« 先日、日本橋・高島屋8階ホールで10日まで開催されている、没後10年三岸節子展を見て来た。 | トップページ | 1日5000万円使ってもんじゅ再開!既に9000億円使う!実用化2050年!火災から14年間、装置のメンテナンスが本当に大丈夫だと誰が保証できるのか?神でもあるまいし、誰が安全を保証できるのか! »

2010/05/06

*できればカットはペーパーナイフか定規でよろしく。高橋睦郎と書かれた書籍小包が届いた。消印は5月3日。今日着いたのだが、高橋睦郎本人はアイスランドに行っている筈なのだが、何かと思い開けると1冊の本『JOSEPH CORNELL』が出て来た。

 今時、アン・カットの本は珍し!

埃を被っていたペーパーナイフを取り出し、頁を切り拓いて読んで行った。

実は6月8日(火)に、プロジェクト「La Voix des poètes(詩人の聲)」が第500回目を迎えるので、高橋氏にお願いした訳だ。
第400回目が詩人天沢退二郎、そして同世代の詩人高橋睦郎で500回!

その500回の時に、この本に収録された詩作品を、映像を背後に投影して、聲に乗せる、と言う案を高橋氏自ら伝えて来ていた。

送られて来た本が7月19日まで千葉県佐倉に在る川村記念美術館のカタログだと言う事だ。

本が好きなら、垂涎の造本なのだ。当日、会場で販売の予定なのだ。

是非、6月8日 京橋のギャルリー東京ユマニテにお出かけ下さい。

現代詩人賞受賞記念 「美しい魂たちに」 です。

|

« 先日、日本橋・高島屋8階ホールで10日まで開催されている、没後10年三岸節子展を見て来た。 | トップページ | 1日5000万円使ってもんじゅ再開!既に9000億円使う!実用化2050年!火災から14年間、装置のメンテナンスが本当に大丈夫だと誰が保証できるのか?神でもあるまいし、誰が安全を保証できるのか! »

La Voix des Poètes」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

企画画廊・貸し画廊」カテゴリの記事

国際詩祭」カテゴリの記事

展覧会」カテゴリの記事

彫刻家」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

文学」カテゴリの記事

新聞・月刊誌・週刊誌」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

朗読」カテゴリの記事

朗読会」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

画家」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

詩・文学・翻訳」カテゴリの記事

詩人」カテゴリの記事

詩集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71773/48285165

この記事へのトラックバック一覧です: *できればカットはペーパーナイフか定規でよろしく。高橋睦郎と書かれた書籍小包が届いた。消印は5月3日。今日着いたのだが、高橋睦郎本人はアイスランドに行っている筈なのだが、何かと思い開けると1冊の本『JOSEPH CORNELL』が出て来た。:

« 先日、日本橋・高島屋8階ホールで10日まで開催されている、没後10年三岸節子展を見て来た。 | トップページ | 1日5000万円使ってもんじゅ再開!既に9000億円使う!実用化2050年!火災から14年間、装置のメンテナンスが本当に大丈夫だと誰が保証できるのか?神でもあるまいし、誰が安全を保証できるのか! »