« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009/02/21

22日、タイのプーケット島で開催されるASEAN(東南アジア諸国連合)と日本・中国・韓国の財務省会合に、日本は政務次官の出席だと言う。財務大臣が三省の兼任などどだい無理な話だ。

ASEANと日本・中国・韓国との合同財務相会合に,日本から財務大臣が出席しない事は、今後の国益を損なう事だ。
何故、兼務で済ませると麻生首相は考えるのか・

もう麻生太郎の首相ごっこの遊びの時間は終わった!!!

こんな愚相を国民は国外追放に出来ないのか?

早急に引き摺り下ろし、立て直さないと自民党の再建は容易な事ではなくなるぞよ!!!

一刻も急げよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/20

元神奈川県立近代美術館館長で、現・世田谷美術館館長・美術評論家の酒井忠康さんから童話集『海にかえる魚』(未知谷刊)だ届いた。読んでみると・・・・。

 早速、贈られた『海にかえる魚』を繙いてみると、酒井さんは余市、私は隣町の小樽市。

懐かしいコトバが沢山散らばっているのだ。

これを書き手の酒井忠康さん自身の聲で聴きたいものだ。

他に、エセイを1,2編を聲に乗せてくれる事に為った。

段々、面白いプログラムが揃ってくる。

進藤 凉子、新井豊美、松浦寿輝氏らにも御願いした。

新しい聲を聴いて見たいので、是非、ご協力下さい。

宜しく、御願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京橋のギャラリー山口で16日から始まった「建畠覚造展」を見に行こうとしたら、世田谷美術館館長で美術評論家の酒井忠康さんに、久方振りにお会いし、かって書かれた童話集『海にかえる魚』(未知谷刊)を聲に乗せてみたら、と御願いをした。

 そしてプロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に、参加が決まった。

詩人 吉田一穂を大好きな酒井忠康さん。

どんな聲を聴かせてくれるのか?

4月8日(水) ギャルリー東京ユマニテで行ないます。

また展覧会の開場で、詩人の建畠晢さんに逢い、5月、参加していただく事にした。

どんどん聲の収集が進んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/19

詩人 原田道子 今日19日(木)、第306回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加。京橋の宙に自作詩を聲に乗せ、解き放つ!!!

 過去の3回を反芻しただけでは分らない、生の1回限りの聲の世界。

「耳のコトバ」に、果敢に挑んできた詩人 原田道子。

この4回目、どんな聲を聴かせてくれるのか?乞う ご期待!!!

ギャルリー東京ユマニテ ℡03-3562-1305 午後7時開演

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/18

何故、麻生首相はサハリンで開催される「サハリン2」の記念式典に、メドベージェフ大統領の誘いにむざむざと乗り、出かけたのか?今、この国の為政者は庽者の極みだ!!!ソ連とは現在も講和条約は結ばれていないのに!!!

 日本をソ連に売り渡す積もりかね麻生太郎首相は。

一国の長がわざわざ出向く式典ではないのだ。

本当にこんな庽者を首相に選んだ全自民党党員に責任があるのだ。

メドベージェフ大統領の強かさは、麻生に比べたら若輩者とは言え、弱肉強食のソ連政界をのし上がってきた男に、毎夜、ホテルのバーで打ち合わせしているような軟な男ではない。

プーチンを尻目に、権力を熟知し始めての行動に、麻生の頭脳では太刀打ちできないのは、最初から分かっている事だ。
この時こそ、ラスプーチンと称されている佐藤優氏の助言を素直に聞くべきだったのではないか?

但し、佐藤氏が答えるかどうかは分らないが、国難であれば、日本の国益の為に、適切な助言をするのが、一日本人としての義務であろうから。

佐藤優氏に、お尋ねしてみたいものだ。

記念式典に日本国の首相が出席するメリットとデメリットに付いて、どう判断されるか、と。

今回の参加は麻生首相の愚かな判断だけでは済まされないのだ。

北方領土問題を含む対ソの大きな問題を含んでいるのだ!
19日以後のロシアの態度に注目せよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/17

GDP年率12,7%減!この時期に日本経団連は25年度までに消費税を17%に、と提言だと!馬鹿じゃないのか、経済人の低度の低さ加減は、自滅への道を進んでいる日本経団連!

 25年度までに日本の経済状況は立ち直るどころかこのままの有様。

全て冷え切った世情の空気が読めない経済人は、早く墓石の中へ行く事だ。

1年間、JRを始め、交通機関は全て半額にする事だ。

ヒトの移動にもっと助成を与え、活性化させることだ。

8年先ぐらいに、大きな戦争が起こるだろうし、起こさないと国が持たないと考える輩が輩出してくる。

それまで景気の回復など、夢の話。

自動車の販売台数など、500万台(全社を併せて)いくかどうか?

だいたい車は動けばいいのだよ!!!

新車などどうして必要なのか?

もう必要では無い物は買わなくなってきている世情の気配。

これらの空気が読めない者は、21世紀の経済界には不要!!!

今、世界には、これからどう為り、如何に生きるべきか、を教える賢者は既に世に出た者の中には、一人も居ないのだ。
もう大学教育は不要。

出来の悪い教授や教授など全て不要に。

その時代は直ぐ其処に・・・・。

面白いね、これは戦国時代、優れた者は見当たらないのだから、誰にもビッグチャンスはアルと言う事だ!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、中川財務相がアル中だ、と書いたら、友人のホテル関係者から、良くホテルでベロベロの中川財務相を見かけていて、あれはアル中だと言われているそうだ!!!

 国会の会期中は、議事堂の入り口で、登院印する全議員に対して、抜き打ちのアルコール検査を早急に実地せよ!!!

中川財務相の今回の渡航費用、滞在費、飲食代は、全てに国庫に返還させよ!!!

プレスリーの真似をした馬鹿な小泉以下、安倍、麻生と可笑しなのばかり選んでくる、自民党党員は!!!

本当に一度、良いか悪いかの問題ではなく、政権交代をするべきだろう、この国は!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中川財務相を早急に罷免せよ!と同時に任命権者の麻生首相も辞任し、解散、総選挙に!!!国益を損なう者は、追放に!!!

 風邪薬を飲んで、酒を飲む。

飲む薬の量が多いとの釈明なら、尚の事、酒など飲まないこと。

誰でも自覚し、医者も言う常識。

その当たり前の事が、理解出来ない者を、財務相として置いているのは、任命した麻生首相の責任は当然ある。

風邪薬を飲んでも酒を飲むのでは、中川財務相は、アル中、だろう。

アル中患者は、早急に収監し、一刻も早く治療を!!!

先日の或るテレビ番組の生出演した森元首相が、ふと漏らしたコトバ、酒の気をつけなさいとかねがね注意をしていた、と。
しかし、世界のメデアに乗っり、世界を駆け巡り、国益を損なったのは事実。

歳費は没収し、議員を辞職されるのが筋。

殺された父親の事を考えたら酒に溺れている時ではない、国難の時。
これでは中川一郎、殺され損になるぞよ!

さて麻生首相の支持率が10%台に!

これも当たり前の事。

口の曲がったあの顔に、あの汚い聲。

毎朝、テレビをつける度に、流れ出てくる濁声。

早く首を変えろと、忠告してきた筈だが、聴く耳も持たない自民党員たち。

耳が悪すぎるぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/16

作家・坂上弘&詩人・作家・稲葉真弓のコラボを明日(17日)、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」が300回を超えましたので、初めての試みを行ないます。是非、ご参加下さい!!!

 昨年、11月、芸術院会員に為られた作家・坂上弘さんと昨年の川端康成賞受賞作家・稲葉真弓さんとの初めての試み、コラボレ^ションです。

ふとある会合で坂上さんが漏らした一言、「稲葉さんとなら・・・」

プロジューサーがその一言を見逃す筈がありません。

そうか! それもありなんだ、です。

どうなるのかはお二人にお任せして有りますから、皆さんと共に、私もとても楽しみです。

この試みは、今後のこのプロジェクトを占います。

是非、奮ってご参加下さい。

京橋・ギャルリー東京ユマニテ 午後7時開演 ℡03-3562-1305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/15

14日、名古屋・つちやホテルで行われたMMW主催の、詩の聲/声の詩/季節の詩人たち、はとても良い会でした。お招き下さった詩人の若山紀子さん、紫圭子さん、三井喬子さん、本当に有難う御座いました。

 いやあ面白かったです。詩人・長谷川龍生さんとは初めてで、楽しかったです。
60人余りの第一部。

大学時代の同人誌:第二次「文學共和國」の同人で。現在、陶芸家の村田萠子女史が来てくれた。
それとD・H・オーデンの研究家、林依里子女史も姿を現してくれた。

久し振りです、電車に乗って、聲を出しに行くのは。

深夜、鈴木孝さん、紫圭子さん、作田教子さん、川上明日夫さんの五人で、居酒屋・花火、で話に熱中し、気がつけば深夜1時半。
こうして空間を移動すれば、また新たな出会いが生まれる。

この会は3年を無事に超えた。

新しい声の会が育ち始めている事を、招かれて、参加し、初めて知った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »