、岸恵子の著書に目を走らせたかと言うと、岸恵子は田中清玄に逢って、中東での身の処し方に教示を得ている筈だからだ。

 何処かで、田中清玄が岸恵子が男だったら、と書いていた個所があり、今、それを見つけられないのだが。

岸恵子は、田中清玄から何を聴いたのか? 非常に興味がある。

机上論を滔々と述べている学者先生たちよりも、身一つでアラブ世界を動いていた田中清玄の忠告は、一番重要な事だった筈だ。

今、何故か田中清玄の言った言葉を、岸恵子の口から直に聞いて見たいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/22

新潟県柏崎刈羽原子力発電所の7号機は再開したばかりで、不具合があったから、点検の為停止した。中越沖地震で、地盤が動いた。原子炉建設の時、本当に岩盤まで杭を打ち込んでいないのでないか?たとえ地震で岩盤が動いた処での再運転は危険!!!即刻、廃炉にせよ!!

 あれだけ運転再開を望んでいて、いざ運転再開、すぐさま点検のため停止!

これは可笑しすぎる話だ。

廃炉にしなさい、即刻に!!!

新型インフェルエンザどころの騒ぎでは無いぞよ!!!

何時、死者が出るのか?
無事なら良いのだが!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、神戸在住の初参加を30日に予定していた詩人 小林弘明、新型インフェルエンザの為、上京かなわず、急遽、詩人塚越祐佳、2回目の参加で、誕生日に自作詩を新宿の宙に解き放つ!!!

 新型インフェルエンザの影響が、このプロジェクトに出始めて来て、急遽、プログラムに、一部変更が出来ましたので、お知らせいたします。


            天童 大人 プロデュース
詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
  プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)
―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  
         
5月

第334回5月22日(金)ギャルリー東京ユマニテ 建畠晢(2)

第335回5月25日(月)ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(7)

第336回5月26日(火)Star Poets Gallery 松尾真由美(初参加)

第337回5月27日(水) サロン・ラ ルーチェ 稲葉真弓(10)

第338回5月28日(木)ギャルリー東京ユマニテ 浜江順子(6)

第339回5月29日(金) ギャラリー絵夢 森川雅美(3)

第340回5月30日(土) ギャラリー絵夢   塚越祐佳(2)

6月


第341回6月2日(火)ギャルリー東京ユマニテ 四元康裕(2)

第342回6月3日(水)ギャルリー東京ユマニテ 中原道夫(3)

第343回6月4日(木)Star Poets Gallery 村山精二(2)

第344回6月5日(金)サロン・ラ ルーチェ  紫圭子(4)

第345回6月8日(月)サロン・ラ ルーチェ 薦田愛(20)

第346回6月9日(火)サロン・ラ ルーチェ 竹内美智代(2)

第347回6月10日(水)ギャルリー東京ユマニテ 野間明子(初参加)

第348回6月11日(木)サロン・ラ ルーチェ 有働薫(10)

第349回6月12日(金)ギャルリー東京ユマニテ 大島龍(2)

第350回6月15日(月)ギャルリー東京ユマニテ 片山令子(初参加)

第351回6月16日(火)ギャルリー東京ユマニテ 福島泰樹(初参加)

第352回6月19日(金)ギャルリー東京ユマニテ 馬場駿吉(4)

第353回6月22日(月)ギャラリー華  井田秀樹(初参加)

第354回6月30日(火)ギャルリー東京ユマニテ 平田俊子(2)

           (7月に続く) 

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)、Star Poets Gallery(渋谷)、ギャラリー華(広尾)、
サロン・ラ ルーチェ(広尾)の各会場の公演時間 は開場:18:30 開演:19:00

(サロン・ラ ルーチェは7時に鍵が掛りますので会場には開演5分前迄にはお入り下さい)

* ギャラリー絵夢(新宿)の公演時間は、開場:18:00 開演:18:30 です。

入場料   予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊・サロン
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)   106-0047港区南麻布5-1-5
Tel &Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/
       
サロン・ラ ルーチェ(広尾)  106-0031港区西麻布4-3-4 ラ・ルーチェ2F
℡03-5766-3833 Fax03-5766-3542
E-mail: sawami@e-ms.jp
RL www.casa-laluce.com

ギャラリー絵夢(新宿)   160-0022 新宿区新宿3-33-10 モリエールビル3F
℡03-3350-4870 Fax03-3352-0413
E-mail:galerie@moliere.co.jp
URL:http://www.moliere.co.jp/galerie/

参加希望のお問合せ,その他:

北十字舎
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/
URL:http://homepage3.nifty.com/lavoixdespoetes/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/21

詩人伊藤比呂美25日(月曜日)、第335回 プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に7回目の参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

 また独特のリズムを持つ比呂美節が聴けるのは、嬉しい事だ。

体内に持つリズムの強さは、抜群!!!

