« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009/02/07

第301回9日(月)、中本道代、第302回10日(火)、有働薫共に、広尾のギャラリー華で、自作詩を宙に解き放つ!!!

 無事に節分も過ぎ、愈々2009年度が始まります。

1月は6日から30日までに19回公演。

そして、やはりハードでした2008年度は。

28ヵ月で300回。全て立ち会ってみて、やっと少しは基礎ができ始めたかもしれません。

初参加の中本道代と8回目の有働薫。

どんな聲を聴かせてくれるのか?

とても楽しみです。

予約は ギャラリー華 ℡03-3442-4584まで、ご連絡下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日、8日 福岡のRKB毎日放送の「サンデースイングライフ」(午前8時半-11時14分)生放送のなかのコーナー「サンデークローズアップ」(10時15分頃から25分頃まで)に電話インタビューに出演の予定!!!

 何を話すのか?プロデューサーのH氏からFaxが届いたのだが、何かが可笑しいのだ。

電話でインタビューを受けるのは、二十数年ぶりの事だ。

肉聲の復権を目指している人間が、ラジオと言うコピー音の世界で詩は読めない。

話なら幾らでもすると言っていたのだが。

小さな電話機の前で、詩を読む?誰なら出来るのだろうか?

短詩系の俳句とか短歌なら丁度、具合が良いのかもしれないが。

プロデューサーのH氏は、質問を考えているのだろうが、どんな質問が飛び出してくるやら?

楽しみな事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永六輔さんが、派閥の勉強会にプロのアナウンサーを招いてみたらー、今朝の毎日新聞に、「永六輔その新世界」の最後に書かれているのだが・・・・。

 政治家や経済界で、聲が良くて、耳を澄ませる様な人物に、滅多に出会わないのは、何故なのだ!!

今の時代を象徴するのが、為政者に最も相応しくない人物、麻生太郎と言う御仁だ。

育ちが良いとか、家が良いとか言われているらしいが、この濁声を聴いたら、眉唾物だと言う事が分かる。

聲が出来てい無いと言う事は、まだまだ未熟だ、と僧・空海なら言い切るだろう。

永六輔さんには未だお会いした事は無い。

しかし、永さんには感謝している事が一つある。

2002年3月21日正午(イタリア時間、日本時間は夜8時)、イタリア・ヴェローナのアリーナ(野外闘技場)で、ヴェローナ文学者協会主催「春の詩祭ー追悼 詩人 ロベルト・サネージー頌」の為に、聲の奉納を行う為に、聲を出した。約55分間。
この時の事を永六輔さんが、ラジオ番組で、この事を話してくださって、夜8時に為ったら、皆さん、聲を出してください。聲と聲とを繋げて行きましょう、と。

何ヶ月か経って、BUNKAMURAのオープニングパーティーで、逢ったN女史に、タクシーに乗って居たら、永さんがラジオで、詩人で朗唱家のテンドウ・タイジンがイタリアのヴェローナで聲を出すので、夜8時、何処に居ても聲を出してくださいと言っていたと言うのだ。

これは本当に有り難い事だった。

それからだろうか、毎日新聞の土曜日の「永六輔の新世界」に、目を通すようにしてしている。

だから今日の記事にも目を通した。

「野球がキャンプインしたように政治家も話芸、話術それに朗読のトレーニングをするべきだだろう。」と言っている。

でも永さん。聲の悪いのはどう致しますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/06

ソマリア沖海賊対策ー24ヵ国連携、隣接国に情報拠点、と今日の毎日新聞・朝刊に掲載されているが・・・。

 不思議な話だ。

地上50センチぐらいまではっきり認識できるスパイ衛星が頭上に飛び交っている時に。ソマリア沖での海賊事件に、役に立たないと言うのは、可笑しすぎないか。

イエメン、ケニア、タンザニアの3ヵ国に情報拠点を設けると言う話も、なんともまだるっこい話だ。

随分、遠い拠点だ。
何故、海上に1隻の駆逐艦を常駐させ(参加各国が交互に参加)、其処をセンターに、スパイ衛星とリンクさせれば簡単な筈なのだが、話の道筋が可笑しすぎる。

海賊のバックに大国の影がちらほらするのは、何故か?

海賊も潜水艦を持っているのではないのか。

今後も刮l目して、見守りたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

一昨年、96歳で亡くなった美容家メイ牛山氏の著書『メイ牛山のもっと長寿の食卓』(情報センター出版局刊、2003年)を眺めて居たら・・・・。

 目次を眺めているだけで楽しくなる本がある。

この本も色々と役に立つ実用的な本だ。

その88ページに、

私の、ここ一番、という時の特効薬を紹介しますね。

と書かれてあり、今、試してみて、このブログを書いているのだが、人によって違うかもしれない。

コヒーに一、二滴たらして飲むのだそうだ。

欲張ってスプーン、一、二杯にしたら寝てしまうと言うのだ。

このたらす液体は液体は何でしょうか?

色々試して見て下さいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/04

中国 胡錦濤国家主席、10日~17日まで、サウジアラビア、マリ、セネガル、タンザニア、モーリシャスの中東・アフリカ5ヵ国を公式訪問すると言う。誰がこの歴訪をアレンジしたのか?

 中国外務省が3日に発表した胡主席の歴訪予定の5ヵ国の内、中東の1ヵ国(サウジアラビア)とタンザニアの2ヵ国を除いて、GNP500ドル余りの国で有っても、1週間余り、開催規模の国際詩祭は既に開催されているのだ。

特にセネガルでは、ダカール国際詩祭が2年に1度、大規模な国際詩祭が開催されている。

日本の外務省の役人にはイメージできない戦略を、遂に中国は用い始めた、との感が私には強いのだ。

何故、今、この時期に胡主席がインド洋を歴訪するのか?

セネガルの国際詩祭には2回、マリ1回、モーリシャス1回と4回、既に踏破している。

特にインド洋ではマダガスカル国際詩祭にも参加。レユニオンでは字の個展、ワークショプも行い、朗読会も行っているのだ。

胡主席、自らが足を踏み入れる。どう変化していくだろうか?

ベニン国際詩祭への招待は、時間が足りず、プロジェクトとの時間調整が出来ないので、今回はお断りしたが、2010年に改めて招待すると言ってきている。

5月にはカメルーン国際詩祭が開催されるとか、パリから便りが入った。

これには是が非でも参加しなくては為らないだろう。

アフリカが動き始めたぞ!!!!アジアの中の日本は、これからどう進むのか?

既に戦いは始まっているのだが、後方支援、財政支援がふそくしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/03

福岡のRKB毎日放送ラジオ制作部のH氏から電話が有り、8日(日曜日)の午前8:30~11:15分の「サンデースイングライフ」に出演依頼が・・・。

 ラジオ番組インタビューの一問一答形式だと言う。

コーナー名:「サンデークローズアップ」

聞き手:佐々木謙介(元NHKアナウンサー70歳) 中嶋順子(元航空会社客室乗務員)

出演時間は10時15分前後から25分まで、だとか。

これも1月26日の毎日新聞の ひと 欄に載ったのを見たからだというのだ。

プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」ー肉聲の復権を目指す、「目の言葉」から「耳のコトバ」へーが全国に知られる為なら、何でもこなしますよ。これからもプロデユーサーとして。

でも何をしたいのかね・・・???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「立原道造の詩が読みたくなって彌生書房の詩集を開いたら、いきなり手書きの葉書の文章ー浅間爆発 追分には何のこともなし ご心配なく。取敢えず御知らせまで。 道造」と・・・。

 出ていたと今朝早く、私の携帯メールに、霊能的能力のある、親しい友人のR・S氏から、上記のような文面が届いた。

大きな爆発が起こるのかも?火山の爆発は、私の範囲以外のことだからな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/02

2009・名古屋朗読会へのご案内(MMW主催)、2月14日(土)午後1時半開演 詩の聲/声の季節/季節の詩人たち に名古屋の詩人・紫圭子さんと金沢の三井喬子さんに招かれて、初めて参加します。

どんな会なのか、全く分りませんが、長谷川劉生さんを始めとして、未知の大勢の詩人の聲を聴く事が出来そうで、本当に楽しみです。

午後5時からは懇親会もあり、その場でも朗読があるそうです。

14日は沢山の聲が聴けて、是非、プロジェクトに参加される詩人が増えると良いのですが!

問い合わせ先

若山紀子 463-0016 名古屋市守山区大屋敷13-27 ℡&Fax 052-794-7886

紫 圭子 442-0818 豊川市中条町大道12-8      ℡&Fax 0533-83-2430 迄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/01

映画「チェチェンへ アレクサンドラの旅」の監督アレクサンドル・ソクーロフが、主演女優ガリーナ・ヴィシネフスカヤの声を、子供の頃初めて聞いた、とパンプレットのメッセージに記されている。

 その後、ドミトリーショスタコーヴィチのオペラ「カテリーナ・イズマイロヴァ」の一部をチラリと見て、初めてガリーナの顔を見たと言うのだ。
そこで、そのオペラ「カテリーナ・イズマイロヴァ」を見る事は出来ないかと、アマゾンで検索すると、歌劇「カテリーナ・イズマイロヴァ」映画版が存在する事を知り、早速、購入して、見た。

 私が3週間、1日7時間余り、聞いたマスター・クラスでのガリーナの声より、1966年当時の若いガリーナの声が聴けた。

私が授業を受けたのは今から19年前の1990年。彼女が64歳の時。

正に今の私の年の時の、ガリーナに習っていたわけだ。

ガリーナはマスター・クラスの世界中から来た十数人の若者たちの才能を充分に理解していた事が、プロジェクト300回、全てに立ち会った今なら良く分るのだ。

成る程、と。

301回からは、より苛烈に突き進む事に為るだろうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の2月、3月の公演、日程表です。、参加詩人の皆さん。チラシ作成の方は、出来次第、北十字舎宛に、至急、お送りください。随時、開催時に配布致します。御協力、宜しく、御願いします。

            天童 大人 プロデュース

詩人の肉聲とコトバとを聴く! 

  プロジェクト La Voix des poètes (詩人の聲)

―「目の言葉」から「耳のコトバ」へー  
           
2月

第301回2月9日(月) ギャラリー華 中本道代(初)

第302回2月10日(火) ギャラリー華 有働薫(8)

第303回2月12日(木) Star Poets Gallery 辰巳泰子(2)

第304回2月13日(金) ギャルリー東京ユマニテ 武藤ゆかり(5)

第305回2月17日(火) ギャルリー東京ユマニテ 坂上弘(2) & 稲葉真弓(9)

第306回2月19日(木) ギャルリー東京ユマニテ 原田道子(4)  
 
第307回2月24日(火) ギャルリー東京ユマニテ 岩切正一郎(2)

第308回2月25日(水) ギャルリー東京ユマニテ 峰岸了子(12)

第309回2月28日(土) Star Poets Gallery 伊藤比呂美(5)


3月


第310回3月5日(木) Star Poets Gallery 村山精二(初)

第311回3月6日(金) Star Poets Gallery 森川雅美(2)

第312回3月11日(水) ギャルリー東京ユマニテ 叶 美紗子(初)

第313回3月12日(木) ギャルリー東京ユマニテ 紫圭子(3)

第314回3月17日(火) ギャルリー東京ユマニテ 伊藤比呂美(6)

第315回3月18日(水) ギャルリー東京ユマニテ 中本道代(2)

第316回 3月19日(木) ギャルリー東京ユマニテ 馬場駿吉(4)

第317回3月24日(火) ギャルリー東京ユマニテ 天童大人(11)  
 
第318回3月25日(水) ギャルリー東京ユマニテ 白石かずこ(14)

第319回3月26日(木) ギャラリー華 塚越祐佳(初)
           
第320回3月27日(金) ギャラリー華 竹内美智代(初)

4月に続く

ギャルリー東京ユマニテ(京橋),Star Poets Gallery (渋谷),ギャラリー華(広尾)

公演時間 は開場:18:30 開演:19:00

入場料   予約 大人2,500円  
    
当日 大人2,800円 大学生1,500円 (学生証呈示)

高校生 500円(学生証呈示)  小・中学生 無料(保護者同伴)

*御予約は直接、各ギャラリーか北十字舎へお電話かFaxでお申し込み下さい。

参加画廊:
ギャルリー東京ユマニテ(京橋)  104-0031中央区京橋2-8-18昭和ビルB1
Tel 03-3562-1305 Fax 03-3562-1306 E-mail:humanite@js8.so-net.ne.jp
URL://www.kgs-tokyo.jp/humanite.html

Star Poets Gallery(渋谷) 154-0004 世田谷区太子堂1-1-13,
佐々木ビル2F-D
Tel &Fax03-3422-3049
E-mail:planet@star-poets.com
          E-mail:collect@star-poets.com
URL: http:www.star-poets.com/

ギャラリー華(広尾)       106-0047港区南麻布5-1-5
Tel &Fax 03-3442-4584
E-mail:gallery-hana@nifty.com
URL:http//homepage2.nifty.com/gallery-hana/

参加希望のお問合せ,その他:北十字舎

              171-0031 東京都豊島区目白3-6-5
     ℡ 03-5982-1834 Fax 03-5982-1797
         Mobil: 090-3696-7098(au)
E-mail:tendotaijinbureau@mbi.nifty.com
URL:http://universalvoice.air-nifty.com/tendotaijin/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »