« プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です!是非、御自分の好きな聲の詩人を探して、御参加下さい!!! | トップページ | 詩人田中庸介 4日(日)第471回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に10回目の参加!西荻窪に在り、初参加の空間、数寄和で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む »

2010/04/01

曼陀羅の世界を直識したのは、1972年 京都の神護寺でだった。「直識」は天童大人の商標登録された言葉で、詩人多田智満子氏が是非、使いたいと言われた言葉です。

今、船井幸雄氏が紹介している『天皇祭祀を司っていた伯家神道』(徳間書店刊)で、34頁から、日本の秘密「おみち」を直観する、あるのだが、これは「直識」という言葉の方が的確な表現だろう!

この直識、こそ神護寺で曼陀羅を観、1972年 5月10日から奈良五條から熊野本宮まで、歩行した時に出てきた言葉だ。

これからは直識の時代だぞよ!!!

|

« プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です!是非、御自分の好きな聲の詩人を探して、御参加下さい!!! | トップページ | 詩人田中庸介 4日(日)第471回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に10回目の参加!西荻窪に在り、初参加の空間、数寄和で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

神社・仏閣・宗教」カテゴリの記事

精神世界・癒し」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

霊視・霊能力者」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/47967721

この記事へのトラックバック一覧です: 曼陀羅の世界を直識したのは、1972年 京都の神護寺でだった。「直識」は天童大人の商標登録された言葉で、詩人多田智満子氏が是非、使いたいと言われた言葉です。:

« プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」の4月・5月の公演日程表です!是非、御自分の好きな聲の詩人を探して、御参加下さい!!! | トップページ | 詩人田中庸介 4日(日)第471回 プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」に10回目の参加!西荻窪に在り、初参加の空間、数寄和で、自作詩を聲に乗せ、撃ち込む »