« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2010/01/02

詩人・朗唱家・字家・天童大人、5日(火)、第431回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に14回目の参加!初めて新宿の宙に新作、数編を含む自作詩と聲を撃ち込む!!!

 新宿のギャラリー絵夢では、初めて聲を撃ち込む詩人・朗唱家・字家の天童大人。

昨年夏に、初めて聲を撃ち込む筈だったが、日程が合わず、今回に持ち越した。

5日は未だ、松の内、誰かにお願する訳にも行かず、自ら2010年の年頭に、聲を撃ち込む!

昨年、海外の国際詩祭に一度も参加しなかったが、今年は3月に、第4回アフリカ・ベニン、フランス語圏国際詩祭に、国際交流基金の助成を受けて日本、アジアを含めて初めての参加に為る。

アフリカ大陸と天童大人の関わりは、2000年の第3回セネガル・ダカール国際詩祭に参加後、マダガスカル、モーリス、マリ、セネガルと5回目のアフリカ国際詩祭に参加し続けて居る事に為る。

数多くいる日本・アジアの詩人の中では、アフリカと深い関係のある唯一の詩人だ。

不思議な御縁がアフリカに有る詩人・天童大人!

さて今回、初めて聲に乗せる新作は???

乞うご期待!!!

新宿:ギャラリー絵夢 ℡03-3352-0413 開場18:00 開演18:30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

2010年 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」1月の公演開催日程表です。新参加詩人は5名です。乞う ご期待!!!

        天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 
  
プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へー          

2010年1月

第431回1月5日(火) ギャラリー絵夢 天童大人(15)

第432回1月7日(木) ギャラリー絵夢 白石かずこ(18)

第433回1月10日(日) ギャラリー絵夢 薦田愛(22)

第434回1月12日(火) ギヤラリー絵夢 安森ソノ子(初参加)

第435回1月13日(水) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 青柳和枝(初参加)

第436回1月14日(木) NPO法人東京自由大学 野村喜和夫(4)

第437回1月15日(金) ギャルリー東京ユマニテ 原田道子(8)

第438回1月16日(土) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 叶美沙子(3)

第439回1月18日(月) NPO法人東京自由大学 村山精二(4)

第440回1月20日(水)ギャルリー東京ユマニテ たなかあきみつ(2)

第441回1月21日(木)ギャルリー東京ユマニテ 渡辺宗子(初参加)

第442回1月25日(月) ESPRITS ANIMAUX児嶋画廊 下川敬明(3)

第443回1月26日(火)三省堂書店神保町本店8階特設会場 天沢退二郎(7)

第444回1月27日(水)三省堂書店神保町本店8階特設会場 稲葉真弓(12)

第445回1月28日(木)ギャルリー東京ユマニテ 筏丸けいこ(初参加)

第446回1月31日(日) ギャラリー華 高野民雄(初参加)
(この回に限り、開場15 :00 開演15 :30 に為りますので、御注意下さい)


        (2月に続く)

ギャルリー東京ユマニテ(京橋), Star Poets Gallery(三宿), ギャラリー華(広尾),NPO法人東京自由大学(神田),の公演時間は、 開場:18:30開演:19:00

ギャラリー絵夢,三省堂神保町本店8階特設会場は
  開場18:00 開演 18:30

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)は開場時間17:30、開演時間18:00

入場料   予約 大人2,500円
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)
高校生 500円(学生証呈示) 小・中学生 無料 保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加:画廊:その他

ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306
E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(三宿) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13, 佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/
           
ギャラリー華(広尾)  106-0047 港区南麻布5-1-5
℡&Fax03-3442-4584
E-mail: gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

ESPRITS ANIMAUX 児嶋画廊(六本木)  106-0032港区六本木7-17-20 明泉ビル201
Tel&Fax03-3401-3011
E-mail:aej07072@nifty.com
URL:htto//www.gallery-kojima.jp/

NPO法人東京自由大学 101-0035 千代田区神田紺屋町5 TMビル2階
℡&Fax:03-3253-9870(火・木・金PM13~18時)
E-mail:jiyudaigaku@niftu.com
URL:http:homepage2.nifty.com/jiyudaigaku/

ギャラリー絵夢    106-0022 新宿区新宿3-33-10新宿モリエールビル3F
Tel&Fax03-3352-0413
E-mail:galerie@moliere.co.jp
URL:htto://www.moliere.co.jp/galerie/

三省堂書店神保町本店8階特設会場   101-0051 千代田区神田神保町1-1
℡03-3233-3312


参加希望のお問合せ,その他は:
北十字舎 / Tendo Taijin Bureau  171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス領レユニオン島の女流詩人アニー・ダレンクールから電話が有った。何の前兆か!!!

 今日本は15時45分、レユニオンは11時45分。

昨年の12月にレユニオンで図書フェステバルが有り、モーリス島の詩人が来て、テンドウによろしく伝えて、との伝言を残したとか。

アニ―・ダレンクールの聲を久し振りに聴いた。

彼女とはCD「UNIVERSAL VOICE」を出している聲の良い詩人だ。

レユニオンも財政難だと言う。

クレオール音楽のジョルジュ・プーニャやギタリストのミシュクも宜しくとの事。

アニーと話すのも久方振りだ。

これはアフリカへの吉兆の兆しだ!!!

乞う ご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月に寄贈された詩書です。御寄贈下され、本当に有難うございます。プロジェクトに反映させて頂きます。今年も宜しくお願い致します。

寄贈された詩書たち(18)2009・12・01~12・22

詩誌

田中健太郎「木偶」79
香山雅代「Messier」34
藤本真理子「ガニメデ」47號
峰岸了子「タルタ」11
峰岸了子「りんごの木」23号
向井千代子「きんぐすり」第8号
牧田久未「RAVINE」172号
牧田久未「Messier」34
河野聡子「TOLTA4」
河野聡子「ジャイアント・GIANT BOOK」
長屋のり子「きんぐすり」第8号 2009年 冬
三井葉子「楽市」67号
井崎外枝子「笛」250号
後藤信幸「現代文学」80号

詩集・歌集・句集

天沢退二郎『AVISION 幻夢詩篇』(書肆山田)
佐々木芳徳『銀の耳』(沖積舎)
向井千代子『白木蓮』(花神社)
ささき ひろし『海の血族』(土曜美術社出版販売)
西澤みず季『ミステリーツアー』(角川書店)
井上瑛子『Nとの夏』(緑鯨社)
井上瑛子『こどもの場景』(緑鯨社)
安森ソノ子『安森ソノ子詩集』(芸風書院)
安森ソノ子『地上の時刻』(編集工房ノア)
田川紀久雄『未来への旅』(斑猫書房)

エセイ・評論

安森ソノ子『京都 歴史の紡ぎ糸』(酢燈社)

DVD

島木綿子「儚十九夜物語 唄と三味線  西松布咏」

CD

河村龍俊「続々「目から耳へ」」

その他

安森ソノ子『安森ソノ子の詩による女声合唱組曲 紫蘇を摘む時』(音楽之友社)
安森ソノ子『安森ソノ子の詩によるソプラノ歌曲集』(舞苑企画)
日本中国文化交流協会「人民中国」2010年1月号
藤堂和子「LB中洲通信」2010年1月号
ささき ひろし「増毛」
森川成美『こわい!闇玉 令丈ヒロ子×石崎洋司/選』(講談社文KK庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年 あけましておめでとうございます!愈々、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」は40ヵ月目に入り、5日、第431回、天童大人の聲から、口火を鑚ります!

 2010年代を満月から、始まりましたね。

ロンドンのファツションデザイナー鳥丸軍雪さんとは、新年を迎えた時に、電話で話をしました。

さて天空では沢山のドラゴンが攪拌して居ます。

邪まな人間はますます、振り落とされて行きますぞ!

どんどん価値観が変化し、何が大事か覚醒し始めて来たぞよ!無辜の民たちは!

詩人はもっとしっかり、聲を出さなくては為らないのだぞよ!

雑用にかまけて居るのではないぞ!と天空から眺めている御仁が申して居るぞよ!

楽しみ!楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/31

いけばな作家中川幸夫の映像を2009年の大晦日に、NHKの教育テレビで見る事が出来るとは思わなかった!!!

 いやーあ、驚きましたよ、元気な時の中川幸夫さんの姿を見ると色々な事が想い出されますね。

ヒト言では、言い尽くせませんね!17年間、字のお仲間として、楽しく、頑張りましたからね。

「天空散華」は、永い間、中川さんが温めていた企画だが、本当に彼が「天空散華」を行ないたかった場所は、あそこでは無い。

もっと日本を考えた場所だったね。

瀬戸内海テレビのデレクターに話をしたのだが、話は動き始め無かったね、誠に残念!

未だお元気な大野一雄さんの手振りも見られたね。

あの時は雨が降って、東京からバス二台に分乗して、会場に向かった。

終わった後に、釧路のデスイズのご主人にも逢ったけ!

2009年を象徴するような映像だった。

時間は残酷だね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数多くの光沢のパール色をしたドラゴンが、この危うい水の惑星を攪拌し続けているぞよ!多すぎて数えきれない綺麗なドラゴンたち!!!

 さあ2010年にはどう変化するのか!新潟の白龍神社に毎月、訪れる度に、参拝し続けて居る事と大きな関係が有るようだ!

新潟在住の関係者の皆さん!

是非、新年には白龍神社をご参拝下さい!可愛い神社ですよ!良い事が沢山ありますよ!

新しい気が、新潟に渦を巻き始めましたよ!

2010年にはどんな力と為ってが現れて来るでしょうか?

ドラゴンたちが渦を巻き、世界を攪拌して居る事が、何処と繋がり、具体化して来ますかね?

邪まな人間はふるい落とされて、消えて行くのみですよ!

愈々、2010年代に突入!!!!

うーん 楽しみだね!!!

どの位、人を遺せるかね、今後に!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝早く、ロンドン在住のファションデザイナー鳥丸軍雪さんから、新年のご挨拶が、FAXで届いた!もうロンドンは2010年なのか?

 久方振りにロンドンの鳥丸軍雪さんから、新年のご挨拶が届いた。

元気なご様子。今夜、年が明けたら、返礼をしましょう!

年賀状での欠礼は既に2年、明日の元旦で3年目に為る。

新年の墨磨りは、今は1年の護符を作ることのみに。

来年は3月にアフリカのベナンへ!

今年は、何処にも島から出無かったから、その反動が楽しみ。

でも新潟での活動は予期せぬ出来事!

じっくりと活動を持続させて、参加者が覚醒して行けば、新たな展開も日本海側から可能に!

2009年、本当に有難うございました! 全ての天童大人に係わった方々に、深く感謝を!

2010年をご期待下さい!!!

何を起こし得るのか????!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/30

永遠の歌姫・美空ひばりの再放送を見て、色々、学び、感じる事がある!!!

 何時聴いても良いね、美空ひばりの歌声は!

彼女の歌声を聴くと、今の歌手はどんな気持ちで歌って居るのだろうか?

良いお手本がここにはありますね。確かに。

繰り返して、美空ひばりを放映して戴きたいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きたツシマヤマネコが数十年振りに対馬の下島で捕獲された事は、2010年に向けての吉兆の証だ!!!

  今年も対馬の環境省対馬野生生物保護センターに、聲ノ奉納が終わった翌日に訪れたが、エイズに罹ったツシマヤマネコが一匹蹲って居ただけだった。

 それでもツシマヤマネコはツシマヤマネコだ!

保護された雄のツシマヤマネコが元気に回復して、また自然に戻されたら、良い結果が産まれて来るだろう!

一匹が生きていれば、恐らく、確実に数匹の生存は間違い無い事。

喜ばしい事だが、対馬の道がほとんど舗装されて来ているから、住みづらい事は容易に想像がつく。

来年までは保護センターには居ないだろうが、生きた野性の対馬ヤマネコを見たいものだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

2009年度のプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に参加された方は、1,150名に達しました。昨年の1166名と拮抗して居ます。コンスタントに参加者が居られる事に深く感謝いたします。本当に有難うございます!!!

 是非、2010年度のプロジェクトにご参加くださいますように、お願致します。

2010年度は1月5日 第431回 天童大人の聲から始まります!

これは会場を提供して下さるギャラリー絵夢の増田女史が、プロデューサーの聲を聴かなくては、との事で、今回初めて聲を撃ち込む事に為りました。

会場は18:00 開演は18:30分です。

是非、お出かけ下さい。

新宿:ギャラリー絵夢 ℡03-3352-0413

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/28

NHK衛星第二で放映して居たテレビドラマ「魔術師マリーン」が今夜の第13話で終わった!う~ん残念!楽しみが減った。

 ドラマ「魔術師マリーン」が遂に終わった。

面白いね。未来のアーサー王の従者、魔術師マリーン!

21世紀に魔術師の世界のドラマを制作、それをNHKが放映する。

混迷するNHKの放映方針。

西洋のドラゴンと東洋のドラゴンの違いは翼が有るか、無いかだけでは無い。

スペインの陶器会社LLADROが赤龍・清龍を制作する時代だ。

別に驚かないが、私の龍を眺めてみよう!!!

2010年には龍に乗る!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウンサンスーチーさん解放への文字が躍る年末の毎日新聞(12月28日付、朝刊)を眺め、中国が、愈々、ミャンマー軍事政権を通じて、インド洋に到達か!!!軍政の読みである「NLD4分の1」は3分の1に膨れ上がる気配が有るのだぞよ!!!

 う~ん インド洋に通じる道を中国政府が手に入れようとしている時、日本は首相の一族のお金の動きに躍起に為って、目くじらを立てて騒いで居るだけとは、全く情けないものだ。

お金は有る処には、有るものだと言う当たり前の事が、はっきりしただけだ。

鳩山家の金の動きより、小泉純一郎の金の動きを何故、洗いださないのか?

国民に対しての背信行為を、一つも暴けないとしたら、日本のジャーナリズムは、健全とは言えないだろう!

さあ地下の伏流水のように眠っているミャンマーの無辜の民びとの心が、どう判断すすのか、選挙結果が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/27

詩人たなかあきみつ、天童大人、原田道子、叶美沙子、高柳和枝、下川敬明、村山精二と2010年1月参加詩人のチラシが集まり始めました。

 未だチラシを制作されて居ない詩人はお急ぎ下さい。

チラシは紙爆弾で、何処へ飛んで行き、誰の手に渡るのか全く分かりませんが、非常に効果が有る印刷物で、参加詩人自ら制作する事は、自分の仕事を確認する為にも必要な事ですよ。

どんな効果が表れて来るのか、乞うご期待!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主党政権に変わったのに、テレビのコメンテイターが自民党政権時代と同じ顔ぶれでは可笑しくないか?

 政権が替わったら、コメンティターも総入れ替わりするのが、当たり前なのでは無いか?

余りにも無神経なのに驚くのだが???

ニュースキャスターも総入れ替えするのが当然!

ここまで鈍くなると何でも有りなのか?

水面下で価値観が大きく変化しているのにお気づきだろうか?

どう変わって来たかと?言われるのかな?

う~ん まあ見て居てご覧!

2010年以降を!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟のLulu・Tenで、11月から開催しているクリスタル・スィンギングボールを浴びる会は、好評につき、2010年1月22・23日と24日は一歩以上、進化させたクリスタル・スィンギングボール with Consciousnesを2回(午前と午後)に開催する事に為った!!!

 1992年10月、日本で初めてクリスタル・スィンギングボールを楽器として、自分の字の個展のオープニング・パーティーで演奏、使用して以来、12月から築地の兎小舎で95年11月の第33回まで毎月連続公演(原則的には)を行なって以来の事が、今、まさに始まっていると言えよう。

 私がクリスタル・スィンギングボールを持っていて為らせる事を、話の流れから知ったルル・テンのオーナー坪川女史が、是非、新潟で鳴らして欲しいと言われたからだ。

兎小舎の時は、私の公演だが、この新潟での活動は、ともかくクリスタル・スィンギングボールをの音を浴びて貰いたい事から始まっている。
この音で、実際にアメリカでは癌の治療や予防に用いられているのだが、日本ではあまり聞かない。

既に11月・12月で8回も開催して居て、ゆっくりとリピート客も増えて来ているのだ。

やはり主催者の熱意の御蔭だろう!
2月以降も毎月続けて行きたいとの主催者側の希望に、出来る限り副いたいものだ。

昨日も別件で、上京された新潟の女性も、1月の回にも参加されたと言われて居た。

このS女史も私のVOICE WORKSHOPに参加されて、聲が出始めた方だ。
このVOICE WORKSHOPも時期を見て、開催したいものだ。

面白いものだ。日本海側の新潟でこうした動きが起こることは!
新潟が活性化し始めて行く、前兆かもしれないぞよ!

 乞う ご期待!
参加希望者は
Lulu・Tenまで。
℡&Fax 025-210-6800
Mail:lulu_ten95@yahoo.co.jp
Blog http://liliten.blog117.fc2.com/  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »