« 今夕、新宿三越の横のカフェに入ろうとして、中が満員なのがわかったので、去ろう、としたら、テンドウさんと扉が開けられ、聲がかかった。見ると福岡・博多ラーメンの雄、一風堂の河原社長だった。 | トップページ | 詩人村山精二 18日(月)第439回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!神田の宙に、初めて第1詩集『プラスチック粘土』1977年を聲に乗せて解き放つ!!! »

2010/01/11

詩人叶美沙子 16日(土)第438回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!六本木の宙に初めて、第1詩集『虹鏡』(書肆山田刊)を解き放つ!!!

 このプロジェクトの立ち上がり時期から、参加者の一人として参加し、詩集を一昨年、初めて上梓し、このプロジェクトに詩人として参加した一人。
叶美沙子に続くような詩人が今後、このプロジェクトの参加者から沢山育って来て頂きたいものだ!

一度参加して聲を撃ち込んだ詩人は、次回からの参加者としては、1500円で聴けるが、1年間、一度も参加しない詩人は、詩人特典を受けられない。(地方在住の詩人は例外!)

これは詩人が詩人を育てて行くプロジェクトとでも言おうか。

4年目に入り、430回を超える!!!

例えば、アナウンサーや役者、声優が1時間余り、自分が生み出した言葉を聲に乗せる事が出来る者が、この国に、何人居ると言うのか?
このプロジェクトに参加して、聲を自分の武器にして、世界で戦える詩人が何人、残す事が出来るのか?

詩人白石かずこを頂点として、聲の詩人の世界の裾野を大きく拡がらせなければ、ならないのだが、未だ抜きん出た聲の持ち主は、詩人伊藤比呂美以降、玉石混交の域を超えて、出て来ないのだが、聲を撃ち続けて行くうちに、数人は立ち上がって来る事だろう!
それが楽しみで、協力して下さって居画廊のオーナーたちの厚意に報いる為にも、詩人たちはより一層、奮起しなくては・・・・!!!

ともかく若い詩人叶美沙子が、今回、どんな聲を出すのか、乞うご期待!!!

六本木:ESPRITS ANIMAX 児嶋画廊 ℡03-3401-3011 開場17:30 開演18:00

|

« 今夕、新宿三越の横のカフェに入ろうとして、中が満員なのがわかったので、去ろう、としたら、テンドウさんと扉が開けられ、聲がかかった。見ると福岡・博多ラーメンの雄、一風堂の河原社長だった。 | トップページ | 詩人村山精二 18日(月)第439回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!神田の宙に、初めて第1詩集『プラスチック粘土』1977年を聲に乗せて解き放つ!!! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

オペラ・歌舞伎」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/47260597

この記事へのトラックバック一覧です: 詩人叶美沙子 16日(土)第438回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に3回目の参加!六本木の宙に初めて、第1詩集『虹鏡』(書肆山田刊)を解き放つ!!!:

« 今夕、新宿三越の横のカフェに入ろうとして、中が満員なのがわかったので、去ろう、としたら、テンドウさんと扉が開けられ、聲がかかった。見ると福岡・博多ラーメンの雄、一風堂の河原社長だった。 | トップページ | 詩人村山精二 18日(月)第439回プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に4回目の参加!神田の宙に、初めて第1詩集『プラスチック粘土』1977年を聲に乗せて解き放つ!!! »