« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »

2009/06/13

ゴルゴ13、ダゲスタン共和国の首都、マハチカラに出現!!!たった1発の弾丸で、数人のボディーガードに囲まれた内相の心臓を射抜き、発射地点は未だに不明とか!!!

 BSニュースで見た映像が、記事に為らないかと待って居たら、やっと今朝の毎日新聞の朝刊6面に出た。

記事には二つの狙撃暗殺事件が書かれているのだが、どちらかがはっきりしないのだ。

中で結婚式が行われているレストランの入り口付近で、ボディーガード数人に囲まれた人物が1発の銃声で心臓を射抜かれて、即死。

見事な腕前で、まさにゴルゴ13、出現だ。

これで名高い在る暗殺者は銀の銃弾を用いると、昔、石原慎太郎のエセイに書かれていた記憶が甦ってきた。

しかし、200か300メートル以上離れた距離から、1発で心臓を射抜く男が、確実にロシア南部には存在する事が分かった。

この見事な腕を持った男は一体、誰なのか?

ゴルゴ13、遂に登場か???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/12

中村俊輔がスペイン・リーグに移籍する事には、大賛成だ!!!

 日本のサッカー界に中村修輔なら、戻る必要など全く無いのだよ。

スペインサッカーを肌で体験できるなんて、得難いチャンスではないか?

誰もが出来る訳ではない。彼自信の為には本当に良いチャンスだ。

それにしてもオシム元代表監督の元で、もう少しやらせたかった。

岡田監督と言うのは、やはり自分の戦術に自信がないのだね!!!

代表監督の器で無いものが、その座に居座るのは、何もサッカー界に限らず、今のこの国の風潮のようだね。

首相の麻生太郎、経団連会長の御手洗富士夫、皆、同じ穴の貉だね、これは!!!

中村俊輔はサッカーに専念せよ!!!

中田英寿みたく、物売りになんかに、為るなよ!!!

野茂英雄・三浦和良 対 長谷川滋利・中田英寿

この図式は一途に物事に打ち込む人間と、ほどほどにやって自分の利益追求に身を費やす人間との好対称な図式だろう、といつも思うのだ。

金を持って自分探しの旅をする中田英寿、この男、アホだろう!

自分探しの旅は20代で金を持たないで、やらなければ身に付くものでは無いのだが・・・・!

中村俊輔には、スペインリーグで、レアル・マドリーに果敢に挑んで貰いたいものだ。

移籍が決まれば、楽しみが増えるのだが・・・・。

中田

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2009/06/11

[麻生首相から謝罪を聞きたい 父経営の炭鉱が使役 元捕虜たちが14日来日]と、11日、毎日新聞の夕刊、10面に活字が躍った時、遂にこの時がやって来た、ことを実感した。

 麻生太郎の聲を聞いた時、本当の金持ちのボンボンの聲では、無い事は誰にも直ぐ分かる事だ。

余程、親たちが悪い事をし続け、親の因果が子に報いて来た事の証みたいな声なのだよ。
良く麻生太郎の声を聞いてごらん!!!

聲では無いよ、あの濁声では選挙に負けますよ!!!


朝鮮人を炭鉱で酷遇して、利益を得て来ただけかと思っていたら、この夕刊の記事を読むと、[第二次世界大戦中に麻生太郎の父(麻生太賀吉、とは何故か名前を出して居ない。これは故人なのに何故だ???)が経営していた旧麻生鉱業の吉隈炭鉱(福岡県桂川町)で使役させられた元連合国捕虜のオーストラリア人と英国人遺族が14日に来日する。
使役の事実を麻生首相が衆議院本会議で1月に認めた後、当事者が来日するのは初めて。関係者を通じて麻生首相に面会を求めている。/中略./クームスさんは元豪陸軍伍長で1942年2月、シンガポールで降伏。神戸の造船所での使役後、45年3月に吉隅炭鉱の収容所に移された。昼夜2交代の12時間労働を強いられたが賃金は未払いで、警備兵に暴行されたという。クームスさんは、強制労働への謝罪や不公平に対する補償金などを求める手紙を2月麻生首相に送ったが返事はないという。](日本人にとって大事な事なので、花岡洋二記者の記事を使用します。)

来日した元日捕虜たちには謝罪をし、私財を投げ打って償いをするのは当然のことだ。
また日本全国民に対して、麻生一族が如何に元捕虜等を不当に強制労働で使役し、財を為したのか、速やかに説明せよ。
厚生労働省は、速やかに麻生一族を始め、強制労働に関する事実を麻生太郎自から、率先して、公開させよ。

出来なければ速やかに辞任せよ。
何故、今頃なのかね???

1月の衆議院本会議で麻生首相が認めたなら、何故、ジャーナリズムは何もしなかったのか???

ジャーナリズムは既に死したか!!!!

さて火種が熾きた! どう飛び火するのか、しないのか???

高見の見物じゃ!!!!

こんな為政者を選んだのは誰だ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郵政民営化の実態を熟視せよ!!二倍の黒字を上げた西川善文社長を、ゾンビのごとくテレビに登場して持ち上げる竹中平蔵。

 この大学教授は利益を上げる事しか評価しないようだ。

あの日本経済改革の旗手は、ホリエモン、と堀江貴文の右手を上げて絶賛したのは、紛れも無く竹中平蔵。

あれは間違っていたとの、釈明は未だ為されず、鳩山総務相の言動を自分の為のパフォーマンスとは、良くこの童顔の男の口から出たものだ。


利権屋西川善文を担ぎ出したのは、小泉・竹中連合軍の輩。

同じ穴の貉が姿を現しただけ。

西川善文のの聲が悪い。腹に一物を抱え、上目使いのこと男、辞任したら、出るわ出るはの郵政スキャンダルだらけのどつぼの中。

総務大臣に認可権を与えたのは、竹中平蔵の愚かさ、今さら騒いでも後の祭り。

解散権が小泉にあった為に、二度の選挙を行なった無駄。

郵政民営化は白紙に戻す事だ。

日本の財界もこの程度の人物しか推薦できないとは!

最も御手洗程度の人物しか財界に居ないとしたら、これまた悲劇。

どの分野でも、小物ばかりとは全く情けないこの小さな水の惑星!!!

アジアからでは日本が見えないのかも。

アフリカからなら、日本が良く見えるどころか、消えて居る。

これからどうする日本国!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

石狩の詩人・版画家大島龍 12日(金)、第349回 プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に2回目の参加!京橋のl宙に自作詩を狼の吠え聲と共に、解き放つ!!!

2回目の参加の詩人・版画家大島龍。

どんな聲を出すのか?

今から26年前の[北ノ朗唱]の北海道の受け皿の一人だが、なんか古い関係だね。

龍の聲に導かれ誰が姿を現すのか?

北辰に向かって放たれる聲は何に撃ちこまれるのか???

乞うご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ(京橋) ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

詩人有働薫、11日(木曜日)、第348回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に10回目の参加!初めて西麻布にて、自作詩を解き放つ!!!

愈々、詩人有働薫、10回目の大台に遂に昇った。

このプロジェクトに参加するにあたって、詩人白石かずこさんに相談したうえでの参加だった。

色々な想いを吐露し、徐々に身軽に為り始めている。

これからだろう、詩人有働薫が、本来の能力を発揮するのは!!!

心性は霊性を得て、磨き、世間など馬鹿な輩を相手にせず、天に向かって、唯ひたすらに聲を撃ち込み続けて行けば、そこに自ずから道、拓けるものと、肝に銘じて、精進を積み重ねることだ。

その第1の機会と心得て、思いっきり聲を西麻布の宙に撃ち込まれたい!!!

乞う、御期待!!!

サロン・ラ ルーチェ 午後7時開演 ℡03-5766-3833まで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人有働薫、11日()

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜遅く、ファラオの右手に握られていた物が左手に、突然、移動した。自由に為った右手で、ファラオは何を告げるていのか・・・。

 ファラオの右手に握られいたものが、突如、移動したのは何故か。

北朝鮮から武器類がアルカイダに渡っている。 それも大量に!

北朝鮮の術中に日本もアメリカも陥ってしまった。

ほくそ笑む北朝鮮。地団太踏むアメリカ・日本。

一刻も早く、解散・総選挙、出来れば政権交代し、対北朝鮮カードを再構築しないと、大変な事になるぞよ!

聲の悪い面相も悪い、良いとこなしの麻生太郎を都議選で、都内を巡回させたら6ポイント、自民の支持率は下落するぞよ。

もう総選挙の勝目は消滅するぞよ!!!

それでも良いのか、アホ集団、自民党よ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人野間明子、10日(水曜日)、第347回、プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に、初めて参加!京橋の宙に自作詩を解き放つ!!!

詩人野間明子が、二十年前位、銀座の画廊ケルビームで朗読を行なって居たと詩人田川紀久雄が言うが覚えて居ない。今回、田川紀久雄の推薦で、プロジェクトに初参加と為った。
その頃の野間明子の聲を聴いた記憶は無いから、今回、どんな聲が聴けるのか、とても楽しみのだが、余り体調が良くないのだとか。

しかし、声帯が衰えたとしても、過去の片鱗は分かることだろう。

1984年12月末、スペイン文学者荻内勝之の家で、フラメンコ歌手・マヌエル・アぐへータニ会い、彼が歌手・都はるみは歌手を止めない事を力説している場に立ち会う!

数年後、都はるみ、歌手復活する!!!

さて詩人野間明子は???

乞うご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

六本木ヒルズのオバマ犬の名前は、ローラ。獣の匂いもしない、吠えないこのポルトガル・ウオーター犬なら、家で飼っても良いだろう!!!

 いや一夜経ってもあの六本木ヒルズのオバマ犬のロ-ラが、妙に懐かしい!

やたらと何処かの馬鹿犬のように吠えない、啼かないのだ。
かといってへんにべた付かない。

家の中で飼うのには良いのかもしれない。

ヒルズの近くの公演に行くと、珍しいらしいのか、尋ねて来ると言うのだ。

指圧をされた事ははじめてだとか!

おもがけずに片方だけホワイトソックスを穿いたオバマ犬、ローラ。

また指圧をねだられるかも????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/07

今日、六本木ヒルズに住むイギリス人の家で、オバマ大統領も飼い始めた、ボーチュギーズ(ポルトガル)・ウオーター犬に会ってきた。

 親しい友人に連れられて、六本木ヒルズに、自分の字の作品を持参して訪れた。

扉から出て来たのは黒い犬。右足にソックスを穿いたように右足の指先から5センチくらいが白いだけだ。

獣の匂いもしない不思議な犬だが利口なのは直ぐに分かった。

右、左とお手をねだる犬に指圧を施術したところ、大人しくなった。

時の作品は、もう一人の日系三世の夫人も選び、計6点が選び出された。

さて結果は如何なものか?

乞うご期待!!!

このポルトガル・ウオーター犬は、ロンドンからポルトガルまで買いに行ったのだとか。

また会えるかな、この黒い犬に!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人薦田愛、明日8日(月)、第345回プロジェクト[La Voix des poètes(詩人の聲)]に、最多参加の20回目!!!初めて西麻布の宙に、自作詩を解き放つ!!!

初めての20回参加到達の詩人が誕生した。

このプロジェクトには最低でも10回以上は参加して、聲を解き放たない限り、聲の力は付かないかもしれない。

ただ詩人河野聡子の様に、5回から聲が著しく変わったのを珍しい。

河野聡子の第1回と第5回を聴き比べた詩人瀬尾育生が驚いていた事でも分かるだろう。

薦田愛も、芝居は良く見ているが、自分が聲を出す事に熱中するとは、よもや分からなかったに違いない。

そして20回、1番乗り。体調を崩しながらも、聲を出し続けてきた事が、後からとても大事だった事に気が付くことだろう!

詩人・作家の稲葉真弓、山口真理子、神泉薫、峰岸了子、有働薫、田中健太郎、等も、今のところ、聲を出す魅力に執りつかれた詩人たちだろう!!!
と言うのも、聲は声帯!!!

筋肉だから、出し続けて居ないと、知らずに衰えて来るのだ!!!
まして来年、2010年9月は世界ペン大会が東京で開催され、会員には活躍の場が与えられるからだ。それもノーマイクで。
だから今から聲を鍛えなくては為らないのだ。

さて詩人薦田愛、今回はどんな聲を聴かせてくれるのだろうか?

乞うご期待!!!

サロン・ラ ルーチェ(西麻布)℡03-5766-3933 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月31日 - 2009年6月6日 | トップページ | 2009年6月14日 - 2009年6月20日 »