« 2009年10月4日 - 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月18日 - 2009年10月24日 »

2009/10/17

鹿児島弁で、自作詩を聲に乗せる詩人竹内美智代、20日(火)、第404回プロジェクト「La voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!六本木の宙に聲を解き放つ!!!

 方言を大事にしたいと言う思いから、はんなりした大阪弁で、三井葉子。余市弁で美術評論家の酒井忠康。そして今回の鹿児島弁で竹内美智代と少しづつ方言を聲に乗せる機会を増やしている。

毎回、詩人竹内美智代には、鹿児島弁で、とお願いしている。

今回はどんな聲をきかせてくれるのか、乞う ご期待!!!

六本木:ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 ℡&Fax 03-3401-3011 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

詩人 松尾真由美、19日(月)第403回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!六本木の宙に、新詩集『雪のきらめき、火花の湿度、消えゆく蕊のはるかな記憶を』(思潮社刊)全篇を解き放つ!!!

 先に刊行された詩集『不完全協和音』三部作完結編の新詩集『雪のきらめき、火花の湿度、消えゆく蕊のはるかな記憶を』(思潮社刊)を全編聲に乗せると言う。

もう早いもので4回目の参加!

乞う ご期待!!!

六本木:ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 ℡&Fax 03-3401-3011 開場18:30 開演19:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/15

愈々、今日からプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」が、4年目に入ります!喋る「声の科学で分るもう一つの素晴らしいことは、幸福な人の声とそうでない人の声が違うと言うこと。」と偉大なスーフィーの音楽家、ハズラト・イナーヤト・ハーンが記して居ます。

次いで「偉大な人の声と他の人の声をくらべてみても、家系に関係なく、違いがあるのに気づくでしょう。」と。

新しい聲に出会いたい!、と思います。

どんどん新しい参加詩人を増やして行きます。

肉聲という一回性の世界に、大胆に挑戦して戴きたいものです!

幸福な人の聲でなければ、人に伝わらないのかもしれません。

参加詩人は、先ずは詩人自身が幸福で在ることが前提に為るのかも知れません。

ボイス・トレーニングだ!藝ノ力だ!等の以前に、聲を出す人間がそのものが幸福で在ることが重要な問題かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/14

今日、10月14日でプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」は、石の上にも三年!愈々、明日から4年目が始まります。2010年1月から三省堂神田本店8階ホールもプロジェクトに参加します!!!これで参加詩人の皆さんの聲を鍛える場が、数人の場から、100人余りの場まで拡がりました。益々、参加詩人の皆さんには、御精進くださいますよう、お願致します!!!

      天童 大人 プロデュース

    詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

  プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  

            
          10月


第403回10月19日(月)ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 松尾真由美(4)

第404回10月20日(火) ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 竹内美智代(3)

第405回10月26日(月)ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 後藤信幸(4)

第406回10月27日(火)ギャルリー東京ユマニテ  藤本真理子(2)

第407回10月28日(水)ギャルリー東京ユマニテ たなかあきみつ(初参加)

第408回10月30日(金)NPO法人東京自由大学  天童大人(13)


            11月


第409回11月4日(水) Star Poets Gallery  なかにしけふこ(初参加)

第410回11月9日(月) ギャラリー華 下川敬明(2)

第411回11月12日(木) NPO法人 東京自由大学 中原道夫(4)

第412回11月16日(月) NPO法人 東京自由大学 有働薫(12)

第413回11月17日(火)ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 こやま峰子(初参加)

第414回11月18日(水) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 紫圭子(6)

第415回11月24日(火) ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 後藤信幸(5)

第416回11月25日(水) ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊 森川雅美(5)

第417回11月26日(木)ギャラリー絵夢   山崎佳代子(2)

(12月に続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊(六本木),NPO法人東京自由大学(神田)の各会場 公演時間   開場は:18:30開演:19:00

(11月よりESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)の開場時間は17:30、開演時間は18:00に変更に為ります。ご注意願います。)

入場料   予約 大人2,500円

当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/
           
ギャラリー華(広尾)  106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&Fax03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)  106-0032港区六本木7-17-20 明泉ビル201
Tel&Fax03-3401-3011
E-mail:aej07072@nifty.com
URL:htto//www.gallery-kojima.jp/

NPO法人東京自由大学  101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時)
E-mail:jiyudaigaku@niftu.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー絵夢 106-0022 新宿区新宿3-33-10モリエールビル3F
Tel&Fax03-33512-0413
E-mail:galerie-moliere.co.jp
URL:htto://www.moliere.co.jp/galerie/


参加希望のお問合せ,その他は:

北十字舎 / Tendo Taijin Bureau
171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラゴンはエメラルド色に為り、輪に為っていたのが、水平に・・・・・

僅か1日で、エメラルド色に変化したドラゴン。

輪に為っていたドラゴンが水平に・・・・・。

天空に1頭!

中空に、私が1頭を背に乗せて!

海中に1頭!

全てエメラルド色の巨大なドラゴン!


或る見者よりの伝言より・・・!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/10/13

今朝、久留米から届けられた翡翆の腕輪に、水晶の腕輪から替えたら、ドラゴンが赤から緑色に変化し始めた・・・・!!!

 空海・1200年記念で配られた水晶と翡翆とが久留米から届けられたが、水晶が緩み、切れそうになったので、今朝、届けられた翡翆の腕輪に替えた。

ふと気に為って、ドラゴンの事を見者に尋ねたところ、ドラゴンが赤から緑色に変わりつつあると、伝えて来た。

我がドラゴン軍団は、緑色に移行しつつある。

これは何を意味しているかは、後日に・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党議員たちよ! 小泉純一郎が、挨拶に来た大島理森国会対策委員長に対して、「民社党のスキャンダルを徹底的攻めろ」と述べたことを新聞に書かれて居るぞよ!そこで小泉内閣時代の小泉・竹中ラインのスキャンダルを徹底的に暴きだすプロジェクトチームを設けて、何故、小泉がブッシュの犬、とまで言われたのか、追求せよ!!!

 目には目を!

小泉純一郎が公言したのなら、民主党は小泉政権の暗部を全て暴きだせよ!

土健屋の利権に翻弄させられたのは、国民以外、誰でも無いのだよ!

政権が変わった事を理解できていないのは御手洗会長の経団連だろう!

早く若い人物に譲れば、晩節を汚さずに済んだものを!

欲深く、限りなく黒に近いダークグレーでは、無理な事か?

今、田中清玄が居たら、彼はなんと言うのかな?

聴いて見たいね。

邪まな奴らは、おちおち眠れなくなるぞよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二泊三日の短い旅をして、二回のスイングボールでのセッションを行ない、その内の一人の希望で、何年振りかの個人セッションを行なって戻ると、ロシアの詩人、アンナ・アフマートワの詩集『夕べ』(未知谷刊)が届いて居た。

 そのアンナ・アフマートワの詩集『夕べ』の装画がアメデオ・モディリアーニの手による「アンア・アフマートワ」だと知り、本を注文したのだ。線描が綺麗で、これがあのモディリアーニの作品かと思うのだが、十代で鉛筆で書かれた自画像を知人が持っていて、スイスの私の知人の美術館で開催されていた時、たまたまローザンヌに滞在していたので、観に行ったのだ。
あの自画像が、この詩人の少ない線での的確な描写に、どう通じるのかと考えた。

ところでこの詩集『夕べ』は裏表紙に

4行のスタンザを57577の一首に
一篇が6連なら6首で構成
完全なる邦語短歌へと変成

   全186首

と記されている。
慣れないので、チト、変な感じのだが・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月4日 - 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月18日 - 2009年10月24日 »