出来るだけ多くの人に伊藤比呂美の聲の力を聴いて、感じて頂きたいものだ!!!

今回は何を聲に乗せるのかな?乞う ご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 開演:午後7時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/20

詩人・美術評論家 建畠晢、22日(金曜日)に第334回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]の2回目の参加。京橋の宙に、自作詩を解き放つ!!!

 2回目を迎える詩人・美術評論家、建畠晢。

前回よりも聲が出ますよ、と言っていた詩人建畠晢。だから今回の聲、どんな聲を聴かせてくれるのか、とても楽しみなのだ。

聲を出す楽しみが分かった詩人が増えてくれることを願っているだから、参加して下さるのは大賛成だ!!!
京橋:ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演

処で、今日、銀座の瞬生画廊の松田正平展の会場で、六本木のK画廊のK氏の久方ぶりにお会いした。

このK画廊の事は詩人の山口真理子さんから、かってお話があった時は、ストライプハウスギャラリーで開催中であったので、同地域で二つの画廊、は?と難があったが今は問題が無いので、近日中に連絡を取り、お会いして来る積りだ。

会場は出来るだけ多く確保する必要がある。

もしかしたら7月以降、六本木でプロジェクトの展開が望めるかもしれない。

そうすれば400回は年内の早いうちに実現することが出来る!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人田中健太郎、明日(21日)、第333回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に、9回目の参加。初めての広尾の空間に処女詩集『満潮時』を解き放つ!!!

 333回、1000回を目指すとすると三分の一に到達したことになる。

また11ヵ月間、毎日、詩人が聲を出し続けてきたことになる。

継続は力なり!!!

さて9回目の田中健太郎!

果たしてどんな聲を聴かせてくれるのだろうか? 乞う ご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ ℡03-5766ー3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/19

詩人 白石かずこ 明日(19日)第332回、プロジェクト[La Voix des poetes(詩人の聲)]に、15回目の参加。初めてのサロン・ラ・ルーチェで自作詩を宙に解き放つ!!!

 聲を出し続けてきて、ソプラノの聲が出始めて来たと言うのだ。

恐るべき事だ!!!

聲は出し続けていないと衰えて来て、出ないのだ。

だから出し始めたら最後、死ぬまで出し続ける事に為る。


間もなく今年のロッテルダム国際詩祭に参加する、詩人・白石かずこ。

今回はどんな聲を聴かせてくれるのだろうか、乞う ご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ ℡03-5766-3833 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコ、エコと連呼し、エコポイントを付加してテレビ・冷蔵庫と電気消費を推進している日本政府。自己矛盾に気が付かないようでは、既に日本政府は末期症状!!速やかに解散!総選挙を!!!

 エコポイント、名付けて景気拡大とは、如何にも浅ましい麻生太郎愚相のやりそうなこと。

任命責任、ついても無知蒙昧。こんな男を為政者に選んだ覚えがない日本国民。

あの濁声と、口が曲がった顔を、聞きたくも、見たくも無い!!!

何時までも世界の舞台に、あの濁声を晒させてはいけない。

国益を損なうのだよ、麻生太郎の声は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

新型インフェルエンザとは言いながら、国内発生であれば、別な命名をして、従来のインフェルエンザと区別させた方が良いと思うのだが?

 神戸、神の戸が開き、悪魔が顔を出したと言うべきなのか?

何故、神戸からなのか、原因が全く分からない。

世界中をこの好機とばかりに、細菌テロが動き始めてはいないのか?

メキシコから始まった今回の豚インフェルエンザ。これがもしアメリカだったら、すぐさま細菌テロか?、と大騒ぎするに違いないのだが。
メキシコからなので、妙に納得しているうちに、世界に蔓延。

しかし、ロシアとアフリカにはまだ発生したとは、報告されていない。

神戸・大阪、そして名古屋・東京と新型インフェルエンザ前線は北上するか???

ネズミ算式に96人の二ケタ台から三桁、四桁に移行させないな為にも、どうするべきなのか?

毎日、神戸・大阪神戸・大阪を通過する新幹線が通っている。

これで死者が出たら、この島国は大変だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月10日 - 2009年5月16日 | トップページ | 2009年5月24日 - 2009年5月30日 »